Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作家復活 『DRAGONBUSTER 01』

龍盤七朝 DRAGONBUSTER 01秋山 瑞人

秋山瑞人は難しい作家である。読者にとっても、おそらく編集にとっても。
文章力、とりわけ描写力にかけては明らかに群を抜いており、今でもはじめて読んだ感動を忘れない。『イリヤの空、UFOの夏』の第1話は読んでいるうちに、まさしくその場にいるかのような臨場感を体感できた。

それほどの作家だが、完結しない、続編を書けない、予告を破って当たり前。読者を泣かせ、編集を泣かせ、それでも新刊を待たれている。ああ、才能というモノのままならない事よ。

『イリヤの空、UFOの夏』を当てながらも、『ミナミノミナミノ』が1巻で止まっている状況で、はたしてこれも2巻が出るのか出ないのか。そもそも完結しなかったらどうするんだ?

しかし完結してから読み始めるなんて、できっこないのだ。
完結しなければ面白くないのか? んなこたーねえ。面白いもんは面白いんだよ、たとえ途中で空中大爆発しようとも、大気圏の落下途中で燃え尽きようともな! スカイウォーカーの幽(かすか)@猫の地球儀のように、物語の果てへ向かうなら向かうのさ。それが読者の心意気。
「――群狗よ、あれは、」
 胡同の闇を右へ左へと遡った先の先、まるでこの世の果てのようだったあの川縁に、ふた振りの刃を両手に生やしてきっと今も佇んでいる、あれは――
「あれは、何だ」
 あれは、本当に生身の人間だったのか。
 あれは、本当に生身の人間の為せる業だったのか。
 そう尋ねたつもりだった。
 まるで質問の態を成していない月華の質問の意味を、群狗は正確に察してくれた。
「あれは、剣でございます」
 群狗の答えは天を天であると、地を地であると言うが如くに明快だった。
「あれこそ、剣でございます」
さて、『龍盤七朝』とは古橋秀之と秋山瑞人のシェアワールド作品である。全貌は不明だが、電撃屈指の筆力をほこるふたりが生み出しただけあって、おそろしく魅惑的だ。第1作たる『DRAGONBUSTER』は、幻の剣術をめぐるガール・ミーツ・ボーイもの。

差別されている山岳系の民族”言愚”(ゴング)の血を引く涼孤(ジャンゴ)は、似顔絵と講武所の下働きで糊口をしのぐ日々を送っていた。かつて胡同(都に点在する細い路地)の中で、謎の老婆から剣を教わるが、その腕を発揮することは無い。

卯王朝、第18皇女の月華(ベルカ)は屋敷を抜け出しては街を探検するおてんば姫。皇位継承に無縁な位置ゆえに、式典の時に引っ張り出され、ただ人形である事が求められるだけの人生。幼い頃から身体に仕込まれた礼儀作法と、所定の動作に収まらぬ激しい感情をあわせもつ彼女は、感情が高ぶると「地団駄を踏みながらぐるぐる回る」癖がある。「珀礼門の独楽姫」という、不名誉きわまりない有名人だ。

この二人が互いの素性さえよくわからぬまま出会い、惹かれてしまったのだから、もはや初手から終局など知れたもの。具体的にどう話が転がっていくか、それはわからない。けれども、どんな転がり方をしようとも、決して変わらないことがある。劇中にいわく、「六牙が正体を現すときが、娘との別れのときだ」。それをちらつかせ続ける手腕は、『イリヤの空』以降、ズルすぎる程に巧みなのだ、この作家。


スポンサーサイト

コメント

確か…

「E・G・コンバット」(未完)と「猫の地球儀」(まだプロローグ編だけ)は
当時の編集側に止められたみたいなことを後書きで書いてたような気がするようなしないような…?
まぁ後者は朝日ソノラマ文庫で発売ならともかくどー逆さに振っても馬鹿売れはしそうにないし、
前者も1巻の某『大運○会』オマージュインスパイア路線でいってくれたほうが都合が良かったのかも
しれませんが、結果として「イリヤ…」がメディアミックスに当たったし営業面では大成功の
英断だったんでしょうけど、読者&作者としては、ねぇ…。

>上野パンダ さん
「E・G・コンバット」は、原作者(?)のよしみる氏との間で揉めたとかいう話も、どこかで読んだような気もしますが。最終巻だけ出てないというのは、ホントつらいですね。

「猫の地球儀」は、時代が早すぎたのでしょうね。
ライトノベルから一般小説への流れができている昨今なら、ハードカバー化をふくめて、色々やれたかもしれません。猫を主人公にした、人類滅亡後のSFってだけで、けっこう面白いモノになった気がするんですよね・・・・ホント、惜しいなー。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。