Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「評論家」の一般的な定義は知らんけど

雲上四季:エロゲーが未入手で、ライトノベルが入手済みのもの
リンク先の記事は、色々とツッコミ所あふれてるんで、内容はあまり真に受けない方向で。
ライトノベルの起源については、いちせ氏がまとめているので、そちらを参照しましょう。歴史をからめた話は、若い論者には辛そう。古い人から突っ込まれやすいし。

ライトノベル界隈にしては、コメント欄が荒れてる方かな……。評論家の定義がちょっと不明確な気がします。

はてなブックマークでのbigburnこと多根清史氏の「エロゲー評論家に入れてもらえなくて絶望した」が秀逸。『超エロゲー』書いてるのにねえ。リンク先の記事の定義なら、入ってないとおかしいですね。コメント欄での議論がライトノベルに集中してるから、誰も突っ込まないのかな……。まぁエロゲーあんまり知らないのに、比較対象にしちゃってるような。

ところでボクは、東浩紀をエロゲー評論家とは認めたくないですね。
だってそんなに本数をこなしてないでしょう(自他共に認めてたはず)。エロゲーに関する評論を書いた人ではあっても、「エロゲー評論家」ではないでしょう。定義の問題かな?

量がすべてとは言いませんが、少なくともそんじょそこらのプレイヤーよりは本数をこなしてるような人でないと、評論家だと思わないんですよ。ライトノベルなら月20~30冊、エロゲーなら週1~2本は最低ラインじゃないかなー。そういう意味では、官能小説における永田守弘氏みたいな人なら、文句無いんですよ。

ボクの定義を当てはめると、リストが半減しちゃうかもしれませんけど。
でも、少なくとも、コンスタントに量を読んでない人は「現役の」評論家とは認めたくないですねえ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。