Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさか自分がこんなに中国のサイトを利用してるとは。

去年の今頃はちょっと想像してなかったなあ。
つっても、基本的にはYouku.comぐらいなんだけど。
百度もよく目にするようになってきた。

ネット生活の中で、中国サイトが急速に存在感を増しているのは確か。
日本と米国と中国で、ネット利用時間の奪い合い競争が起きてるのを実感。
ネット上での世界大戦とでもいうべきか。

ゲームに関しては、プラットフォームホルダー各社がアジア戦略を強めてることもあって、中国版ローカライズは珍しくなくなってきたんだけど、まだまだ商売にはなってない。PS2が100万台、DSが150万台の韓国市場が徐々にビジネスになってきた感じ。

オンラインゲームについては一時期ほど中国が「パッケージ地獄だけど、オンラインゲーム天国」とは言われなくなったかな。事情にはさほど詳しくないけど、基本的には中国企業が力をつけてきたという見方になる。そういえば、中国で韓国産のオンラインゲームのシェアが低下しているという話も出ていた。


スポンサーサイト

コメント

Wii, PS3, Xbox360のどれもがそれぞれに、オンライン環境を充実してきており、パッケージソフトがオンライン需要のかなりの部分を取っていってしまうのではないかと予想しています。
そうした中で、オンラインゲームがどのように生き残っていくか、興味のあるところです。

日米中のネット・トラフィックの奪い合いは、昨年ようやく中国から直接米国に繋がる海底ケーブルを作り始めたので、本格的になるのはそれが完成してからで、今はまだ前哨戦でしょう、と見ています。

>まのじ さん
最近、会う人ごとに言ってるのが「WWWって本来ワールドワイドウェブだったよね」という事で、流通を経由しない分、パッケージよりも簡単に世界展開できるのが良さだったはずなのです。.comバブルの頃は意識されてたはず。

ところが振り返ってみると、日本の多くのWebサービスは国内のみで終始し、オンラインゲームも(欧米や韓国のゲームを輸入して、日本で運営するというパターンが多かったせいもあって)国内にとどまっている話が非常に多い。

パッケージの方がよっぽど地道に世界展開してるじゃないか、と。それがよく現われているのが任天堂の決算ですよね。あれはパッケージの強さの象徴であり、パッケージビジネスの人達の地道な努力の結晶であり、サービス屋(笑)の怠慢を明らかにしてしまったと思います。

最近、その辺りを反省する意見が各所で出てきてますね。
ゲーム機メーカー3社が恐ろしいのは、基本的に彼らはワールドワイドで物を考えている事です。日本のみ、欧州のみ、米国のみ、のサービスが無いわけではありませんが、基本的には全世界でサービスしようとしています。その飽くなきワールドワイドへのこだわりは、ソフトメーカー各社が最も不足している部分で、5年後、10年後にはものすごい差になってるかもしれません。

パッケージビジネスにおいて、任天堂と他社の差が明確にあらわれたわけですが、同じことがサービスでも起きたら・・・・という事です。オンラインゲームについては、他社の方が先行していたはずだし、今でもある程度のアドバンテージは持ってますが、ワールドワイドという点ではかなりヤバい。

もう1つは、個人サービスが国内に留まっていることで、アキバBlogさんの英語バージョンなどは良い試みですが、日本の個人の持つ良質なコンテンツ、サービスがもっと世界に出て行ってもいいんですよね。

出て行くというのも、本当はおかしくて、Webに置いたら、そこが世界だというのが本来の意味でしょう。ところがそうなってない。何故かというと、言語の壁と課金の壁があるから。

言語については現状でもいい。イラストや漫画中心なら、日本語のままでも海外の人が楽しめます。それと、まー、うちでさえ、ユニークアクセスの7~8%は海外なんです。海外在住の日本人がコメントしたこともありますし。

ゲームは世界の共通語。いわゆるグローバル・ニッチのように、世界中に同じ趣味の人はいると信じていい。言語の壁の敷居は高いけど、越えてくる人は少数かもしれないけど存在するし、もし壁を低くできれば、越える人はがんがん増えるでしょう。

厄介なのは課金で、今だと、海外からのアクセスをふやす努力をしても、あまりおいしくない。サーバーが重くなるだけ。

ただ、Amazon EC2やGoogle App Engineが出てきているので、将来的には改善されるかもしれません。Google App Engineを使うと、認証まわりはGoogleが見てくれるから(一番面倒な部分をやってくれてるし、同時に一番価値のある部分を取られてるともいえますが)。その次は課金ですよね、自然に考えて。各国の税金の処理とか、色々問題はありそうですけど、ここが突き抜けると、面白い。

5倍とか10倍のアクセスと売上が見えてくるから。
機械翻訳つかいながら、つたない英文でゲームの記事をアップする高校生のゲーオタが数十万アクセス、月額100万以上を稼ぐかもしれない。どんどんそうなってほしい。

そういう世界でのポジショニングを考えてるのはGoogleとAmazonで、この2社はもっと強くなり得る。世界政府をめざすなら、Google Moneyはやらなきゃいけない。もちろんこの2社に牛耳られるのがイヤな人達も大勢いるわけだから、競争は激しくなるでしょう。

次の5年、10年の競争は、すなわち世界戦です。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。