Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS3にさらなる援軍、出現か! アクアプラス、PS3でさらに1本!?

『MGS4』の大成功をうけて、一気に盛り上がってきたPS3。
来月にはアクアプラスの『ティアーズ・トゥ・ティアラ』も発売され、僕はひじょうに楽しみにしてますが、そのアクラプラスが早くも第2弾を発表!? マジか・・・? 漢すぎないか、アクアプラス。チキンなゲーム企業群にかわって、美少女ゲームメーカーが勇敢なチャレンジをおこなう。その構図に、ちょっと感涙です。

MOON PHASE 雑記: Leaf「WHITE ALBUM」アニメ化&PS3移植決定!?
『ティアーズ・トゥ・ティアラ』に続いて、『ホワイトアルバム』がPS3に移植されるという噂が出ています。
情報源は電撃G'z magazine8月号に関する記述。
【第2特集】
アクアプラス特集
アニメ化も発表されたアクアプラスのPS3タイトル2作品『ホワイトアルバム』『ティアーズ・トゥ・ティアラ』をまとめて特集!

アクアプラスといえば、下川専務がやる気な発言を連発してたのが印象的。
過去のインタビューによれば、
  • 『ティアーズ』のためにPS3を買うファンに報いるべく、『うたわれるもの』のブルーレイ版をお願いした。
  • 今後もPS3についてきたユーザーが損をしないコンテンツを自ら作っていく。
  • 『ティアーズ』のスタッフ全員には、PS3を買い与えた。
  • PS3で作るスタッフがPS3を持ってないのはおかしいし、5万円の機械を買えと命じることもできない。
とのこと。

いやーっ、素晴らしい。
いつの時代も、メーカーの新旧交代はつきものです。チャレンジを放棄した企業群が迷走を続けている間に、チャレンジを恐れない企業が伸びていく。娯楽の世界では、そういう青臭いストーリーがたまに現実になるから、面白いですね。


スポンサーサイト

コメント

どういう企業かともかく,
下川氏がチャレンジブルで「よくわかってる」からでしょうね

美少女ゲームはほとんど縁が無くなりましたが,
ユーザーはあんまり金銭を惜しむ層じゃないですからね。
ハイビジョンが主流になってくれば,
PCで出さなくても絵的なクオリティは保てますからね。
いくら台数が出てない負けハードといわれても,
PCより出るし,
SACDにBDにPS3ゲームと,
相乗効果が魅力的なわけでw
自身の道楽を追求しているように見えて,
なかなかしっかりユーザーから搾取する手段を構築しようとしているのですね。
(360だとBDというか映像関係が手薄になりますし)

SACDはその筋では有名なかないまるさんのホームページでも紹介されてましたが・・・
ttp://homepage3.nifty.com/kanaimaru/0612EMI/m0011.htm
趣味の人であることは確かですねw

>kon2 さん
そういえば、下川氏は音屋さんでした。その辺も、PS3への高評価につながってるのかもしれませんね。「こだわり」感の高い機械であることは確かですから。

SCEの「こだわり」がユーザーの大多数の感覚とズレていたのは確かですけど、PSPの復活もそうですが、その「こだわり」に救われている部分もあるのが面白いですね。任天堂やセガ、マイクロソフトの負けハードとの違いは、その辺りにもあるのかな、と思ったり。

>> kon2氏
PS3のSACD機能は07年11月発売の40GBでは削られており、
08年1月の20/60GBの出荷停止により今後復活するとは考え難いのですから
いくら60GBが人気だったとは言え、これを活かしていくのはナンセンスな気もします

WAというチョイスにもやや疑問は残りますが、アクアプラスはチャレンジ精神のある企業ですね
プロトタイプが360向けに展開するようなので、こことの差異を図りたいという戦略も見えますが
ともあれ、来月17日が楽しみですね

>774 さん
おっと、そういえば、そうでしたね。>SACD切った

ハード的に切ったのか、商品の差別化をつけるため、ファームウェアで殺してるのかはわかりませんが、実際どうなんだろうなあ・・・・。

SACDに関しては、残念ながらハード的に切ったようなので、ファームアップでの復活というのはなさそうですね。

ホワイトアルバムは、確か当時大ヒットしたTo Heartの次の作品だった、と記憶してます。
ていうか、PC買って間もない頃のオレの、エロゲ暦の先頭にあった作品だったり(エロゲ自体は、数年でフェードアウトしちゃいましたが)。
To Heartとこみっくパーティがアニメ化やコンシューマーへの移植を次々にやっていったのに比べ、タイミングや題材的なむずかしさがあったのか、これだけぽつりと置いていかれた感がありましたね。

今になって、という声も多い(てか、大部分?)ようですが、個人的にはあえて、「満を持して」登場した、と言いたい所だったりしますw

MGS4大成功???

http://www.vgchartz.com/games/game.php?id=6970

First week
Japan 0.48M
America 0.50M
Others 0.43M

Total 1.41M

Japan大成功ok,
America,Others大成功???????

>小林悠士 さん
あー、それは残念ですね。>SACD

> 個人的にはあえて、「満を持して」登場した、と言いたい
わはは。
その気持ちはわかります。


>XYZ さん
初週でワールドワイドで100万本突破、すばらしいですね。
と言いたいところですが、推測値を後で修正しているようなサイト、VGChartzの値を鵜呑みにするのは、あまりにアレなのでは(笑

まー、何を必死になっておられるのかわかりませんが、NPD等できちんとした情報が出てきますから、まずは『MGS4』の全世界的な成功をゆっくり眺めましょう。基本的に、日本よりも海外で売れるタイトルですから、騒ぐ必要はありません(笑

『MGS4』がPS3で出ないだの何だのデマを飛ばした人たちもいましたが、戯れ言は消えました。そして今や、MGS4は海外で成功してない、ですか? わははは。なかなか愉快な人もいらっしゃるようですね。

ホワイトアルバムに関して気になるのは、退社した原田氏が担当していたシナリオにどういう形で手が入れられるのかな、と。
基本的にメインヒロイン以外は全部浮気というコンシューマーではなかなかお目にかかれない内容が売りなので、その路線自体は変えないでしょうけど(というか、買えたらその時点で別のタイトルになっているべきw)。
あの伝説のセリフ、「私、冬弥君と寝たの」はどうなるのか。声優はどうなるのか。歌は新規で撮り直しになるのか、追加曲はあるのか、今の河田絵でリメイクされたらどのくらい可愛くなるのかなど、興味は尽きません。

しかし、アクアプラスは母体の自動車関連の仕事がしっかりしてるからこそ、これだけ挑戦的な事がやれるんでしょうね。特にTtTを出す事を決めた時分には、PS3はまだ雰囲気最悪に近い時期でしたし、体力の無いメーカーじゃ当地無理な決断です。
過去にも、XBOXでテネレッツァを出してみたり、P/ECEという独自の携帯ゲーム機を出したりと色々やってますし。
この二つは、当時の情勢などもあって大した話題にならずに消えていきましたが、TtTとWAは上手くPS3が盛り上がってるところに投入される弾ですし、いい結果を残してくれそうな気はしています。
今後も、ガンガン切り込んで行ってほしい物です。

まー,SACDの機能削減はPS2機能削減の巻き添えみたいなもんですからね・・・
(SACDのプロテクトの根源のチップを削ってる)
DSD再生は残してあるので,いわゆるDSD-DVD(プロテクトなしのSACDみたいなもん)は再生できます。
少なくともPS2機能が復活するまであり得ないでしょうね・・・
一部マニアだけとはいえ,評価が高かったモノを削ったままにするのはもったいないですから
(というか,SACDプレイヤー撤去しちゃったので,PS3が壊れたら買い換えられないのが問題なんですよ)

ともかく,ハードの勝ち負けを考慮するフェーズは少なくとも日本では終わりました。
いよいよ,サードパーティが実力を発揮する番です。
勝ちハードに乗っかるだけでは利益が出ないことも明らかになりましたし。

PS2もそろそろ店じまいモード。PS3で互換削られたから,手を打つ必要がある。
PCゲー移植に最適な360の国内展望は天井が見えてもはや絶望的。
Wiiは明らかに客層がちがうw
PS3は最適解とは言えないけど,
この手のゲームメーカーにとってやむを得ない選択肢かもしれませんね。
一見積極的に見えるけども。

世界を相手にするなら360もアリなんですがねー。
世界を相手にするゲームでもありませんしw
そーなると,移植性だけで360を選ぶのは次第にリスクが大きくなるかもしれませんね。
このペースが続くようだと・・・

大抜擢

もしくはコレも「アイマス」効果?

>『ホワイトアルバム』
名誉回復して久しく、専門即売会がいまだ続くほどコアな固定FANもなお健在とはいえ
よく今担ぎ出す覚悟を決めたものですなぁ。確かにやや上向きの対象年齢層と根強いコア度は
『PS3のこれから』層(又はPSP層)向きだと思うところです。

めでたく再HITしていただき、「下級生2」以降もやはりビミョーな評価の某ライター氏の
名誉回復も、同時に行っていただきたいところ。

>>鹿毛氏
アクアプラスの自動車部門、「AQUA」は07年8月で閉店したと聞きましたが
まだやっているのでしょうか
ゲーム事業の他には音楽、飲食などを手掛けているようですね

>鹿毛 さん
シナリオの変更は気になるところですね。

>kon2 さん
360の累計普及台数を考えると、なかなか厳しいですよね。3万本で所有者の5%、6万本で10%でしょう。ギャルゲーマーが大集合してるわけでもないし、非常にきつい・・・・。

>上野パンダ さん
なつかし感がちょっとありますよね。
それと、おそらく『こみっくパーティ』関連で何か動きがあるんじゃないか、とも予想してるんですが。なんかインタビューで、下川氏がそろそろ10周年を迎える大切な作品が来年再始動する、といっていたので、該当するのはそれでしょう。

もし『こみパ』もPS3なら・・・・。すさまじいですね。
個人的には、PC版でもいいから、何らかの形でUGCに絡めてほしいところですが(笑
『こみっくパーティ オンライン』でデジタルコミケをアクアプラスが実現。『ToHeart』その他の素材を使って、アドベンチャーゲームが作れるエディタがゲーム本編に同梱、とか。妄想はふくらみます。

>774 さん
なるほどー。
小さなトコだと、手堅く副業やってるケースは多いですよね。

日本視点で見るとMGS4以降のPS3には、FF13以外には大きな目玉となる”独占タイトル”が不足しているように見えまが、世界的に見るとSCEだけでも年度内にモーターストーム2、レジスタンス2、キルゾーン2と本体を牽引するビックタイトルを3つも用意しています。
特にモーターストームとレジスタンスは、PS3発売初期で100万本を達成した実績があるタイトルです。私もこの3本は非常に楽しみにしています。
しかし、この3本は内容的に日本ではヒットが難しいジャンルで、どれも10万をこえたら大ヒット扱いでしょうか・・・。洋ゲーアレルギーが薄くなったので20~25万はいって欲しいと思いますが、エイリアン相手のレジ2はともかく、人間相手に血しぶきが飛び散るキルゾーン2は難しいでしょうね。

MGS4以降に何も無いと感じるのはSCEの怠慢ではなく、SCEJの(以下略)
SCEJはもっと(以下略)

結局は、いつものSCEJへの不満が溜まるというオチに(苦笑)・・・。ただ、長い間詳細不明だったアフリカは、応援の意味も込めて購入します。

>どすこい さん
アフリカはなー・・・・。
鑑賞系ゲームが増えているという話が忍さんで出てましたね。
「観る」ゲームの話は、僕としては去年のトピックなんだけど、まあもしかしたら、今度記事を書くかもしれません。

というか、日本じゃPS3とXBOX360は天秤にかけられていない(すでにXBOXは選択肢から外れている)ので
別に独占に力入れる必要もないと思いますけどね。
現段階で発表されている次の大作というとバイオハザード5あたりでしょうが
いつものごとく普及台数以上の差を付けてPS3版が選ばれると思いますし。

>少なくともPS2機能が復活するまであり得ないでしょうね・・・

ttp://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080618_ps3_ps2/
PS2互換機能は秋頃のアップデートにてソフトエミュの形で復活するかもしれないようですね。

PS3に力を入れて、BD展開との相乗効果を狙っているのでしょうか。まー、PS3が最も安いBDプレーヤーだからこのやり方はうまいと思います。

そう考えると、せっかくBDを重視し始めたバンダイビジュアルを抱えるバンナムのゲーム部門が、PS3に中途半端な力の入れようであるのが気にはなりますが。

>tanto さん
> 別に独占に力入れる必要もないと思いますけどね。
現実問題としては、世界戦ですよね、独占が重要なのは。

>ぼん さん
限定的であっても、復活は消費者の背中を押すよいきっかけになりそうですね。

>あか さん
> PS3が最も安いBDプレーヤーだからこのやり方はうまい
美少女ゲーム&アニメオタク的には、ありがたい展開ですね。

バンダイナムコは、そもそも全体の統制が全然とれてないので、彼らのやることから戦略を読み取るのは意外と難しかったりします。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。