Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の新作 世間はポケモン、ゲーマーはXbox360

世間的には週末の『ポケモン』が最大の注目作ですが、ゲーマー的には『インフィニット アンディスカバリー』に注目が集まっています。

それはさておき、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』がアマゾンに入荷したようで、発送まで「3~5週間」から「4~5日」に変わってます。アキバでは再入荷分が売り切れた模様。読みたい人はお早めに注文を!

インフィニット アンディスカバリー (Xbox360)
インフィニット アンディスカバリー(特典なし)
今週最大の注目作。
途中でマイクロソフトからスクウェアエニックスへとパブリッシャーが変更され、発売までずいぶん時間が掛かった感がありますが、結果的には良い流れの中でリリースできたのではないでしょうか。

公式サイトのキャラクター欄も、非常に賑やかで、多彩な人物が織りなす重厚な物語を期待できそうですね。海外サイトではちょっと厳しい評価が付いているそうですが、JRPGの良さがわかるのはやはり日本人でしょう。スクエニの海外戦略の成否など、日本のユーザーには関係ないことです。

Xbox360本体(60GB)もアマゾンでは品切れになっており、現在は発売日以降に出荷される分の予約を受け付けています。360はこの所、品薄が続いてますから、欲しい人は早めの予約をオススメします。


あつまれ!ピニャータ2 ガーデンの大ぴんち( (Xbox360)
あつまれ!ピニャータ2:ガーデンの大ぴんち(初回限定版:「プレイカード」同梱)
今週出るのか……。
むむっ、存在感の無さに驚きます。
前作は評判の高い箱庭ゲーム。今作も作りの丁寧さには期待できるだけに、発売タイミングを考えてほしかった気が。それにしても、レアは他に何を作ってるんでしょうか?


ストラングルホールド (PS3)
ストラングルホールド
ジョン・ウー監督の『ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌』のアフターストーリーをゲームで実現。
制作費3000万ドルもの予算を使って制作された二丁拳銃アクション。ボリュームは少なめのようなので、映画の雰囲気が好きだった人向けか。日本では勢いをうしなった「映画とゲームの融合」路線を、海外はまだまだ元気に突き進んでますな。


クイズマジックアカデミーDS (DS)
クイズマジックアカデミーDS(通常版)
アーケードで手堅い人気を維持するクイズゲームの初めてのコンシューマー移植。
全7万問という圧倒的なボリューム。
魔法学校の生徒になって学校生活を送る「アカデミーモード」、手軽にクイズを遊べる「クイックマッチ」の他、アーケード版との連動や、クイズ問題のダウンロードも可能。DSならではの「書き取り」問題も!


ポケットモンスター プラチナ (DS)
ポケットモンスター プラチナ(特典無し)
うちのブログの読者層を考えると、紹介する意味があるのかどうか。ま、一応。
PSPは新型発表で週販が下がってますし、9月はDSが圧倒しそうですね。


■「THE iDOLM@STER BREAK!」が少年ライバルで連載開始! PSP版と連動!
『ネギま!?NEO』の藤真拓哉氏が描く「THE iDOLM@STER BREAK!」が今月号から連載開始。バンダイナムコともがっちり協力して、マンガ内ではアイドル達はPSP版の新衣装を着ているそうです。PSP版の新キャラ2人を加えたアイドル全員のポスターも付いてくるので、ファンは要チェック。

360本体を買ったばかりの方は、『アイドルマスター Xbox 360 プラチナコレクション』がお安いですし、プロデューサーになってみてはいかがでしょう? また上田夢人氏による『アイドルマスターrelations』の2巻が予約を受け付けています。


■今週のフィギュア

Figma TVアニメらき☆すた 柊かがみ 冬服Ver. (Windows)
Figma TVアニメらき☆すた 柊かがみ 冬服Ver.
実験的にフィギュア情報も掲載してみました。
またサイトの右メニューも、ゲーム、DVD、フィギュア問わず、発売日順に並べる事にしました。

そういえば、『らき☆すた』の6巻も今週でしたっけ。


■今週のライトノベル

電撃文庫は、アニメ第2期の噂も流れる『狼と香辛料』の最新刊が発売!
谷川流のファンは『MW号の悲劇』に短編が収録されているので、読みのがしなく。
(→平和の温故知新@はてな:ハルヒの新刊・・・の前に電撃文庫9月新刊で谷川流の文庫未収録作品を読もう

ばけらの!
ばけらの!
現役のライトノベル作家が作中に登場することで話題になっています。
お試し版として第1話が公開されているので、気になる人はまずご一読を。

株やパチンコに熱中する不良管狼作家イヅナの可愛らしさが異常です。
「――羊はいいよ。羊だけは俺を裏切らないんだ。クリックすると必ず羊毛がとれるんだから」


スポンサーサイト

コメント

海外ゲーム市場は熱いですね。

 海外のゲーム市場の熱さは凄いですね。
熱心なゲームファンが多く、メーカーが海外市場を重視するのもわかります。
日本ではバンダイナムコのように少なくなったゲームファンからより多くの利益を得ようとする動きができつつあり、何とも情けないと言うほかありません。
目先の利益のためにゲーム市場をこれ以上縮小させるようなことはしてほしくないのですが。

>A助様@お兄やん さん
そうですねー。海外は熱いです。
人口が多いから、ゲーマー相手の商売で会社がじゅうぶん回るだけの巨大なニーズがありますね。

海外は、ゲーマー専用メッセンジャーなんかも充実してますし、草の根サーバーの運営がやがてはマッチングサービスの企業になったり、夢もありますね。日本だと、個人レベルでの小遣い稼ぎ~副業レベルがせいぜい。

一番うまくいったのはNintendo INSIDEかな? ファンサイトとして良いコミュニティが築けていますし、日本はコミュニティ化やメディア化が一番むいてるのかもしれません。最近は攻略wikiとSNSの設置がほぼ同時で、草の根ユーザーの動きはあいかわらず早いなーと感心するのですけど。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。