Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月の売上

11月は正直、前半がヤバスだったんですが、後半盛り返してきて、最終的には9月、10月と遜色ない売上で終わりました。本の販売数はかなり悪かったんですが、それをゲーム機の売上が補ってくれました。

「今月の売れ筋」を見てわかるとおり、今月は主力になる本を紹介できなかったのが痛いです。書評記事に対するアクセス数やブクマ数は、なかなか良かったんですけど、有名すぎる作品は購入済みの人が多いんでしょうね。
その中でも健闘したのはシノシノです。みんな、シノちゃんの可愛らしさに目覚めたかな?

あと、実は気になる傾向として、ゲーム関連の記事を増やした月は、本の売上が低い気がしてます。ゲーム関連の記事が増えると書評記事が埋もれてしまうのかな? 書評記事を読む人は数日に1回、ゲーム記事を読む人はほぼ毎日という風に、アクセス頻度が違うのかもしれません。ちょっと慎重に様子を見ていきたいですね。

新書の紹介がパタッとやんでしまいましたが、「客層」を考えたときに薦めるべき本がうまく拾えなかったんですよね。ニーズはあると思ってるので、またそのうち。

■ゲーム
うちのブログだと、Wii本体とWiiソフトはあまり売れないんですよねー。DSは『ドラクエ4』とか売れてるんですが。『マリオギャラクシー』もレビューを書いた割には……。Wii失速をアフィリエイトでも実感。

1位 Xbox 360 バリューパック

PS3ほどめざましい復活とはいきませんが、品薄に泣きつつも、ムードは盛り上がってきたんじゃないでしょうか。今週も『アサシンクリード』が出ましたし、ソフトの充実はすばらしい。
参考:XBOX360、猛進撃 強力ラインナップをまとめてみた

2位 エースコンバット6 解放への戦火

広大な空間を飛び交う空戦シミュレータの決定版。
次世代機で格段に上がった表現力。
『アイドルマスター』の痛戦闘機も話題になりましたね。

3位 バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ

ザッパー同梱版の品不足に泣いた『アンブレラクロニクル』。
高めの難易度ながら、評判は良く、あっさり『バイオ4 Wiiエディション』の累計を抜き去りました。

同じカプコンのタイトルでも『戦国BASARA 2 英雄外伝』が初日7000本と低調なことを考えると、バイオユーザーが任天堂ハードに育っているという事。戦略的に失敗とみなされた、ゲームキューブでの『バイオ』発売も、種まき的な意味はあったのでしょう。

4位 PS3(40GB) セラミック・ホワイト

安心して買おうPS3、買って安心PS3。
実際、安心感はかなり大切なポイントです。
うちのブログで売れたのも11月11日ではなく、2週、3週続けてPS3がWiiの週販を越えてから。11月後半になり、PS3への安心感が高まったタイミングで、ユーザーも欲しいという気持ちを抑えきれなくなったんでしょうね。

もう一度繰り返しましょう。
安心して買おうPS3、買って安心PS3。

5位 ラチェット&クランク Future

客層を考えると、このソフトのためにPS3を購入する人は少ないと思います。
でもPS3を買う時にこのソフトも買ってみてはいかがでしょう。クオリティは高く、インタラクティブなピクサー映画と評するにふさわしい出来です。
参考:PS3で原点回帰。遊べるフルCG映画 『ラチェット&クランク Future』


■本

1位 ニンテンドーDSが売れる理由サイトウアキヒロ小野憲史

書評:松下は全開発社員に買って読ませるべき。ゲームデザイン本のタッチジェネレーション 『ニンテンドーDSが売れる理由』
堅調。
黙ってても売れる状態になってきました。

2位 プレステ3はなぜ失敗したのか?多根清史

書評じゃない:やはり1年戦争だった 『プレステ3はなぜ失敗したのか?』
特にプッシュしてませんが、こちらも堅調。
やはりゲーム関連の本は売れるようで、浜村通信の『ゲーム業界を読み解く』も売れてたりします。1度も取り上げてないんですが。

3位 すぐに稼げる文章術日垣 隆

書評:読者から市場へ『すぐに稼げる文章術』
1年ほど前に紹介した本がこの順位。
今月は本の売上が低調だったとはいえ、少し驚きです。「本の紹介」カテゴリーの1つ目の記事なので、新しく来られた方が昔の書評を読んでくれたのかもしれないですね。ブログにおいて過去のエントリーは資産だという原則をあらためて認識。

4位 SHI-NO 黒き魂の少女サイトウアキヒロ

今月書いた書評は6巻だったんですが、一番売れたのは1巻でした。
シリーズをまとめ買いした人もいれば、とりあえず1巻だけ買ってみた人もいたようで、どうやら新規の読者が生まれたようです。ボクは元々ゲーム系のブログをやっていたんで、読者層もライトノベルを読まない人が多い。だから売れる時はシリーズまとめて売れる事が多いんです。

ゲームの記事を読みにきた人にライトノベルの魅力を伝えて、ライトノベルの記事を読みにきた人にゲームの魅力を伝えて、2種類の客層でうまく相乗効果を上げたいですね。

5位 ゲームニクスとは何かサイトウアキヒロ

書評:もう1冊のゲームニクス本 『ゲームニクスとは何か』
手堅い。
先月も書きましたが、うちのブログの読者のように濃い人たちには『ニンテンドーDSが売れる理由』のほうをお薦めしてます。値段は高いものの、価格以上の価値は絶対にあります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。