Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味を持たれたもん勝ちと考えられないのはどうしてだろう・・・

うーむーぅ。
ただでさえXBOX360は売れてないというのに、なんか、よくわからん内ゲバですか? なんと不毛な……。

ARTIFACT@ハテナ系:かわいそうなForza2
痛車によって『Forza2』が話題になり、非Xbox360ユーザー以外にアピールされたとよくいわれるけど、ゲームとしての魅力が伝わらずにネタとして消費されただけという気がひしひしとする。
発端はkanose氏のこの記事。
ボクはどちらかというと、ニコニコ動画の販促効果に対する疑問からきている記事なのかな、と解釈していたんですが、なんかいつのまにか、「ドライブゲームとして楽しんでいるゲーマー」対「痛車祭りで騒いでるゲームを知らない連中」という対立構図として盛り上がってる?

大和但馬屋日記:「Forza2」が可哀相とかいふ話
「かわいそう」かどうかはさておき、「ドライブゲームとしての楽しさ」vs「痛車」の対立構造をデッチ上げるのは勘弁して欲しいですぜ。それでは両方の要素を満喫してるワシの立場がねえよ。
少なくともあそこで売れた四本分は、痛車祭りがなければ売れなかつたであらう四本です。さうして買つた四人に「お前等分つてネーヨ」と毒吐いて、誰が得をするのか。
なんかPC-Engine派とメガドライブ派が喧嘩してた中学時代を思い出したZE☆
本物のゲームと必死に連呼して、周囲から引かれまくった挙句、PC-Engine派と共闘することもなく、圧倒的ファミっ子勢力にスルーされていたメガドライバーの彼は、今どのゲーム機を買っているのだろう……。

Forza2の現場から - ガチ派? 痛車派? 何でも来い!
わたし個人としては、「ガチ車好き」vs 「痛車萌え」 の対立構造などというのは2ちゃんねるスレとか見ていてもそれほど顕著に感じたことはありません。なんというか、
 「あら、意外とすんなり融和してるわぁ」 的な印象で、
痛車好きもそうでない人も みんな仲良くやろうぜ! みたいなオーラ出てるのはむしろ実際にLive!で対戦しまくっている人たちのほうからだったりします。
実際問題、ゲームを買うきっかけなんて、なんだっていいと思いますよ。萌えキャラのためだろうと、深いゲーム性だろうと。まず遊んでもらわないと、魅力が伝わらないメディアですから。ホントに魅力があるなら、遊べばわかるでしょ。

仮に「痛車祭り」があろうとも、じゃあ「ドライブシミュレータ」としての魅力を一生懸命訴えればいいだけだろうに。プラス、プラスでニコニコって関係つくるべきだよなあ。

その一方で、足し算でゲームが売れようが、英語でゲームが売れようが、レシピでゲームが売れようが、なんでもオッケー、とにかくいったん興味をもたれれば、後はそのままゲームの深い所まで引き込んでみせるZE☆という戦略を貫いている会社が、馬鹿馬鹿しいぐらいに成功している2007年に、こういう事が起こってるのはちょっと残念。

まぁユーザー同士の議論に深く突っ込む気はありませんが。
もし本当の商売人なら、『Forza2』がネタとして消費されただけで可哀想、とは考えません。どうすれば、販売に結び付けられるか、考える材料にするわけです。


あと、そもそも話の前提に疑問を投げかける意見も。
r_iizuka r_iizuka 『ニコニコ動画での「Forza2」タグの動画が291件で「アイドルマスター」タグの動画が6803件ってことを考えると、4対45という比率は健闘してると思いますよ。』
『アイマス』との比率でいえば、妥当な数字なのかも。本数の絶対数が少ないのは、どちらもニコニコ市場のスタートするかなり前に発売されてるせいでしょう。

『エースコンバット6』が200本以上売れてるのを見ると、XBOX360とニコニコユーザーの親和性はけっこう良好に思えます。逆に『ハルヒの戸惑』の売上本数が(ニコニコでのハルヒ人気を考えると)驚くほど少ないです。うちの売上のたった10倍……。まぁ『戸惑』をクリックした人数が少なすぎるのですが。

MADムービーの性質を考えても、売上の実態を見ても、ニコニコ動画ではゲームソフトよりもCDの方が販促効果が高いんですよね。そもそもニコニコ市場の売上で、ゲームを語ることに疑問が……。


ちなみにここ最近のうちのブログからの注文数を見ると、『Forza2』は『ドラクエソード』と並んで2位。ささやかながら普及に貢献させていただけたかな? 1位はぶっちぎりで『涼宮ハルヒの戸惑』ですね。


Forza Motorsport2

ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔


涼宮ハルヒの戸惑(超限定版) 特典 宇宙初!フルCG「踊るSOS団」超映像盤付き

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この話題自体には、
「ああ、突然妙な原因で有名になったマイナー作品を目の前にした、
前からのファンであり"通"を自認する人にありがちな態度だなあ」
と思いました。デジモノさんのblogを読む限りだと、実体の無い対立構造なのではと感じますしね。

ただ対立構造が云々というような話は別にして、
ARTIFACTさんの方でも書きましたが、「ForzaよりもTDUに付けて欲しかった」
というような事を言ってる人をちょくちょく見ましたし、
私としてもこの手の機能(及び販促)ってTDUのように最近増えてる「競争しなくても楽しめるゲーム」
でこそ真価を発揮するんじゃないかなとは思いました。

>r_iizuka r_iizuka 『ニコニコ動画での「Forza2」タグの動画が291件で「アイドルマスター」タグの動画が6803件ってことを考えると、4対45という比率は健闘してると思いますよ。』

この一文はちょっと無理ありますね。
Forza2でアイマス系ペイントの動画をUpしてる人は、タグにForza2入れてないケースが多いですし、アイマスタグの中にはゲームをまったく持ってないけど、Stage6などの素材をいじくってMAD作ってUpしてる人もいっぱいいます。
つまり、アイマス系は実態より増えてしまい、Forza2系は減る傾向にあるということ。
(Forza2を持たずにForza2のペイントの動画をUpすることは不可能)

おなじことを言い直しただけなのでしょうが、コンテンツでもハードでも、あるいはどんな商品・製品であっても、ユーザー評や評論家評での「対立構造」ってのは「売れているときの有名税」「売れるための必須要件」みたいなものだと思います。

逆にこれを利用するのがクリエイター、サプライヤーサイドのしたたかさ、ってところぢゃないでしょうか。「対立構造」が話題の広まるきっかけになればいいでしょうし、話題が広まっているからこそ「対立構造」が勃発する。そうすると「なんだ?なんだ?」と思って更なる関心を呼び込むことが出来る。一般の人は「対立構造」があるからと言って怖がって近寄らない、なんて良識人(か消極派)は極めて少数で、むしろ好奇心が先に出るので、それまで関心がまったく無かったようなところにまで「対立」の話を聞きつけると関心・触手を伸ばしてくる。

掲示板では「書かないと寂しい人たち」が頑張ってくれますから、なおのこと「話が長続きしてしかも決着つくことがなく、ひたすらにスレを消化する」対立構造は彼らにとってのコミュニケーション潤滑剤になっています。こういった場所では「対立構造」を「話題の維持」に使うコスト・手間は凄く安い。一度対立構造が明らかになってくれば、製品寿命が尽きるまで話題として維持してくれるようなもの。いまは掲示板以外にもブログがあり、トラックバックがあり、コメントがあり、炎上がありますから、なおのこと「対立構造」の発生と連鎖、維持は容易です。

コンテンツでも製品でも、あるいは政治でも、一番コワイのは「無関心」「関心を呼び込めない」です。だからこそ「対立構造」を導き出すことができるようにあらかじめネタを仕込んでいくくらいの積極性が求められる事もあります。例えばいまの日本の政治、あれだけ「政治に対する無関心」が大勢を占めていたというのに、郵政民営化やら年金問題やらで「対立構造」が見えた瞬間(何がどう対立しているのか、という深い理解も知識も一切必要としないで)、嵐のような関心を巻き起こすのに成功したではありませんか。

ただ、ネタを仕込んだらって、それだけぢゃダメですけどね!PS3とWiiの発売前、あれだけ「どっちが勝ち組?」みたいな「対立構造」みたいなものが予想通り一般マスコミにすら出てきていたというのに、それなりの関心を引き起こすことに成功していたのに、肝心のMDや出荷体制やらがコケてしまっていたら、ああだった、みたいな。

とは言ってもイチコケ、二コケしたようなビジネスでも後日再び「対立構造」を利用して「関心の的」になる「再帰」チャンスは与えられるわけです。いまXbox360はそのあたりで(地味に草の根で)頑張ってますね~。もうすこし一般のマス市場で見える形に持って行かないと難しいんぢゃないかとは思いますが。

そんなわけで「対立構造」ってのは「夫婦の喧嘩」みたいなもので犬も喰わないような代物だけど、売る側に取っても買う側にとってもいい潤滑剤。「対立構造なんてさ」というメタ議論ですら、誰かに商売のいいタネにされている世界だと感じます。

>i-say さん
> 前からのファンであり"通"を自認する人にありがちな態度だなあ」
確かに(笑
ただその割に1しか買ってないのが、ちと・・・・。

> 「ForzaよりもTDUに付けて欲しかった」
同意です。
さらに広がった可能性はありますね。

まぁ日本においても、海外においても、動画共有サイトを意識した設計になっていくんじゃないかと思います。Halo3もXBOX Liveでのプレイムービー共有機能がつきますが、当然録画されてYouTubeなどに上げられる事も想定しているでしょう。


>f-orz さん
なるほど。
ただ、アイマスが増えがちだとしても、ニコニコ動画での人気に比例しているという意見は、割と当たってるとは思いますね。


>ぶらりんさん
まぁ対立している様子そのものは、見世物として面白いのですが、参加したくなるかというと、そうは思わないわけで、結果的にXBOX360ユーザーコミュニティにとって無益だと感じます。

例えば、PSPの不具合などで、負の話題が燃え広がったとき、話題性があるからといって、成功に結びつかなかったように、話題性や関心といっても正、負はあると思います。仮に負の話題性が、短期的に成功をおさめたとしても、中長期的には失敗するでしょう。正の話題性は、友達に買わせたくなりますが、負の話題性は友達と笑いの種にしたくなるだけです。

『Forza2』でいえば、「痛車」騒ぎなどは(オタ的には)正の話題性ですが、ユーザー同士が内ゲバしてるなんてのはどちらかというと負の話題性ですね。話題性の正負を見極める冷静な判断がまず大切でしょう。今の時代、一次的な話題を作るだけなら、さほど難しくはありませんしね。個人にも簡単にできます。

余談ですが、Forza2の開発元は8月から今年年末まで、新車や新コースをダウンロード販売するダウンロードコンテンツシリーズを実行に移すそうです。
何がしかの機能追加などもあるでしょうし、痛車派、レース派ともにまた活性化しそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして、お邪魔致します。

ニコニコの『ゲーム』タグ内各所での盛り上がり方はホント興味深いですね。
ただアフィだけで言えば、ルートがまだアマゾンのみなので効用ウンヌンは一概に言いにくいです、ね。単に数字から活況の指数を参照する具合には良いと思いますが(360のアイマスや地球防衛軍ネタなど)。
ニコニコがビデオ・ゲームにとっての新たなメディアになりそう、という考えは非常に素晴らしいと思います。

まぁ、私的にはニコニコ市場が始まる少し前にTDUやJustCauseの動画で見られた、「このゲーム、まじスゲー」→「今から買ってくるぜ」→「店に置いてなかったんだけど…」であるとか、TES4オブリビオンで「日本語版出るまで待つぜ!…待てるかな」みたいな流れがホノボノしてて好きだったんですがww

その頃から色々○箱ハジマタ空気が少しずつ広がっていたので、現在のアフィの状況を参照するにもまた様々なクラスターを加味しなければならないと思います。

失礼しました。

>非公開コメントの方
ご指摘どうもです。
直しておきました。

>beni さん
>ルートがまだアマゾンのみなので効用ウンヌンは一概に言いにくい
ですね。

ニコニコの販促効果を語るにせよ、ニコニコとゲームプレイヤーコミュニティを語るにせよ、ニコニコでのゲームソフトの売上をベースにするのは、ピントのズレた意見か、かなり作為的な意見だと思います。>リンク先の記事

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。