Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自ら市場を作る者が輝く

セガがPS3向けに『龍が如く3』を発表しました。
セガサミーの経営が悪化したため、ラインナップを見直すという話があり、PS3のタイトルが大幅に減ったという噂が流れていましたが、そうした不安感をすべて吹き飛ばすようなニュースですね。

結局、大作はPS3でやるっきゃない

実際問題として、『龍が如く』をWiiに持っていっても売れるとは思えません。かといって360に持っていくには移植コストも掛かりますし、海外で売れるかどうかも怪しい。それなら『見参』で使ったエンジンやツールを使って、続編を作ったほうが採算が取れると考えたんでしょうね。

苦しくはあるものの、潔く、かつ的確な判断でしょう。「ここで踏ん張るしかない」という状況は存在するのです。また、里見氏の肝いりプロジェクトですから、「『龍が如く』に失敗はない」という事なのでしょう。他のタイトルとは扱いも違うはず。『MGS4』が公約通り発売されたことも、「まだ頑張ってみよう」という気持ちにさせたのかもしれませんね。

ソフトメーカー各社はPSP向けのタイトルを減らしすぎたため、新型以降の好調さに対応しきれず、カプコンにおいしいところを持っていかれた経験があります。PS3も来年の夏~年末に掛けて、ある程度盛り上がっていくでしょう。ここで完全に引くのは愚かな選択です。

いちユーザーとしては、覚悟を決めた人たちの会心の一撃を期待したいですね。


積極的に市場を作っていく姿勢が大切

他にも、日本一ソフトウェアがPS3向けに毎月『ディスガイア3』の追加コンテンツを配信するなど、PSコミュニティとがっちりやっていく姿勢を鮮明にしています。『ティアーズ・トゥ・ティアラ』を今月発売するアクアプラスも、頼もしい1社。自社が権利をもっている『うたわれるもの』のブルーレイを発売してもらうなど、積極的に市場を作っていく意識をもっています。

セガで残念なのは『頭文字D』のゲームを出すのにあわせて、ブルーレイを発売できなかったこと。権利者でないので、説得が難しいのはわかるのですが、アクアプラス以下の展開しかできないのはモッタイない。

バンダイビジュアルが『マクロス フロンティア』と『コードギアス』のDVDとブルーレイを同時発売します。これも、積極的に「ブルーレイ市場」を作っていこうという強い意志の現れでしょう。映像コンテンツを抱えている各社にすれば、いつまでもブルーレイ市場が活性化しないようでは困ります。今期は良くとも、来期、来々期はどうするのか。資本力のある企業がマーケットを作る努力をおこなう。健全な行動でしょう。

結局、マーケットを自分で作っていく意志が重要なのです。今輝いているコンテンツホルダーとそうでないホルダーの違いはそこにあります。思えば、任天堂もDSやWiiで新しいマーケットを作り上げました。それに倣うなら、自分の手でPS3、PSP、360、Wii、DSに市場を作るべきなのです。単純に普及台数が多いからソフトを出すという、コウモリ型コンテンツホルダーの末路など知れたもの。

ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地-(初回限定版:「原画設定資料集」&「オリジナルサウンドトラック」同梱) 特典 「スティックポスターセット」&「キャラボイスCD」&Amazon.co.jpオリジナル「スティックポスター」付き 魔界戦記ディスガイア3(通常版) マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc) コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 (Blu-ray Disc)


国内市場の縮小

家庭用ゲーム市場、9.3%縮小 08年1-6月
今年の上半期は、国内市場が縮小を始めており、DS市場の縮小が鮮明になっています。ソフト市場への影響は軽微なものの、来期、来々期には影響が目に見えてくるはずで、各社の「次の一手」が問われます。

もちろん任天堂も、DS市場の縮小や、夏商戦におけるWiiのタイトル不足を良しとしているわけではないでしょう。今月のE3では、何らかの「次の一手」を示してくると期待されます。海外は非常に好調ですが、国内市場はPSPの勢いに押されてますからね。

バブリーな時期は過ぎ去りつつあり、次の戦いのゴングが打ち鳴らされようとしています。各社の戦略に注目が集まります。


スポンサーサイト

コメント

「龍が如く 見参!」は単にシリーズ外伝、というだけでなく、PS3での売れ行きを読むための試金石、「見参!」->「3」と開発ツールやノウハウを使いまわすことで開発費を効率よく回す、などの役割があったのでしょうね。
また、あわよくば、「見参!」もシリーズ化をもくろんでるのではないかとも思ったりもしますがw

「龍が如く3」がPS3で発売、というのは個人的には規定路線と思ってましたが、コーエーがまたもやらかしたように、PS2に逆戻りということもありえない話ではなかったかも、と考えると、セガの判断がまともでよかったと安心したいところ。

システムやグラフィック、ボリュームなどが「正統進化」するであろう、「3」に心から期待したいですね。

>自ら市場を作る者が輝く
>結局、マーケットを自分で作っていく意志が重要なのです。今輝いているコンテンツホルダーとそうでないホルダーの違いはそこにあります。
ですね。本当にそう思います。

先月のスクエニRPG動向にしても、
「全ての地域で360がPS3より売れてくれれば、これほど分かり易い図式はない。他の会社が出来ないんなら、ウチがやりますよ」的な姿勢を具体的に見せてくれれば(PS3への供給を無期限停止など)、ユーザーとしても覚悟が決まって、素直に歓迎出来たんですけどね。
結局は「ゲームハード」じゃなくて、「ゲーム」が好きなので。
まあ現実問題、そういった動きを実行するのは難しいんだろうとは思いますが、ゲームという「娯楽」を扱う会社がそれでいいの? とも。
やはりどこかで大なり小なり「青臭い熱さ」を見たいものです…………日本一ソフトウェアやアクアプラスは本当に立派だなあ。

>小林悠士 さん
「3」が出る頃の普及台数はわかりませんが、「2」に並ぶ売上に到達するといいですよね。頑張って盛り上げていってほしいものです。

>ゆとり世代 さん
> 日本一ソフトウェアやアクアプラスは本当に立派だなあ。
大手の方が優柔不断さが目立ちますね。
まー、小さい会社ですと、マルチ化という選択肢が最初から無いとか、多方面に展開する余力が無いので、覚悟を決めざるを得ないのも一因でしょう。

>アンソニー さん
ブラックジョークのつもりかもしれませんが、セガファン、PSファン双方にとって不快なコメントでしたので、削除させていただきました。

お久しぶりです。
龍が如くシリーズはちゃんとまたヤクザの話として続くんですね。
見参でPS3のノウハウを掴みましたが、3を創るときにどれくらい開発費が押さえられるものなのでしょうかね?
エンジンを使えば開発費を削減できるとよく聴くので疑問に思ってました。

>トロ さん
> 見参でPS3のノウハウを掴みましたが、3を創るときにどれくらい
> 開発費が押さえられるものなのでしょうかね?
エンジンを作る部分の期間は縮まりますが、総開発費がどれだけ減るかというと、まー、半分になったりはしないですね。普通は。

グラフィックデータ部分の人件費が大きいわけで、結局、素材は作り直しますから。素材まで使い回すなら、その分、開発費は下げやすいですが、『見参』のデータは『3』にはほぼ使えないでしょうし。

開発費といえば、Wiiなんかだと安く作れて当たり前と思われがちだから、安めになってしまって、開発会社にしてみれば、予算もらえなくておいしくない、という事もありますけどね。Wiiは「金かけない」というイメージが強くなりすぎた感はありますね。

まー、そもそもWiiで大作つくったところで、「PS3や360の中堅作品よりショボい」と思われちゃうわけで、出しにくいわけですが。ゲームキューブの『シンフォニア』とWiiの『ラタトスク』で、Wiiの方がちょっと売上落ちてるのも、ブランド低下もあるかもしれませんけど、「安っぽく」見えるというのもあるんでしょうね。ユーザーの見る目は厳しいですから・・・・。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。