Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衰退史にまた新たな1ページが。

「LIGHTNING RETURNS」27万7000本,「スーパーマリオ 3Dワールド」約10万本などがランクインした「ゲームソフト週間販売ランキング+」
国内の据置ゲームソフトにおいて、異変が起きています。2013年に発売になった据置ゲームソフトで一番売れているのが『グランド・セフト・オートV』で、59万3370本。海外メーカーのローカライズソフトがトップを取るというのはこれまで無かった出来事で、据置ゲームにおける国内メーカーの凋落を印象づけます。

しかしまだ2013年は終わっていません。
『GTA5』を抜く可能性があるソフトとして挙げられていたのが『ライトニングリターンズ』と『スーパーマリオ 3Dワールド』の2本でした。

『ライトニングリターンズ』は27万7082本と非常に低調な売上でした。『FF13』が初週151万6532本(累計190万5979本)、『FF13-2』が初週60万5660本(累計88万1486本)だった事を考えても、半分以下の売上に減衰しており、FFシリーズの初動率の高さを考えると、ハーフミリオン割れは確実と言えそうです。

『スーパーマリオ 3Dワールド』は初週10万6967本と、WiiUらしい低調な売上です。マリオは初動率が低いから、初週ではわからない? では過去の実績を振り返ってみましょう。

■ゲームキューブ
スーパーマリオサンシャイン 初週 28万610本  累計 78万9989本(初週の2.815倍)

■Wii
New スーパーマリオブラザーズ Wii 初週 93万6734本 累計 456万7937本(初週の4.876倍)
スーパーマリオギャラクシー2 初週 33万7569本  累計 104万3028本(初週の3.089倍)
スーパーマリオギャラクシー 初週 25万6341本  累計 102万5664本(初週の4.001倍)

■3DS
New スーパーマリオブラザーズ2 初週 43万185本  累計 212万6029本(初週の4.942倍)
スーパーマリオ 3Dランド 初週 34万4698本  累計 188万3293本(初週の5.463倍)

■WiiU
New スーパーマリオブラザーズ U 初週 17万563本 累計 638,755(初週の3.744倍)

(※売上本数の情報は全てゲームデータ博物館より)

累計売上は初週の約2.8倍~約5.5倍となっています。
『スーパーマリオ 3Dワールド』に当てはめて累計売上を推定すると、30万1139本~58万4425本となります。

累計売上が初週の5倍近くまで伸びるのは携帯ゲームの場合で、据置ゲームはおよそ4倍ぐらいですから、現実的な推定値としては42万7868本あたりでしょうか。3Dゼルダに続いて、3Dマリオまで枯らしつつある現状が伺えますね。

またWiiUの売上台数は2万1002台で、前週の1万5906台よりは上がってますが、単にクリスマスが近づいた季節効果に過ぎない気も。


さて、今回の敗因を振り返るなら、1)WiiUがあまりに低調、2)2Dマリオと実質2.5Dのマリオを毎年のように連発したため飽きられている、3)3Dマリオ新作は箱庭系やギャラクシー系という期待感を裏切った、4)任天堂への信頼感が低下してファンがソフトを買わなくなっている、……の4点でしょうか。

実は最も深刻なのがファンの期待、ニーズを裏切っていることです。
据置マリオを期待したら、3DSマリオをHD化したような内容のソフトが出てきた……。
その対応への明確な「ノー」を突きつけられたのではないでしょうか?

ゲームを作りこむイメージで知られる任天堂が、携帯ゲーム機レベルのゲームをHD化した程度の内容で発売する……お手軽ゲームで暇つぶしするのが大好きな「なんちゃってゲーマー」ならともかく、心の底からゲームを愛する「真のゲームファン」なら衝撃を受けて当然です。

WiiUのローンチソフトが2Dマリオだった時点で相当ガッカリ感がありましたが、どうしてHD機が必要だったのか、まったく理解に苦しみますよね。他社はさらに高性能のゲーム機を発売するタイミングだったのに。色々な意味でゲームファンのニーズを汲み取れなくなっている、と見てよいのでしょう。

まー、そのなんだ、お腹がぐーぐー鳴っていても、「いえ、満足でございます。おいしゅうございました」と微笑み続けた熱狂的な方達もいらっしゃいましたからねえ……。まさか空腹でお腹が鳴ってるのは無視して、ブログやツイッター等の表層的な強がりを真に受けた……なんて事はないといいのですが(苦笑

そもそも開発者自身が一介のゲーマーであるならば、据置マリオに期待されているのが「携帯マリオのHD版みたいな内容」なのかどうか、自然体で判断がつきますよね、普通。コミットメントを勝手に口にした御方が短期間で政策可能な内容を強制しただけで、現場は誰もが懐疑的だった、という希望的観測を想像し妄想し、せめてもの慰めとしたいものです。


WiiU存続も一段と危うくなってきました。サードパーティのソフトが売れないだけでなく、自社タイトルまで売れなくなってますからね。しかしWiiUが失敗に終わったとしても、それは所詮短期的な失敗です。中長期的に大切なのは、ブランドであり、自社IPの価値です。

その中長期的な価値を破壊し続ける御方がいらっしゃる。ソニーの出井氏と同じ事になるのでは、と危惧した通りです。そして破壊王の偉大なる破壊活動はこの程度で収まるのでしょうか? 据置機で食えない現状、コミットメントを今年は無理としても、来年以降に実現するためには、そう、携帯ゲーム機に注力せざるを得ないでしょう。

すでにDS→3DSで市場は大きく減退しています。しかし一定の規模は残っています。それをすら破壊し尽くしてこそ、破壊の大王として衰退史に大きく名を刻まれるのかもしれません。

いや、まさかねえ……
まさかのまさかですよ……
全ての危惧を集め、あらゆる懸念を具現化する御方であっても、そこまでは……

と希望的観測を述べて、この記事を締めくくりたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

ただただ残念です。

幼稚園の息子を持つ父親です。息子がゲームに興味を持つタイミングで、恐らく30年ぶりくらいにWiiでマリオをやりました。自分の時代と同じ感触、違った部分含めて、子供と共に十分楽しめるものでした。並行して、僕自身は時間がある時にPS3でウイイレやガンダム系のゲームをちょこちょこやったりしますが、マリオの楽しみはHD云々とかではなくて、ファミコンで誕生した一作目で完成したものを大切に守っている点だと思います。

なので、子供はwiiレベルで十分楽しめているのに、わざわざwiiUを買わせるためにそっちで新作を出すから、WiiUを買わなくてはならない、というのがとても負担になります。僕個人はPS4導入に気持ちがいっているので、わざわざマリオの最新作をやるためにWiiUを買うことが嫌で嫌でしかたないですw

僕は割と国粋主義者なのでw、もう任天堂は据え置きゲームを諦めて、sonyにマリオを独占提供したら良いと思います。もうsonyと株を持ちあえばいいですよw

別に3DSと内容を切り分ける必要もない。マリオなら、しっかり作ってくれさえすれば、定期的に子供はほしがるでしょうし、親も懐かしんで遊ぶので、このループだけで全然エコシステムを作れると思います。任天堂の取り分を高めに設定したとしても、sonyにも十分旨味のある話だし、携帯ゲームに関しては変わらず競合する、ということで良いと思います。実際、MSとsonyもゲーム機ではバチバチですが、PCではパートナーなわけで、何の問題もないと思います。

DSシリーズに関しては二画面という、PSシリーズとのわかりやすい差別化要素がありますし、シャープや京セラと組んでDSフォンを出す事だって可能でしょう。なんならそこもsonyと結託してiosでもアンドロイドでもない新OSを立ち上げて、マリオとポケモン使ってappleとgoogleに喧嘩売りに行く、くらいな戦いをして欲しい。そしたらWiiUは買わないけど、株は買いますよ。

FF13はストーリーの意味不明さと開発人の発言と元々評判悪かったのでまあこんなもんかなと思います。
これで和田洋一の負の遺産をある程度消化したでしょうし国内外共にFF10の方がユーザーが望んでるものでしょう。リストラと引き抜きの人材不足だけはどうにもなりませんが。
WiiUが売れないのはともかくDS時代は20万超えたであろうワンピとアイカツが10万いかないの見ると子供向けも離れ始めたのかなぁと思います。
WiiUに関しては海外メディアでも今回のマリオが駄目ならもう駄目だと言うようにもう駄目でしょう。
CODではPS4がすでに今世代のPS3360下してますので案外世代交代が早いのかもしれません。
ついでにPS4とX1に2DSも潰されたようですしいわっちの目論見がまた外れた感じでしょうか。
山内一族側からアクションないので株主側もどうしていいかわからないんでしょうが今度の3月の決算内容と社長をどうするかで任天堂の今後が決まると思います。
いわっちはルーブルなんて行ってる場合じゃないです。素人でも無理だとわかるのに何の政策もなく下方修正もしない時点で経営者としてドウナンデショウカ。

Lightning Returnsはシステムが変わりすぎていて、人を選びます。

>実は最も深刻なのがファンの期待、ニーズを裏切っていることです。
つまりそういうことです。FF13ファンを裏切った。それに尽きる。

以下は主観ですが、
自分の所見はクソゲー。
13-2が13を継承して、単純化(スピードアップ)+バリエーションの増加なので順当な進化だったのに、
LR13は・・・。はっきりいって「めんどくさくなったFF」。複雑化+制限強化で、遊んでて楽しくないんです。
数時間プレイして、耐えられず積んでしまいました。

シリーズ比べると、13-2>13>>(積んでしまうほどの隔たり)>>LR13。

尚、サントラはゲーム発売日前に購入しており、こちらはシリーズ甲乙つけがたく満足してます。
敢えて序列付けるなら13-2≒LR13>13。
そういえば13はゲームの一月後でしたが、13-2とLR13のサントラはゲームの前日に発売されてますね。
売る側もゲームプレイして音楽気に入った人にサントラ買って貰おうという発想ではないのです。
前作の音楽気に入った人は今回も買ってくれるよね?という感覚ですかね。

ゲームも音楽並に安定の満足をくださいと切に願う。

>実は最も深刻なのがファンの期待、ニーズを裏切っていることです。
新マリオと任天堂に向けられた言葉ですが、これ新作FFにも当てはまりますよね・・・。
FFのナンバーシリーズは「最高のゲーム機で、スクウエアが最高の技術力と開発資金を投入するゲーム業界のフラグシップ」というブランドイメージをFF13とFF14で見事に壊してくれましたから。
FF14は開始当初のごたごたを何とか収拾し、新生FF14として再スタートを切り出しましたが、FF13シリーズは無様の一言ですね。一番痛いのは、PS陣営に移って以降20年近く同シリーズを支えた日本のファンの信頼を失った事でしょう。
「街が無いのはHDクオリティで作ったら時間がかかるから」など、日本を代表するフラグシップタイトルと思えない発言で質に対する信頼を失いました。同時期にGTAやRDR、スカイリムが無ければ説得力があったのですけどね。「海外メーカーは出来るがスクウエアには出来ない」というならば、FF13開発チームの技術力が低いと思いますよね。
また、発売方針でスクウエア・エニックスへの信頼が失われたのも大きいです。
「FF13はPS3独占です」→「FF13をPS3・360のマルチで出します、でも日本では独占ですよ」、「FF13を買ってくれてありがとう、ソフトは大事に持っていてね。いい事がありますから」→「DLCをやろうと思ったけどパッケージで出すのでフルプライスで買い直してください」「ついでに360の国内版も発売します、PS3よりも豪華な仕様でね」
これだけの事をして、PSユーザーが買い続けるとなんで思えるのでしょうかね・・・。
FF13-2でナンバリング初のミリオン割れ、ライトニングリターンズで50万本割れは確定でしょう。「FF13シリーズのプロデューサーと開発チーフが関わるものは買わない」とユーザーが突きつけたわけです。
FF13シリーズとFF14は、よくいわれる「日本人はブランドで買う」のでは無い事の照明ですね。「FFシリーズだから売れた」のではなく「FFというブランドには質の信頼があったから売れた」のです。そのブランドを崩壊させたから、FFというタイトルを冠しても売れなくなった、と。
まさかFFナンバーシリーズがテイルズに負ける日が来るとは思いませんでした。

経営数字とマーケティング数字しか見ず、一発のアイデアだけに頼る二流の経営企画くずれの経営には、これが最善でしょう。

実は、
> New スーパーマリオブラザーズ Wii 初週 93万6734本 累計 456万7937本(初週の4.876倍)
これが今の悪夢の始まりです。
数字しか見ない二流の経営企画くずれだから、開発費や技術が必要なギャラクシーや箱庭のような3Dマリオより、いままでの使いまわしがきくそのため利益も高い2Dマリオが国内で4倍以上、海外で倍以上売れるのだから、そちらに行くでしょう。マリオを本当にどうしたいのか?どうゆうゲームが将来的には必要なのかも考えずに。

岩田は数字を集めて資料にするのは上手いけど、データに振り回されています。
理念とかないから、目先の数字やアイデアで迷走してしまう。

今回の3Dマリオ出来はいいですけどね。
マルチプレイも楽しいですし。
ロンチの2Dマリオは単純につまらなかったし、この差は大きいと思います
正直やるまでは実際こんなの据え置きの3Dじゃないよと、失望してたんですが
やってからはアリだなと思いましたね。
ただまあこれでWiiUがよくなるとは思いませんけど、任天堂のゲームの出来まで落ちていくことは
まだなさそうでファンは希望は持てるんじゃないでしょうか。

FFはFF13-2までなんだかんだで楽しめた自分ですが、ライトニングの出来には失望しました。
こちらは逆に内容にはかなりの期待を持ってましたが、残念ですね。
売り上げも内容も悪いとなると救いようがないと思います。
でもまあFF15には最後の希望を託します。

> ぽすん さん
「ユーザーが欲しいもの、遊びたいもの」を作るのが企画の仕事であって、企画力ですね。
その企画に基づいて、良い品質の物を作るのが開発力、制作力でしょう。

「マリオ 3Dワールド」は企画力が無く、制作力が発揮された仕事であって、そんなものを礼賛しても仕方ないと思います。ゲームの構造そのものはまったく新しさが無く、既存の構造に対して、より良いネタをアイデア出しして、それを人数掛けて突っ込んだだけ、という制作。

そういう制作はこの数年でうまくなったと思いますが、本質的には何も新しいものを生み出していないし、生み出す気もない。飽きられていくだけの惰性の仕事であり、クリエイティブというよりは、お役所的な何か。そのような作業ばかりを積み上げているから、革新的な娯楽を出せない。だから3DSも大幅な値下げを強いられたし、WiiUも現状があります。

その先に何が待っているかというと、2Dマリオのように摩耗していくだけなのではないでしょうか。NEWマリオ、NEWマリオWii、NEWマリオ2、NEWマリオUときて、さすがにアイデアも陳腐すぎ、摩耗しましたが、3Dランドのシリーズも「出来は良かったんだ、良かったんだ、良かったんだ、俺たちは最高の仕事をしたんだ、最高ぉぉぉぉぉぉ」などと、企画スタッフが現実逃避に走れば、末路は知れたものです。

ですから、3Dワールドの評価が高かろうが低かろうが、まあ評価が低いよりはマシかもわかりませんが、売れてない時点で、「ユーザーが求めるもの」から背を向けた行為にすぎません。赤点であって、零点ではなく、29点だったのかもしれませんが、それが何の擁護になるのか、慰めになるのか、なりませんよね?

まあ、クズみたいな企画に、多数のスタッフの労力を突っ込んだ、だからレビューサイトの点数は高かったけど、ユーザーが実際にお金を出してくれる商品としては売れなかった、そういう理解が適切でしょう。

FF13に関しては、FF13-2以降は買ってないんで、わからんですね。FF14は買いましたし、有料会員続けてますが。ま、FF13は忘れてあげてもいいんじゃないですか。FF12も、アレげでしたが。そういう意味では、オフラインFFはFF10が実質ラストだったんですかねえ。

ま、それでもドラクエの迷走ぶりからすれば、まだ良いでしょう。ドラクエも次どうなるんですかねえ・・・・。10は事実上の失敗作じゃないですか。あれで7年以上もの期間をかけた開発費をペイできるとは思えない。ま、前期末での減損の中にドラクエ10の評価損も入ってたんだろうとは思いますが。

FF14ほど有料会員いないし、月額の金額も安く、WiiとWiiUとPCだけでは、未来も無い。FF14はPS4版もあるし、中国展開もありますからね。なんでこんなに差がついてしまったのか。ドラクエ11をスマホで出す可能性もありますが、さてどうなることか。

任天堂衰退は実は公立校の中高一貫にある?

これは珍説・奇説の類なのでネタとして読んでほしいのですが、私は任天堂の、据置機の衰退は公立校の中高一貫にあると考えています。
というのは少子化に伴って、私立校は生徒数の確保から中高一貫をとり、負けずと公立校も中高一貫を導入し始めています。
結果、かなりの小学生高学年が塾に行かざるを得ない。高校の生徒募集が凄く少なくなっているのですから。
で小学五六年あたりの、本来学校から帰って7時の食事まで安穏とゲームをしていられた幸福な時間が持てない状況になってしまった。
私はこれが据置機衰退の原因だと思います(ドヤ顔
塾通いの小学生は当然スマフォ持ちでちょろいゲームをやってしまえば、そら3DSも神通力は出ませんわ。

任天堂はこの時代変化を真面目に見ず、旧来の「家庭」のイメージのまま、旧来の家庭に売り込もうと考えている訳で、そりゃ衰退しますわ。

WiiUはマリオも売れてないんですが、クリスマスシーズンに恒例だった太鼓も「どうしたの?」ってくらい壊滅的に売れてないんですよねぇ。
今期ダメだったらWiiUは1年先行した意味がまるで無いですね。

ドラクエ10は2ndパッケージがどれ位売れるかで今後が見えてきますよね。
1stパッケージを買った65万人がどれ位残ってるのか。
2nd買わなかったら今後も多分やらないでしょうし。

え?あれだけ散々煽ってたカジノって結局もう1本パッケージ買わないとできないの?
みたいに呆れてる人もいますけどね・・・。
私的にはハード性能的にも、ソフト市場的にも斜陽のWiiで出すよりもPS3で出してたらなぁ・・・と思います。

PS4がヨーロッパで発売。UKでは25万台と歴代最速で、WiiUの年間発売台数を2日で抜いたようです。
まあ、この成功は想定内です。
だが、なんと!!!!
発売されたばかりのPS4のKnackの売り上げが、同時期に出たWiiUのマリオ3Dワールドの上ということ!!!
まあ、伝説の出荷台数マイナスを叩きだした地域ですが、それでもマリオの凋落が激しいです。

http://blog.livedoor.jp/kentworld/archives/34477987.html
「Wii Uはさっさと畳んで次に備えた方が良いと思う」
発売時のWiiUの不具合を完全に無視し
任天堂のハードで出たゲームのバグについて公式HPで注意を喚起しても無視てきたKentworld氏も心が折れたようで
投稿されたコメントの多さにちょっと驚きます
半分はKentworld氏のレスなんですが、コメント数が2桁超える事が珍しいですから
集団心理って奴ですかね?

> 通りすがり さん
> Wii Uはさっさと畳んで次に備えた方が良いと思う
ま、要は、見苦しい様を見せるな、という事でしょうね。
コミットメント1000億円の件もあり、なかなか難しい面もあるのかもしれませんが、それも現社長の「自業自得」ですからねえ。

しかしファンの中にも、こうした率直な物言いをする方が増えつつあるのは良い兆候ではないでしょうか。「ぶっちゃけWiiUはもう駄目だし、他人に勧める気もしないし、実は自分は買ったがほとんど起動してない( or 実は自分でも買ってない)」というファンも結構いるんじゃないでしょうか(苦笑

ゴミ屑みたいなゲーム機で、たまにしか降ってこないソフトを、砂漠の水一滴みたいにありがたがって「おいしい、おいしい」と啜る。そんなゲームライフのどこが幸せなのか。ま、幸せは人それぞれではありますけど。不毛な不幸で過酷な環境ほど、熱狂的な信仰心が育ちやすいのかもしれませんね。この苦しみは聖戦なんだ、とか、試練なんだ、とか、自己肯定しようとして妄念が育っていきます。

そういえば、ある種の客観視が行なわれたようで、市場関係者のコメントがなかなか辛らつですね。

利益1000億円“公約”赤信号 崖っぷち任天堂・岩田社長の吉凶
http://npn.co.jp/article/detail/93655058/

> 関係者は「今の任天堂には岩田社長に引導を渡せる人物がいない。それをいいことに
> 見苦しい釈明を繰り返し、シャーシャーと開き直っているのではないか」と指摘する。
>  「彼を後継者に指名したオーナー一族の山内溥相談役が9月に死去している。山内
> さんが健在であれば“社長失格”の烙印を押して引きずり下ろすでしょうが、今の彼には
> もう怖いものがない。一度握った権力の座を簡単に放り出すわけがありません」

ま、証券系の人たちや個人株主からすれば、岩田社長が不甲斐なく思えるのは仕方ないでしょうね。個人的には、ゲーム機は一度作ると、引き返せませんから、DS&Wiiの絶頂期で傲慢期に開発した3DSも、WiiUもどちらも駄目な機械なのは当然の末路(3DSを台数捌くために無理な値下げをして大赤字を出したのも自業自得)だし、現在形の岩田社長を責めても仕方ないような気もしますが。

むしろこれからどうするか。
それが社内に示せるなら残ればいいし、示せないなら去ってもらいたい。それだけですね。

新作マリオの件で書き忘れてました
WiiUのお買い得なセットのおかげで週販2万台をキープしてます
それは任天堂の狙い通りなのかもしれません
しかし、同梱のゲームがマリオなら、もう一本本体と一緒に買うゲームに新作とは言えマリオを選ぶ人って少ないと思います
子供:マリオやりたい
お母さん:ほら、ここにマリオがあるでしょ
子供:そっちじゃなくて・・・
お母さん:ほら、行くわよ
こんな感じで新作はスルーされてるのではないでしょうか?

ゼルダ無双。。。 ふぅー
プレイヤブルキョラとしては、リンクしかいないけど。まさか、ゼルダ姫が。。。プレイヤブル?

>まう さん
画面を見る限りは、ショボ……いえ、WiiUらしいシンプルな魅力に満ち満ちた画面だと思いました。

ネットでは、素人が冗談交じりのアイデアとしてマリオ無双あたりを書き散らすことはありましたが、その「斜め下」を実現するゼルダ無双というアイデアにプロフェッショナルの企画力を感じたのは私だけでしょうか? ゼルダ無双の次は、ぜひマリオ無双も作っていただきたいものです。岩田任天堂、さすがやわ~(笑

これ以外に発表されたのを見ても、2D系が多いなあ、というのがWiiUの現状を物語ってますね。サードパーティが独自性の高いソフトを作るにはソフトが売れなさ過ぎるし、担保しようとすると、任天堂キャラとのコラボなどに走って、ますます新鮮味の薄い、信者用ハードとして先鋭化していく。早期に詰んでしまった印象ですよねえ。

結局WiiUで作りたいゲームのアイデアが大してなかった。それが根本の問題点であって、新しいハードを作って売らなければ売上が維持できない、という会社の事情から始まった商品は、ろくな結果にならなかった。同じような発想で次世代3DSを作られても困るのですが、さて……。

ええっっと。。。技術の無駄遣い。。。? 無駄なWii Uの無理使い?

ファミコンソフトを題材にした多彩なゲームを収録したWii U専用ダウンロードソフト『ファミコンリミックス』
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/wmgj/index.html

> ぶらりん さん
WiiUって、2Dゲームが実に多いという印象がありますよね(笑
これが京都流の「性能贅沢」なのでしょう。あじわい深いですね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。