Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼は食え、豚は食うな 『ベン・トー2 ザンギ弁当295円』

ベン・トー 2アサウラ
→bk1 →Amazon
くわぁーーーーーっ!
出すとは思っていたが、本当に出しやがった。(ほめ言葉
あの武闘弁当争奪小説『ベン・トー』の続きが堂々登場である。

2巻では、従姉妹にして幼なじみのあやめが登場して、彩りも華やかに。波乱は万丈に。
ちょっぴり色気が増したものの、やっぱりこの小説は、根っこは色気より食い気。

漫画でも、小説でも、食を扱う作品はどれもこれも激しい。
ミスター味っ子の味王様の大阪城破壊、うまいぞー!光線は元より、海原雄山の怖い顔や「シェフを呼べ、シェフを」な無銭飲食。鉄鍋のジャンの相手を殺しかねない料理は壮絶だった。萌えの世界でも、可愛い女の子は料理が上手か、食ったら毒殺されるような腕前か、まさに生か死か、どちらかと相場が決まっている。

何故なら食は命の根源に関わるものだから。でも絵や文字では伝わりきらないから。
いやいや、絵はまだ良かろう。言語化するのはさらに困難を極める。ゆえに激しく書く。だからバトルする。料理とバトルが切っても切り離せない関係にあるのは、そのせいなのだ。

バカ小説としての『ベン・トー』のノリは常に最高圧。
テンション高すぎて、暑苦しく、騒がしく、重厚である。全編、『Gガンダム』級のテンションで続くのだ。スーパーで売れ残った弁当に半額のシールが付く。シールを貼る店員が「半額神」であり、半額弁当を奪い合う戦いこそ、狼の時間。おのれの身体を使って、ぶつかり合い、殴り合い、弁当に手を伸ばす攻防戦。
 彼が手を止め、逡巡していることからもわかる。彼は醜い豚ではない。誇り高き狼だ。もし彼が手を伸ばして弁当に触れれば、必ず手に取りレジへ向かうことだろう。決して弁当を手にキープしたまま半額神が訪れるのを待ったり、触るだけ触ってその場から離れるような愚かで恥知らずなマネはしないだろう。
 わかる、わかっている。名も知らぬ一匹の狼よ。三割引きの段階であるにも拘らず弁当の前に立ってしまう気持ちはわかる。このまま半額にならないのだったら、ならばいっそ……。そういう気持ちは痛いほどにわかる。そして恐らく相当に腹が減っているのだろう。三割引き弁当の前に立ってしまいたくなるくらいに、減っているのだろう。だが……だが、よく考えろ!
 僕たちは何故ここにいるのか、何故数百円安くなった弁当のために命を懸けて戦うのか……今一度思い出すんだ。君にだってわかっているはずだ。
 半額弁当は在庫処分扱いの弁当じゃない。半額弁当とは、敵を押しのけ、自らの手で勝ち獲って初めて加えられる勝利の一味が入った至高の料理にして、神からの恵みだ。この、自らを試し、生き様を刻む場、大規模小売店にだけ存在する極めて希少で価値ある存在……それを求めて君は、僕たちは、強敵の集うこの場にいるんじゃないのか――

半額弁当の争奪戦は、格闘小説を読んでいたっけ?と錯覚するような、無駄に描写力の高い文章で、迫力をこめて書きつづられる。相手の伸ばした手を払いのけ、キック、足払い、天井蹴り、ラリアット。カゴを振り回したり、カートで突撃したり。何でもありの格闘乱戦。

そんな戦いの最中に、強敵(ライバル)どうしの共感が生まれる事もある。渡る世間は豚ばかり。突っ張って生きる狼は少ない。お互いの生き様を認めなければ、需要と供給の狭間に生まれたバトルアリーナなど、またたく間に消えてしまうのだ。

腹が満ちればそれでいいのか。価格じゃないんだ、人生は。
勝利の弁当はなんてうまそうなこと。こいつら、ホントにうまそうに食いやがる。作者の半額弁当への惜しみない愛情が注がれた、美味しんぼやミスター味っ子に匹敵する、味描写が光る。読んでて腹が減ること、間違いなし。

そうそう、半額弁当がワゴン時空を呼び寄せたか、まさかオプーナネタを堂々と書いているとは予想外だった。しかも2箇所も! 作者はホントに買ったんだろうな! 疑問が尽きぬまま、3巻に続くのであった。


関連
百合と拳銃の作家が送る最新作 『バニラ A sweet partner』
華のあるバイオレンス小説。少女が銃を欲するまで 『黄色い花の紅』
華麗なる方向転換。百合系ハードアクションから半額系コメディへ 『ベン・トー サバの味噌煮290円』

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。