Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年半ぶりにあいつらが戻ってきた! 『悪魔のミカタ666』

この本を読む前に言っておく
おれは今この本をほんのちょっぴりだが体験した
い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『異能バトル物を読んでいたと思ったら
 いつのまにか発情恋愛ストーリーが始まっていた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

美少女ゲーム的萌え萌えハーレムだとかラブラブ馬鹿ップルものだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

悪魔のミカタ666 スコルピオン・オープニング うえお久光
amazon bk1
主人公の堂島コウは自分の恋人を生き返らせるため、悪魔と取引して「悪魔のミカタ」になりました。不思議な能力をもつアイテム《知恵の実》の所有者との知恵比べに勝ち、悪魔にかわって、所有者の魂を回収するのです。

《知恵の実》の所有者との頭脳バトル物……として展開していたはずなのに、いつのまにやら二学期編。およそ2年半ぶりに続きが出ました。装いも新たに、『悪魔のミカタ』から『悪魔のミカタ666』へと。

内容も、バトル物というより、なんじゃこりゃー、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情、発情!!
そう、敵がいる。いるはずだ。いると思う。いてほしい――現在陥っているこの状態は敵の攻撃、そうでなければありえない。堂島コウには敵がいる。悪魔の代行であるコウを倒すことで魂の契約を踏み倒そうとする敵、あるいはそうした存在を操る敵が。これまでも、コウは《知恵の実》による様々な攻撃を切り抜けてきた。目に見えぬ敵と戦ったり、遊園地に閉じ込められたり、友人を別の人間に変えられかけたり、今回のこれもきっとそうした攻撃のひとつに違いない。ならば敵さえ見極められれば、きっと切り抜けられるはず――
歴戦無敵の悪魔のミカタを
空前絶後、史上最大、過去最大、最強最悪の攻撃が襲います!
はたして彼は、どの美少女に攻め落とされるのか?
一学期編とは打って変わり、攻守逆転した彼が
貞操を保てるのはあとどれだけでしょうか?(笑

スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

タグ:うえお久光  悪魔のミカタ  

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。