Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくわからないが面白い小説 『ROOM NO.1301』

ROOM NO.1301 おとなりさんはアーティスティック!?新井輝

amazon
 bk1
ROOM NO.1301 #2 同居人は×××ホリック?

amazon
 bk1
ROOM NO.1301 #3 同居人はロマンティック?

amazon
 bk1

「僕は恋愛に向いていない」と思っている高校生が主人公の「恋愛」小説。新井輝の書くこの『ROOM NO.1301』は世間的には恋愛小説に位置づけられるのですが、それにしては妙にエロいです。しかし明らかに萌え小説とは違います。萌え小説はエロさを嫌うからです。

といっても、いわゆる18禁的な表現や、露骨なエロシーンがあるわけではないのです。それもそのはず、この本は富士見ミステリー文庫の本で、陵辱系を中心としたエロライトノベルではないのです。セックスシーンが具体的に描写されることは一度もありません。よくある手法ですが、その前後で必ず時間が飛ぶのです。

ケータイ小説とか、さらに高年齢の女性向けの小説とも違います。そうした小説は、少女小説の頑なな純情さを捨てて、徐々に「大人向け」の要素をはらんでいきます。いい大人がセックスの無い恋愛小説なんて読めるかと言わんばかりに。

しかし『ROOM NO.1301』は、萌えライトノベルとも、エロライトノベルとも、少女小説とも、ケータイ小説とも、大人の女性向けの小説とも違うのです。うーむ……。このシリーズを明確に分析した書評をボクはこれまで読んだことがないし、書けたこともありません。

ジャンルの文脈を想定して読んでいく読み方では、必ず予想を外されてしまうのです。よくわからない。でも面白い。読んでしまう。リーダビリティが非常に高いのは確かですが、それだけではない。じゃあ、なんだ? やっぱりわからない。

1つ言えるのは、この小説にはある種のリアリティがあるという事です。それはライトノベル的なリアリティとは明らかに違うものです。青春小説的リアリティ。しかしライトノベル的なご都合設定はありまくるし、12階建てのマンションの存在しないはずの13階に入れる鍵という設定はファンタジー小説のようです。

やはりよくわからない。でもそれはボクにも、多くの読者にも身に覚えのある感覚です。エロとエロいの微妙な違いなんですよね。「エロい」のは若い人の特権なんです。大人はみんな「エロ」ですよ。中高生ぐらいです、「エロい」領域に留まれるのは。そういう「エロい」を描ききっているのがこのシリーズの特徴です。エロでも、萌えでも、青春でも、恋愛でもない、何か。
「健ちゃん、もう一つ聞いてもいいかな?」
 耳の側で囁くような声で、自分の名前が呼ばれるのが聞こえた。それはさっきまでのしょげた声ではなく、笑ったような柔らかさを感じさせる声だった。
「い、いいですけど……」
「じゃあさ、私、健ちゃんを襲ってもいいかな?」
 そんな綾の質問。その意味を理解する前に、綾の手が伸びてきて健一は抱きしめられるのを感じた。そして彼女の柔らかい感触も。
「え、ええ!?」
 健一は驚きながらも、身動きができなかった。必死に声を上げたが、それが最後の抵抗だという気がした。
「でも健ちゃんにも選ばせてあげる。こことベッドとどっちがいい?」
 さっきより耳に近い場所から、綾の怪しい質問が響いた。それで健一は、自分の頭の中でプツンと何かが音を立ててキレるのをハッキリと聞いた――ような気がした。
そうそう。この本はそれだけじゃありません。それについては、また別の書評を書いてみたいと思います。このシリーズでは、ちょっと普通の恋愛じゃない恋愛が描かれます。普通からちょっとズレた人が多いんです。けど、そもそも普通ってなんでしょう? よくわからない。「僕は恋愛に向いていない」と呟く主人公といっしょに、あなたもこのよくわからないが面白い小説とつき合ってみませんか?

関連
リアリティがあるとはどういうことか 『ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・すりー』
スポンサーサイト

タグ:新井輝  ROOM  NO.1301  

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。