Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月の売上

書評サイトのノウハウとは?」でも書いたとおり、8月は最高記録だった5月の売上を大幅に更新して、売上と販売点数の両方で1.5倍以上。率直にいって予想外でした。

要因は何といっても、新書の比率を増やしたことです。売上の上位を新書系が独占。うちのブログの読者のニーズはライトノベルよりも新書。以前から薄々気づいていたことですが、ククク……こうも現実を突きつけられるとショックorz

今月はお盆があったおかげか、ゲームソフトの販売も好調で、1位は『一度は読んでおきたい日本文学100選』。そして続く2位が『DS図書館 世界名作&推理小説&怪談&文豪』でした。

また『超昂天使エスカレイヤー』が『日本文学100選』に匹敵するほど売れていて、非常にうれしいです。発売から5年、廉価版が出てから1年以上が経過しているにも関わらず、これだけ売れるとは。エロゲーマーとしての信頼感が増してきた証拠……と調子に乗ってもいいですか? ダメですね、はい、ごめんなさい。ちなみにアニメ版のDVDも売れてます。いいねっ!


1位 ニンテンドーDSが売れる理由サイトウアキヒロ小野憲史

書評:松下は全開発社員に買って読ませるべき。ゲームデザイン本のタッチジェネレーション 『ニンテンドーDSが売れる理由』
やはりこの本が圧倒的。
単月販売数で最高記録の『「世界征服」は可能か?』を軽々と追い越しました。初版部数(の予想値)の1%には届きませんでしたが、到達は時間の問題です。

「任天堂をはじめとした日本のテレビゲーム業界が蓄積してきた、UIや操作デバイスに関する膨大なノウハウの集合体」をゲームニクスと命名し、くわしく解説しています。要は、ユーザーの誰もが直感的に操作がわかり、使っているうちに自然と熟達して、奥深い使い方もできるようになる、制作ノウハウであり、家電や他の分野にも応用できると著者たちは考えたそうです。

古くからあるノウハウに付け加え、最近の話題として、DS『えいご漬け』やWiiの本体ソフトウェア、『はじめてのWii』などのユーザーインターフェイスを例として取り上げているほか、家電側の取り組みとしてシンプルリモコンを紹介しています。


2位 2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?ひろゆき

書評:全然関係ないような話をするが 『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』
先月の下旬に紹介した本で、今月も安定して売れてます。
「それを言っちゃあおしまいよ」という事を平然と語る、ひろゆき氏が現実主義、ほんね主義でWeb2.0をぶった切っている本。Web2.0の未来はバラ色!という主張に食傷気味な人は、腹ごなしの整腸剤として重宝するかもしれません。

ひろゆき氏をさすが!と感じるのはインターフェイスについて語った部分です。ネット上の多くの論者が念仏のように「快適さ」「おもてなし」とくり返しているにもかかわらず、インターフェイスの本質をずばり突いてます。
キーボードの配列も、流行ったから普及しているだけですしね。その昔、同時にキーを押すとタイプできないので、いかに同時に打ちにくいかというのを意識して作ったものが、流行ってしまったという現実。改良すればもっと速く打てるようにできるのに、そのままの状態というダメな歴史の例ですよね。
実はインターフェイスは「慣れ」の部分が大きい。快適性やおもてなしは、しょせん後付けの理由にすぎません。


3位 「世界征服」は可能か?岡田斗司夫

書評:ちょぉっと真剣に考えてみませんか 『「世界征服」は可能か?』
オタキングの世界征服、第一弾!
岡田斗司夫が「世界征服」の可能性を語った本。究極の世界征服シミュレーションゲームとしても、単純に面白い。最終章では、現代社会における「悪」の定義を鋭く洞察していて、かなり考えさせられます。


4位 モバゲータウンがすごい理由石野純也

書評:ケータイ世界の皮膚感覚に迫る 『モバゲータウンがすごい理由』
ケータイビジネスの今を的確に、簡潔にまとめていて、最初の1冊として最もお薦めしやすい本です。

ゲーム業界人やゲーマーの中には「結局ケータイのアプリには大ヒットソフトが無いじゃないか。やっぱりゲーム機みたいには売れないね」と言う人がいらっしゃいます。ゲーム機と異なり、本数を把握するのが難しい現状で、たまたま自分が知らないというだけで、大ヒットが無いと言い切ってしまう感性はかなり微妙ですが、そもそも本数ベースで成功/失敗を語るのもズレてるような気がします。

参加者の数が重要。
たとえば、100万部売れなきゃ意味がないという感性では、魔法のiらんどは2005年の10月まで、なんの価値も無かったことになります。しかし魔法のiらんどは100万を越えるユーザーが参加し、100万の小説が集まったサイト。プロの小説が100万冊売れるよりも、素人の小説が100万冊集まるほうがずっと価値が高いのです。

モバゲータウンにおいて、ゲームはコミュニケーションの材料にすぎません。それはすごく正しい。その正しさをゲーム業界の人間は、戦々恐々しながら、痛感すべきなのかもしれません。


5位 ゲームニクスとは何かサイトウアキヒロ

書評:もう1冊のゲームニクス本 『ゲームニクスとは何か』
うちのブログの読者には、『ニンテンドーDSが売れる理由』の方をお薦めします。もしこの本を買うなら、両方買うべきでしょう。値段あたりの内容を考えても、そちらの方がお得です。

というのは、新書のフォーマットに縛られているため、文章量は少なく、カラーの図版がありません。ゲームニクスの考え方を説明するにとどまり、実践的な内容はまったく書かれていないのです。

しかし逆にいうと、ゲームに関心の無い人には、これぐらいのボリュームが読みやすいでしょう。マイナーなゲームやオタク向けのゲーム(サクラ大戦など)が省かれていて、中高年にも薦めやすい。デジタル家電の人がゲームに詳しくない上司に読ませるには、ずばり! 適してます。


6位 ウィキノミクス(ドン・タプスコット/アンソニー・D・ウィリアムズ)

関連する話題にはふれてますが、いまだ書評を書いてないのにこの順位。ポテンシャルの高さがうかがい知れます。ウィキノミクスについては、いずれまた、きちんと書きますので、お楽しみに。


7位 官能小説用語表現辞典永田 守弘

書評:欲望の博覧会にようこそ 『官能小説用語表現辞典』
単行本と文庫版を足すとこの順位。
まさかこんなに売れるとは……。


8位 キッパリ! たった5分間で自分を変える方法 上大岡トメ

書評:自己啓発本がドラマになった!? 『キッパリ! たった5分間で自分を変える方法 』
書評を載せてから、半年近くたつのにこの売上。
『ニンテンドーDSが売れる理由』を紹介した際、この本を「ユーザーインターフェイスの優れた本」とし取り上げました。じつに出来がよく、ゲームに限らず、インターフェイスのノウハウはあちこちに転がってることを実感できます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。