Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へえ。

今後欲しいゲーム機は「PS3」がトップ、「Wii」の人気に陰り?――価格.com リサーチ調べ
へえ。
ちょっと意外ですな。>この半年間で最も遊んでいるゲーム機

いや、DSが下がってPSPが伸びてるのは納得できるし、Wiiも夏の商戦や『WiiMusic』の出足を見れば、ちょっと元気が無くなってるのもわかります。うちの読者には納得の結果なんじゃないでしょうか。しかしPS3がここまで盛り上がってる・・・・?

またまたご冗談を、あっはっはっはっは。
と言いたくなるような結果ですな。

BDアニメ観てるとか、トロステ観てるとか、そういう諸々を入れてるのかなーなどとも思ったり。まー、夏のタイトルはなかなか頑張っていましたけどね。

ネットのアンケートは偏りがあるもの、どの程度信用できるかは色々な意見があることでしょう。しかし興味深いのは、前回アンケートからの変化。そこは信頼できる部分。結果を冷静に受け止めたいですね。

ちなみに僕の個人的な利用時間でいうと、
   PS3 > PSP >>> Wii >DS=Xbox360
ですね。ただしノンゲーム時間も含めて。

オールプラットフォームでは
   ケータイ > Windows(エロゲ) >>> PS3 > PSP >>> Wii >DS=Xbox360
って感じ。


スポンサーサイト

コメント

このアンケートの肝は、「欲しい」ゲーム機であって、「買う」ゲーム機じゃないってところなんでしょうね。
ゲームできて、BD見れて、DVDの画質補正してくれて、アドホックパーティあってetc. ……普通に「欲しい」んじゃないですかね。でも、買うかどうかは別問題。だって高いし、PS2互換ないし。PS3を購入する動機となる要素はいくつかありますが、問題はその要素1つ1つだけでは価格の壁を越えがたいこと。そして、それらを複合すればかなりお得なはずなのですが、そのへんをうまくアピールできていないところがもどかしいですね。
Xbox360は値下げ効果もあって、お手頃感がでていることが好印象になってるんじゃないですかね。ただ、個人的に思うことは、普及している北米と伸び悩んでいる日本では戦略をまったく変えたほうがいいんじゃないか、と。MSの現在の経営方針は「勝つまでやる」というものらしいですが、それを現状の日本に持ち込んでしまうから、ちぐはぐな印象を与えてしまうんじゃないかと。
Wiiはとりあえず普及したこと、発売当初からしばらく続いてた品薄感がなくなり、「今どうしても欲しい」というほどではなくなったこと、「遊べる」ソフトのバリエーションが案外ないこと(?)、などなどが複合しての位置なのかな。

PS3の新型は、発売初週は新型待ちの反動もあってけっこう売れたようですが、問題は継続して売れ続けるか、ですよね。ソフトラインナップは増えつつありますが、本体購入を促すほどの効果があるかといわれれば、正直不明。「白騎士物語」は日本での大型タイトルでしょうが、すでに本体を持っている人はともかく、新規タイトルがどこまで本体売上げを牽引してくれるか。厳し目に見なきゃいけないでしょうか。海外は元気なようなんですがねぇ。
Xbox360もTOVによる品薄状態から新型(価格改定含む)の流れにより売上げを伸ばしたものの、長く続くことなく「定位置」的な売上げ数に舞い戻ってしまいました(ソフト2本つきのバリューパック待ちもあるだろうことを考えると、今週の売上げ数がわからない現状では早計かもしれませんが、まあ大幅に伸びることはないと思ってます)。ソフトラインナップの充実は続くようですが、爆発的に売れるのか、といわれれば、それはさすがにないだろう、と。期待される大型タイトルは「ラストレムナント」でしょうか。「インフィニットアンディスカバリー」がいまいち伸び悩んだのが残念ですが、それだけに期待もされているかと。PS3と違い、本体価格が低いので試しに本体含めて買ってみよう、という気になりやすいのはXbox360の強みですね。
Wiiはなんといっても、鉄板といっていい年末商戦があるので、そこまで危機感はもってないでしょうね(危機感持って、もっと頑張るべき面は多々あるはずなんですが)。

ノンゲーム時間含みで合ってるんじゃないでしょうか。
最近はどのゲーム機にも何かしらのノンゲーム機能が付いていますし、そのゲーム機で遊んだ時間=そのゲーム機でゲームした時間という認識にはならないのかもしれませんね。

>小林悠士 さん
> そこまで危機感はもってないでしょうね(危機感持って、もっと頑張るべき面は多々あるはずなんですが)。

まー、任天堂の危機感がいつまでも万全だったら、隙なんて生まれないわけで、もっと油断してくれた方が他社はありがたいでしょうね。岩田社長も、先日の経営方針説明会の質疑応答では、社員の緊張感の維持が課題だと言ってましたが、言うは易くで、本当に難しい・・・・。

今年になって、任天堂のサプライズ戦略に亀裂が入ったことは、業界の誰もが感じていることでしょうから、それに代わる何かを打ち出せなければ、結局DSで稼いだ台数でまわしていくだけの会社になってしまうわけで。SCEはPS2であぐらをかいて、コケましたからね。

『WiiMusic』の苦戦にともない、Wiiシリーズの流通からの信頼は揺らいだでしょうから、『Wiiスポーツ リゾート』に課せられたミッションは重みを増したといえるでしょう。モーションプラスの第一弾でもありますしね。「これが本当の理想のWiiコンだったんだ!」という感動、Wii1.5とでもいうような、Wii新生といえるようなサプライズ感を期待したいところです。

PS3に関しては、実態以上に低く評価されている状態が今なお続いているので、逆にいえば、うまくきっかけを作れれば、持ち直せますね、PSP-2000以降のように。PSPに関してはファームウェアのバージョンアップで、この秋でようやく「本来あるべきPSP」になったといえます。

PSP、PS3でSCEが積み上げてきたファームウェアの資産は非常に大きい。
少し大げさに言うと、一夜にして、1000万台以上のPSPに『トロステ』とPS Storeがインストールされ得るわけで、これは本当に凄い。

任天堂にしても、サプライズ戦略でわかりやすく魅力を伝えて、ライトユーザー層を獲得するだけでなく、ネットワークサービスでユーザーを囲い込みたいはずなのですが、「Wiiチャンネル」の更新頻度、増加ペースは、かなり残念な状況ですね。いや、まあ、単純に人が足りてないんだろうなと思いますが。

Wiiショッピングチャンネルも、貨幣の表記と単位は更新されても、起動時間の改善がなされてないし・・・・。あれ、なんであんなに時間掛かるのかなあ・・・・サーバー重いんだろうか? PS Storeの起動の早さは異常で、おそらくキャッシュしてるのでしょうが、PSPでもあの起動時間というのは素晴らしいの一語。

開発リソースの差が効いてくる領域は、やはり任天堂にとって必ずしも良い土俵ではないのだなあ、と感じますね。しかしその土俵から移る気は無さそうだし、となると開発リソースを一気に増やすか、それを避けるなら、外部の会社とアライアンスをきちんと組んでいくほかありません。その決断を遅らせると、数年後に祟りそうな気がします。


>Koh さん
> 最近はどのゲーム機にも何かしらのノンゲーム機能が付いています
ですね。
ノンゲームは今年のトレンドでした。

ゲーム機とネットワークサービスを連携させるなら、稼働率というかアクティビティーは非常に重要な要素で、ゲームソフトを出し続けるだけでは維持するのが難しい。そのため、ノンゲーム的な機能を導入してでも、ゲーム機の利用率を維持しなければならないのが、プラットフォームホルダー各社の考えでしょう。

任天堂は「生のノンゲーム機能」で競争したくないから、「遊び」を重視しているのでしょう。DSiの発表会では、その辺がわかりにくかったですけどね。ユーザーにとっては、同発タイトルというわかりやすい提案が必要なんでしょう。DSi専用とはいわずとも、DSi対応のソフトが同時に出てこなかった点は、どうしてそれでいいと思っていたのか、本当に不思議なんですよね・・・・。

岩田社長になってから任天堂が大きく改善したのは、必要なタイミングでわかりやすいソフトをリリースしてきた事で、それが任天堂の戦略を絵に描いた餅ではなく、現実の体験にしてきました。

ネット上でのアンケートということならおそらくゲーマー層が多いと思うのでPS系と360の躍進に納得。

僕が気になったのは「ゲーム機で遊んでいる頻度」の項目
任天堂ハードの低さに驚きます。本当に勝ちハードなのかと疑うほどに。
DSはDSiが今後どう影響をおよぼすか。ただ、現状のままではとても評価できません。パッと見、わかりやすい変化であるカメラについて何か手を打ってくれないことには話にならないし、新規層の開拓も出来ないと考えています。

Wiiはもっと深刻だと思ってますが・・・(僕って希少種かもしれない)
使用頻度の低さはソフトの内容にも問題があるし(パーティーゲームが多い)、ゲーマー層の興味を引くソフトが出せてないということ。
・・・少し訂正。サードは俗に言うゲームらしいゲームを作って発売しているのに、それが受け入れられていない現状、環境にWii最大の問題があると思います。
なぜなんでしょうね?これだけ普及しているのだから多少なりとも引っかかってもいいはずなのに、というサードの淡い期待もわかるだけに・・・。客層が違うといえばそれまでだけど、じゃあゲーマー層は無視ですか?そうじゃないと思います。

任天堂のソフトばかりが何十万本と売れても意味がないでしょう。真の勝ちハードになるためにはサードのゲーマー向けソフトもきちんと結果を出せるハードにならないといけない。
でも、どうすればいいのか・・・PS系の続編を持ってくるってのは結果を出せる保証はないですし。(戦国無双3が売れるとはどうしても思えない・・・)結構難しい問題を抱えていると思っているんですが。
もうすぐ年末だし、とか、どうぶつ出るし、で楽観視するのはどうかなあと思います。

今、任天堂はちょっと油断していると思うんですよね。SCEにはそこをガツンと突いてほしかったけど。

PS3の人気が上昇しWiiの人気が堕ちたと言うアンケートの結果は最近のHDTVの急速な普及も原因の一つになっている可能性があります。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/arank/index.htm
amazonのアフィリエイト注文数ランキングではBD一色です。今後はBDの時代になりDVDは既に枯れたフォーマットとして急速に衰退していきます。マクロスFはDVDよりBDの売り上げが上回ると言う結果が既に出ています。

地デジ効果でHDTVが普及し富裕層のみならずごく普通の一般家庭へもハイビジョンが浸透しお茶の間で高画質のHD映像が氾濫しそれが当たり前になる。無料のTVより有料のDVDの画質が大幅に劣ると言うのはおかしいですから、その矛盾に気づく人が続出しDVDを買わずBDを選択する消費者が急増するでしょうね。DVDの画質の甘さは誰が見ても分かるレベルです。

この現象は映像ソフトに限ったことではなくゲームでも同じです。HDが主流の時代になるとSDのゲーム機は廃れていくでしょう。

PS3がトップ?? いくらなんでも現状と乖離している感じですね。

Wiiに陰りが見えているというのは同意しますが。
圧倒的な普及率ですがいまいちソフトが偏ってますね。
任天堂以外は苦しい状態。
サードは何を売れば良いか途方にくれてる印象がします。
台数は出てるので当たれば大きそうですけど。
このスキを攻めれないSCEのだめっぷりにもがっかりです。

私の稼動率でも PS3>PSP>>DS って感じですが。
でも一番時間を費やしてるのはラノベだったりするんですが。

>唯一 さん
まー、サードパーティ政策については、「油断」どころの騒ぎじゃないですね。

先日とりあげた小野憲史氏の記事にあるように、国内大手が「DSとWiiにタイトルを集中させる」という未来は、もはや無くなりつつあります。もちろんDSとWiiを無視することはありませんが、任天堂ハードがタイトルを独り占めする事も無いわけです。

別に任天堂の態度が悪かったとは思いません。
しかしライセンシーとのアライアンスの組み方に変化が必要だったのではないか。実は、ゲーム業界において、大きな変化が生じた時(ファミコン、PSの登場)には、流通とライセンシーの両方に変化が起きているのですが、今回はプラットフォームホルダー側からの新しい提案が無いのが特徴です。

3人の胴元たちは、時代の変化に即した提案を誰もできていない。だから各社がマルチプラットフォームに走っちゃうわけです(笑 3社の中で、どこが真っ先にそれをやれるかはなかなか興味深いですね。


> マグドリ さん
うひゃーっ、すさまじい!>ランキング
セルで動くのは、高品質なものを手元に置いておきたいユーザーですからね・・・・。気持ちはわかります。

ゲームに関しては、グラフィックが全てではありませんから、映像ソフトと同一視はできないでしょう。けれどもPSPにしても、PS3にしても、元の性能が良いだけに、ファームウェアアップデートによって、それをいかせるようになると、じわじわ魅力が高まるのは事実で、長期戦での強さは独特のものです。

Xbox360は、ファームウェアアップデートをある種の「イベント」化しており、日本はともかく、海外ではどう影響するのか、注目しています。PSPはPSP-2000で「新生PSP」に成功しましたが、おなじ戦略がPS3やXbox360でも使えるかもしれません。任天堂の場合は、モーションプラスで「新生Wii」なのかな? タイミング的にはサプライズ感を再注入したいところですね。


>moge さん
> 私の稼動率でも PS3>PSP>>DS って感じですが。
> でも一番時間を費やしてるのはラノベだったりするんですが。
僕も同じです(笑
書評は書けてませんが、本はちゃんと読んでます。

任天堂は今の成功を横に広げるように動くんじゃないですかね?
南米とかの第三国や、国内でも更なる未開拓層などに。
決算報告の質疑応答でもそのようなことを言っていました。

同じ人に常にサプライズを用意するのは大変だけど、
初めての人には同じネタでもサプライズになるわけですし、
その方が理にかなっているのかなとは思います。
それで、4~5年経てば最初にサプライズを与えた人もいい具合にサプライズを忘れている状態になるし、
その人たちを驚かすのは、常にサプライズを用意するよりかは容易でしょう。
その為の軍資金も今回充分手に入れたわけですしね。

任天堂は根がおもちゃ会社なのだから、そんな戦略でも間違ってはいない気はします。
本当にそうなら、ユーザー無視、サード無視そのものなんですが。
なんだか任天堂という総体からすると、それが正しいんじゃないのかなと思ったり思わなかったり。
もちろん申し訳程度には、常に小サプライズは用意しつづけると思いますけどね。

読み返してみると、ちょっと妄想じみてるな、この文章。

でも、秋のカンファでWiiにマリオ関係とかポケモン関係がまったくなかったのは気になってるんですよね。
いつもは毎年出てたマリオパーティとかも今年は出さないようですし。
ああ、次に取って置いてあるのかなあと個人的には感じています。

価格.comのアンケートに、答えた側です。

もちろん自分はPS3を持っているので、欲しいゲーム機にPS3は書いていませんが(といって、唯一持っていないXbox360も欲しいとは全く思ってないので、新型を想定してDSを書きました)、 稼働率と、ソフトの購入本数に関しては納得です。
ノンゲームじゃなく、純粋にゲームだけでPS3が我が家ではトップです。
次がPSPで、その次がDS、最後がWiiですが、多分もう2ヶ月くらい電源入れてません。
あと、PS2がアンケートにはなかったのですが、PSPとDSの間にPS2が挟まってきますね。
意外と、長く遊べるゲームがPS系のハードには多い気がします。
DSも数は出ているんですが、あっという間に終わって、繰り返し遊ぶようなゲームが我が家的には少ないので、遊んでる頻度的に順位が下がってくる感じがします。
ただ、DSの場合、人によっては繰り返し脳トレしたり、どうぶつの森をしたりで、総数としては、一番遊んでるという事になるのではないでしょうか?(持ってる人数も桁違いに多いですし)。
面白いのは、1年間に買ったゲームの本数が、Xbox360以外はほとんど同じような結果であるのに対し、Xbox360だけ本数が多い事です。
ハードの普及台数に対してのソフトの売上数と比較してみると、Xbox360というのは、好きな人はとことん好きでたくさんゲームを買うけど、それはかなり限定されていて、現状のアクティブユーザーは普及台数に比べて、かなり少ないんじゃないだろうかという事が透けて見えますね。

なかなか面白いアンケート結果でありました。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。