Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ええ。まるでアニメ化されないことを散々自虐的にネタにしてきた物語が何かの間違いでうっかりアニメ化されてしまったみたいな、そんな気まずさを感じ・・・・るはずもない雑談ハーレム 『偽物語(上)』

偽物語(上)西尾維新
偽物語(上) (講談社BOX)
このシリーズ、タイトルに「物語」と付いていてもストーリーはどうでもいい。何故なら「化物」が「語」る、「化物」について「語」るのが『化バケモノ物ガタリ語』であり、「偽物」が「語」る、「偽物」について「語」るのが本書、『偽ニセモノ物ガタリ語』である。

語ることすなわち雑談こそが本質であり、実際、ご丁寧にカナはそのように切り分けられている親切ぶりだ。大事件という大事件も起こらない田舎町で、結局そんなに大した事件が起こらないまま進行して、平凡な高校生の阿良々木暦が女の子達と面白おかしく軽快なテンポで雑談しつづけるだけの小説。このシリーズはそのように評する以外無いだろう。

ただの語呂合わせにも思えるやたらマイナーな怪異だの、程ほどにストレートで適度にひねっている筋書きなんて、全然どうでもいいものだ。その意味では、「女子高生がチョココロネの話を延々としてるだけ」なアニメと同じような楽しみ方をするのが合っている。「○○は俺の嫁」などと語り合うのがちょうどよい、そんな微温がふさわしい。

『らき☆すた』と『化物語』は、登場人物が最初から最後まで雑談ばかりしている点で共通している。まあ三谷幸喜『やっぱり猫が好き』の例を引くまでもなく、話劇はコメディの一形態ではあるのだけど、コメディというほど会話に筋が無く、短い小ネタがダラダラと連発されていくこれらの作品は喜劇とは言いがたいポジションを獲得している。

(ソフト百合ブームといわれた『マリア様がみてる』も、女子高生たちの会話を楽しむ小説ではあったが、やや浮世離れしたレイヤーで会話が行われていたし、物語との絡みも十分に意識されていた。)

ライトノベルでは、他にも例がある。
生徒会の男女が生徒会室で延々とだべっているだけという『生徒会の一存』シリーズが大きな話題をよんだ。そちらも主人公の男以外はほぼ女性キャラだけが集まっていて、一種の「ハーレム」が形成されている。

こうした作品群においては、ストーリーはもはや小説としてのアリバイに過ぎない。今後もそうした傾向の作品が増えていくのかどうかは未知数だが、ゆるっと楽しめる小説を望む読者が増えている気は確かにする。

いわば「雑談ハーレム」というジャンル、あるいはテンプレートが生まれつつあるのかもしれない。(アニメにおける例として、アニメ以上の人気があったとまで言われる『うたわれるものらじお』も思い出される。)

本編のストーリーに少しだけふれると、阿良々木暦の妹二人、火憐と月火、そろってファイアーシスターズに関する物語であり、『傷物語』においてぞんぶんに恐ろしさを発揮した羽川がやはり恐ろしかったという話であり、忍野忍(キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード)がお風呂場に出現する話である。その程度ではあらすじにも満たないが、その程度でも十全なのが本シリーズだ。

それにしても、それにしても、それにしても、だ。
大事なことなので二度言いました。いえ、三度書きました。
キスショットって、エヴァンジェリンに設定が似すぎてる気がする。

じゃなかった。アニメ化にあわせて刊行するとはいえ、下巻が半年も先、2009年3月発売予定というのは目眩がするほど、遠い話だ。まさかその間に「夢物語」なんてオチは無かろうな。


関連
西尾維新版・学校の怪談か、ギャルゲー小説か。『化バケモノ物ガタリ語』


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。