Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファブレス型家電メーカーの台頭

バイ・デザインに、Cerevoと、徐々にファブレスな家電メーカーが出現し始めていますね。
海外では、デジカメをWiFi対応にするSDカード「Eye-Fi」や、撮影した動画をYouTubeにアップロードできるビデオカメラ「Flip Video」、ネット配信のニュース、天気予報をウィジェットで表示できる「chumby」など、面白げなネット対応家電が増えていて、「家電大国」日本の絶対優位性の絶対も、意外と脆いのかもしれないなーと思わなくもないです。

ゲーム業界と直近で交わる領域ではないものの、3~5年後にどうなっているかはわかりません。今から4年前、iPod miniが日本で登場した頃に、日本のゲーム会社がiPod対応のゲームをいくつも発表するようになると、だれが予想していたでしょう。

日本国内のデジタル家電な人達が、PS3でもXBOX360でもなく、まずWiiに言及し、Wiiの脅威を訴える動きもなかなか興味深いところ。ゲーム機とデジタル家電、PCが技術コンポーネントの点で、非常に接近しているのは確かで、融合やコラボの可能性を論じる人も増えてきました。

しかし異業界ゆえに、仕事の進め方や、設計方針のルールが違いすぎ、うまくプロダクトやサービスにつなげられないケースが目立ちます。「似て非なる異世界」どうしのコミュニケーションは難しい。その典型的な例がPSXPS3であり、周辺事情は西田宗千佳氏の著書でうかがい知れます。



またゲーム制作のノウハウ「ゲームニクス」をデジタル家電のUIに活かしていこうと提唱する、小野憲史氏の『ニンテンドーDSが売れる理由』も出ており、ぜひゲーム業界人以外の方にも読んでほしいですね。



近年、任天堂やアップルのように、既存の業界枠に縛られない企業がマーケットの常識に「不意打ち」をかけて、またたく間にシェアを獲得していく事例が目立ちます。パナソニック、ソニー、東芝、サムソンといった超大手企業のしがらみを無視できるファブレス型家電ベンチャーが案外、次の会心の一撃を放つのかもしれません。

個人的には、ゲーム、Web、デジタル家電、その他の境界領域に身を置いて、色々と動き出していますが、あえて空気を読まずに境界をフラフラっとまたぎたい。結果的にはハブ的な機能を果たすこともあります。もっともそちらが主目的/主機能になるようではイカンでしょうね。

ハード、ソフト一体型は、日本のゲーム産業が海外に対して優位性をもつ路線ですが、1社の中で両方の技術を持っているところは意外と少なかったり、会社の中に2つの部門があっても、ほとんど交流がなかったり、もったいないケースはいまだによく見聞きします。

ぶっちゃけ、異文化、異業種は仕事の流れも考え方も違うから、ストレスを感じて当然。お互いにストレスを感じながらも、それを楽しめる面白がり屋が求められているんでしょうね。最後はチトまとまらなかったけど、今後はその辺りも紹介していく、かも?


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。