Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の新作ゲーム プレステ再誕!

『龍が如く』にPS3新色、PSPには『モンハンポータブル 2nd G』と、プレステ陣営が元気な1ヶ月になりそうです。

龍が如く 見参! 特典 カムタイ -花夢隊- 祗園之巻付き (PS3)

3月6日発売。
『MGS4』の発売日も決定し、再び期待感が高まりつつあるPS3。
その勢いをもって、『龍が如く 見参!』も売れるのか。まさにセガとSCEの正念場。

時代劇になっても『龍が如く』の魂は不滅。
公式サイトであらすじを確認しても、骨太なストーリーに惹き込まれていくのを感じます。『龍が如く』に『MGS4』と、大人がじっくり楽しめる重厚な作品が充実してきました。

家族で楽しめるのが売りなWiiをママさんゲーム機とするなら、PS3は渋い親父のダンディズム。今時流行らなくても、背中が煤けてても、手放せないほろ苦さ。

PLAYSTATION 3(40GB) サテン・シルバー

『龍が如く』と同時発売のPS3新色。
新色投入でどこまで本体台数をのばせるか、気になるところ。うまく夏商戦につなげるといいのですが。

アルティメット ヒッツ ヴァルキリープロファイル -レナス- (PSP)

スクウェアエニックスのBest版シリーズ「アルティメットヒッツ」に、あの『ヴァルキリープロファイル』が参加。根強い人気をほこる作品だけに、この機会に始めてみるのもいいかもしれませんね。

ふと気がつけば、昨年末の『スターオーシャン』、この『ヴァルキリープロファイル』、そして来月の『スターオーシャン セカンド』と、トライエース作品のPSP移植が続きます。
新作もほしいところですけど、高望みしすぎかな?


ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック (PS2)

3月6日発売。
PS2、Xbox360、PS3、Wiiで発売され、全世界で600万本以上売れたギターゲームが日本上陸。専用コントローラ同梱で高めですが、Amazonでは19%オフで9420円となかなかお買い得です。今年1月のCESでの基調講演では、ビルゲイツ氏がギターヒーローをアピールしていたのが印象的でした。

コアゲームに偏りすぎている360タイトルの中で、カジュアル層に訴求するのが『ギターヒーロー』。ギターヒーローといえば360、というイメージを強めたいのはよくわかります。『Sing Star』を抱えるSCEや、『Wiiミュージック』が控えている任天堂とちがって、音ゲーを持ってませんからね。逆にだからこそ、マルチタイトルであっても我が物顔でアピールできるのでしょう。

『ギターヒーロー』の人気の秘密は、楽曲集めをがんばって、「まさかあの曲が……」を揃えてみせた点にある、といわれます。しかしゲームデザイン自体は、コナミの『ギターフリークス』からの差分が小さく、何というか、がんばれ、コナミ。


12Riven -the ψcliminal of integral- (PS2)

3月13日発売。
『Never7』『Ever17』『Remember11』につづく、今は無きKIDのインフィニティシリーズ最新作が日の目を見ることに。ホントに良かった。心配していたファンも、やっと安堵の息をつけますね。

Amazonオリジナル特典として「高橋直純(伊野瀬オメガ役)インタビューDVD」が付くようです。コンシューマー業界ではAmazon特典が徐々に増えてきましたね。


デュエルラブ 恋する乙女は勝利の女神 (DS)

3月13日発売。
裸の男の汗をふくという、『魔女神判』が霞んで見える妄想ゲームがDSで登場。

「エロ声」には特にこだわり、「もっとエロく!」とダメ出しを入れた
「声優さんが普段お風呂でどんな鼻歌を歌っているのかを妄想してもらいたい」
「下の画面の切れ目がアノ部分なのですが、DSならこの位置以外にありえないだろうと(笑)」
女性開発者の度肝をぬく妄想の数々に、ネットが騒然。

「……もう、好きにやってみればいいじゃない」と言った彼女の上司の気持ちが痛いほどわかる男性も多いのでは。女性が強くなった現代。妄想神力に怖れをなしつつも、妄想でさえ女に負けるなら、男は本当に滅んでしまうと危機感をおぼえた今日この頃。俺もがんばって妄想します。

『アイマス』といい、これといい、妄想ゲームこそが時代を切り拓くと信じるバンダイナムコを全力で応援……はしませんけど、見守っていきたいですね。


ドラマチックダンジョン サクラ大戦 君あるがため (DS)

3月19日発売。
帝都・巴里・紐育の3つの花組メンバーが一堂にあつまる、オールスターソフト。ジャンルがダンジョンRPGに変更されたのはかなり謎なものの、ファンなら買い逃せないソフトでしょう。


アーマード・コア フォーアンサー (PS3/360)

3月19日発売。
すっかり存在を見落としてましたが、PS3と360のマルチで登場です。
コメント欄での突っ込み感謝。コアなファン向けに安定した人気をほこるシリーズですね。

そういえば存在感無いなあと思いつつ、公式サイトを見に行ってみれば、『ビックリマン大事典』とか『ハローキティのおしゃれパーティ』とか、異次元のコンテンツが飛び出してきてビックリです。資金繰りに困って、そういう仕事を請けたのか……と思いきや、自社の別ブランドだったのか。ぜんぜん毛色違うよ!

まぁDSブームに最適化しようという努力の跡はうかがえるのですが、コアゲーマー向けに売ってきたゲーム企業の苦労がしのばれます。


モンスターハンターポータブル 2nd G (PSP)

3月27日発売。
PSP陣営の最大のキラータイトル。ミリオンは確実視されているタイトルですが、初回出荷数が少ないという話があちこちのゲーム系ブログで報じられていたこともあり、確実にゲットしたい人は予約をお薦め。


■来月以降の新作

マリオカート Wii (Wii)

4月10日発売。
Wiiハンドル同梱で5800円というお買い得感たっぷり。
忍之閻魔帳さんが報じているように、WiFiコネクションもDS版から大幅に強化され、Wii1台につき2人まで同時にWiFi対戦可能。ネット対戦というと、1台につき1人しか参加できない仕様がほとんどですが、これで兄弟でオンライン対戦に参戦可能。家族に優しい任天堂らしい配慮。

またMiiの使用が可能になったほか、初心者向けにオートドリフト機能が加わり、初心者から常連ゲーマーまで幅広いユーザーが参加しやすいですね。新要素としてバイクも追加されています。

リンクのボウガントレーニング+Wiiザッパー (Wii)

5月1日発売。
海外で昨年末に先行発売されていたシューティングアクション。
射撃ゲームモード、360度視界を動かせるモード、ヌンチャクで移動できるTPS的なモードの3つが用意され、徐々にTPS的な遊びにステップアップしていけます。興味はあるけど、FPSやTPSが苦手なんだよなあ……というゲーマーにお薦め。

ライト層には『脳トレ』があるが、ゲーマーのあなたには『ボウガントレーニング』がある。というのは、さすがに持ち上げすぎですけど、ザッパーを使った面白いFPSが出てくるといいですよね。

スポンサーサイト

コメント

MGS4も決まったし、マリオカートも決まったしで
タイトルがだいぶそろいつつありますね。
数年前ならともかく、最近ではそろったというより出尽くしたと言ったほうが
消費者心理としては適切なのかもしれませんが。

個人的には、マリオカートとかグランツーリスモとか
タイトルの時点ですでにマンネリ化してて
「ああ、またか」と思って手が伸びにくいんです。
延々買ってきたんでもういいか、みたいな。

まだ発売日が決まってないゲームでは
やっぱり、どうぶつの森に期待してます。年末にでますかね?

アレ?ところでFFとDQの新作はどこいった?迷走中??

>LecLerc さん
ふーむ。
なんだか、いかにもゲームに飽きたゲーマー的なコメントですねえ。

『ドラクエ』は情報が途絶えましたが、まあ普通に考えれば年内でしょう。
『FF13』は1月に新情報が出たばかりですよね。来年ぐらいじゃないでしょうか。
どちらも満を持して登場すると思いますよ。

プレステ陣営元気な一ヶ月、お願いですから撃墜王ではなく装甲の方のACシリーズ最新作も思い出して下さい(泣)
あの驚く程の存在感の薄さは何なのでしょうか。据え置きで出た全シリーズを買っているAC信者の私でも、2月末の配信ムービーを見るまで今月発売と認識していませんでした・・・。名前の通り、本当にコアな存在になってしまいました。

発売から1年弱、よくやくPS3もゲーム機らしくなってきましたね。
3月は竜が如く、4月はヴァルキュリア、6月はMGS4と、1月に1本ゲーマーを満足させるタイトルが揃ってきたのは純粋に嬉しいです。5月にも何か大きいタイトルがありましたっけ?
新型発売以降、PS3・PSPは着実に”買って安心”を実現してきましたね。年末辺りには「買って良かった」になる事を期待たいですね。


その為にも、まずはHomeの中止とSCEJへの粛清を(笑)

>どすこい さん
ご指摘感謝です。
素で見落としてました(汗

Homeは1日でも早く中止すべきですね(笑

moko_moko_moko7@yahoo.co.jp

はじめまして。いつも楽しく読ませていただいてます。
龍が如く見参は初日11.3万本みたいですね。
2よりは少ないみたいですが、PS3の普及台数からすれば順調な滑り出しでしょうか。
値下げ前と同程度まで落ちてしまったPS3の週間販売台数も龍が如くと新色の追加でどこまで伸ばせるか気になります。

トライエースの新作といえば来月発売のスターオーシャン2の予約特典のDVDに未発表の新作タイトルが含まれているらしいですね。
トライエース作品は結構好きなので非常に気になっているのですが、対応ハードで可能性が高いのはWiiかDSでしょうか。
対応機種未定のSO4もいい加減プラットフォームを発表してほしいです。

>ヒロ さん
> PS3の普及台数からすれば順調な滑り出しでしょうか。
ですね。
かなり健闘した数字だと思います。
『龍が如く』の客層にまだPS3が浸透しきってない段階ですからね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。