Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の新作 夏商戦、まっさかり

個人的には『ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地 -』に飛びつきますが、世間的にはやはり『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』でしょうか。夏商戦最大のタイトルが登場して、夏商戦も盛り上がってきました。

ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地- (PS3)
ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地-(初回限定版:「原画設定資料集」&「オリジナルサウンドトラック」同梱) 特典 「スティックポスターセット」&「キャラボイスCD」&Amazon.co.jpオリジナル「スティックポスター」付き
7月17日発売。
アクアプラスが送る次世代シミュレーションRPG。
PS2版『うたわれるもの』を楽しんだ人達なら、今作も期待していいでしょう。小さなメーカーがHDクオリティにチャレンジする姿は美しく、気高い。美少女ゲームがHD化でどう進化していくのか、美麗なキャラ絵に興奮したいですね。

かつて黄金の時代があり、白銀の時代があり、青銅の時代があった。
青銅の時代から1200年が経ち、古代の伝承が忘れ去られようとしている時代。大陸では『神聖帝国』が勢力を広げ、辺境の地、かつての古代王国の領域も侵略していた。

帝国の侵攻を受けたエリン島では、ゲール族の少女リアンノンが魔王アロウン復活の儀式が始まり、生け贄にされようとしていた。いくつかの要因で儀式は失敗したかに見えたが、魔王アロウンは復活する。

多くの謎をはらんだまま、物語は進んでいきます。
PC版と物語の大きな主軸と登場人物は共通なものの、キャラクターデザインやシナリオは大きく書き直されており、新たな気持ちで楽しめますね。


メタルギア オンライン (PS3)
メタルギア オンライン(オンライン専用)
7月17日発売。
『MGS4』に付属していた『メタルギアオンライン』の単体パッケージ版。
お買い得度でいえば、『MGS4』を購入するのがオススメですが、ストーリー性には興味ないという人にはこちらのパッケージが潔いか。また、『メタルギア』をやったことのない友達に勧めやすいのも確か。


ドラゴンクエストV 天空の花嫁 (DS)
ドラゴンクエストV 天空の花嫁
夏の商戦、最大のビッグタイトル。
子供から大人まで、ひと続きの人生を体験できることをテーマにした本作では、人生最大の選択肢がさらにもう1つ。第3の花嫁候補として、デボラが追加されました。

さて150万本以上売れたPS2版にどこまで肉薄するか? デボラ目当てのプレイヤーがどれだけいるかは不明なものの、『ドラクエソード』のセティアといい、今回のデボラといい、堀井雄二氏の最近のヒロインの好みがなんとなく伝わってくる気がします。うがちすぎか?

ちなみに公式サイトでは「人生すごろく」を遊ぶことができます。『ドラクエ』ではすっかりおなじみの「すごろく」、そして今回のテーマ「人生」。ランキングも掲載されるので、空いた時間にどうぞ。


ガンダムバトルユニバース (PSP)
ガンダムバトルユニバース
PS Storeで無料体験版を配信中なので、気になる人はぜひチェック。
新規追加となる『逆襲のシャア』『ZZ』からミッションを1つずつ収録しています。

初代『ガンダム』から、アムロとシャアの完全決着までを収録し、ミッション総数は200以上と大ボリューム。200機以上の機体、60名以上のパイロットと、てんこ盛り。また通信協力と対戦が充実し、すべてのキャンペーンミッションを通信協力プレイで攻略可能! もちろんミッションクリア時に手に入る機体や新しいミッションは、通信プレイしているプレイヤー同士が獲得できます。『モンハン』以降の流れを受けた仕様に仕上がってます。


■来週以降の新作

どきどき魔女神判!2 (DS)

7月31日発売。
色々な意味で注目をあつめた前作に続き、今作もいけるの・・・・か?


スポンサーサイト

コメント

ついにきましたね、ティアーズ・トゥ・ティアラ。何がすごいって、発売延期しなかったのが……という冗談はさておき、ゲーム雑誌のレビューによると戦闘関係はサクサクできるし、難易度設定もあり。シナリオボリュームもでかい、ということらしいので、今から楽しみです。

MGOは、MGS4本編クリア後、2週目と平行してやってくつもりが、今では2週目をほんのちょっとずつやって、ほとんどMGOばっかりやってたりしてw
MGO単品発売日は、追加パック(新マップ、使用キャラ追加など)の発売日でもあるので、すでにやってる人でも一緒に新規要素を楽しむことができるのはいいですね(ただ、発売方法がMGO内からコナミサイトへ、という流れだと、IDやパスワード入力や支払い方法で個人的には面倒なので、PSstoreからも買えるようにしてほしいのですがねぇ)。

世間的な目玉はDQ5で、他のソフトは埋もれてしまいそうですが、ガンダムバトルユニバースはすでに前作までにしっかりとファンを獲得していて、売上げにさほど影響がなさそうに思えますが、実際はどうなることやら。

月末に発売されるファンタシースターポータブルの体験版が配布開始されましたね。ネットからのダウンロードだけじゃなく、ゲーム販売店でのUMD版の配布もやるあたり、かなり気合が入っているでしょうか。
UMD版だと、他のPSPに体験版をコピーすることもでき、また体験版にもかかわらず、マルチモード(アドホック通信を使って最大4人で同時に遊べる)も楽しめるあたり、モンハン的な売れ方をしてくれることに期待してるのでしょうかね。
PS2版でだいぶ評判を落としてるかとおもいきや、期待している人もけっこういるみたいで、そこそこ売れそうな気配がありますね。
体験版ではレベル制限などがあるものの、製品版へのデータ引継ぎが可能とのことなので、発売日までにやりこんで準備しておきたいと思います。

>小林悠士 さん
PSPソフトは、モンハンユーザーを当然意識するはずなので、通信協力プレイは必須ですし、仕様もかなり充実してる印象ですね。『ガンダムバトルユニバース』もそういう強く印象を受けました。

通信対戦の『ポケモン』とゆるーい通信コミュニケーションの『どうぶつの森』がありつつも、通信協力の目玉ソフトが無いDSの穴をうまく埋めたなーという気もします。『ドラクエ9』がその穴を埋めるのかもしれませんが、どうなるか?

FF13がマルチ展開になったようですね。
忍さんのところでも思わず書いてしまったのですが,
かなりのPS3の値下げ圧力になることは必死ですねえ・・・
SCEIとしてはたまったもんじゃないけど,消費者にとってはうれしい限り。
とすれば,今回の判断はMSにとって良いことばかりじゃないかも。
なにせ。HDDインストを標準にしようと画策してるみたいなんで,
コスト的にはPS3と大差なくなりそうですからね。

あと,360のアップデートを見るにあと2年は現行機種で使い倒す覚悟のようですね。
Wiiを意識しすぎなのがどうかと思いますがw

まあ,マルチとかはさほど問題ではなく,
このソフトにかかわらず,スクエニの大作は「いつ」出るんでしょうかw
DQ9すら世に出てない。そこらをもう少し真剣に考えて欲しいですねえ>スクエニ

>kon2 さん
ほー。開幕(開幕前日?)からいきなり、デカいニュースですね。

ふーむ、まあ、海外の状況を見ると、理解できなくもない判断ですかね。
つなぎ止められなかったSCEの無能さは呆れますが。
まあ、日本ではPS3オンリーですし、大勢に影響は無いのでは。(つか、日本では仮に360でも出たとしても、今さらシェアは覆られないでしょうが)

もう1つは、FF13の発売が意外と早い(来年の前半など)のではないか、という見方もできますね。PS3が欧米で普及するのを待てなかったという事でしょう。ともあれ『FF13』は実は作ってない論や、開発中止というデマをを吹き飛ばす朗報で、良かったんじゃないですか。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。