Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップル、ゲーム分野を強くプッシュ

YouTubeのトップにiPod touchをゲーム機として使っているプロモーション映像が流れてますが、いよいよアップルがゲーム機としてのiPodを前面に出してきましたね。
今年はゲーム機各社がいっせいにノンゲーム機能を強化しており、いよいよゲームとノンゲームの境界が曖昧になってきました。ノンゲームだっていいじゃない、面白ければ。あらゆる娯楽を取りこむプラットフォームはどこか、今後に注目です。

ダウンロードソフト市場において、App Storeが革新性、敷居の低さ、可能性、コンテンツ数、開発のしやすさ、ベンチャーからの支持、あらゆる点でぶっちぎり。その圧倒的なイノベーション市場と比べると、SCE、任天堂、マイクロソフトの3社はいかにも古臭く、保守的で、なんだか「ドングリの背比べ」に見えてきます。

もちろん、PSPとPS3でPS Storeを実現し、国内最大のダウンロードソフト市場を形成したSCEは評価してますし、後を追う任天堂も頑張ってます。マイクロソフトも1年先行している努力は着実な成果は実っています。しかし小さいな、という気持ちがわき上がるのも事実。アップルにはぜひとも、サプライズ感の欠乏し始めたプラットフォーム3社をいい意味で脅かしていただきたいですね。


スポンサーサイト

コメント

こんばんは

>アップルストアの敷居が低い

クレジットカードを持ってない僕としては利用したくても利用できなく、
もっとも敷居が高いと感じます。

>バッファロー さん
言葉足らずでしたが、開発(および参入)の敷居の低さ、です。

大きく・・・なりますかね??

(そのときの実際の状況を知らないのであれですが)アタリの時はソフトチェックがほとんどなくてブームがしぼんだんですよね??
今の状況だとApp storeも同じような感じになる気も。Appleがやってるチェックは単に出したらまずいものか、そうでないかぐらいなはずですし。その上ダンピングが起こりやすい場所でもありますし。
まあ、アタリ当時とはネットがあるかないかという大きな違いにより面白いかどうかは買わなくてもある程度検索すればわかるので、まあどうなるかはわかりませんが。

…でもひょっとしたらダンピングが普通の状態になるとカジュアルゲーム市場はipod touchに持っていかれちゃうかもしれませんね。まあ子供のプレゼントにするには若干高い代物なので、そういう市場は既存ゲーム3社側に残るかもしれませんが。

…まあ、かく言う私もipod touchとケータイしか持ち歩いていないわけですがwDSとか1年以上プレイしてない気もwあ、リズム天国ゴールドはちょっとやったなぁ。

>ぎょう さん
まずアタリショックは、任天堂が当時おこなった「ポジショントーク」の影響で、やや歪められて伝わっています。その辺は、ネットを深く漁ってみてください。文献が見つかると思います。歴史を客観的に評価するには30年は掛かるという言葉もありますから、まだまだ評価は難しいかもしれませんね。

さて、App Storeに関してはネットの普及というファクターがあるため、単純に同じ結果になるとは思いませんし、いわゆるゲーム機メーカーの審査が開発コストを上げたり、新規参入の障壁になったり、革新的なアプリケーションの誕生を妨げているという側面も指摘したいですね。

App Storeはゲーム機メーカーの限界を軽々と超越したあたらしいマーケットであり、そのポテンシャルをどう見積もるかはなかなか難しい。無論、バブリーなのは今だけでしょうが、保守的なゲーム機メーカーのビジネスに我慢して付き合うよりも、はるかにチャレンジングでイノベーティブ、チャンス感も大きいマーケットですね。

バブリーな話ですが、セガの『スーパーモンキーボール』の売上を知って、目の色を変えたメーカーも少なくないでしょう。

また、ゲーム機メーカーのショップは、競争が無いためか、チープで、検索性も低く、ロングテール効果も見込めなさそうです。

例えば、Wiiショッピングチャンネルは起動が遅い。そうなると、ぶらっと商品を選ぶと言うより、ほしい商品がすでにあって買いに行くというパターンが増えるわけで、バーチャルコンソールのような、過去の名作ソフトが相対的に強いでしょう。カプコンの『ロックマン9』の販売戦略は、ダウンロード市場、特にWiiウェアのマーケットの特性を見抜いており、実に鋭い。

PS Storeで僕が評価しているのは、起動の早さですね。これは本当に素晴らしい。
映像コンテンツも買えるという「商品の幅」も評価できます。SCEと任天堂、マイクロソフトの3社には、アップルからイノベーティブな刺激を受けつつ、どんぐりの背比べを続けながら、より良いマーケットを育ててほしいですね。

>>ゲーム機メーカーの審査
これについては、今はともかく将来的にはやらざる得ないようになると思います。
今は槍玉に挙げられてないだけで、国により倫理観に違いがある以上やらないで済むとは思えません。
むしろより厳しいものがくる可能性もあり、それを見据えた対策は必要でしょうね。

>永久ループ さん
やるとしても、ゲーム機メーカーほど厳しくなる可能性は低いです。
アップルはPC系の文化が非常に強いですからね。

マイクロソフトのXNAも、(従来のゲーム機メーカーの水準からいえば)なかなか大胆ですが、やはりこういった部分は海外企業の方がアグレッシブだなと感じます。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。