Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代機すべてが「たかがゲーム機」を忘れないといいですね。

そもそもネット接続率は不明なんだけど……

キャズムを超えろ!:【アンケート実施中】人はどういった目的でWiiをネットに繋ぐのか? or なぜ繋がないのか?
うーん……。
そもそもWiiのネット接続率って具体的な数字はどこにも公表されてないですよね。だからネット接続率が高いっていうのは、wa-renさんの想像に過ぎません。ネットで盛り上がっているように(wa-renさんには)見えることとネット接続率が高いことはイコールではありません。

むしろボクには盛り上がってる層が偏ってるように見えます。はてな界隈の一部のブログや、わぱのつれづれ日記さん、デジモノに埋もれる日々さん、[mi]みたいもんさんといった、Wii発売前から好意的なブログが取り上げてるだけでしょう。あと妙にデジタル家電の人は高評価ですね。

ところでこういった方々は、今でも毎日お天気チャンネルで天気を確認し、ニュースチャンネルでニュースを読んでいるのでしょうか? それとも(ゲーム機としては)物珍しいチャンネルが登場した直後にレビュー記事をブログに載せただけで、今は使っていないのでしょうか? 気になりますね。

日本のゲーム系サイトでいえば、ニコニコ動画のアイマスの方がよっぽど盛り上がっているように見えました(まっ、これも層は偏ってますが)。しかしだからといって、『アイマス』が大ヒットしてるなんて書く人はいないわけです。


『Wiiスポーツ』を家族でやりたいからWiiを買ってるんでしょ

最近では、Wiiのネット利用率が現時点ではまだそんなに多くないんじゃないの? というような見解の方が目につきます。
わぱのつれづれ日記:裏話満載の「お天気チャンネル」インタビュー
あと、投票チャンネルも関わっているらしく、「最初のワールドアンケートが50万票」というコメントも出ていますね。Wiiの場合は全世界ですでに500万台ぐらい売れていることを考えると、比率的には10%程度。PS3は本体販売約150万台の時に30万回ダウンロードと発表していたので(参考)、それに対すると比率的には圧倒的に少ないです。ただ、50万という絶対的な数字自体は多いわけで、これを少ないと見るか、多いと見るか、意見が分かれそうなところです。
また以前、WiiのブラウザでYouTubeを観られるのが話題になっていましたね。実際、Wii対応のサイトがいくつも出てきましたが、実アクセス数は不明でした。1つ参考になる数字があります。
Wii-Tubeのアクセス傾向 - Wiiからのアクセスはこんな感じです。
デジモノさんのWii-Tubeの利用者を見ると、500人を越えた程度。率直にいって少ない印象です。

WiiチャンネルはWiiの魅力の1つでしょう。けれども現時点での市場の動向を見ていると、Wiiの購入者の大半はWiiチャンネルを中心とした、WiiのネットサービスのためにWiiを買ったわけじゃないと思います。

日本における『Wiiスポーツ』の高い装着率、リモコン(『はじめてのWii』)の高い装着率、さらに非常に高いタイレシオ(ハード1台あたりのソフト売上本数)を考えれば、Wiiユーザーの大半は家族でゲームを遊ぶためにWiiを買ったということがハッキリわかります。

1人用ゲームよりも多人数ゲームという市場特性は、むしろ毎日Wiiを起動している光景ではなく、週末や年末年始に起動するものの、ふつうの平日は起動していない光景を想像させます。Wiiチャンネルはどちらかというと、Wiiのゲームソフトで不足している「毎日起動させる」欲求を補完する役割を果たそうとしているように思えます。しかしそう簡単ではありません。


Wiiチャンネルのジレンマ

Wiiのユーザーは、ゲーマーやITリテラシーの高い層と、ライトユーザーやITリテラシーの低い層の2つに分かれますが、ソフト売上から判断するに、ライトユーザーが多いと思われます。

(はてな人力質問)任天堂のゲーム機Wii、ネット接続をしていますか?
前述のwa-renさんが人力検索はてなで行った質問への回答結果が出ています。はてなユーザーはITリテラシーが高いイメージがありますが、250人中154人が繋げていません。

その理由も「面倒くさい」が筆頭です。一方、繋げている人の理由はなんと「特に理由はないが接続機能があったから繋いだ」がトップ。Wiiチャンネルは繋げる理由としては極めて低いようです。Wiiチャンネルは、PCに慣れている人たちにはほとんど魅力を感じてもらえていないことがわかります。任天堂ファンを除けば、物珍しさでさわっている人が大半でしょう。

一方、ライトユーザーはどうかといえば、無線LANルータとの接続など、Wiiは敷居が高いです。天気予報やニュースには魅力がありますが、他のメディアでも見られるので、面倒さを乗り越えるだけのパワーがあるかどうかはちょっと疑わしい。

DSのWiFiコネクションは『どうぶつの森』と『マリオカート』のようにDSでしか楽しめないキラーコンテンツがユーザーを引き寄せました。そこまでのパワーが今のWiiチャンネルにあるのでしょうか? また、他にバーチャルコンソールがあるとは言っても、そのためにWiiを買った人が多いとも思えません。

ヘビーなネットユーザーには、Wiiのネットサービスが物足りないのは確かで、むしろPCでネットを見ていないような層を取り込めるかどうかがポイントでしょう。けれどもそのために越えなければいけない敷居は、決して低くはないのです。それなりに時間がかかると見るべきでしょう。


次世代ゲーム機の中でどれほど優劣があるのか?

結局ユーザーはWiiのゲームを遊ぶためにWiiを買うわけです。にもかかわらず、オンライン対応したゲームがたったの2本で、そのうち対戦が可能なのは『ポケモンバトルレボリューション』1本というのが現状です。しかもDS版だけでもWiFi通信が可能なことを考えると、訴求力は弱いでしょう。

また、接続「台数」はともかく、接続「率」でいえば、XBOX360が非常に高そうです。これは多くのゲーム系サイトの共通認識だと思います。あれはネットに繋がないと、肝心のゲームがあまり楽しくありませんからね。また『まいにちいっしょ』や『グランツーリスモHDコンセプト』など、PS3専用ソフトを無料で配布しているPS3も「率」は高そうです。

実際の所は、各社が数字を公表してない以上、わかりません。想像にすぎないわけです。ただしwa-renさんが仮定したような、Wiiが「日本国内における据え置きゲーム機としては異例のネット接続率」を達成したという根拠はどこにもありません。印象としてはどれも大差ないような気がするんですけどね。


次世代ゲーム機=本末転倒な機械にならないといいですね

というか「接続率」なんて数字よりも気になるのは、ゲーム以外の機能が積極的にネットを活用しているのに、ネットを活用しているゲームがほとんど無いことです。Wiiってゲーム機でしたよね?

本末転倒。PS2が売れた理由の1つがDVDプレイヤー需要でしたが、それに味を占めたソニーはますます非ゲーム機部分に投資を行い、ブルーレイの普及や、大型テレビの普及や、並列コンピューティングや、色々な夢を乗せることに熱心になり、その結果PS3はゲーム機として魅力に乏しい機械になってしまいました。

DSが売れた理由の1つが『脳トレ』のヒットですが、任天堂はWiiにおいても、非ゲームであるWiiチャンネルを積極的に推進しました。その結果Wiiは、少なくとも現段階では、オンラインゲーム機として魅力に乏しい機械になってしまいました。Wii版の『スマブラ』はWiFi対戦に対応しているそうなので、もちろんこれから、オンライン対応ゲームは増えていくと思います。「オンライン天気予報もいいけど、早くオンラインゲームを遊ばせてよ」というのがユーザーの本音でしょう。

ゲーム以外の機能がゲーム機の販売を引き上げる。その傾向は感じますが、結局ユーザーは、ゲームのためにゲーム機を買っているんです。その根本を忘れた時、ユーザーとの乖離は始まっているのです。

PS3の出足は鈍く、その失敗を笑っている人も多いでしょう。
しかしなぁ、人は容易につまづく。まして人の集団はさらに容易につまづく。同じ過ちは他の企業でも容易に起きるのでしょう。あれから学べる教訓は、たかがゲーム機。あえて「たかがゲーム機」と書きましょう。その「たかがゲーム機」さえ満足させられないほど、ゲーム以外の部分に夢中になった時、同じ失敗はくり返されるのです。

次世代機がそろったけど、据置ゲーム機はどれも衰退しました……なんて未来にならないように、XBOX360、PS3、Wiiには頑張ってほしいですね。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント

>現時点でWiiがターゲットとしてるのはむしろ,「はあ? インターネットってなに?」っていう人たち

ボクとmasaさんで、そんなに認識はずれてないと思いますよ。
ただ、そうなると、Wiiチャンネルをそんなに急いで展開する意味と効果ってどれだけあったんだろう? って事になりますよね。まぁ結果論ですけどね。
それとインターネット普及率を考えると、「インターネット知らない」って層もいるけど、「PCは夫が使っているけど、自分が使う気はしない」お母さん(結果的に無線LANルータも家庭にない)も、相当数いると思います。

masaさんのおっしゃるその層を取るにも、Wiiチャンネルよりは、結局はゲームが一番効くよね、とボクはいっているだけです。DSもそうでしたよね。ライトユーザーだって、Wiiのゲームを遊ぶために買ってるのは同じなんですから。

DSの時は、『脳トレ』というネット非対応の実用ソフトでライトユーザーを引き込んだところに、『どうぶつの森』というネット対応のゲームが出ました。順序がうまかったなあ、と思います。けど、Wiiの場合は、ネット対応の実用ソフトという、ジレンマを抱えた展開をしているなあ、と感じました。

実際の所、各社のネット接続率は公開されてないのですが、まぁどこもドングリの背比べのようなものだと思っています。ただ、ゲーム業界の外の人が、妙な事を書きだしてるんで反応してみた、という所です。根拠の無い所に虚構のストーリーでっちあげて、理論語られてもなー、と。

そこまでWiiのネット機能は批判されるものですか?
スマブラでネット対戦に対応予定と書かれているように、今は駄目でも後日ちゃんと充実していくんですよね?Wiiチャンネルも、チャンネル数が増えていけば自分が興味のあるチャンネルが出てくるかもしれませんし。現時点で100%需要を満たす必要はないと思いますが。
むしろ今はWiiスポーツだけで市場を席巻できてるわけですし、今のうちにネット充実なり、チャンネル数なり、バーチャルコンソールの充実なりをしていけば問題ないような気がしますが。

別に誰も批判はしてませんが?
ksさんが絶賛以外は認めないという価値観でないのなら、一度冷静に読み返していただけませんか。ボクはksさんがおっしゃる「今は駄目でも」の「今は駄目」という事を指摘しているだけです。XBOX360とPS3は初期からオンライン対戦が充実していたけど、Wiiはしていないという『事実』は変わりません。

ただ、ソニーだってPS2の時の「DVDプレイヤー」は批判されるようなことではなかったけど、バランスを崩して、「ブルーレイ」の普及が先にくるようになったら、PS3はどうなったか・・・・。まぁ結局の所、バランス感覚の問題ですよね。

ちょっと危ういなあと思ったから、そう書いたまでです。批判というより、警句のようなものですかね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつも楽しく読ませてもらってます。

Wiiに関してはバーチャルコンソールの意味は割と大きいのではないかと思ってます。
64,GCは過去の機種との互換という意味で失敗が反省点としてあげられてたし、
DSにしても、今にしてみればGBAのスロットがついてる意義は薄いように思えますが、
スタート時になかったらやっぱりきつかったのではないかと、、、、、。

私は任天堂復活の原点はGBAのファミコンミニのヒットだったと思うので特にそう思うのかもしれませんが。

天気やニュースなどのチャンネルも、現時点ではそれほど魅力があるものになってない部分が残念ですが、なかったらなかったで「ひょっとするとWiiってPS3より普及するのでは?」という雰囲気がでなかったような気もします。

脳トレの河本氏と、どうぶつの森の野口氏をWiiチャンネルに1年近くつけたことが、今後どう影響するのが非常に楽しみなところです。


なまじ普及台数が少ないからこそオンライン対応して欲しいって所だとは思いますね。
DSの方はWiFi対応してるのが当たり前っぽくなってきましたね。
任天堂だから段々にやっていくんでしょうけど。
無線ルータがあればみんな繋ぐようには思うんですけどね。最近はゲームにも使えますってパッケージに書いてますしゲーム機とセットに置いてたら普及するかもなーと。
う~ん、もうちょっと安くならないかなー。

そういやWiiはフレンドコードとか課金のことでオンラインがどーのこーの言ってましたね。
どっちもそんなこだわるところでもないような。任天堂VCやってますし。
まあ自分は課金とかが大嫌いだからやったことないもですけど、コレはやっぱデータに金を払うのに慣れていない所為だろうなーと思ってて。
プリペイドって形なら色々できそうな気もするんですけど。

>名無しさん
「管理者にだけ表示を許可する」にチェックした場合は、ボクの方では掲載許可できません。さて、ご質問については、「PS3」と「Wiiのオンラインサービス」を念頭に置いていました。
あと、基本的にメールアドレス無し・名無しの投稿は、内容を読まずに削除することがあります。


>uemu さん
個人的には、WiiチャンネルはUIも良く出来ているし、高評価です。そこは誤解されそうなので、付け加えておきます。ただ、無線LANを前提とするなど、狙っている客層にとって敷居が高い部分があるとは思います。

そもそもこの記事を書いた理由は、「接続率」の話題がネット上で出ていたので、少し整理したかったのが1点。またもう1点は、XBOX360やPS3も頑張っていて、結果を出していると思われるにもかかわらず、それを無視したような論調が出てきたので、あんまりだろうと思ったのです。

いずれにしても、次世代ゲーム機はどれも、前世代機に比べれば、ネット接続率は大幅に上昇していると思います。そもそも前世代では、ネット対応が標準ではなかったり、ネットサービスに力が入っていなかったわけですから。

(数字が公表されてないので、あくまで印象にすぎませんが)ただ、現時点で特定のハードだけが大成功例に挙げられるかというと、ちょっとそうは思えない、という率直な感想を書きたかったのです。ゲーム機のネット接続というのは、そんなに短絡的に成功したといえるほど、容易なものではないよ、と。


> 森の中の漁師さん
やっぱりDSみたいにタイトルが出てこないと・・・・とは思いますね。はてなユーザーの回答を見ても、とりあえず繋げるから繋いだだけ、って理由が圧倒的に多いですし。強い動機付けがほしいところでしょう。

あと、「Touch Generations!」のように、Wiiのソフトのパッケージに折込みチラシを入れるのもいいかもしれませんね。テレビCMもやられてますが、ネット接続が前提という事が(画面に表示されてますが)わかりにくいし、わかったとしても、その後どうしていいか、よくわかんないですよね。ゲームショップの人にきいても、ゲームショップには無線LANルータ置いてませんしね。

うーん、なんというか、任天堂に限って言えばこの話は釈迦に説法にしかならないような。
そもそも、コントローラによって形が限定されてしまったゲームの地平を広げるためにリモコンが採用されたんでしょう。規格を普及させるためにDVDやBDを採用してきたソニーとは順番が違います………今も昔も、任天堂は玩具メーカーですから。
あと、接続率云々の話ですが、任天堂がチャンネル関係のCMを打っているのは、お茶の間にwiiを潜入させるに足る理由を『購買者に』与えるためです。実際に使っているかどうかは、いまのところあまり関係がないと思います。もし早急に接続率を上げたいのならムリヤリにでも対応ソフトを作ればいいですが、それをしないのは、逆に言えば今のところは単なるゲーム機でいる、という事の表明でしょう。
というか、物事にはそれなりに理由がある、という事ですよね。

>釈迦に説法
ま、「弘法も筆のあやまり」という言葉もあります。
数年前(GC時代)には、的外れな事をしまくってました。また無理やり「GBAとの連動」を推し進めようとしていた過去もありますね。ソニーだから、任天堂だからというのは、いささかの論理性も無い意見かと思います。どんな企業も初心を忘れることはあります。SCEだってPS1時代には革命児でしたし、PS2のDVD搭載も妥当な判断だったのですから。

現時点では「心配症(大きなお世話)な人間の意見」という風に受け止めていただいて構いません。杞憂に終わればそれでよし、ゲーム業界全体にとって幸いです。しかし「杞憂」そのものを意見として表明することは悪いことではないと思います。

> ムリヤリにでも対応ソフトを作ればいい
そんな無理やりなソフトで通用するほど甘くない、という事を忘れてはいけませんよね。

> 実際に使っているかどうかは、いまのところあまり関係がないと思います。
実際に使うようなもの/使いたくなるようなものでなければ、そもそも「理由」にはなりませんが?


しかしどうでもいいのですが、急激に名前無し、「noname」といった投稿が増えていますので、そろそろアドレス無し・名前無しの投稿は掲載不許可とさせていただこうと思います。以後の投稿の際は、ご留意ください。

ご理解いただけてない(メールアドレス無しの)方がいるようですので、もう一度書きますが、
『アドレス無し・名前無しの投稿は掲載不許可とさせていただこうと思います。以後の投稿の際は、ご留意ください。』

コメント欄のフォームの所に注意書きしてありますが、「明らかに偽のアドレス」も不許可です。なぜこうした事を求めているかというと、匿名掲示板の類と勘違いして、つい無礼な文章を書き逃げしたり、荒らしを行う人がいるためです。メールアドレスの記入まで求めた場合は、経験的には、そうした投稿は減ることがわかっています。

初めまして。

>Wiiのネット接続について

知り合いは「マンションが既に無線LAN整備済みだったため」という理由で
わけもわからずネットに繋ぐことができておりました。
ライトユーザーの中には、「なんでネットに繋げることができているんだろう?」
という疑問を感じつつも、いつの間にか接続されているWiiチャンネルで
マリオブラザーズをダウンロードしている人も居るのかなあ、と思ったり。

裸足の原住民に靴を売ろうと四苦八苦、といったところでしょうか。<Wiiチャンネル

ライト層をネットに導くコンテンツとしては、現状ではPS3のトロステーションが最も正しいように思うものの…PS3の場合、ライト層の獲得そのものに苦戦しているのが悩ましいところで。

Willに関する見解に非常に賛同するものです。
確かにWillは優秀なガシェットですが、過大評価され過ぎていると感じます。
特にネットに関する記述は納得、購入者はネット界隈やビジネス紙の受け売りほどネット端末としての可能性はWillに求めていないでしょう。

SonyのPS3に関しては叩き過ぎでしょうね、異にして同成らざるモノを叩くのは日本の悪弊ですが。
確かに大コケも大コケですが、これから『出来る事』が増えるようリカバーすればまだわからんでしょう。
出来ない事、いい例が御粗末だった現有資源=PS2ソフトとの互換性ですがそれらを率直に認め改める誠実さが今のSonyには必要でしょうね。
もてあまし気味のスペックは、やはりロングスパンで考えると無駄ではないでしょうしね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

失敗を糧にした見事な戦略

ゲーム機にとって「後方互換」にせよ「ネット対応」にせよ「(次世代)DVD再生機能」にせよ「有れば有るにこしたことはないもの、無ければ無いで困らないもの、しかし無い事が場合によってはアキレス腱になりかねないもの」なのではないかと思います。
これは、「64」での失敗要因を全て取り除いて確実に成功するはずだったハード「GC」が、あまりにゲームのみに特化し過ぎたことによる失敗によって、任天堂自身も十分認識しているはずです。
(SCEは、PS2での成功体験を過剰評価したのか「コストを上乗せしてでも付加するべきもの」と勘違いしてしまったようですが・・・。)

それが、本来「GCソフト」として発売するべきはずの作品の、まるで「旧来のユーザー切り捨て」のようにも見える「Wiiタイトルへの移行」につながっているのではないかと思います。
現状では、まだまだネット接続(特に無線LAN接続)の敷居は高く、それを売りにした「オンライン対応ゲーム」「Wiiチャンネル」「バーチャルコンソール」では未だ一部のユーザーにしかアピールできません。
結局ディスクメディアの「Wii対応ソフト」そのものの魅力こそが、任天堂がWiiによって取り戻したい「超ライトユーザー層」に向けて、本体普及を促すための唯一最大の鍵と言えます。
そのためには、本来売りの一つであるはずの「GCとの互換性」を伏せてでも、Wiiへソフト資産を集中させ消費者の視線を集める必要があったということだと思います。
(実際、ライトユーザーには「GCとの互換性を知らない」「知っているが買う気は全く無い」という方のほうが多いのではないかと思います。)
結局何が言いたいのかといいますと、任天堂はWiiが「たかがゲーム機」だということをしっかりと認識しているということです。

ネット接続機能を十分に活用したゲームを積極的にリリースするのは、近い将来ネット接続への敷居がさらに低くなる、あるいはライトユーザー層を完全に取り込んで「わかりやすさ」を格別に配慮する必要が無くなった頃合でも、全然遅くないのではないでしょうか?

そのためのアイデアは、任天堂は「サテラビュー」「64DD」の時代から十分暖めてきているはずです。
発売前には「どうぶつの森のキャラクターから毎朝メールが届いている」なんてアイデアも披露されていましたしね。

>exor さん
そうですね。
PS3はまずハードを購入する時点で敷居が高すぎるのがネックですね。

>ふみつきさん
おっしゃりたい事は大いにうなずけます。
ただ、コメント内容がWiiとPS3の比較/競争を意識しておられるような印象を持ちました。コメント欄が荒れがちなテーマなので、少し抑えていただけるとありがたいです。ふみつきさんにそういう意思がなくとも、過剰に反応してしまう方もいらっしゃるかもしれませんので。

もともとボクがこの記事を書いた理由の1つは、3ハードの優劣を論じるためではありません。さしたる根拠もなく、「(Wii/XBOX360/PS3)のネット機能が異例の成功」と語る論調に違和感をおぼえたからです。ハードやソフトの実売数は、メディアクリエイト等の第3者機関の集計値がありますが、各ハードのネット接続率やダウンロード数は各陣営の公式発表値しか、数字がありません。

各社とも、定期的に数値を発表しておらず、まぁ要するに瞬間最大風速とか、たまたま自社が優位にあるタイミングで、数字を出すことがいくらでも可能なんですね。こう書くと、あそこの数字は信用できるとか信用できないという、議論に陥りがちです。けれども、各社が定期的(毎月や毎週)に数字を出さない以上、どこもある種のうさんくささ(あるいはご都合主義)があると判断すべきです。

そういう状況だと、大きな影響力をもったサイトがさしたる根拠もなく、趨勢を語ることができ、しかもそれが一人歩きしてしまう可能性があるわけです。それを危惧して、ボクは今回こういう記事を書きました。各社が数値をちゃんと発表してない以上、特定のハードが異例の成功をおさめているとは言えません。

>なきさん
非公開コメントでの情報ありがとうございます。参考になりました。

>ほたるいかさん
前半部分はほぼ同意できます。現時点でネット対応は、ライトユーザーを取り込む上で重要ではないでしょう。それは、ボクも今回の記事のなかでふれているとおりです。

ただし、後半部分に関しては、論点の食い違いを感じます。
ボクが危ういと感じているのは、ネット機能の中での優先順位の付け方です。そこが論点のはずですが、ほたるいかさんは、その部分の議論はあいまいにしていますね。(ネット機能は重要ではないから、その中での優先順位も重要ではない、という見解かな?)

企業というものは、失敗を糧に成功を生み、成功がゆえに失敗を育むのです。それが普及台数競争に、大きな影響を与えるミスではないにしても、現に「本末転倒」は起こっているわけで、それは事実です。競争というものは複数の要因が絡むものですから、「本末転倒」でも勝つことはあるでしょう。しかしそれは、恐ろしいことでもあります。PS2で勝ちすぎてしまったから、ソニーはその延長戦上にあれだけ多額の投資をしてしまったのですから。「本末転倒」は結局、ある一時期の競争の勝敗にかかわらず、より大きな「本末転倒」を生むのです。

少々乱暴な表現になりますが、ネット機能自体がゲーム機にとって「いつかは表舞台に上ってくるかもしれないけれど、現時点では取るに足らない機能」だと捉えています。
現時点でこれを強調することは、敷居の高さをも強調することに繋がり、結果として「ライト層」の購入意欲を減退させることにも繋がりかねないのではないかと思うのです。
(実際「360」や「PS3」には「ネット環境必須」のような敷居の高さを感じますが、これも不振の一因では?)



その意味を

ネット接続機能を十分に活用したゲームを積極的にリリースするのは、近い将来ネット接続への敷居がさらに低くなる、あるいはライトユーザー層を完全に取り込んで「わかりやすさ」を格別に配慮する必要が無くなった頃合でも、全然遅くないのではないでしょうか?

という文章に込めていたつもりですが、言葉が足りていなかったとしたら申し訳ないです。

現在は任天堂自身がWiiを意図的に「あくまでおもちゃ」としてライト層に売り込んでいる時期であり、現段階で「ネット機能を十分活かしたゲーム」が売り出されていないのも当然なのでは?むしろ意図的に出さないでいるのでは?と考える次第です。
とりあえず「もう少し様子を見てみましょうよ」ということなのです。

>ほたるいかさん
あなたの意図が正直わかりませんが、同じ内容を繰り返すだけなら、なんの生産性も無いと思いますが、いかがでしょうか? ネット機能がライトユーザーを獲得する上で取るに足りないという考えはわかります。そこは同意できると書いたとおりです。

> 実際「360」や「PS3」には「ネット環境必須」のような敷居の高さを感じますが、
それなら、テレビCMでインターネットが必要なWiiチャンネルの宣伝を行っている任天堂の広報戦略は、ほたるいかさんは「敷居の高さを感じさせる」失策だと考えているのですね? 論理的にはそういう事になりますよね。

そもそも本当に取るに足りないなら、ローンチ時に何も実装しないという判断もありえました(DSがそうでしたよね)。けれども何らかの機能が実装されたのであれば、そこには各社の優先順位――すなわち思想が現れるわけです。

で、ボクの論点はネット機能の中での優先順位について危うさを感じる、と書いたのです。もしかすると、あなたは『危うさを感じる』と表明する人間が存在することを許容できないのでしょうか? ボクは危うさを感じると思えば、そう書きます。

> とりあえず「もう少し様子を見てみましょうよ」ということなのです。
勘違いしないでいただきたいのは、別段ボクはWiiやPS3やXBOX360の普及台数競争など問題にしていないのです。Wiiのネットサービスが将来成功しない、などとも書いていません。もう一度冷静になって読み返してください。

ボクが書いているのは実にシンプルです。ゲーム機にオンライン機能を搭載するなら、それをまずゲームに使うのは自然なことです。そうでなければ本末転倒でしょう。現時点で本末転倒なら、現時点においては本末転倒と書くのは当たり前のことです。将来において、本末転倒な事態が解消されれば、それはその時にそう評すればよいでしょう。

正直、あなたの主張は「PS3やXBOX360のネット戦略はとにかく失敗、間違い。Wiiのネット戦略はとにかく成功、正しい」と根拠もなく語っているようにしか思えません。すでに、あなたのコメント内容は矛盾し始めているように思えます。

ほたるいかさん、これ以上うちのコメント欄に投稿を続けるなら、きちんと対話してください。まったく新しい論点を持ってくるか、オンライン機能の中での優先順位についての意見をきちんと表明すべきではないでしょうか?

あなたもご自分のブログをお持ちのようですから、ご自分のブログにあなたなりのご意見を書いたらいかがでしょう? あなたの文章に説得力があれば、それは非常に多くの読者に届くと思います。しかし、他人のブログに同じ意見をくりかえし書き続けるのはイヤガラセとしか思えませんよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ほたるいかさん
最後に非公開コメントを残されましたので、少しお答えしておきます。

率直にいって、しつこくコメントをし続ければ、自分の意見に同調するだろうと勝手に信じ続ける態度は、愉快なものではありません。そういう態度は傍からすれば、『布教的態度』に思えるものです。

あなた自身は悪意が無いつもりでも、しつこく同じ内容を書き続ければ、そうは受け取ってもらえない事もあるのだという、『客観的見地』をこの機会にぜひ学んでいただければ、と思います。あなたがイヤガラセのつもりでやっているわけではないのは承知していますが、結果的にそういう行為になりつつあるのだという事は、お伝えしたかったのです。

また現時点で戦略がうまくいっているか、いないかには、ボクはこだわっていません。というより、明らかにボクの文章は「現時点でうまくいってるけど、危うい部分がありますよね」という意図なのですから。現時点で台数競争がどうかなんて話は、論点ではないのです。


繰り返し書いていますが、半分以上、ほたるいかさんとボクの認識は同じだと思います。要は、(ご自身が書かれているように)ほたるいかさんはボクの文章の締め方が気に入らないという事でしょう。しかし他人の書いているブログの内容を、あなたの気に入るように変更させることは不可能です。ボクはあなたの心の代弁者でも、代筆者でもないのです。

もし本気で生産的な議論がしたいのであれば、同じ意見を繰り返すような姿勢は、慎むべきでしょう。お互いの時間の無駄です。ご意見の表明はコメント欄で1度書かれれば十分ですし、もしご自分の見解に自信があるのであれば、ご自分のブログでエントリーを書かれるのも良いと思います。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。