Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまでも遠くへ行ける 『ROOM NO.1301 #10 管理人はシステマティック?』

ROOM NO.1301 #10 管理人はシステマティック?新井輝
ROOM NO.1301 #10  管理人はシステマティック? (富士見ミステリー文庫 16-20)
うん、気持ちのよい別れだった。
青春モノに別れは付きもので、ほろ苦い後味になることが意外と多い。この本は清々しく、少なくとも登場人物は皆そうあろうとして努力してる。そんな彼らの必死に言葉と涙をこらえてる姿を見れば、自然と応援したくなるのが人情だし、彼らの道がそれぞれ分かたれても、きっとどこかで繋がってるって信じられる。信じたい。

『ROOM No.1301』は、幽霊マンションの存在しないはずの13階に住んでいる少年や少女の生活を描いた青春小説である。彼らはそれぞれ問題を抱えていて、そのために13階への鍵を得て、お互いに寄り添い合えた。「逃避」ということもできるかもしれない。しかし誰だって、常に強く、常に戦えるわけではないし、そもそも自分が抱え込んでいるものの正体になかなか気づけない事だってある。

永遠の逃避場所なんてどこにも無い。彼らは自分達がいつか出て行かなければならない、と気づいている。彼ら自身が口にしている事でもあり、作者によって提示されている未来でもある。各巻のプロローグでは、彼らと関係者の数年後の状況が描かれている。彼らはある一時期、一緒に過ごし、それからバラバラになった。その後は直接会おうとしても、色々な偶然が重なって、会うことができない。まるで一生分の縁を使い切ってしまったかのように。

問題に向き合えるようになった時、克服への一歩を踏み出す時、彼らはマンションを出る事になる。

そして10巻に至り、予告された別れがやってきた。シーナ、いや窪塚日奈がマンションを出る。いつかやってくる別れは、覚悟していてもやはり切ない。いち読者としても、もっとシーナの物語を読んでいたかった。シーナ編の長さは作品全体で見てややアンバランスで、率直にいって長く引っ張りすぎていたが、おそらく人気があったのだろうし、僕も好きだった。

女の子の肉体で男の子の魂を持っている、大きなおっぱいが大好きでたまらなくて、胸が小さくても双子の姉が好きで好きで仕方なくて、でも胸が大きくなったらいいなあと妄想していて、自分とは違う「普通」な姉に気持ちを届けたくて、路上ライブを始めてしまう、シーナという「男の子」が愛しくてたまらない。

ずっと読んでいたかった。
しかし別れは来る。
日奈の決意は潔く、勇気があった。彼女は他の住人に勇気を与えたし、彼女も勇気をもらった。

13階の住人たちは自分達の旅立ちも近いことを悟ったはずだ。この巻は今までの停滞が嘘のように、展開が早い。シーナ編の終わりと共に、鈴璃が本編に初登場する。これから刻也と鈴璃のエピソードに移っていくはず。綾も、別れを予感して、少し勇気を振り絞っている。冴子も何かの覚悟を決めたかのようだ。

やや性急に畳み込んできているのは否めない。けど、止まっていた時間が動き出すときって、案外こんなもんじゃないかな、とも思える。すでに1人が去った。残りの4人が喪失感をゆっくり感じる間もなく、終わりは近い。そんな雰囲気がいっそう、この許された時間を貴重なものに感じさせてくれる。

・・・・・・。
しかし、えっと、次で終わりなんですか? はあ、なるほど。富士見ミステリがついに。
それもまた「らしい締め方」ではあるのだけど。



関連
よくわからないが面白い小説 『ROOM NO.1301』
リアリティがあるとはどういうことか 『ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・すりー』
俺たちは全部手に入れる 『ROOM NO.1301 #9 シーナはヒロイック!』
ズレを抱えて生きている 『ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・ふぉー』

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。