Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お守りは重りになることもあるよね。

この手の「お守りは何がいい?」議論に混じる気はないんですが、ゲーム関係者も混じってるだけに、例えば学生さんが読んで、変な誤解が生じるとイヤだなーと思って、いち意見を。

えっとですね、まず今時のゲームプログラマをやるうえで、アセンブラの知識はまったく必要ありません。ですから学生はそんなもの、勉強しなくていいです。知ってて損は無いかもしれませんが、別に知ってたからといって、就職してから有利になるわけではないです。

ごくたまに、他業界のプログラマで妙な勘違いをしてる人がいて、「ゲームプログラマ=速いコードを書くスキルが必須」だと思い込んでますが、別にそんな事は無いです。「遅い」コードを書く人は困りものですが、「速い」コードを書く技術が無くても務まりますし、知らなくても同じチームの先輩から教わったり盗めばいいだけです。

だいたい、今時の大規模なゲーム開発で、みんながそんな事してたら日が暮れます。100年かかってもゲームが完成しません。今時のコンパイラの最適化は、きちんと最適化スイッチを選べば、それなり使えますし、コード以前にアルゴリズム、アルゴリズム以前にデータや仕様のレベルで解決したほうが、よほど効果的です。

ライブラリやエンジンなどの基礎部分を作る人の中には、アセンブラで最適化する人もいるでしょうけど、逆にいうと、そういう人ぐらいですよ、ふつう。そういえば、少し前にカプコンがゲームエンジンの制作者を募集してましたが、要するにあの規模の企業でも、速いコードを書く専門家がゴロゴロしてるわけじゃないという事です。

つか、まあ、企業の規模によるので、一概にはいえませんが、下手にアセンブラできます、なんて言わない方がいいですよ。例えばさー、情報系の学部を出た新卒がカプコンに入って、「わははは。僕、アセンブラ大得意なんですよ、速いコード書くの、三度の飯より好きです」なーんて言ってごらんなさいな、超特急で例のゲームエンジンチームに引っ張られますよね。いや、ホントにそういうのが好きだったらいいんですけど。実はゲーム組みたくて仕方ない人だったら……?

例えば、高性能な次世代ゲーム機でプログラミングしたいという人は、何を勉強すべきでしょうか? アセンブラですか? ライブラリとか、エミュレータとか、旧世代のゲーム機の移植とか、そういう仕事が回ってくる確率が高くなりますよ。

絶対に次世代機でプログラム組みたいなら、勉強すべきは数学と物理じゃないかな。機械の側が演算能力が高くなってるんだから、節約術よりも、その演算能力をいかして付加価値を生み出せる方が重宝されるんです。

アセンブラに限らないんですが、人にはそれぞれやりたい事と得意な事があって、必ずしもその2つが一致してないんですよね。企業というのは、各人のやりたい事と仕事をマッチングさせるより、各人の得意な事と仕事をマッチングさせる装置なんです。

だから、自分が本当にやりたいこと、好きなことに専念すべきです。それ以外の無数の「知ってて損にならないこと」「身につけてて得すること」なんて、見向きしなくていいです。そういう物は、実は組織の中で泳いでいく時には「損になる」こともあるんです。

ボク自身、そういう目に遭ったからなあ……。
3Dに興味があるからって、3Dエンジン組む仕事になって。まぁ3D技術は好きで、それなりに楽しかったけど、一番やりたいことじゃなかったんですよね。でも下手に頑張っちゃうと、その仕事から離れられなくなるわけです。

いや、ホント、好きなことや、やりたいことを貫くには、それ以外の仕事を振りほどく大変な努力が必要なんです。そして、時として、持ってたら役に立つたくさんのお守りは、重りになることがあります。だから若いうちは、好きなことを勉強したほうがいいです。

世の中には、戦場を生き残ってきた古強者が何人もいて、「俺はこのお守りで生き残ってこれた」と、あなたにお守りを勧めてくるかもしれません。無数の神社があって、色々なご利益のお守りを売りつけてくるでしょう。ボクはお守りを売る気も、あげる気もありませんが、「お守りは重りになることもある」という言葉を送りたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

ハンダ付けをできない子供たち

昔、安田寿明の「マイ・コンピュータ入門」なんかがよく読まれていた時代。
マイコンをやる=ハードウエアを設計して製作することだったのですけれど。
その頃はマシン語なんてできてあたりまえの余芸でしょってなカンジ。
で、自分は長らくハードウエアを作れないことに強いコンプレックスを持ってましたが...そういえばゲーム開発の環境がアセンブラからCに変わったときに、古参のプログラマーでCに対応できない人間が多く出て苦しんだみたいですが...最近はC++へと移行しようとしてるけどピュアにC++開発ができる人間なんて何パーセントぐらいるんだ?
まま、ゲームなんて動きゃイイんですけれどネ。

PS1がCへの移行期で、PS2あたりからがC++への移行期でしょうか。
昔は「Cの難解なポインタを理解するには、アセンブラをまず知っておいたほうがいい」とか言われていましたが、今となってはCのポインタを理解する程度で、アセンブラの知識や理解は要らないですね。最初からC++の人も多いでしょうし。

>マイコンをやる=ハードウエアを設計して製作することだったのですけれど。

ですねー。
まあ、自分が若い頃にやったことはやれて当たり前で、基礎なんだと思い込む病気ですよね。3DCG教えるためにまずドット絵から教えるような、アレゲなものを感じますが。

実際、一連の議論で、現役でフルタイムでコーディングしている人が皆無なのは、注意すべき点です。shi3z氏も経営者ですし、島国氏もプログラムの知識をもった企画にすぎませんし、ボクも元プログラマーの企画ですからね。そういう意味では、全員、戯言をほざいているともいえるわけです。今時の若者には、「じじいども、乙」でスルーしていただきたいものです(w

昔:アセンブラを学ぶ前に、まず電子回路を組めないと、コンピュータの動作を理解したとはいえない
少し昔:CやC++を学ぶ前に、まずアセンブラを組めないと、コンピュータの動作を理解したとはいえない
        :        :      :
        :        :      :

まー、ボクも含めて、年寄りになっていきつつあるお年頃は、自分のおぼえてきた知識や技術を「資産化」しなければならないから、大変です。必死と言うか。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。