Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女装少年と男装少女 『SH@PPLE』

SH@PPLE竹岡 葉月
SH@PPLE 1 (1) (富士見ファンタジア文庫 185-1)
女装少年ブームの昨今、この作品が注目を集めるのも無理はない。なんせ、1冊でダブルおいしい。

弟は恋をしていた。図書館でひと目ぼれしたあの娘は、姉の通う女学院の生徒だった。
姉はストレスを抱えていた。生徒会長として持ち上げられ、生徒会とソロリティの対立の矢面に立つことに疲れたのだ。双子の姉と弟の利害が一致したとき、入れ替わりという奇策に至ったのはお約束。

女子校にもぐりこんだ雪国はさっそく、気になるあの娘と出会う。しかし彼女は生徒会の敵であるソロリティのメンバーの一人だった。彼女の秘密を偶然知ったのがきっかけで、ふたりのナイショの逢瀬が始まる。敵と味方に分かれる二人はまるでロミオとジュリエット。序盤はロミオの片想いっぽい展開だけども(汗

一方の舞姫はモテキングの本領を発揮して、こちらでも女子たちにモテまくり、次から次へと告白され、断ってもその態度が「クールだわ」と憧れられる始末。静かな生活が欲しかっただけなのに、とボヤく舞姫が遭遇したのは非モテの三人組、空船エンジョイ委員会(SEC)。モテと非モテ、美少女と冴えない男。対極な彼女と彼らはしだいに仲良くなっていく。

かくして雪国はお姉様として、舞姫は兄貴として、入れ替え生活になじんでいく。

禁断の女子校をのぞき見る楽しさはもちろん、女の子どうしの百合的な関係、お姉様と妹のスールな関係、男の子の友情や優しさや誠実さや、さらには兄貴分までテンコ盛り。ストーリーが二つの学校で進むこともあり、正直、盛りだくさんすぎるが、それらをリーダビリティの高い文体で、283ページに丁寧にまとめあげている。

富士見文庫らしからぬ凝りに凝った表紙や帯、巻頭と巻末のおまけ漫画と、イラスト要素も多く、実に楽しい。かわいいイラストと読みやすい文章の両方で、素敵なしゃっぷるワールドを作り上げている。発売中の2巻は、湯煙の国が舞台。入れ替え物では定番ともいえるシチュエーションだが、読者の期待を裏切らない内容に仕上がっている。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。