Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クールになりきれない漢のゲーム小説 『ツァラトゥストラへの階段』

ツァラトゥストラへの階段土橋 真二郎

あの『扉の外』の土橋真二郎が帰ってきた。
と言ってもたった2ヶ月では待たされた気はしないが。打ち切られた感のある『扉の外』に続いて、これほど早く新刊が出てくるのは、おそらく編集者もこの作家を評価している証拠だろう。やはり埋もれるには惜しい才能。

仕切り直して始まった『ツァラトゥストラへの階段』は、どうやら『扉の外』と同じ世界観のようだ。読んでいればニヤッとする箇所もあるが、『扉の外』を未読でも支障はまったく無い。(でなければ、そもそも仕切り直しの意味が無い)

主人公の福原駿介は気がつくと、見知らぬ場所に拉致され、閉じ込められていた。同じように囚われている11人。それぞれに食料と水、謎のカード、1000万円分の札束と拳銃が与えられる。謎の人形が示す、脱出の条件。それは人間同士の協力と裏切り、理性と欲望の葛藤を生むゲームだった。

集団をいかに制御するかという部分に比重が置かれていた前シリーズと異なり、主人公はゲームのいちプレイヤーで、設定としては『カイジ』に近い。欲望の渦巻くるつぼで、人間の本性がむき出しになるさまを描いている点も同じだ。欲望の上昇/集中/興奮/抑制/暴走/破滅、それら全てが存在している。

でも人間に対するスタンスの取り方は180度違う。
カイジが人間の欲望を真正面から、ケダモノを描くように描ききったのに対して、淡々とかなりクールに描いている。他人に対して距離を置いている。「無関心」「無感動」のようにも見える、冷めた視線。けど、けっして無機的なわけじゃない。感情のきらめきは随所に見られる。ただ、人間描写への熱意がきわめて抑制されている。そう、抑制だ。これを人間描写が薄いと批判するのは間違いだと思う。

数字が動き、数字に翻弄された欲望が人を破滅に突き動かしていく。その中で時折みられる人間模様が貴重に思える。主人公の福原にとっても、おそらく。それを大切にしすぎるのが彼の「甘さ」であり、敗因なのだ。彼は同じ失敗を繰り返す。まあ、しかし、そこが魅力でもあるのだが。彼がゲームを勝ち上がっていくにつれて、どう変化していくのか。それはまだわからない。今はただ、彼をしばらく見守ってみたい。


関連
ゲーム小説が読みたいあなたに話題の逃避作を 『扉の外』
話題のゲーム小説の第2ステージ! 『扉の外 2』
コンプリートではなく、ゲームオーバー 『扉の外 3』

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。