Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE 凄い発想!2013編

凄いというか凄すぎる。
凄い(斜め下の)発想!

ゼルダ無双かぁ……熱狂的な人たちはもちろんお買い上げになるんですよね?(にっこり
「Nintendo Direct 2013.12.18」配信。「ゼルダ無双」、「カセキホリダー ムゲンギア」など公開

年末商戦での任天堂ハード浮揚効果を発揮して、WiiUも7万台超えました。格安のソフト同梱パックを用意しておいて良かったですね。「焼け石に水」ではあっても、12月の1ヶ月間ぐらいは幸せな夢を見てもよろしいんじゃないでしょうか。

とはいえ、年間の販売台数計画には全然届きませんし、コミットメントの達成も危うい事もあって、年明け以降、さまざまな意思決定をして、方針変更が打ち出されていくのではないか、と思います。

それと共に、据置ゲーム機が不振な状況で、携帯機に対するプレッシャーも高くなっているわけで、次世代3DSの前倒しや「第3の柱」的な構想も水面下では進んでいくと予想されます。

次世代携帯ゲーム機は早ければ2015年の年末に登場でしょうね。新型モデルや「PSP go」的な実験機というかタブレット型3DSのような実験機を差し挟んでくる可能性もあるでしょう。3DSの普及が進んでさらにハード販売を伸ばしたいという思惑があり、WiiUの普及も実質諦める事になってきたわけで、何らかのハード的な施策が出てくると予想するのが自然です。

一方でSCEはまずはPS4を立ち上げる事が最重要ですから、ハード面では大人しいんじゃないかな。

予想通りか、予想をぶっちぎる斜め下っぷりか。
いずれにせよ、そんなもんでしょう。


スポンサーサイト

コメント

3DSの次世代機は出すなら
WiiUの周辺機器として出してくるんじゃ?

流石にWiiUと同じ性能に出来れば
WiiUのソフト不足を解消出来ますが
今までの任天堂からして不可能でしょう

次世代3DSはWiiU準拠のソフト作りで
WiiUとのマルチ化が進むと思います
今更WiiUのスペックを使い切ってもPS4やXBには対抗できませんから
あえて使い切らずに次世代3DSと足並みを揃える方が懸命かと

>ネック さん
WiiUを見切るかどうかですねえ。
見切っちゃってもいいような台数のような気もしますなあ。

次モデル程度ならすぐに出せても、次世代機ともなれば、来年すぐに出せるわけではないですし。次モデルでゲームパッド的な機能を搭載しつつ、次世代機では軽やかに見切るぐらいが楽観的なシナリオかなと。

つっても、WiiUなんてゴミにいつまでも拘らなくてもいいんじゃね?というのも1つの判断かなと思います。

ゼルダ無双。。。。
「売れたブランド」+「売れたブランド」=「きっと売れるタイトル」という小学生の算数のような計算です。
今の任天堂にはこのような計算しかできない人しかいないのでしょうか?寂しい限りです。
もっと、数学的に考えて出すべきゲームを決めてほしい。
岩田としては単細胞にもPSで売れているソフトを奪取に動いたけど、後発とは言えオロチや北斗があれだけ売れなかったので、コーエーとしてフラッグシップである三国7、戦国4は出してもらえかったから、しかたなくゼルダを差し出したのでしょう。ゼルダは本来なら任天堂発売のはずなのに、コーエー発売なのも異常です。
でも、ゼルダと無双は合わないです。謎解き要素の強いゼルダとシミュレーション要素の強い無双を組み合わせるなんて、ゲーム内容をちゃんと吟味していないでしょう。いくつかのサイトのコメントにあるように、ファイアエンブレム無双の方が面白かったかもしれませんね。ゼルダはMODのようにみられるかもしれないけど海外のべテスタとか組んでスカイリム・ゼルダを出したほうがいいと思います。ゼルダ無双がバトル封神のようにならなければいいのですが。

任天堂は、本来のゲームメーカーとして会社のDNAを忘れています。他社ハード向けソフトのマルチを求めてるだけの戦略はうまくいかないのに。WiiUの延命のために、もうこれ以上マリオやゼルダのゲームブランドを消耗させる必要はないです。ギミックも性能も中途半端なWiiUは諦めて、任天堂が作りたいゲームソフトをもう一度明確にして、一からもう一度ハードから作ればいいと思います。それが任天堂。

ところで、封神演義や水滸伝の無双でない?オロチで封神のキャラ(太公望や妲己など)が多く出たので出しづらいのだろうか?何でもありだから、次のオロチで水滸伝キャラが登場?

任天堂マジにまずくないすか?

デイリーポータルの記事で
「好きなおもちゃ=iPad、好きな遊び=YouTubeっていうお子さんがぽつぽついて、あらためて調べたら4割くらいが自分でYouTube見てるんですよ。」
http://portal.nifty.com/kiji/131216162708_4.htm
という記事をみて、任天堂は真剣にどうするか考えないとまずい状況では?と改めて思いましたね。
後5年くらいで対処方法を見つけてヒットをかっ飛ばさない限りジリ貧でしょう

任天堂ファンであればこそ苦言を呈するDAKINIさんの危機感を任天堂贔屓の方はもっと真剣にとらえたほうがいいですよ、マジで。

> まう さん
ゲームキューブの頃もマズイ打ち手が多かったのですが、WiiUはもっと悲惨ですね。ゲームキューブの頃は少ないとはいえ、他社からの独占タイトルの供給もまだありましたし。ただ、コンシューマー全体がタイトル数減少の傾向になってますから、弱い所がどんどん弱体化してしまうのでしょう。

WiiUは流通側にも、メーカー側にもまだまだ多数の在庫があるので、内部的には既に諦めていても、わざわざ「やめます」とは言わないでしょう。セガのようにハード事業そのものを諦めるのでなければ、表面的には戦い続ける姿勢をとるはずです。

WiiUの在庫をさばく努力を怠れば、次世代WiiUを流通から信用してもらえませんから。対外的なポーズとは別に、内部的には既に諦めていると思いますよ。次世代WiiUを作るつもりかどうかがまずポイントですね。多分それは無いと思いますが。

つってもSCEも色々言われてたけど、PS4を出して良かったよね、という結果が出てます。粘って光明を見出すという事はある。PS4が圧倒的に優れていたかというと、マイクロソフトと任天堂が勝手に自滅しただけですよね。Xbox Oneも意外と粘っていて、ファンもそれなりについている事がわかります。任天堂の問題は、ファンが実際にはあまり数が残ってないんじゃないかって事です。そうなると、据置ゲーム機はつらいかなとは思うんですよね。


>Average さん
>好きなおもちゃ=iPad、好きな遊び=YouTubeっていうお子さんがぽつぽついて
ゲームファンにそっぽを向かれても、子供向け市場という「金城湯池」を持っていれば、生き残れないことは無い。問題はそこがiPad等に食われ始めている事。3DSはUIもモッサリだし、複雑でしょう。

ゲーム贔屓は今後どうなるか

DAKINIさんが仰る
>ゲームファンにそっぽを向かれても、子供向け市場という「金城湯池」を持っていれば、生き残れないことは無い。問題はそこがiPad等に食われ始めている事。
ですが、流石に今現在は問題視するようなレベルではないとは思います。
しかし、今のスマフォ世代が親になったらどうなるか。
彼らの子供たちは最初のゲーム体験がスマフォになる可能性は非常に高いですし、親が与えるケータイはスマフォでしょう。
そういう意味でゲームコントローラーへの導線をどう作るか、というのはSCE、任天堂両者の課題であって、SCEは動画アップロードという方向を示しています。
任天堂の導線は今はジャスコ・イオン等のショッピングモールでのおもちゃ売場だと思いますが、親が「あー、マリオ、なつかしー」と買い与えてる導線が果たしていつまでもつか。
であれば任天堂のファンこそ、この状況に危機感を持つべきだと思います。
残された時間はあまり長くないかも・・・と思ったり。

>Average さん
日本のユーザーはそういう意味では特殊で、優しいんですよ。
海外のほうが残酷で、3DSの立ち上がりの悪さにも現れてますが、高いとか駄目とかそういう物はあっさり見限っちゃう。モノに対する信仰心が足らないのかもしれない(笑

日本の状況だけ見てると、見誤るとは思います。
iPad等にしても北米が中心で浸透してますから。任天堂の組織における最大の課題は、意思決定が日本の本社に依存しすぎている事でしょう。SCEはSCEAが非常に強くなったし、WWSの吉田氏も北米でずっとゲームをやってきた人です。

ソフト枯渇状態で
「ゼルダ貸し出しますからお手軽無双ツクールでソフト作ってください」
と任天堂が泣きついてると見るのが割と正常だと思いますが

信者は任天堂がコーエーにゼルダを貸してやった
認められたコーエーを認める、と見てるのが反吐が出るくらい気持ち悪い
任天堂本体と同じく、信者も何故か上から目線の選民思想

あとは任天堂のIP使い回しによるブランドすり減らし

感じたのはそれくらいです。

DAKINIさん
>任天堂の組織における最大の課題は、意思決定が日本の本社に依存しすぎている事でしょう。
まさにその通りです。任天堂は今は完全に京都盆地に引きこもった状態です。
N64、GCまではNOAが最新技術などを取り込んで、ハードのアーキテクチャーもグローバルな視点で考え、レア社を代表するような優良な海外の開発拠点を抱えていた。でも、GCの失敗以降は、国内本社の目線でしか考えていない。そのつけが今に来ています。
海外の有力な会社との協力関係をまったく作れないから、3DCG技術やネット技術、ゲームアイデアのレベルで遅れるばかりです。大阪に頼っているばかりではだめでしょう。目黒もそろそろ見限るだろうし。

MSも米国の開発拠点は強いけど、欧州も日本もちゃんとしたのがないのが弱点です。

>SCEはSCEAが非常に強くなったし、WWSの吉田氏も北米でずっとゲームをやってきた人です。
ソニーは、PS1の頃から英国や米国で多くの開発拠点を作ってきました。その長年の努力がPS3のソフトラインナップやPS4のハードのアーキテクチャーに生かされています。

昨日台北で台湾のゲームメディア主催イベントがありました。
メーカーではなく主にファンフループがブースを借りて展示・販売する
同人サークル的なノリなのですが、その分参加者はコテコテのゲーマーがほとんどです。
そういうイベントなのでSCEはPS4の試遊機を5台、Xbox Oneは1台だけですが
60インチ位の液晶モニタで試遊を行っていて来場者にアピールしていました。
ところがWiiUの試遊機や展示は1台もないんですよね…
この事だけとっても岩田社長の言うコアゲーマーを取り込むというスローガンが
(少なくとも台湾では)絵空事というのがよくわかります(笑)
京都本社の会議室ではともかく現場に近いレベルではもうWiiUに諦めているのではないでしょうか。
もし末端まで伝わっていて一丸となってまい進するしているなら
ゲーマー向けのイベントでアピールしないなんてことありえませんから。

> 名無し さん
ガンダム無双はコーエー発売ではなく、バンダイナムコ発売。
ゼルダ無双は任天堂発売ではなく、コーエー発売。力関係がわかっちゃいますよね。

従来の実績を振り返れば、無双シリーズを普通に出しても売れないでしょうし、村雨城程度では動かないとなれば、自称虎の子のゼルダを貸し出すしかなかったんでしょうね。


>まう さん
そうですね。
北米におけるRare社を作るといわれた、大型開発拠点としてのレトロスタジオの構想が頓挫したのもあるし、ゲームキューブ低迷時に開発スタジオを売却したり、時代に逆行してしまいました。DS、Wiiの時代は日本の開発拠点で十分だったかもしれませんが、その間に海外の拠点を成長させられなかったからこそ、WiiUの敗北に至ってしまいました。

まあ今のうちに、日本以外の開発拠点を整備するほか無いですね。その投資をできるかどうかは若干の疑問がありますが、待ったなしの状況でしょう。


>マシン語 さん
WiiUは現場レベルではとっくに諦めていると思いますし、経営陣も本音では諦めているでしょうね。莫大な流通在庫があるうちは、口が裂けてもそうは言えないというだけのこと。次世代機の準備にはどのみち3年はかかりますから、少なくともこれから1~2年は在庫処分のために、徹底抗戦を叫ぶのではないでしょうか。

とはいえ、次世代の据置ゲーム機にガツンと投資する胆力は無いでしょうから、おそらく次世代は融合機やタブレット機でお茶を濁してくるのではないでしょうか。

あれだけ売れたWii ds の後に投資が難しいって、よく考えればすごいですね。
どれだけ先見性が無いのか。まあ任天堂は次までIPの強奪を止めてゲーマーのヘイトを集めないようにしたほうが良いと思いますね。
ハードウエアは仕方がなく買うものとは言え全世代より進化しているソフトが出てくると期待してみな買うのですから。
前世代機と変わらない性能のハードに出されるのはソフトを人質に脅されているようなものですからね。。。
コーエーのように他社も自社IPの価値を下げないように考えて欲しいですね。
主にスクエニとカプコンですが。。。

海外の開発拠点に関しては向こうは日本と違いHDソフト市場がちゃんと成り立ってるから
高スペックハードでの開発=高技術力=高給料になっていて
任天堂ハード→他社ハードへの移動は開発者にとってのキャリアアップになるんですよね。
だからレトロスタジオもキャリアアップの腰掛になってしまい
Wiiドンキーのディレクタークラスがその実績を引っ提げて他社に移籍して
もう全員いないような事が起きてしまうと。
今じゃMS傘下スタジオすらトップクラスの人材のソニースタジオへの移籍が発生してますからね。
だから任天堂に開発拠点を育てる意思があってもどうにもならんのでしょうね。
3DSルイマンを作った様な会社と人が紐付いていて
任天堂の仕事を喜んで受けてくれるような
中小デベロッパーを囲い込むのが精一杯なんでしょう。

> 名無しさん
僕が言ったレトロの話は、ゲームキューブ時代の話です。まだレアをホールドしてた頃に、北米でも同規模の開発拠点を作るという話があったが、頓挫した・・・・と言われてましたね、当時。

>Wiiドンキーのディレクタークラスがその実績を引っ提げて他社に移籍して
その件は把握していませんでした。
実際にどの程度の人がいなくなったかはよくわかりませんが、レトロに関しては、海外で噂記事が出ていたようですね。

しかしその前にノーティドッグの開発者がレトロスタジオに入ったという話も出ていたと思いますし、海外は人材の流動性が高いというのは、あると思います。そうした環境においては、優秀な人間を集め続け、ひきつけ続けるために、常に最高の環境を提示する必要があるのでしょうね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。