Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陵辱はどこにだってある。人の心に。

よくわからない電波ポエムみたいなタイトルですみません。
August Dojin Data Baseさんが非常に興味深いまとめを書かれています。
August 「FORTUNE ARTERIAL」の同人誌まとめ

サイト名のとおり、非常に多数のオーガスト系同人を読んでいる方ですが、『FORTUNE ARTERIAL』の同人では、陵辱系が増えてきているとのこと。
ちょっと気になったのが、
18禁でハードなのが多くなった
という事。ぶっちゃけると、ちょっと「無理やり」だったり「集団で」とか。
今まで300冊近くのオーガスト系同人誌を読んでいるのですが(推定)、
こういった系統の本はとっても少なかったんです。ほとんど無いと言ってもいいぐらいに。

オーガスト作品は雰囲気ぽわぽわ、なごみ系で、陵辱とは程遠い世界観ですから、確かに意外感がありますね。しかしai sp@aceについての議論でも言及しましたが、純愛系エロゲーでも陵辱系エロ同人は発生するんですよね。

恋愛ゲームとエロゲーは融合して、独自に発展をとげましたが、そこで厄介な問題が生じます。エロゲーの女の子の対象は、恋愛対象なの、陵辱対象なの、という。表面的な抗争は目立たなかったものの、純愛 vs 陵辱という対立は、昔も今もあるのです。

特にKeyのファンに多い印象ですけど、純愛派の人達はアンビバレントな感情を抱えがちなようで、「純愛ゲームにエロシーンは要らない/いや要る」論争とか、エロゲー論壇(?)の議論の大半が純愛エロゲーマーのアイデンティティーに絡む問題だったりします。

陵辱エロゲーマーは嗜好の細分化が進んでますから、議論が盛り上がるほど、1つのタイトルに集まらないんでよね。フェティッシュにいけばいくほど、他人の嗜好と自分の嗜好が異なるのは当たり前です。

つい最近のセンシティブな議論も挙げておきます。
純愛派は悩むのが楽しい、陵辱派は快楽そのものが楽しいのかなあ……。

とはいえ、『FORTUNE ARTERIAL』で急に増えた理由はちょっとわかりませんね。単純に母数が増えて、従来のオーガストファン以外のユーザーが多くなった影響かもしれません。従来よりもシリアス度が高く、キャラ個別のシナリオのハッピーエンド感が薄いことも、影響しているのかな……?


FORTUNE ARTERIAL 初回限定版

(Windows版)

夜明け前より瑠璃色な

(PS2版)


スポンサーサイト

コメント

その通りに

作品(ブランド)の知名度が上がり裾野が広がった、ので、その客層目当ての
専門家たちが新規の金儲けに集まってきたって構図じゃないですかね?
まだ大物が来るまでには至ってはいないようですが。

あと、これはあくまで読み手側思考であって描き手側思考はまた違うのかもしれませんが、
基本的に作るの楽そぅなんですよねぇ陵辱モノって。
以前、「ぶっかけカーニバルにキャラ人格は無用!」って引用しましたけど、
決まった手順があってみさくら語セリフもほぼ固定されててキャラをその時の流行に
置き換えればもぅ完成。とくに同人誌のようなページ数少ないブツなら適任で。

しかも置き換えるだけだから執筆作業が短縮可。純愛系を純愛モノもしくはエロ無しで描こうとすると
文字通りに原作&原作者と真っ向勝負ですから作品をリリカルでもロジカルでも自分なりに
理解し噛み砕いたうえで再加工する努力と才能と時間が要りますが、陵辱は(むろん
例外な大物もいますが)そこまでせんでもキャラ設定資料さえあれば即作れます、んで
流行りものゆえ売れます、とても便利。

その点では『ai sp@ce』も少々似てそうなんですよねぇ。アレもガワを愛でる感じですし。

>上野パンダ さん
なるほど。
単純にそういう事だと考えるのが一番素直そうですね。

> そこまでせんでもキャラ設定資料さえあれば即作れます、んで
> 流行りものゆえ売れます、とても便利。

商売考えると、「陵辱」の方が定型性が強くて、作りやすいのは確かですね。
ユーザーも定型性を嫌ってませんし。
部分的なシチュエーションの描写だけでも許されますし。

「初音ミク」も同人出るの、早かったですよね。プロすぎる(汗

創作欲求としても、シチュのほうが大事ですから、「xxxxを●●●な目に遭わせたい」のうち、●●●の比重が大きくて、xxxxは流行り物でもオッケー、オッケー。

所謂「美少女ゲーム」でデビューしたデビューした方達の一部が綺麗な行為だけでは飽きちゃって新しい刺激を欲しがってるのかなーと。
これだけ純愛モノが増えてくると汚してみたくなるのがヒトの業。

同人ではありませんが、98時代のエロゲって今よりダークな作品が多かったですよね。
(今ではとても発売出来なさそうなのも多いですが)
ヤンデレなんてレベルじゃねーぞ、ってぐらい殺したり殺されたりスプラッタな作品が印象に残っています。
あの頃は今ほど美少女ゲームとしてのマーケットが大きくなかったので同人ネタにも殆どされてなかったと思いますが、
現在の規模で同人化されていたら逆に純愛が語られていたりするのでしょうか。

そんな自分は以前程では無いものの陵辱モノは苦手です…。だって痛そうだし可哀相だし(汗

>DSP さん
> 純愛モノが増えてくると汚してみたくなるのがヒトの業。
あー、そういう気持ちもあるのかもしれませんね。

> だって痛そうだし可哀相だし(汗
可哀想だと思ったら、確かに遊べませんね。

まー、自分は陵辱している側に感情移入してるのか、陵辱されている側に感情移入しているのかというと、されてる側な気はしてるんですが。自分がされてる側だと思うと、「らめぇ!」といいながら、「もっとぉ!」と思っちゃいますよね。陵辱ゲームを遊ぶのはSかMか問題ですが。
突き詰めると変態談義なんで、やめておきます(笑

僕も、一番コアな部類は遊べません。

陵辱って、本当に極まったのは、いわゆるレイプ系ではなくて、人体改造系なので、グロに近づいていくんですよ。人間性の破壊を陵辱というんです。エロとグロは極点において、ほぼ一点に収束しうるんですね。僕はグロが好きじゃないんで、その領域には足を踏み入れません。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。