Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンセル率、そんなに多いかな? 今日もニコニコ 7月22日

ニコニコ市場の売上がなかなか好調なようで。
ニコニコ動画開発者ブログ「7/20(金)ニコニコ市場ランキング ベスト20」
ていうか、『アイマス』といい、『エースコンバット6』といい、バンダイナムコはニコニコのスポンサーになるべきでは(笑 えらく偏ってることがわかるランキングです。

ニコニコ市場のアフィリエイト効果がさっそく話題になってますね。 dankogai氏の記事は若干煽りすぎの面はあるけど、確かに「ニコニコ市場」は色々と期待がふくらみますね。流通とコンテンツプロバイダーのより近い結びつきを感じます。稼いだうp主に、報酬がフィードバックされないのは致し方ないことですが、とても興味深い「壮大な実験」です。

で、あのニコニコの「売れた数」って、実際に発送した数じゃないよね、というツッコミをkanose氏がしてます。たしかにアフィリエイトレポートでいうところの「発送済み商品」の合計数じゃなさそうですね。おそらく「注文済み商品」の数でしょう。

ですけど、実際のキャンセル率ってそんなに高くないような。少なくとも普通のブログでは多くないですよね。まぁ自分のアフィリエイトの経験しかありませんが、よそでそんな事が話題になってるのも見たことないですし。

ニコニコ市場の場合はネタで買ってる人が多そうだから、という危惧なのかもしれませんが。ネタで動くようなオタクって、そんなにモラル(?)低いかなあ……。

あと、アマゾンのアフィリエイトの集計って、1日1回なので、注文→即キャンセルしても、たぶん数字を増やせないんじゃないかと思います。実際、ニコニコ市場にも
※購入数が表示されるのは翌日以降です。
と書かれています。発売済みの商品については、在庫の状況にもよりますが、翌日になったら発送されちゃってる可能性が割とあるので、お金を使わずにニコニコ市場の数字を上げる技としては微妙かも。リスク高いです。

発売前の商品はたしかにkanose氏が書いてるとおり、ノーリスクですけど。そうした視点で7月21日(土)のランキングを見ると、上位の商品は発売済みなんで、注文数操作されてる可能性は(絶対とはいいませんが)低いんじゃないかなー。

(ところでニコニコ市場だと買った人の数として表示されてますが、1人で10本買ってもたぶん「10人」と表示されるんじゃないかな。アマゾンのAPIを使ったこと無いから断言できないけど、レポートではユニーク購入者数ではなくて、購入者数しかわからないし。)

スポンサーサイト

コメント

ネタで動く人

は基本的に面白ければやるって人たちなんで
モラルは期待できないかと…

あと、アイマスは動画が多い(動画を作りやすい&人気がある)
ので上位に食い込むのは当然

そしてなんといっても
10位のポーション(笑)はかなりネタが入ってそうです。

>TSさん

> モラルは期待できないかと…
一般的な常識はそうかもしれませんが、自分で盛り上がったノリを自分で潰すような真似はしないんじゃないかと思いますけどね。なんというのかな、祭りって日常のお約束からは離れているけど、祭りにも暗黙のルールや仁義がある、みたいな。

祭りに参加してる実感を持っている人は、そういう暗黙の信頼を感じてるはず。逆に外から見ると、「こいつら、よくわかんないし、なんでもやりそう。モラルねーなw」と思えるかもしれないですね。

>10位のポーション(笑)はかなりネタが入ってそうです。
dankogai氏が書いているように、ユーザーがやればネタになる、ですね。

オープンソースと同じで、作り手にはあまりお金を絡ませないようにしているんでしょうね。
他にも、公式ランキング動画は作らないけど、ニコニコ市場ランキングは発表したりする等の、ニコ動のユーザーとの距離の取り方は、絶妙だと思います。
この距離感は、確かに今のゲーム業界ではマネできないですね。

>カリガリ博士さん

>この距離感は、確かに今のゲーム業界ではマネできないですね。
リアルタイムに空気を読みながらサービスを変えていく、というのは、企業という枠組みではたいへん難しいですね。むしろ「いち個人」になった時のほうが、よほど空気も読めるし、立ち回りも軽やかになります。

お金に関しては、うp主=動画の制作者とは限らない点と、著作権モノのMADでお金が絡むと「お目こぼし」されにくくなるからですかね。まあそういう意味では、MADは同人やFLASH作品以上に、制作者が金銭的に報われない世界ではあります。まあそんなことを気にする人なら、最初から作らないでしょうけど。

いや、はっきりいって、うらやましいぐらい素敵なことです。屈託の無いモノづくりというか。ええ。

>自分で盛り上がったノリを自分で潰すような真似はしないんじゃないかと思いますけどね。
>なんというのかな、祭りって日常のお約束からは離れているけど、
>祭りにも暗黙のルールや仁義がある、みたいな。
>祭りに参加してる実感を持っている人は、そういう暗黙の信頼を感じてるはず。

一般的な常識で考えればまさにその通りなのですが、ニコニコに限っていえば
そのような常識が通用しない人間が少なからず存在するのもまた事実。
その良い例の1つが「小沢動画騒動」(たぶんご存じだと思いますが、
もし知らなければ「ニコニコ動画開発者ブログ」を参照してください)。
正直、ここまで「空気の読めない」奴が多いものかと失笑したものです。

また、「らき☆すた削除騒動」の時に、運営(権利者)に削除された動画を
何度も何度もupしている連中が多くみられました。その中には明らかに
挑発的なものも含まれており、運営や他のup主に与える迷惑も考えず
「面白ければなんでもいい」的なモラルの低さを露呈していたと思います。

もちろん、これらの人間はニコニコのごく一部でありますし、それをもって
「ニコニコはモラルが低い」と言うつもりは毛頭ありませんが、
DAKINIさんの言う「ネタで動くようなオタクって、そんなにモラル(?)低いかなあ」
という主観に対しては、モラルが低い連中も間違いなく存在する…ということで。

アフィリエイトに関しては、あまり詳しくないので言及できません、すみません。
ただ、あくまでもニコニコ限定で言えば、
「ニコニコ市場って売れてるよね」「そうかなぁ? 本当に売れてるのかしら」
ぐらいの「曖昧さ」で十分だと思います。仮に市場が間違いなく利益を生み出すもの、
すなわち社会的に「利権」として認識されてしまうと、あの著作権ビジネス団体が
介入してくる危険性が高くなるのではないか…と。まぁ、個人的な妄想ですけどね。

>GLODIAファン さん

なるほど。
うーん、そうですね。確かにおかしな人は一定いるかもしれませんが、ちょっとボクが言いたい事とも違うので、補足します。

どういう印象を持っているかは人それぞれだと思いますが、「小沢動画騒動」や「らき☆すた削除騒動」が、「祭り」に対する仁義を欠く行為だとは思いません。ボクが言っているのは、「自分で盛り上げた祭り」を裏切ることはしない、という意味です。運営の苦労を考える、という意味ではありません。

「小沢動画」は、どっちかというと、祭りによくわかんねーやつが入りこんできやがって、と反感を持ったり、面白おかしく荒らす人が出るのは自然に思えます。運営側のほうが、功を焦ったというか、むしろ空気読めてないとも言えるかと。ニコニコは2ch文化に染まっているコミュニティですから、2chに政治家が降臨するなよwwwwwってとこじゃないでしょうか。

> 「らき☆すた削除騒動」の時に、運営(権利者)に削除された動画を
> 何度も何度もupしている連中が多くみられました。

別にそれがいけないとは思いません。暴言でしょうか。
よくある光景ではないでしょうか。
運営側に従順な人たちばかりではないのは当然であり、自然です。一般的にはアンモラルですが、ニコニコ動画ユーザーにとって、ニコニコ動画はユーザーのものであって、ニワンゴのものではありません(法律的、金銭的、設備的、常識的にはもちろんニワンゴのものですけど)。

ユーザーはユーザー自身を裏切らないけど、運営だの干渉だの規制だのには、牙をむきます。もちろん、牙をむいた結果、自分たちの立つ足場を食い荒らしてしまうかもしれません。が、それはそれでアリではないでしょうか。

アイマスで盛り上がっている人たちが、ノリにのって、キャラクターCDを注文したとします。で、「あー、やっぱり金もったいないから、キャンセルでいいや」とか、「買うのもったいないし、注文→キャンセル連続技でいいや」と考える人はそんなにいないんじゃないかな、と。
自分自身でやったことは、ふつうあまり裏切らないと思いますよ。逆に運営側や他人に押し付けられた(と感じられた)ことは、一般的にはどれだけ非常識でも、平気で反対するでしょうね。

まぁちょっと、無秩序主義者的な受け止め方かもしれませんが。
要するに、コミュニティにとって暴れ者は当然いるけど(ていうか、どんなコミュニティもいるはずです)、自分自身の行動・情熱・お祭り騒ぎを裏切る人はまずいないんじゃない、という理解です。


>「ニコニコ市場って売れてるよね」「そうかなぁ? 本当に売れてるのかしら」
>ぐらいの「曖昧さ」で十分だと思います。

いやー、新しいことはどんどんやってほしいですね。
その方が面白いです。著作権団体についていえば、アフィリエイトがどうこうに関係なく、乗り出してくるときはくると思いますので、いい意味で、変に気にする必要はないんじゃないかなあ。そういえば、著作権者に削除用のツールを渡しているというような話があったような無いような。それも1つのやり方ですよね。

別段、ニコニコが大暴れした結果、1年ぐらいで消えてなくなってしまっても、それはそれでいいと思うんです。そのうちもっと、大きなカオスが生まれるでしょう。あれだけ多数の人間がニコニコを味わってしまったんですから、もう元には戻れません。それよりも、面白いという事をどれだけ貫けるか、に期待してます。無責任な意見ではありますが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今回の記事から逸れてしまうかも知れませんが、お許し下さいね。
Yahoo japanが運営する動画共有サイトが楽曲に関して日本音楽著作権協会(JASRAC)に「著作権料」を払うというニュースが流れてきました。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070724_yahoo_jasrac/
ニコニコは追従しないと思いますけどね。

レスありがとうございました。

>ちょっとボクが言いたい事とも違うので、補足します。
はい、おっしゃりたいことは十分わかりました。
どうやら余計な先入観があった上に、立場も価値観も全く違う視点で考えて
しまったために私が読み違えてしまったようで、申し訳有りませんでした。

余談ではありますが、よろしければもう少しお付き合いくだされば幸いです。

私は微々たる数ではありますが、ニコニコに動画を投稿してます。
したがって、DAKINIさんのように「無秩序」「無責任」で良しとする訳にも
いかないのです。いや、なかには無秩序で無責任なうp主も居ますけどね。
アカ停止になっても複アカで次々と上げまくってたり。

でも、私はやっぱり自分の動画は削除されたくないですしね。
最近のアカウント停止事例で、該当動画以外の動画まで全削除された…
なんて話を聞くとなおさらです。ようやく総コメント数ベスト10入りが見えてきた
私の動画、つまらないことで消される訳にはいきません(笑)。

という訳で、否が応でも運営の規約や意向には縛られざるを得ないのが
自分の立場でして、それが前のような書きこみになった主な理由です。
もう1つ、実は権利者としての立場もあるのですが、まぁ、これについては
深入りするのは止めておきます。墓穴を掘りかねませんしね(笑)。

最後に某団体の動きを1つ
「ヤフー、著作権料支払い・動画共有サイト個人演奏の楽曲」
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070724AT1D2303Y23072007.html
DAKINIさんがおっしゃったように、いずれはアフリなんか関係無しで動きそうですね。

>リトさん
情報ありがとうございます。
ネット企業やネットサービスという、新しいものが古い現実社会と折り合いをつけざるを得ないフェーズというものはありますよね。折り合えなければ、ライブドアみたいになるというか。

動画投稿サイトも同様でしょう。
ただ、2chのような微妙なのらりくらり感の着地の仕方もあるので、ニコニコ動画がどう交わしていくかは面白いですね。ただ、親会社のドワンゴがいるぶん、2chほど逃げにくい体制であり、同時に社会的信用と言うか、ビジネスしやすい体制ではあります。

ビジネスにしないことで生き残ったのが2chで、では少しビジネス寄りになった時にどういう着地が可能なのか。それを探るひろゆき氏の実験がニワンゴであり、ニコニコ動画なのだと、考えることもできますね。


>GLODIAファン さん
>ようやく総コメント数ベスト10入りが見えてきた私の動画、
おめでとうございます!
いまだ投稿の1つもしていない、単なるいち消費者の「無責任」な発言と受け流していただければ。おっしゃるとおり、投稿者という立場であれば苦々しく感じるふるまいもあるでしょうね。

>「ヤフー、著作権料支払い・動画共有サイト個人演奏の楽曲」
ボクの感想としては、リトさんへのレスに書いたとおりですね。

付け加えるなら、既存のゲーム会社がなかなか面白いネットサービスを始められない1つの理由は、ネット業界よりも歴史が長く、産業化が進んできていて、あまり社会的に大胆なふるまいができないためです。

ニコニコ動画やヤフーはある意味、コンテンツホルダー的な立ち位置でないから、ああいうサイトが始められるわけで、例えばスクウェアエニックスや任天堂が動画投稿サイトを運営する資金力はあっても、では自社の商品のゲーム動画がばんばんアップされた時にどう扱うか、をうまく判断して運営できるかというと、たぶん相当難しいでしょう。任天堂なんかはDSやWiiで勝ってしまった分、ますます「叩かれた時、転んだ時のダメージが大きい会社」になってしまい、ネットサービスの競争では不利になった、ともいえます。

同様にソニーは、単なるプレイヤー機器メーカーだった頃はできたのかもしれないけど、音楽や映画、ゲームのコンテンツ企業を内部に抱えた時点で、難しくなりました。まぁこれはiPodに負けたときにもよく言われたことですが。まぁソニーは任天堂と同じく、「叩かれた時、転んだ時のダメージが大きすぎた会社」でもありますし。

動画投稿サイトが盛り上がって、こんなに早く着地のフェーズに入るという事は、本当に驚異的なスピード感で、本当にうらやましい。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。