Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wiiウェア買ってみた。 『小さな王様と約束の国』

3月25日から、Wii向けのダウンロード専用ソフト「Wiiウェア」の販売がスタートしました。
任天堂公式サイト


Wiiを買った時にチャージしたポイントがほぼ丸々残っていたため、何か買おうと思い、『小さな王様と約束の国』を購入。城下町に家や商店、宿や公園を建設しながら、冒険者を雇って周辺のダンジョンを攻略していきます。ダンジョンを攻略することで、建設に必要な水晶が手に入り、国づくりを進められます。

城下町は3D空間として作られていて、朝から夕方まで、そこを歩けます。町の人に話しかけることで、彼らが幸せな状態になり、幸せゲージがたまっていきます。国民との会話から、あたらしい建物をつくるためのヒントがもらえることもあります。やはり王様は民の話を聞くものです。
1日の途中で打ち切って、次の日にもいけますし、全体的にテンポよく進められます。

冒険部分は「省略」され、経過報告の形で報告されます。冒険にプレイヤーが手出しできないという点では、『ゴールデンロア』に似てるともいえますが、「Flash表示」に該当するものはありません。ただ、プレイヤーが冒険前に関与できるインタラクションは、ずっと多いです。

民家をつくれば人口が増えて、冒険者を志望する若者が増えますし、税収も上がります。武器屋や防具屋を建てれば、彼らは装備を買い求め、強い敵とも戦えるようになります。連日冒険に出れば疲れてすぐ帰ってきてしまいます。休憩を指示することも必要です。

徐々にやれる事と指示できる冒険者が増えていくので、スムーズにルールに慣れていけます。おふれ公園を建てれば、1度に複数のおふれを出せますし、酒場を作れば、冒険者がパーティを組めるようになり、宿屋を作れば、旅人がおとずれ、高レベルの冒険者が手伝ってくれることも。

建物をたてるだけでなく、どこに建設すればいいかも、だんだんわかってきます。冒険者は朝まずおふれを見て、それから武器屋に寄ったりしてから、城下町の外に出ていきます。彼らの行動ルートが最短になるように、建物を配置すれば、より効率的に。しかしシムシティ的に自分のセンスで、うつくしい街をつくるのが一番ですかね。

僕はまだ途中ですが、丁寧に作ってありますし、この価格の割にイベントデモも多く、なかなか楽しい。追加コンテンツが配信予定ですが、ネットをみるかぎり現状で充分遊びこめるので、変な心配はご無用。派手な大作ではないものの、地味な良作。



スポンサーサイト

コメント

PS2の「ダーククロニクル」みたいなゲームだと思ってるんですけど
どうなんでしょうか?
「ダーククロニクル」が好きだったので気にはなってます。
公式ページ見ても全然ゲーム内容がわからないんですよね。

ちなみに私は「スターソルジャーR」をダウンロードしました。
良い意味で当時の「スターソルジャー」みたいです。
まず、敵機の動きがそのまんまw
それに弾幕STGじゃないので
比較的素人でも楽しめました。

話は変わるんですけど
データがないのでわかんないのですが
そもそも、あの弾幕STGって支持されてるんでしょうか?
あれって、どんどんSTGゲーマーを削り落としてるような気が…

>banbaki さん
『ダーククロニクル』のようなアクションRPGではないです。自分でダンジョンに潜っていって、冒険することもありません。

> そもそも、あの弾幕STGって支持されてるんでしょうか?
非常に狭いコミュニティだと思いますが、逆に「弾幕STG」遊ぶ人以外がすでに脱落してしまっているのが現状なんじゃないでしょうか。脱落後の世界がいま、なのかなと。

レビューを読んだ感じだとめちゃくちゃ自分の好みのゲームかもしれないです、PCのRTSが好きなので。
それぞれの冒険者が自分の意思をもって冒険をするという点が新しくて面白そうです。
でもちょっと気になったのは町の人と話すことでポイントが溜まるという点ですね。
なんかわからんけど3D空間にいるキャラを見つけて話すのって面倒くさいんですよねw
でもまあ値段が安いしWii本体をもってれば間違いなく買ってるゲームかなと思います。

>JON さん
RTSとは見た目と感覚がかなり違うとは思いますが。
冒険部分は『ゴールデンロア』っぽい表現です、という点を確認したうえで、判断した方がいいかもしれません。

ポイントを溜めるのは、マストではないんですが、3D空間にいる住民と話をする必要はある程度あります。

まだ序盤なのですが、とりあえずカメラ以外は好感触ですね。
カメラはちょっと動き過ぎるので、3D酔いする人にはきついかもしれません。
今の所、これで1500円ならコストパフォーマンスは抜群、といった印象です。

>鹿毛 さん
カメラは確かにちょっと・・・・ですね(^^
指摘する意見は割と見かけます。

コストパフォーマンスは納得感が高いですね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。