Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカ時代劇の決定版 『魔乳秘剣帖』

魔乳秘剣帖山田 秀樹

『乳こそがこの世の理』
豊乳は富であり絶対、貧乳は人に非ず。
時は大江戸、徳川幕府の治める理不尽の世。

魔乳一族の剣は体を切らずに乳だけを切り、門外不出の秘伝書には豊乳をはぐくむための古今東西あらゆる術が記されている。柳生一族のかわりに、魔乳一族が権力を握っているパラレルワールドの時代劇である。

はっきりいってバカ。
とんでもなくバカ。
ここまでバカな設定の漫画もなかなか珍しいが、乳以外の部分はまっとうな時代劇を踏襲していて、大変面白い。主人公の魔乳千房は秘伝書を奪って一族を抜け、旅を続けている。いわゆる抜け忍モノであり、伝統に則って、魔乳一族の追手が次々と千房に襲いかかる。

変態的な魔乳の剣技の数々、そして千房の秘剣「乳流れ」。あやしい魔乳の技が炸裂しつつも、時代劇の定番ネタはしっかり踏まえている。後継者に選ばれず、妹の千房に嫉妬の炎を燃やす姉。貧乳ゆえに幼なじみとの恋をあきらめようとした娘。暴れん坊将軍のようにこっそり大活躍する、乳好きのお殿様。ド直球の抜け忍モノというフォーマットに、さまざまな時代劇ネタがミックスされている。作者の山田秀樹は時代劇をよく研究しているようだ。

「貴様に乳を無くした者の気持ちがわかるか!!」
貧乳が豊乳に叫ぶシーンも、妙な迫力があるから、不思議だ。山田秀樹の画力が漫画全体に迫力と勢いを与えている。

乳を斬るだけでなく、相手の乳を奪い取る「乳流れ」の謎、千房の母方の残党の動き、魔乳一族が権力をにぎった経緯。少しずつ謎が提示されていき、読者の興味をひきつけていく。ストーリーは驚くほどしっかりしている。

ただのバカにはバカ漫画は描けない。
その証明といえる。豊乳好きにも貧乳好きにも読んでもらいたい、時代劇漫画の傑作である。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。