Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフト、欧州で値下げ。欧州での敗北宣言は近い?

やや煽りぎみなタイトルではあるものの、遠からずそういう状況になりそうな気配が濃厚になってきました。欧州ではWiiが先頭をひた走り、2位がXBOX360でしたが、PS3が猛追しており、年内に追い抜く可能性が高まっていました。欧州はソニーのブランド力がひじょうに強く、マイクロソフトは逆に弱い地域です。

そしてマイクロソフトはついに値下げを発表。欧州では去年の8月にすでに値下げしており、1年たらずの間に2回も値下げ。先行発売しているにも関わらず、この体たらくは……。また『Arcade』に関してはなんとWiiを下回る価格になります。

Xbox 360:欧州で値下げ、「Wii」より安く
英国では、最も安い機種の「Xbox 360 アーケード」が159.99ポンド(約3万2800円、従来は199.99ポンド)となり、任天堂の「Wii」(179ポンド)より安くなる。Xboxは「HD DVD」への対応を売り物にしていたが、規格争いで敗れたため、価格見直しを迫られた。

米マイクロソフト、欧州で「Xbox360」の販売価格を引き下げ
カウフマン・ブラザーズのアナリスト、トッド・ミッチェル氏は「(ソニーの)PS3は最近勢いがついている。夏になり、秋までには、マイクロソフトは販売をテコ入れするために何かせざるを得なくなるだろう」と述べた。

値下げの要因はいくつか挙げられていますが、(北米市場ではなく)欧州市場向けのキラータイトルが無く、値下げ以外の手段が無くなったと見るべきでしょう。他ハードにくらべて1年先行しているため、ソフトがまだ揃ってないだけという言い訳もききません。しかし値下げで順位を逆転できたハードは無いんですよね……。

今回の据置ゲーム機のシェア争いは、北米が1位Wii、2位XBOX360、3位PS3。日本と欧州が1位Wii、2位PS3、3位XBOX360。となりそうですね。客層の異なるWiiが独走して、客層の食い合うPS3とXBOX360が各地域で熾烈な2位争いを繰り広げているという構図です。


スポンサーサイト

コメント

そうすると、PS3の値下げは悪手ということでしょうか?
値下げさえすればという意見はそこかしこで見かけますが・・・

>GG さん
値下げそのものが悪いのではなく、他の施策との連動ができているかどうかでしょう。
値下げとは、摩擦係数を減らす(滑りやすくする)ようなもので、直接推進力になるものではない、と考えると、わかりやすいかと。推進力そのものは、有力タイトルの発売だったり、新型発売だったりですよね。

PS3は元々が高すぎたので、4万円近くまでもってきた事は正しいと思いますが、現状でさらに値下げするのはあまり良くないでしょう。短期間で値下げを繰り返すと、「もっと下がるかもしれない」とユーザーに思わせてしまい、買い控えを誘発しかねない。やるとしても、同梱パックのみ少しお買い得という設定が良いのでは。早くて年末商戦での値下げが適当だと考えます。

欧州市場向けのゲームは北米ガチガチなタイトルよりは
アーティスティックな面などから日本人ウケする部分もあると思うので
MSももうちょい広い視野を持ってもらいたいところです

FPSはFPSで面白いけど如何せん偏りすぎ
あと、スポーツと車

> MSしっかりしろ さん
おっしゃるとおり、欧州と北米市場はイコールではありません。
少なくとも、英国と大陸系ではかなりマーケットの性質は異なります。

欧州ではTouch Generations!の展開が北米よりもうまくいってますし、特に『nintendogs』や『脳トレ』の勢いが非常に強いです。またSCEの『EyeToy』も200万台以上売れた地域です。

欧州市場向けのキラータイトルを擁する2陣営とくらべて、マイクロソフトが最も雑な展開をしているのが、ある意味「アメリカらしい」なあ、と思います。結局マイクロソフトは英語圏以外では、「また負けた」になりつつあり、きちんと学習できていない事が浮き彫りになっています。

欧州ではサッカーと車ゲームさえ出しておけば何とかなる、という考え方は、日本ではRPGさえ出しておけば何とかなると考えて、坂口氏に大金をつぎ込んだ日本と大差ない戦略です。市場を「お勉強」した人達が仕切ってるから、結果的にレッドオーシャンまっしぐらの販売戦略しか取れないのでしょう。米国でさえ、Wiiの伸長によってゲーマー市場に封じ込められつつあり、彼らが「お勉強」はできても、自分の頭で考えることのできない体質であることがわかります。

結果を出せないとすぐにリストラするため、ノウハウが蓄積されないのも問題点の1つでしょうが、いちいちやる事がズサンですね。ソニーのような真に世界的企業に負けるのは仕方ないとしても、(日本企業の色彩が強い)任天堂にも負けるのは、情けないというか、惨めですよね。任天堂も、前世代では欧州でかなり弱かったわけで、ずいぶん伸びてきたと感じます。マイクロソフトは世界的企業というより、ただの米国企業(英語圏企業)であったのか、と。

ゲームユーザーはソフトを遊びたくてハードを買うわけですから
遊びたいソフトもないのに値下げというのは効果としては微妙・・・
360って北米以外ではそんなに普及してるわけじゃないんですね

> Ni.O さん
欧州+アジアで、Wiiが700万台、PS3が450万台、360が570万台程度で、PS3に抜かれるのは時間の問題という状況ですね。360は、欧州は北米の半分程度です。

コメントの際は、メールアドレスおよび名前を記入してください。アドレスと名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。