Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3ハードの週販シェアに見る意外な結果

日本国内では、コアゲーマー向けのプラットフォーム(PSP、PS3、Xbox360)とカジュアル向けのプラットフォーム(DS、Wii)の2つへ、市場が急速に分化しています。市場規模の大きい携帯機マーケットでは、DSとPSPの2大ゲーム機が共に1000万台を越えており、両者併存の時代に入りました。

★ゲームデータ博物館★DSとPSP
★ゲームデータ博物館★WiiとPS3とXbox360

据置ゲーム機は相対的に市場規模が小さいものの、Wiiが700万台を突破する一方で、PS3は250万台を突破しており、十分な大きさとは言いませんが、一定のポジションは固めています。(年内300万台突破は絶望的で、SCEの情けなさが露呈してはいますが。)

しかしリンク先の記事の3ハードの週販シェアの表を見てみると、2006年→2007年→2008年をとおして、Wiiがシェアを約50%→約70%弱へ伸ばしている一方で、Xbox360が約25%→約7%と大きく低下し、PS3が約25%→24%と実はあまり変わっていません。ネット上では、WiiとPS3、PS3とXbox360の対立がクローズアップされがちですが、数字だけをみると、そうなってはいません。

特にPS3の支持がここまで安定しているのは、かなり意外な結果です。
ファミコン世代の任天堂支持層にくらべると存在感は薄いものの、PS支持層がハッキリ根付いていることがうかがい知れるからです。

いや、もしかすると、この「存在感」も少し錯覚が入っていたのかもしれません。
単に僕がよく見ているゲーム系サイトに管理人がファミコン世代の所が多く、PS世代の管理人の言論を見逃していた可能性もあります。ネットは色々な年齢層の人間が集まれる自由な場所ですが、実際には特定の年代や趣味嗜好の似た人たちが集まりやすい傾向があります。

ITmedia「イメージ通り!? 2chは高齢化、ニコ動は“リア厨”」
例えば、ニコ動は当初、2ch文化のイメージが強かったわけですが、2年近くが経過した今、年齢層がかなり分かれています。

まー、ファミコン世代にとっては一番始めに遊んだのがファミコンでも、PS世代にとっては最初に遊んだのがプレステ、はじめて遊んだRPGは『FF7』という人も多いわけで、そもそも価値観がかなり違うのでしょう。

人口比でいえば、「ファミコン世代」が大きく、その支持を勝ち取った任天堂が今世代の覇者となったわけですが、それはPS支持の消滅を意味しません。また、Xbox360の週販シェアが不安定なのも、後発のXbox陣営が特定の年代に深く刺さっておらず、しいて言えば、ファミコン世代の一部(洋ゲー層、セガファン層)に支持されているだけだから、と捉えることもできます。

(現在のゲーム市場を読み解くうえでは、年代別で解釈するだけでなく、都市部と地方の軸で評価することもできますし、色々な見方は可能ですが。)


補足
良くも悪くも安定しすぎているのは、BDアニメの盛り上がりがPS3購入にほとんど結びついてない事を意味します。まー、ソフトラインナップの不足をBDアニメで相殺して、週販シェアが安定している、と解釈することもできますが・・・・。

SCEの課題は、現在のPS3が価格、サービス内容、ラインナップ的に「本来のPS支持層」のニーズを満たせていない状況を解消することです。一方で任天堂の課題はPS世代の攻略ですが、やはりカプコンの『モンハン3』が鍵ですかね。マイクロソフトは支持母体の確立が急務で、JRPG戦略にしても、Wiiに『ドラクエ10』、PS3に『FF13』が確定している状況ではかなり厳しいですね。


スポンサーサイト

コメント

おひさしぶりです。
先日、Wiiにドラクエ10が発表されたようですね。
これから、ゲーム業界がさらに盛り上がってくれるのではないかとワクワクしてしまいます。
そして、PS3がかなり大きなシェアを持っていることに驚きました。
かつてのPS・PS2で出ていた和製タイトルの続編がかなり少ない印象があったので
もっと苦戦しているのかと思っていました。
これからビッグタイトルが大量に投入されるようですし、大変楽しみです。
XBOXは…なんなんでしょうかね?今出ているタイトルも
遊んでみれば楽しいものがたくさんありますし、アイマスのような多方面のメディアを通じて
ハードを知らしめるタイトルもあります。それなのに、この惨状。
自分も所持しているだけにかなり心配です。
今のような勝敗が決まっていない時期などには、俄かやライトゲーマーが動かず
純粋な支持者数に近い数が見られるといいますし
これからのハード・ソフト双方の売上げ動向が楽しみです

シェアに関して言えば
年末に強い任天堂ということでWiiは12月にシェアを大きく拡大し
相対的に360、PS3が落ちるということは予想できます。

ただ、Wiiスポーツ、Wiifitのような爆発的普及要因がないため、
勢いの面ではどうなるかわからないですね
「music」は現時点では3匹目のどじょうにはなっていないようですし
ぶつ森は据置でスタートして高い人気があるとはいえ
携帯機化したことでさらに拡大したという側面もあるように感じます。

BDプレイヤーの入門機としての売り方ももっとやっていいはずなんですけどね>PS3
その場合、価格は3万前後にすることと、以前ここで言われていた小型(省スペース)化が必須であると思います。

ゲーム業界も文化として十分に成熟し、多様な文化内集団が存在するようになったということなのでしょうね。
スポーツの世界のように。
PS支持層にWiiを浸透させるというのは、、阪神ファンに巨人ファンになれというような難しさがあるのでしょうね。
ベッカムがいればそのチームの人気はうなぎのぼりでしょうが、そのせいで他のチームのサポーターがいなくなるわけではないと。
Xboxは、ビジネスで大金をつかんだ成金が、チームを買い取って金をつぎこんだが、いまだコアなサポーターはつかめずと。
よそからとってきた選手も前評判ほど…といったところでしょうか。

ところで、先日AV機器好きの知り合いから聞いたのですが、ソニーの最新のブルーレイレコーダー(10万以上したそう)より、PS3のほうがブルーレイは綺麗に再生できるそうです。
まだまだ技術は死んでいないようですね。
あと、ソニーはWiiFitをパクるべきです。
そして、体重が減ったり、トレーニングの成績がよかったらたまるポイントで、指導してくれる女性インストラクターの服装を替えられるようにするべきです。
そこでHD機の実力を存分に見せつけるのです。
これは間違いなく最強のダイエットソフトになります。
まあ360がやってくれてもいいのですが。

>tokihou さん
『ウイイレ』が一番売れているのはPS3ですし、普及台数だけでは語れない状況になってますね。PS3は350万台ぐらいは欲しかったところですが、まあ今年は据置ゲーム機は元気がイマイチ。やはりPSPの躍進が目立ちました。


>のりのり さん
価格については、ソニーグループが厳しい状態ですから、「赤字を出しても、普及してしまえば、後で回収できる」の戦略は取れないのでしょう。低コスト化を推進して、その先でしょうね。


> Esa さん
> 先日AV機器好きの知り合いから聞いたのですが、ソニーの最新のブルーレイ
> レコーダー(10万以上したそう)より、PS3のほうがブルーレイは綺麗に再生できる
ブルーレイはやはりPS3の魅力の1つですからね。
BDアニメの充実ぶりは、やはりディープコンテンツはPS系だよね、と実感させてくれます。発売当初は過剰すぎるスペックでしたが、徐々にコンテンツやサービスが追いついてきました。

家電量販店のチラシなどを見ますが、それぞれの次世代機の宣伝文句からして360は非常に不利である事を痛感させられます。WiiやWiiFitは独特なコントローラが知られていますし、PS3はBD再生可能なのも知られていますし、PS「3」ですから、PS2よりも高性能(映像が綺麗)という程度の認識は持たれているはずです。しかし360の場合はそういった特色が文字にしにくいですね。広告をデザインする立場で考えてみれば、WiiとPS3は「推しやすい要素」がありますが、360はこれが見つけにくいように感じます。
おまけにWiiより安いバージョンがあるせいで、予備知識の無い人には性能的な優位性が実感されにくいのではないでしょうか。PS2と三千円しか違わない「次世代機」。同じ出費ならばDSiやPSPと競合してしまいます。

>タスラム さん
> Wiiより安いバージョンがあるせいで、予備知識の無い人には性能的な優位性が実感されにくい

安すぎるのも、中身のチープさをイメージさせてしまうという事ですね。
買う前に画面を確認しないような人たちは、そのような誤解をすることもあるのかもしれませんね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。