Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞ公式ファンブックの手本 『まぶらほ ~凛の巻~』

まぶらほ ~凛の巻~築地俊彦

うちのブログで『まぶらほ』を取り上げる回数は意外と多い。なにしろこれで4回目だ。
しかし長いこと続いているシリーズ(現在23冊)なので、なかなか新規読者が入りにくい。正直取り上げてもあまり売れない。人気が無いのではなく、既存のファンはアマゾンで買うまでもなく、すぐに買っているのだろう。紹介しても新しい読者を増やせないのは残念だが、それでもいい。

じゃあ、そんなに気に入ってるのか?
と問われると、いや別に……。

あっても無くても困らないし、たぶん読めなくなっても何の痛みもないと思う。
少なくとも、主題歌を「国歌」とまで主張するファンのいる『AIR』のような痛みは無いし、完結に向かいつつある『フルメタルパニック』の続きが読めなくなるようなダメージも無い。

ひどい言い草だが、まったくの本音だ。
この作品が読めなくなったら、「俺はもう死ぬ!」と叫びたくなるような類の本ではないのだ。

『水戸黄門』が観られなくなっても困らないのと一緒である。しかし『水戸黄門』が放送されない日本は少し寂しい。きっと多くの人が無意識にチャンネルをあわせて、あれ? と首をかしげることだろう。おかしい……何か物足りない……。
禁断症状は出ないかもしれないが。

さてこの本は、メインヒロインの夕菜をぶっちぎりで引き離して、人気トップの座をキープし続けている神城凛を主役にした特別編である。人気があるからといって、そのキャラのためだけに本1冊書き下ろすあたり、さすが人気至上主義の『まぶらほ』である。

他の例も挙げよう。本来1回のみの使い捨てキャラだったはずの山瀬千早が、書下ろし短編に何度も登場し、やがて5人目の「攻略キャラ」に昇格してしまう。人気さえあれば何でもあり、が『まぶらほ』における作品と作者と読者の正義である。

むろん作者にまったく葛藤が無かったとは思わない。
しかし良い意味で「軽薄」な判断ができるのが築地俊彦の非凡な所である。読者の反応を見て結末を変えるケータイ小説にだって負けてない。「軽薄」けっこう。もしそれがいけないというなら、そもそも「ライト」ノベルの「ライト」はどんな意味なのだろうか?
軽薄小説。最高の誉め言葉じゃないか。

本書に収められた中篇3本のうち、第1話と第3話は退魔師として活躍する凛を描いたもので、名前のとおり凛とした彼女の様子を見られる。しかしファンにとっての楽しみはやはり第2話だろう。何故なら、そこに読者自身がいるからだ。どういう意味かは自分の目で確かめてみてほしい。この本のオビはまったく嘘偽りが無い。
神城党の聖典
ここに誕生!

マニフェストは愛刀一閃!
入党するなら今!



関連
マンネリズムの美学! それがラブコメだ!『まぶらほ』
ジャンプなんてレベルじゃねーぞ、究極の人気主義 『まぶらほ ~さらにメイドの巻~』
洗練された無駄というマンネリズム 『まぶらほ ~じょなんの巻・に~』

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。