Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミコン時代のようにハイエンドからの「劣化移植」が増えていくのかも?

コンシューマーゲーム機の状勢がなかなか面白い。
後藤弘茂のWeekly海外ニュース:利益を上げ始めたXbox 360が練る対Wii戦略

分裂しつつあるマーケット

異変を感じている人は今では少なくないでしょう。普及台数では世界的に任天堂が勝利をおさめたものの、2位の存在感も非常に強い。携帯機市場では、PSPが復活して国内1000万台を達成。一時期は離れていたサードパーティも戻ってきて、タイトル数は確実に増加しています。

海外でもXbox360はいまだ健在で、サードパーティのタイトルは途絶える心配がまったくありません。FPSジャンルでは、WiiはPS3よりも売れておらず、売れるジャンルに偏りがあります。日本同様、サードパーティの「大作」はHDゲーム機で発売され、パーティゲームや音楽ゲームのようなライトなゲームはWiiでよく売れています。

理由は2つ。まず任天堂とそれ以外のプラットフォームで、客層が大きく異なる点。ライトユーザー中心の任天堂とゲーマー中心の他社。ゲーマーはお金をよく落とすため、ユーザー母数が小さくても商売としては手堅く回ります。第2に、性能差が大きい点。ソフトメーカー各社やゲーマーのニーズを任天堂ハードは満たしきれません。


ハイエンドの復活

ファミコン時代、PCとアーケードは家庭用ゲーム機よりも圧倒的に性能が高く、子供達にとっての「ハイエンド」でした。家庭用への移植はすべて「劣化移植」であり、プログラマはファミコンの限られた性能で原作の面白さをどうやって再現するかに心血をそそいだものです。その中から、ファミコン版『ウィザードリィ』のような神移植が出てきたわけで、劣化移植という戦略は悪いものではありません。

家庭用の性能が上がっていくにつれて、徐々にPCとアーケードの性能的な優位性は失われ、PS1では互換基盤が当たり前になり、アーケードは家庭用に対する性能優位ではなく、筐体の大きさによる体感性や、ネットワークインフラで勝負する方向に転じていきました。PCゲームは国内では縮小していきましたし、海外でもPS2と初代Xbox以降はハッキリ縮小しています。90年代後半から00年代前半までは、「ハイエンド」の消滅がトレンドでした。

しかしDSとPSP、WiiとPS3&360という、性能差の大きいコンシューマー機が併存する事になり、状況は大きく変わりました。国内のゲーム企業にとって、性能差の大きいハードでのマルチ展開は好ましくなく、タイトルの棲み分けが進んでいます。


劣化移植の復活

とはいえ、商売としてみると、機会損失ではあるわけで、1つのタイトルで最大限儲けるには資産の流用が不可欠です。カプコンはHDゲーム機向けに『デッドライジング』『ロストプラネット』『デビルメイクライ4』といった大作を投入して、大きな成功をおさめています。『バイオハザード5』も鋭意制作中。その一方、Wii向けもゲームキューブ時代の資産の焼き直しで利益を上げており、本当に商売が上手です。

E3でもXbox360『デッドライジング』のWiiへの移植を発表しており、性能差が大きいため、ゲームデザインにも変更が見られ、ファミコン時代を彷彿とさせる「劣化移植」っぷりです。Wiiコンに対応することで、操作の体感性があがれば、『バイオ4 Wii Edition』のような新たな楽しみも生まれるかも知れませんし、ファミコン時代の移植作品のような思わぬ神ゲーになるかも?

もしかすると、こうした流れは加速するのかもしれません。
オリジナルの大作はPS3とXbox360向けに制作して、当たった作品をWii向けに移植する。ソフトメーカー各社はエース級のチームに最新ハードを張り付かせて技術力を維持でき、ゲーマー層からの支持もがっちりキャッチ。

Wii版は安く外注に出したり、若手スタッフに任せて経験を積ませる機会にもできます。ゲームの骨子が固まっていて、グラフィックデータをダウンコンバージョンすれば良いだけなら、低リスクでWii向けソフトを展開できます。Wii向けのオリジナル作品をつくっても、売れるかどうかわかりません。それなら、ハイエンドゲーム機を持たないユーザーに、ハイエンドゲーム機のエッセンスを抽出したソフトを提供したほうが、お互いに幸せでしょう。


ハイエンド市場とローエンド市場の共存

かつてPCとファミコンが共存したように、HDゲーム機とSDゲーム機は共存可能です。
ソフトメーカーはハイエンド市場で大作を開発し、開発費を回収した成功作をローエンド市場に投入する。ユーザー層が大きく異なるので、問題は無いでしょう。

やや暴論をいえば、『アイドルマスター』や『MGS4』、『FF13』だってWiiに劣化移植できます(政治的な問題を除けば、ですが)。もちろんそうした作品は、ファンからすれば噴飯物の出来かもしれません。でもいいんじゃないですか? そういう人はWii版を買わないし、それ以外の人にWii版を売りたいわけですから。安く移植できるなら、やってみるのも面白い。

たとえば、メタルギアファンにとってMSX版が聖典であり、ファミコン版は黒歴史です。小島監督自身がファミコン版には愛情をもっていません。しかしそういう商売がかつて行われたのも事実です。かつてあったなら、これからそうなっていけない理由はありません。

劣化移植に激怒するような人はHDゲーム機を持っているはずで、それなら「本物」を遊んでもらえばいい。「偽物」を望んでいる人もいるでしょうし、実は「偽物」の方が面白かもしれませんよ(笑 ファミコン時代にも、「原作」よりも面白い移植作はありましたからね。かつては劣化移植から、いくつもの宝石が生まれたのです。

「HDゲーム機のグラフィックよりも、Wiiコンの体感操作の面白さの方がずっといい」。ネットでたまに見かける言説ですけど、もし本当にそうなら劣化移植、万々歳。ソフトメーカーもゲーマーもライトユーザーもみんながニッコリできる決断じゃないですか。

PS3、Xbox360、Wiiすべてを所有している僕は、個人的にはWii版には興味ありません。作品のファンも、より良い環境で遊びたがるでしょう。しかしWiiのみ所有している人にとっては、ハイエンドゲームのエッセンスが遊べるだけでも良いこと。まったく遊べないよりは、ずっといい。


共存期間は短い?

この特殊な状況は、やがて終わりを迎えるでしょう。
任天堂もいつまでもSDゲーム機にとどまるつもりは無いでしょう。3~5年後にはPS1やPS2のような状況になっているかもしれません。その時、どこが覇権を握っているか、不透明な状勢になってきました。


スポンサーサイト

コメント

Wiiユーザーに劣化移植を与えてあげるのはとても大切なことだと思います。
この夏商戦で任天堂が行っている過去作の焼き直しは暇を持てあました子供にすら訴求できずたいして売れることはないでしょう。
Wiiを買ってしまったけど、本当はPS3やXbox360も欲しい。
でも買えない人といった人たちはろくなゲームが出ないWiiに失望しきっており、Wiiで売れるのはごく一部でそれ以外は全部こけている悲惨なWii市場。
そこへ本当のゲームの劣化移植を持ってくれば悲しみにくれるWiiユーザーは飛びついて当然でしょう。
もうマリオスタジアムのようなゲームを仕方なく消去法で買わされることはありません。
PS3やXbox360でヒットしたゲームのエッセンスを残してWiiに移植してあげることが、Wiiユーザーを任天堂地獄から救うことになるでしょうね。

> A助様@お兄やん さん
まー、本物の大作を遊びたければ、360やPS3を買えばいいわけですし、ファミコンキッズたちがPCを買うよりはずっと敷居が低いのですが、Wiiで一端を遊べるのは良いことでしょうね。

もちろん現実には、政治的な問題や、出しても売れるかどうかわからないといった問題もあるので、『FF13』や『アイマス』がWiiで出るかというと、可能性はほぼゼロでしょうけど。でも、大きな流れとして、HDゲームの一部がSDコンバージョンされるのは「あり」でしょうね。

逆にWii向けのゲームで、「これはHD化したら、もっといいのにな」というものがあれば、HD版を出すのもありでしょうね。移植仕事は外部に出しやすいですし。

かつてのハイエンドはPCであれば50万円、アーケード基盤であれば20万円と、ローエンドユーザーでは手が届かない価格帯でした。性能も6万色同時発色と8色同時発色など、ハイとローでは段違い。
しかし、WiiとPS3の価格差はせいぜい2倍程度と、「いつかは買える」と思わせる価格差で、性能もファミコンとアーケード基盤程に離れていません。なので、アーケード→ファミコン移植にあった”見劣り分をアイデアで補う劣化移植”よりも、単純にキャラのポリゴン数と表示数を引いただけの悪い意味での劣化移植が大多数になりそうな予感が・・・。
むしろ、PS3・360→DS移植の方が個人的にはワクワク感は強いですね。圧倒的な性能差をどのようなアイデアで越えてくれるのか、と。
ただ、携帯のDSと据え置きのPS3・360では客層が異なる(特にDSの大多数を占めるライトユーザーは)と思われるので、PS3.360のハイエンドゲームにどれほどの魅力を感じるのか(劣化移植ゲームの市場が在るのか)分かりませんが。
そうなるとPSPになりますが、これもWiiと同じく”悪い意味での劣化移植”が大半になりそうですし。実際に当初はPS2の劣化移植ゲームばかりでしたから・・・。

FC版源平闘魔伝のようなアイデア勝負の移植、FC版アフターバーナー・グラディウスⅡのような技術力を見せつける移植、個人的にはそんな移植がまた見たいですね。

>劣化移植の復活
私も同意見です。
どちらかに極端に偏るのではなく、バランスをもって。
極論してしまえばWii&DS&PSPでの比較的成熟した技術と安価で利益を出し、
その利益でHD対応のゲームを開発し技術力を維持し続ける。
長期的なHD開発のゲームの開発費をSDゲームにて補う。
それが理想かな。

ただ、ふと考えたのが、
この状況下で下請けになっているメーカが
今後どれくらい残っていくかと言う事も気になります。
大手は資金・人材と振り分ける事はある程度は可能としても、
中小の請メーカーとしてはSDゲームへの注力がほとんどかと。
そうなってくると、仮にHDの世界来た場合にそれらの中小企業が
生き残れるのかと。

お久しぶりです。
ハイエンド機から劣化移植ということですが、
アイマスのPSPへの登場も似たようなケースと考えられるでしょうか?
360からPSPへの移植というのはあまり見たことが無いように感じるので、注目しちゃいます。

普及台数よりも客層が大事なのですが、PSPへのアイマスは客層も結構合ってるように思いますし、
普及台数も1000万台という大台に乗っているので、かなり売れそうです。
やっぱり普及台数も多いに越したことはありませんからね。

そういった意味で私も「劣化移植」には賛成です。
バンナムもようやく分かってきたな、と思います(笑)

コメントする記事を下と迷いましたが、劣化移植という点でこちらにさせてもらいました。

私はハイエンドゲームの不自然な価格の「安さ」をなんとかしないとユーザーの住み分け以前にハイエンドゲームの存続すらあやしいと考えています。

>ゲーマーはお金をよく落とすため、ユーザー母数が小さくても商売としては手堅く回ります。

それはハイエンドゲームの単価が15000円とか20000円とかで、なおかつユーザーがその価格に納得して購入するような市場が形成された場合の話です。
他のジャンル、例えばファッションにしろクルマにしろ、少数のハイエンド需要というものは昔から存在しますが、単価が全然違います。
それはもう2倍とか3倍とかいうレベルでなく違うのです。

>かつてPCとファミコンが共存したように
当時のPC用ゲームの価格を思い出してみてください。

ハイエンドゲームを求める層は確実に存在しているのだけれども、それにビジネス的に見合った対価を払ってもいい、というユーザーがあまりにも少ないのが問題なんだと思います。

劣化移植にしても、最初から劣化(といえば言葉は悪いですが、要はビジネスとして適切なクオリティ)状態で開発したほうがビジネスとして効率が良いのは間違いありません。
もちろんその結果ハイエンド市場は消滅してしまいます

私自身ゲーマーなのでハイエンド市場に消滅して欲しくはないのですが、それは個人の願望に過ぎません。
同じようにDAKINIさんのあまりにも楽観的な評論も私には単なる「願望」のような印象で、どうも違和感を感じてしまいます。

> どすこい さん
> 単純にキャラのポリゴン数と表示数を引いただけの悪い意味での
> 劣化移植が大多数になりそうな予感が・・・。
ファミコン時代も、基本的にはただの劣化移植が大変だったような。悪貨の中に少数の良貨があればいいほうかと。

PSPは携帯機ですから、Wiiへの劣化移植とは意味が違うでしょう。携帯機の解像度がHDでないことを怒る人はいないですし、画面の大きさと解像度のバランスで考えれば、非常に高精細。

携帯機であれだけ動くことが素晴らしいのであって、同じ据置き機でグラフィック等が大幅に劣化するゲンナリ感とは異なります。Wiiは据置き機最低性能ハードですが、PSPは携帯機最高性能ハードです。


>DUO さん
Wii向けはその分開発費が安く叩かれるでしょうから、開発スタジオにとってどちらが好ましいかは難しいですね。将来を考えると、HDゲーム機での開発経験を積んでおきたいというのは自然な考えです。


>トロ さん
アイマスはもともと、PS2互換基盤のアーケードゲームでしたから、PS2→PSPと考えると、はたして劣化なのか何なのか。アイマスもコミュニティが煮詰まってきている印象なので、ここらで新しいユーザーを呼び込みたいところでしょう。


> BURGMAN さん
ハイエンド市場で利益を上げられないなんて妄想、いったい誰に吹き込まれたんでしょうか?(笑

アイテム課金なども始まってますし、利益をあげる手段はちゃんとあります。
360やPS3の開発費が高いといっても、利益を上げられないなら、みんなやってませんよ、さすがに。

例えば、カプコンは『デッドライジング』や『ロストプラネット』など、HDゲーム機で成功をおさめており、ハイエンド市場で利益を出しているわけです。不自然に安いとは思いません。

「劣化移植」は、もっと儲かるならやってもいいんじゃない程度のものとして、書いてます。Wii向けにオリジナルを作るよりはマシかな、という話ですよ。あくまで。実際、Wiiにそこまで金掛けたくないのが、カプコンの本音でしょ、わかりやすいじゃないですか。エース級の人材はHDゲーム機に投入し、SDゲーム機は若手や外注で済ませるのが楽でいいですよね。

偽物が本物に敵わない、なんて道理はない

タイトルは劣化移植と聞いて浮かんだ言葉。

正直なところPS2からPSPへの移植とかの方がしっくりこなかったりします。
よく出来てるんだけど何か違うみたいな?
最初からPSP版でやるとまた違ってくるんでしょうか

>muza さん
それはそうでしょうね。
僕も、本文中で、以下のように書いています。
> 「偽物」を望んでいる人もいるでしょうし、実は「偽物」の方が面白かもしれませんよ(笑
> ファミコン時代にも、「原作」よりも面白い移植作はありましたからね。

ただ、基本的には、大勢としてはやはりゲームも「劣化する」物が多いでしょう。無論、「本物」より面白い作品も出てくるかもしれませんし、それを期待しますが。現実は厳しいのも確かです。

> 正直なところPS2からPSPへの移植とかの方がしっくりこなかったりします。
なるほど。
携帯機は、まず持ち運んで遊べるところに価値があるわけで、それを感じるなら買えばいいし、感じないなら買わなければいいのでしょう。基本的に、Wiiへの移植とはまた違う話。

まー、僕はどちらも買いませんが。HDゲーム機で遊べるタイトルはHDゲーム機で遊びます。わざわざ劣化したものを買いたいとは思いません。

劣化移植でも…

デッドライジングの移植はいいですね。国内だったら、Xbox版より売れそうですし。でも正直なところ、Wii版出すんだったら、PS3版も出して欲しいなぁ…。そっちの方が簡単じゃないんですかね。

> ジャック さん
たしかに欧米はともかく、国内では360よりは売れそうですね。というより、売れなかったら、Wii市場っていったい・・・・・。

> PS3版
例のゲームエンジンの初期バージョンを使っているはずですが、その時点ではマルチ対応してなくて、意外と大変なのかもしれませんねー。こっそりやってる可能性もありますが。

アイマスは劣化?移植決定したようです。

http://hatimaki.blog110.fc2.com/blog-entry-538.html

>もと さん
アイマスのPSP版の話は別の記事で報じております。
まず、冷静に、ちゃんと記事を読んでから投稿しましょう。深呼吸も大切です。

さて、冷静ではない意見にレスするのも大変ですが・・・・。
携帯機への移植と、据置き機どうしの移植をごっちゃにしてる時点で、何か勘違いしてるのではないでしょうか? 劣化移植という言葉に過剰反応して、無理なロジックを組み立てる必要はありません。

劣化移植はどう言いつくろっても、劣化移植でしか無く、業界ではそれにふさわしい予算しかつかないのですから。

ゲーム市場で、「ハイエンドとローエンドの分離」が起きていくのは面白い考察ですね。
ちょうど、PC市場などでも同じような現象がおきつつあります。
ASUSなどの台湾メーカーが5万円PCを代表する低価格PCで気を吐いているのに対し、
ソニーはハイエンド寄りの「type Z」などを発表している。

そしてこのような現象の上で「ソフト市場」というのはどうなるのか。
この記事では、「劣化移植」が増えていくかもしれない、と述べています。
しかしながら私は、むしろゲームのクオリティが総合的に落ちるのでは?と危惧します。

最初からWiiなどへの「劣化移植」を意識するあまり移植の難易度を上げるような技術を
使いたがらない。MGS4のような「本当のHDゲーム」といえるようなゲームではなく、
「従来ゲームの高解像度版」が主流になるのでは?、という危惧です。
実際問題HD対応への開発費高騰は避けられないでしょう。
それなら利益増大のために最初から「劣化移植」を意識する。こういう考えが生まれることは予測できます。
一ゲームファンとしてはそれだけは避けて欲しいものですね。

>Sonyfun さん
少なくともカプコンを見る限り、その恐れは無さそうですし、やや杞憂ではないかと思います。中途半端な物を作って、HDゲーマーに見限られることはソフトメーカーとしては避けたいでしょう。

もちろん志の低い会社が、おっしゃるような所業をしでかすかも知れませんが、そのような企業はゲーマーとライトユーザーの市場の狭間に落ち込んで、淘汰されていくと思います。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。