Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんという才能wwwwww 愛すべき短絡思考たち 『リヴァースキス』

リヴァースキス佐野 しなの

文章のリズム、会話のテンポが軽快で、読んでいてここまで楽しいラブコメもひさしぶり。
第7回電撃hp短編小説賞の大賞受賞作がこのたび長編小説にリライトされて登場! 電撃hpに掲載された短編バージョンは読んでいるが、明らかにテクニックが向上している。第7回の選考基準は完成度よりも、これまでのライトノベルにない面白さを重視したそうだが、電撃編集部はまぎれもなく当たりを引いたな!

アイデアが奇抜。
分類するといちおうトランスセクシャル物(男の子が女の子に。女の子が男の子になっちゃう話)になるんだけど、こういう話もありなのか、と新鮮な気持ち。明らかに奇妙なんだけど、奇妙なシチュエーションに違和感をおぼえることなく楽しめてしまう。これって、相当すごいよ?

主人公の善ちゃんを筆頭に、けっこうワガママで自己中で、目先の事しか考えないキャラが多いが、イヤな感じはまったくない。愛すべき短絡思考たち。自分の身体を乗っ取られるというシチュエーションから始まった騒動は、やがて親友や級友の女の子の登場によって、ラブコメちっくな展開になるが……ホントに後先考えてないな、お前ら。

キャラクターが勝手に動き出すタイプの小説で、物語としての完成度はさして高くない。計算しつくしている感じもない。話のまとめ方も、割と強引な気がする。だがまったく問題にならない。主人公2人の掛け合いを読んでいれば、それで面白い。こいつら、放っておいたら、無限に続けるんじゃなかろうか。

永遠に回り続けるドタバタ、エンドレスの日常。まさにコメディの王道である。繰り返しに耐えるキャラを生み出すうえでは、会話の妙やテンポが重要になる。それは、小説を書く(文章を書く)スキルの中でも、最も才能やセンスに属するものだ。経験で上がっていくものじゃない。

これほど才能を感じる新人作家は、なかなかいないよ?
まちがいなく今月のオススメ新作、ナンバー1。
「これって言うな! 俺には末村善っていうきちんとした名前があるんだ!」
 言ってしまってから後悔した。予想通りの反応が返ってきた。
「略して、据え膳、なんだね」
「ほっといてくれませんかねえ!?」
「いただきます」
「やめてもらえませんかねえ!?」
 トモヨシが両手を合わせて俺を拝むのに全力で突っ込んでから、もう一度鏡を見る。
「……美少女だ。こりゃ、お前、惚れても仕方ねえな」
「でしょ? ああ、楽しみ。どんなちゅうしてくれるのかなあ」
「……どんな、ってなんだ」
「舌を、」
「いれませんよ、そんなもの、この馬鹿エロ!」
「バカエロっていそうだね、なんか。偉人に。それとも天使?」

スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。