Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の新作 夏商戦も本格化!?

6月第4週、夏商戦も本格スタートといった感じでしょうか。

ぼくらのテレビゲーム検定 ピコッと!うでだめし (DS)
ぼくらのテレビゲーム検定 ピコッと!うでだめし
6月26日発売。
『ゲームセンターCX』につづく、なつかし路線のミニゲーム集。
10秒程度のショートゲームとして、ナムコ黄金期の無数の名作ゲームが次々と登場します。
ファミコン世代のゲーマーのハートを狙い撃ちする企画ですな。

ファミコン版『アイドルマスター』のような、ニヤッとする洒落も入っており、その点も黄金期のナムコに通じるところ。


テイルズ オブ シンフォニア ラタトスクの騎士 (Wii)
テイルズ オブ シンフォニア ラタトスクの騎士 特典 ドラマチックDVD付き
6月26日発売。
次世代機はじめての『テイルズ』がWiiで登場!
ゲームキューブで実績のある『シンフォニア』の続編だけに、Wii陣営でも期待の1本です。
つか、Wiiは他に何が・・・・?
『忌火起草』は微妙ですし、テクモの『零』ぐらいでしょうか? 

うーむ、正直、去年みたいな事になるとは思わなかったなあ。ホントに勝ちハードなのか、と突っ込みたい気が少々。去年との違いは、PS3やXBOX360のラインナップが充実していることですね。

この夏はもう1本、『テイルズ オブ ヴェスペリア』がXBOX360で発売されます。
2本とも買う人もいるんでしょうか、いますよね。しかし何気にRPGが一番多いのは360なんだよなあ。あらためて考えると、すごい話。
テイルズ オブ ヴェスペリア 特典 スペシャルDVD付き


魔界戦記ディスガイア 魔界の王子と赤い月 (DS)

6月26日発売。
日本一ソフトウェアのDS参入ソフト第1弾という事で、売上が少し気になりますね。
忍之閻魔帳さんによれば、移植は子会社のシステムプリズマが担当しているらしく、日本一ソフトウェア本体の基軸はあくまでPSコミュニティにあるようです。

まー、以前から書いているとおり、それぞれのプラットフォームに根ざしたコミュニティに対して、ソフトを供給していく時代です。電撃プレイステーション読者やPSコミュニティと共に育ってきた日本一ソフトウェアが、ユーザーの意志を無視した方針をとるはずもないんですよね。

もっとも世の中には、PSフォーマット中心だった会社がDSやWiiのソフトを出すだけで、騒いで回る輩もいらっしゃいました。1月頃はそんなノイズマンがうちのコメント欄にもわいてきたものです。しかし微笑ましくも、そのようなノイズは時間と共に消えていきます。

『MGS4』に関するノイズも消えました。日本一ソフトウェアに関するノイズも消えました。結局、PSPやPS3についての不安要因ってなんだったんでしょうね?


大合奏バンドブラザーズDX (DS)
大合奏バンドブラザーズDX
6月26日発売。
DSのローンチを飾ったタイトルの続編が3年半ぶりにやってきました。
Wiiチャンネルと連動してテレビのスピーカーを使って演奏できる点や、WiFiコネクションを通して(JASRACの管理曲をふくめて)100曲までダウンロードできます。ただし1度ダウンロードした曲は消すことができないので、その点は注意を。

どうしてそういう仕様になったのかという事情は、「社長が訊く」で開発者が語っていますが、JASRACと交渉して、大胆な仕様を実現した点はすばらしく、大きな前進ですね。

JASRACといえば、ユードーのユーザー投稿型ゲームサービス「ぱんぱんミュージック」もJASRACとの交渉を行い、合意に達しています。UGCを企業ベースで進めていくうえで、こうした具体的な実績が積み上がっていくのは大切なことですね。


狼と香辛料 ボクとホロの一年  (DS)
狼と香辛料 ボクとホロの一年(初回限定版:「ホロのわっちボイス入り巾着」&「ホロが歌うキャラソンCD」同梱) 特典 文倉十氏描き下ろし「お嫁さんホロの等身大ポスター」付き
6月26日発売。
年齢の高い読者をつかまえている作品だけに、DSとの相性も良さそうですね。
DSとは思えない価格設定も、商売上手なホロのゲームだけにやむなしか。付属の特典は「ホロのわっちボイス入り巾着」、「ホロが歌うキャラソンCD」、文倉十氏描き下ろし「お嫁さんホロの等身大ポスター」。

ファンなら進んでお金を出したくなる特典内容。
もちろんゲーム本体も買ってよかったと思える内容であることを期待します。ロレンスのかわりに、プレイヤーがなりゆきで出会ったホロと共に、伝説の故郷を探して行商の旅をします。「ロレンス、俺にかわれ」と思っていた男性読者の欲望をダイレクトに実現しております。


ガンダム オペレーショントロイ (XBOX360)
ガンダム オペレーショントロイ 特典 「MS デカールセット ダウンロードカード」&「Xbox LIVE 無料トライアル ゴールドメンバーシップ カード」付き
6月26日発売。
発表以来、ずいぶん待たされた感のあるソフト。
満を持しての発売と信じたい。



■来月以降の新作

ペルソナ4 (PS2)

7月10日発売。
先日予約が開始された『ペルソナ』シリーズ最新作。
手堅くPS2で発売。ライトノベル層=中高生にも人気があるので、今の情勢を考えると、プラットフォーム選択は的確でしたね。

どきどき魔女神判!2 (DS)

7月31日発売。
アキバの店頭では、乳揺れ、尻揺れ動画が流れており、注目を集めていたようです。
(訂正:初出時、別のゲームタイトルの下に貼ってしまいました。寝ぼけすぎだ、俺orz)


スポンサーサイト

コメント

Wiiの今後

今わかってる時点で、そこそこの売上を期待できるWiiソフトは他に「ワリオランドシェイク」と「バイオハザード0」くらいでしょうか。個人的には「ディザスター」に期待してたんですが、諸々の事情?で延期されちゃいましたね。
そういえば、任天堂はかなり直前になるまでソフトの情報出しませんよねえ・・・・・そういう所って他のソフトメーカーと比べて、すごく際立ってるような気がします。今回発売される「バンブラDX」も発表されたのはわずか2ヶ月前でしたし。まあ、「時オカ」の反省からこのような戦略を取るようになったという話もありますが、さすがに、こういうソフト日照になりそうな時は少しくらい先の分発表しても・・・と思わなくもありません。
今年の夏はWiiよりDSの方がラインナップは充実してる感がありますので、任天堂の新作がいろいろ発表されると噂されている?E3まで辛坊強く待ちますかねえ。いちWiiユーザーとして。

>七誌 さん
まあ任天堂は、年末には揃えてくるので、その点は底堅いですよね。>E3

去年の夏よりもタイトルが弱いのは勝ちハードとしてどうなんだと思わなくもないですが、外交のヘタクソさは昔からですからね・・・・。
マルチプラットフォーム時代の辛さが出ている感はあります。

>ホントに勝ちハードなのか、と突っ込みたい気が少々。
>結局、PSPやPS3についての不安要因ってなんだったんでしょうね?
まあ,任天堂にとって,サードパーティーなんて刺身のつまに過ぎないわけで。
無いと困るけど,所詮はそこまでの存在。
SCEIにとってPSは器にすぎず,そこに乗っかる料理が重要なわけで。
冷静に考えてみれば,最初からわかってことばかりですよねw
SCEIが勘違いして増長してる部分があったことも問題を見えにくくしたとは思いますが。

むしろ,予想外だったのは360があそこまで売れなかった,ということかな。
せっかくのソフト収穫期にハード台数が出てないという悪夢のような状態w
正直100万台はいくと思ってましたが。


あと,PSの進化樹からすると,PS2というのは特異種みたいなもんですよね。
PS1は正当進化としてPSPが出るなどアーキテクチャとして生き残ってます。
ま,それだけPS2は最初から進化の行き詰まった器械だった,ということですが。
あれから比べてみれば,PS3の変態度なんてかわいいもんですもんね。
そんなのが,大ヒットしてしまった。
考えてみれば,PS2.5って器械は難しいんですよ。結局互換性がなくなっちゃうんで。
その反省からPS3が生まれたとすれば,納得できる話なんですよね。
PS2はPS3でも,アーキテクチャまるごと入れなきゃいけないぐらい,柔軟性の無い設計ですし,
最大の功労者がPS2であれば,最大の元凶もPS2ということなんでしょうねえ。

PS3は変態ハードなりにPCのようにしばらくアーキテクチャを使い回せるような仕組みを作ったことに意義があるわけで,立ち上げでそれなりに苦戦することは容易に予想できるのですよね(本体価格は高く,OSは未熟,ライブラリもスッカスカ)。真価を発揮するには時間がかかるのです(それをゲーム機でやるのは十分酔狂ですとも)。それこそ数年単位で。なんとかPS4につなげて真価がでるというか。そういう選択をしちゃったんですもんね,SCEIは。


>kon2 さん
去年のほうがまだタイトル揃ってたような気がするので、小売店としては、何を売ったらいいんだ!? 状態なのかなーと。

サードパーティに関しては、海外はビジネスライクなので、まだ良いのですが、日本では任天堂にはもうちょっと「外交」を頑張ってほしいですね。色々あるのはみんなわかってるんだけど、負けてる時には微笑ましい話も、勝っている時には・・・・って事例がありますから。

対国内のほうが、対海外に比べて、心が狭い感じはしますなー。その辺が回り回って、PSPの復調につながってきてるんだから、そろそろ笑えない話に。ゲームキューブの頃には下げられた頭が今は下げられないというのは、合理的な理由は何もないんですけどね。まー、会社も、業界も、合理性だけでは回らないものです。

> PS3は変態ハードなりにPCのようにしばらくアーキテクチャを使い回せるような仕組み
Cellはなんだかんだで、今後も使い回していかざるを得ないでしょうね。
PS3の最大の失敗はGPU側が思ったよりもパワーが無かったことにあるのかな、と思ってます。東芝切って、NVIDIAに任せる決断がもうちょっと早ければ・・・・。

初めまして、いつも楽しくサイトを見させてもらってます。

それにしてもMGS4は本当に凄いですね!欧州で初週100万本突破したそうです。PS3だけでも数字が出せる事を必死の覚悟?で証明してくれたコナミも本当に凄い。
最近のPSPとPS3は一発逆転ってほどは大きくはないけど、でも確実に良い波が来てると思うので、この波に乗れるようソニーさんには目に見える形で頑張って欲しいです。

DAKINIさんこんばんわ。
以前コメントさせて頂いたsmといいます。

今年の夏商戦はヤバイですね~。
今週から8月終わりにかけて、Wiiで3本、DSでは10本以上購入予定タイトルがあります。
絶対遊び切れないだろ、って今の段階で自分に突っ込んでいます(笑)

しかしバンブラは素晴らしいですね。
以前DAKINIさんもおっしゃってましたが、UGCには凄い可能性があるのに
著作権物は、企業の利益とユーザーの利益が一見対立してしまうので
中々ソフトパッケージとして出て来なかった状況に、一つの解決策を商品として提示しましたね。
これが後に続いてくれれば、と思いましたが
バンブラの投稿作品は任天堂が全てチェックするそうで、大手だから出来る力業ですね。
これを出来る企業はそう無いだろうと考えると、また別のスマートな解決策が生まれると良いですねえ。
…しかし、下手すりゃ数十万曲投稿される可能性もあるのに物凄いなあ。

任天堂の「外交」は、外側から見ると、結構気の毒に見えますねえ。
ディザスターが、実際の所は解りませんが、災害の所為で延期した様に見えるので
これが有れば去年と比べてもそれほど見劣りしないラインナップだったのかな、と思いますし。

大手サードの大作についても、PS3ではもう既に発売されていたりしているのと比べると
Wiiは見劣りしますね。

まあ今発売しているPS3のサード製大作ソフトは、本体発売より前から作っていた物が多いでしょうし
2~3年前に任天堂が「外交」で頑張っていくら頭をさげても、Wiiには絶対作らなかったでしょうねえ。
そこも気の毒に思う部分が有ります。
というか2~3年前に「次のFF13はレボリューションで発売です!」って発表されたら、当時の僕は
スクエニおかしくなっちゃった?って思うかも(笑)
それがPS3のアドバンテージというか、PS2という勝ちハードが残した大きな財産でしたね。

kon2さんがおっしゃるように、任天堂が「サードなんか刺身のつま」と本当に思っているなら寂しいですね。
僕は中小メーカーが出す中堅タイトルや小粒なタイトルも大好きなので、
Wiiでそういうタイトルが出なくなったら辛いなあ。

そういう意味ではDSが凄すぎます(笑)
まさに百花繚乱(笑)
なので、今年の夏の購入予定がこんな事に!

>free さん
ほー。
初週で100万ですか。欧州の普及台数は、日本の2倍以上ですから、なかなかどの地域も順当ですね。海外は全体的に、日本よりも長く売れる傾向にあるので、累計でもなかなかの数字が期待できるかもしれませんね。


>sm さん
> …しかし、下手すりゃ数十万曲投稿される可能性もあるのに物凄いなあ。
ユーザー数に対する投稿数は、UGCサイトでの常識的な数字があるので、ある程度読めると思います。

さらに、ゲーム機はネット接続率もそこまで高くありませんからね。累計はともかく、発売から1~2ヶ月なら、最大でも投稿数は購入者数の数パーセントだと思っておけば、妥当でしょう。バンブラDXが仮に20万本として、5%とするなら、1万作品。客層考えると、もっと少ないんじゃないかな、と思います。

>外交
360とPS3のチームが空いた時に、じゃあ空いた順にWiiで、という風に判断しづらい状況です。なかなか悩ましいですね。前期、バンダイナムコも勝手に自滅しちゃいましたからね。海外の360で稼げたチームは、当然次もそっちで・・・・となりますし、がんばって誘致しないと、大作が揃うのは意外と時間が掛かるかもしれませんね。

それと、Wiiで大作出しても、性能が低いんで、大作感が弱いというのも、地味に問題ではありますね。任天堂は腹括ってるんでしょうけど、サードパーティは抵抗感あるでしょう。テイルズにしても、Wii1本ではないわけですし。

DAKINIさん、レスありがとうございます!

>バンブラ
あー、なるほど。
僕のイメージでは、どれくらい売れるのかは解らないけど
例えば10万本売れてその内の1%が投稿して千人。
投稿する人が10曲20曲は投稿するって感じでした。
それで少なくとも最低1~2万曲は投稿されるだろうなってカンジで。

いや、僕の友人にバンブラで曲を作ってたやつが数人居るんですが、
皆、「本体記憶容量が全然たりねえよ(笑)」って当時言ってたので
そのイメージで書いてました。

常識的な数字だともっと少ないんですか、意外でした。
でもそんなものかも知れませんね、確かに。

…って1~2万曲を審査するのだって凄いな(笑)

>サード大作
実は僕は、サード大作はしばらく来ないだろうなあ、と思っています。
今作ってるけど発表してないだけだ、って意味ではなく。
(実際は作ってるのかもしれませんが、それは外側からは判りませんし)

サード大作で代表されるのは、やっぱり勝ちハードだったPS2ソフトの続編でしょうけど
そもそもPS2時代の大作ってもう殆どPS3で発売されてますし
まだ発売されていないFF13もPS3で出る事が決まってますしね。

で、これらをWiiが売れてるからといって、例えばMGS5とかFF14とかをWiiで発売しても売上を落とす
と、サードは考えてるんじゃないかなあ、と僕は思っています。

それらを買ってくれる熱心なユーザーを、大作続編を看板にPS3に誘導しちゃいましたからねえ。

例えばMGS4は50万本近くという凄い数を1週間で売った訳ですが、
発売日直ぐに買ってくれる熱心な50万人近いユーザーは、当然PS3も買っている訳で
その人達が果たして、決して安くないPS3本体を買った後に、これも安いとは言えないWii本体を
(そりゃあPS3と比べれば安いかもしれませんが、それでも二万五千円です)
シリーズ続編の為に、更に出してくれるってのは
ちょっと難しいとサードは考えてるんじゃないかな、って事です。
しかも2台目の本体を買わせる事になりますし…。

少なくともPS3で大作続編を発売した大手メーカーは、ユーザーにPS3を買って貰いましたからねえ。
難しい所だと思います。

Wiiの性能で大作感が…ってのは、PS3で発売してなければ、
少なくともPS2よりは見た目を良く出来たので「大作続編です!」って言えたと思うんですけれど、
もうPS3に出してない、サード大作の続編が殆ど無い様に見えますねえ。
そういう意味ではDSで続編が出るドラクエはWiiにもPS3にも行けますね。

じゃあ完全新作ってのは…、そもそも大作って、シリーズを重ねてユーザーの信頼を積み上げた所に
出来るイメージですよね。
いきなり「超大作です」って完全新作を出されても、
なんかハリウッド映画の煽りみたいで嘘臭いカンジです(笑)

じゃあPS3で出したタイトルの移植という話になりますけど…、
性能差が有って少し厳しいですよね。
いや、僕はハード性能差を超越した無理矢理移植が大好きなので、大喜びですけど(笑)
それは、ちょっとマニアックな視点ですよねえ。

>>DAKINIさん
まー,日本のWiiのユーザー構成があまりにも偏りすぎてる,ってのも問題かもしれませんね。
サードが軒並み躊躇してしまってる。
へたすりゃ360で出した方が本数が出ちゃいますからね,ムリもありませんけどw
本当は,時限的にライセンス料を下げるとか戦略的な施策が必要なんだと思うんです。
Wiiで危機感を持たなきゃいけないのは「多様性」に尽きるわけで。
もうけの一部をサードに還元しても自社の利になると思うんだけどなあ。
でも銭ゲバ任天堂は絶対そんなことしないかw

しばらくは,寂しい限りでしょうなあ・・・
あと,ゲーマー向きのゲームは望み薄でしょうかね・・・

>>smさん
>kon2さんがおっしゃるように、任天堂が「サードなんか刺身のつま」と本当に思っているなら寂しいですね。
まあ,本当にそう思ってるとは思いたくないですが,Wiiの囲い方はとっても限定した囲い方なんですよね。任天堂のゲームが一番売れる客層を囲い込んでる。だから「結果的に」サードは多様性を演出するただの背景になってしまっている。サードの通常攻撃力・必殺技が弱まる任天堂属性のフィールドを理解してないサードの責任とも言えるので,一概に任天堂の責任とも言えないし。

>freeさん
欧州の100万ってのはさすがに出荷のことだと思いますよ。最大市場のイギリスでは初週12万、
2週目で5万と言う話なので(ChartTrack調べ)、イギリスが欧州全体の35%ぐらいの
市場規模であることから計算すると、欧州全体では2週で50万前後の売り上げと見るのが
妥当だと思います。
100万出荷が本当なら、日本同様かなりの数の在庫が残っていると言う計算になります。


アメリカはどうなんでしょうね。VG占いが当初約75万予想を50万に下方修正したと
言うことは、実売はもう少し少ないと言う可能性があります。
(VG占いは多めに出ることが多いので)
まあ、こちらは所詮VG占いの話なので、実際の数字はNPD発表待ちですけどね。

>sm さん
Wiiに大作は似合わない、とまでは言いませんが、超大作がそろうイメージはあまり無いですね、おっしゃるように。


>kon2 さん
マーケットの性質の問題は大きいですね。
『MGS』をWiiで出しても、PS3の半分も売れないんじゃないかな。ゲームキューブの時のリメイクも、まあ所詮リメイクだったとはいえ、散々な結果でしたし。


>うつろいど さん
まー、海外はいずれ情報が出てくるので、それを待つのが吉ですね。
NPDも出てくるわけで、焦ってVGの数字を持ち出しても意味がないでしょう。

といっても、NPDは月単位の売上ですけども。海外でMGSは売れるシリーズですし、海外は日本よりも長期間にわたって売れる傾向があります。MGSを何とか否定したいと執念深く、ノイズをまき散らしている方々にまどわされて、空騒ぎしても、数ヶ月もすれば、ノイズは消えます。

ノイズが好きなら、ノイズのあふれた場所へ行けばよく、落ち着いた議論のできる方だけがうちのコメント欄にいてほしいものです。ツッコミは結構ですが、根拠性の薄い数字をふりかざしても、建設的な議論はなにも生まれません。

まずは、MGS4の好調な推移をすなおに見守りましょう。

>kon2さん
レスありがとうございます!

囲い込みが限定的ってどういうことでしょうか?
例えば今年の夏に零という、僕の大好きなシリーズの最新作が出ますが、
Wiiだとホラーが売れやすい→だから任天堂はホラーゲームを支援する、ってカンジでしょうか。

ライセンス料を時限的にでも下げなきゃならない、って事は今は他メーカーよりも高いって事ですか?
それとも、他メーカーより安くするって事でしょうか?
確かに他メーカーよりライセンス料が高いのならば、サードに対する気遣いが無いって
批判されても仕様が無いですね。

ふと思ったんですが、外交がなってないと批判される任天堂ですが、
今年のWiiの夏のソフトラインナップが薄い→外交がなっていない、っていう話の流れですよね。
という事は、外交をしっかりしてれば今年の夏のラインナップが厚かった、って事ですよね。

ちょっと不思議なんですが、今年の夏にソフトを売ろうとすると、据置機ですし
少なくともWii発売日前後から作り始めないといけないですよね。
それが出ていないって事は、任天堂はWiiが本当に売れるか判らない時期から
外交をに力を入れる事をやめたんでしょうか。

DSには鬼の様にソフトが出ていますが、こっちは外交に力を入れた結果なのでしょうか。
GC時代は努力していたのかなあ。あんまりソフトが出ていない様に見えましたけど。

DSとWiiでは対外交渉の担当者が違うのでしょうが、会社として
DSが売れてるからWiiはサードが要らない、って判断をしたのなら
勇気があるというか、随分と傲慢な会社ですねえ。

「外交」って言葉を、自分は今、当たり前の様に使っていますが
実際の所、どれ位ユーザーやサードメーカーに影響があるんでしょうか。
2~3年前の任天堂が必死に外交努力をして、おまけにライセンス料をゼロにしても、
FF13やMGS4やDMC4やBH5がWiiに出たとは思えないですし…。


>うつろいどさん
良いソフトならゆっくりでも売れていきます。心配しなくても大丈夫ですよ!
今度新作がでるリズム天国というソフトも、発売週の十倍売れてるんですから!


>DAKINIさん
レスありがとうございます!
僕は他のサイトには滅多に書き込まないのですが、
DAKINIさんはレスをこまめに返してくれるので、書き込みにも気合が入ります。
って入り過ぎもまずいですね、ごめんなさい(笑)

>Wii大作
そうなんですよ。僕も似合わないとは思わないんですけど、そろうイメージが無いんですよねえ。
というかPS3の方に既に揃っちゃってるんですよね。
来年末くらいにはWii本体も千万台売ってるでしょうし、そうなれば一割の人が買えば百万本売れるので
サード製ソフトもある程度は売れる様になっているんでしょうが、
今MGS4をWiiに出しても、もうPS3版を見ちゃってますからねえ。
まあ最初からWiiに出してれば、600万台売れてるなりには売れたんでしょうけど。
Wiiってサード大作が発売された事がないから、客層云々の前に良く解りませんよね。


自分の先ほどの書き込みを読んでいて思ったのですが、サードメーカーは規模の大小に関わらず
大変ですねえ。
Wiiに出すソフトが無いって事は、世界で一番大きな市場で売るソフトが無いって事ですよね。
いずれPS3と360の本体売上を足した数より、Wii単体の本体売上が多くなるんでしょうし。
それを思うと、「任天堂!せめて中小メーカーは何とかしてやってくれ!僕の為に(笑)」
って思います。

後ついでにSCEにも一言
「早く上田文人さんの新作を発表してくれ、いや、して下さい。本体とソフトを同時に買いますから」
と言いたいです(笑)

>sm さん
> 「外交」って言葉を、自分は今、当たり前の様に使っていますが
> 実際の所、どれ位ユーザーやサードメーカーに影響があるんでしょうか。

ユーザーには意味がないですが、サードには大いに意味がありますよね。
ゲームキューブ時代は、涙ぐましい努力が・・・・。

実感がもてない議論なら、無理に続けることは無いと思います。やや、議論のための議論になっている印象を受けました。努力と結果は別なので、結果から努力を論じるのは不毛な議論になる危険はありますね。

まー、この夏のラインナップは、ちょっと・・・・言い訳きかない感じですが。


> まあ最初からWiiに出してれば、600万台売れてるなりには売れたんでしょうけど。

そう思えるなら、まだ救いはあるんでしょうけどね・・・・。
そう思えないのが厄介な点ですね。

>DAKINIさん
度々レスをありがとうございます!

>議論のための議論
最初は疑問を持たず使っていた「外交」という言葉が、
自分や他の方の書き込みを読んで考えていく内に、良く解らなくなってしまったので(笑)
その疑問も書き込んでしまいました。

確かにちょっとヘンな流れにしてしまいそうですね(笑)
すいません。自粛します!


>最初からWiiに出してれば、600万台売れてるなりには売れた
スネークがスマブラXに出ていて。しかも大人気なので
外側から見てると、結構楽天的に考えてしまいます(笑)

これがユーザー視点の特権というヤツでしょうか。
いや、ただの勘違いか(笑)

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。