Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらず糞なサービスを周回遅れで発表するのです。

ニンテンドー3DS、来月の本体更新で Miiverse に対応。Wii Uと統一IDを導入
性能だけでなく、本体ソフトウェアのショボさで開発力の低下を危惧されている任天堂がやっと統一IDを導入するそうです。ニンテンドー3DSとWiiUで統一IDを導入します。ただし従来から不便さを指摘されていた本体紐付けは変わらず、別の3DS本体へは相変わらず引越しが必要なようです。クラウド時代にいつまで逆行しているんでしょうか(苦笑

上述の記事でも言及されていますが、ゲーム機におけるネットワークサービスはマイクロソフトが先導し、ソニーがフォローアップしてきました。Xbox360でXbox LIVEが強化されたのは約8年前ですからねえ……。あまりに原始的ではないでしょうか。
フレンドリストやメッセージング、マルチプレイなど、ゲームのソーシャルな側面をサポートするネットワークサービスは、まずマイクロソフトが初代 Xbox の Xbox LIVE でPCに学びつつ先行し、ソニーが PS3世代を通じて追いつけ追い越せで着実に進化してきました。(どころか、気がつけばゲーム部門トップがグループの頂点に立ち、PSN がソニー全体のネットワーク基盤になるほど)。

一方の任天堂はといえば、デジタルビジネスに注力すると言いながら旧態依然のハードウェアひも付けで不便を強いるなど、「かんたん・あんしんを重視しているから」ではそろそろ言い逃れができないほど後手に回ってきました。今回の3DSアップデートが、Miiverse に代表される任天堂流のネットワークサービスによる逆襲の狼煙になることを期待したいところです。次はクラウドセーブの本体機能化あたりをお願いします。

Facebookの「いいね」をパクった「そうだね」や、LINEの影響を受けたスタンプ機能など、世間で流行ったコミュニティサービスの諸機能を適当に取り入れてるだけで、何の設計理念もコンセプトも感じませんし、能力の低さ、センスの拙さをまざまざと満天下に示しています。

そろそろサービス担当役員なり、コミュニティ担当役員なりを設置すべきですが、何年先になることやら。携帯機と据置機の開発部署を統合したのもつい最近。そのせいでゲーム機間の統合サービスの開発は他社に遅れてしまい、開発環境やノウハウも共有できなくなってしまう。

国内のゲーム市場を見れば、PSPとPSV、PS3とPSVでのマルチソフトが当たり前になってきており、そのおかげで軌跡シリーズが売上最高を更新するなど、サードパーティのビジネスにも良い影響を与えています。今の時代、ユーザーの生活スタイルや嗜好が細分化しており、1つのソフトを携帯機と据置機両方で楽しめたり、高性能の機械を真っ先に買うユーザーと安くなってから買うユーザー両方に同じソフトを提供できるようにする事は大きな意味があります。

そうした時代が来ることを予想し、しっかり開発環境を整備してきたSCEと、部署が統一されてないという社内事情だけで、不便な環境をユーザーとサードパーティに強いる原始時代のメーカー。この10年近く、努力を怠ってきたのが赤裸々になりましたね。

もう少し将来を見越した判断ができる人を経営上層部に招き入れないと、時代遅れになっていく一方です。岩のようなガッチガチの脳みそでは、他社のサービスや流行ったコミュニティサービスを1周どころか2周遅れでパクるのが限界でしょう。まさに今そうなってます。


また、3DSからもMiiverseの機能が使えるようになるようで、先日の児童被害が再発しないようにしっかりとした監視体制を期待したいです。まったく理解できてないと思いますが、コミュニティサービスにおける監視体制というのは、あくまで結果が全て。どれだけ対策を実施していても、被害が減らなければ、警察等から指導があるわけです。モバゲーやグリーなどのSNS業者は年間2桁億円のコストを掛けています。まして全世界で展開するとなれば、推して知るべし。

被害にあった児童の「自己責任」論を書き散らす狂信者もネット上にはいらっしゃいますが、さすがにそのような暴論は世間では通りません。自己責任論がまかり通るなら、出会い系はどれも野放しになってますよ……。

(逆にいえば、大人中心に売れているゲーム機のペアレンタルロックやネットサービスの監視体制が仮に任天堂機と同程度だったとしても、児童の購入者がほとんどおらず、児童被害が起こっていなければ、特に問題にはならないのです。対策をしたかどうかのアリバイ性が重要なのではなく、実際に被害を減らすことが重要なのです。犯罪は件数で判断されます。

実際には世の中のネットサービス全てがきちんとした監視体制を敷いているわけではなく、利用者が少なく、犯罪が発生してないだけというサービスも多く存在すると思います。しかしやや語弊がある表現をすれば、犯罪は発生しなければそれで良いという考えなのですね。そのため利用者が増えれば増えるほど、常時監視の人員を増やせざるを得ず、コストが上がり続けるのです。

その上がり続けるコストをどこで賄うかも考えておかなければ、いつまで経っても「任天堂らしい営業利益」は遠いままです。だから安易に「無料」を謳って、太っ腹ぶっているのは前時代的なんですよ。実際には無料のサービスはその程度の品質です。Wifiコネクションのマッチングがイマイチと言われているのもね……。

無料以外何の取りえも無いチープで、安全性の欠如したサービスしか提供できない会社がドヤ顔するなって事ですよ。当たり前でしょ)


スポンサーサイト

コメント

徒然なるままに。

まずは、PS4北米発売おめでとう。24時間で実売100万台突破おめでとう。

フォーブスに、こんな記事が。
「PS4: 初期不良はRRoD的な大問題?それともロンチによくあること?」
http://www.forbes.com/sites/insertcoin/2013/11/16/social-media-making-it-hard-to-gauge-scope-of-ps4s-technical-difficulties/
それなりに納得性がある分析です。でも、ある分析を今後追加する必要があるでしょう。
今回のPS4のラウンチの成功を一言で言ったら、
「百聞は、百見には絶対勝てない」「SHAREボタンの勝利」
です。
格言で、「百聞は一見にしかず」があるけど、ある意味、この格言を「百倍返し」したように思います。

今回のラウンチでも、ネット上の文字での不具合報告による捏造のネガキャンが蔓延するかなと思いました。しかし、現実は逆になりました。海外のネット掲示板上でもポジティブが優勢だったけど、捏造のネガキャンを完全に封じ込めたのは、SHAREボタンによるPS4でのプレイ動画の配信です。
YoutubeにPS4から配信されたであろうプレイ動画溢れかえりました。日本のネットでもうらやましいという言葉があり、あれで、ネット上のムードが一変しました。

これは、サイレントマジョリティがサイレントでなくなった瞬間です。
これまでは、声が多い位ノイジーマイノリティがエネルギーをかけて不良情報を発信して、アンチがさらにエネルギーを注いで、それを使ったネガキャンを拡散していました。そして、それがネットを支配していました。
でも、今回は、いままでゲーム機を正常にプレイしていた場合には何も発信しないサイレントマジョリティがPS4による動画配信機能でエネルギーをかけずにサイレントでなくなったので、ネットの評判が一気にポジティブな方向に向いたようです。完全なソニーの勝ちですね。

これで、文字による伝聞調のゲームメディアや掲示板の情報が一気に価値を失うことになりました。動画配信という情報がそれに取って代わられた瞬間です。百聞による情報伝達が如何に不安定であり、一見(今回は百見、千見だけど)が驚異の力を持つことをまざまざと見せつけました。

PS4のSHAREボタンによる動画配信で、ゲームメディアの在り方も考え直す必要があります。同時に、ゲームソフトのバグの配信につながりゲームソフトの評判にも直接に影響するので、ゲームソフトメーカーも品質管理を徹底しないといけないです。

さて、来週はXB1の発売です。どうなるかな?XB1も同様の動画配信機能があるので、PS4と同じような現象が起きるといいです。逆になると辛いです。

任天堂は、有名ブログの3DSの性犯罪の記事が消えたようだけど、ネット戦略やイメージ戦略はどんどんと下手になっています。真偽は別だけど、米アマゾンのPS4のレビューの星で、任天堂の信者の行為にされているのも、イメージ戦略の自業自得でしょう。Miiverseの閉鎖性やニコニコでのダイレクトなどです。YoutubeやTwitterのオープン性を学ぶべきです。

> まう さん
まー、WiiUの任天堂製ソフトの売上を見ても、熱狂的な人たちってとても少ないわけで、テキスト系コミュニティであれば、連投、連投、連投、連投、連投、……で嵩を増しことができますが、動画になると、そうもいかないのでしょう。

24時間でセルスルー100万台突破という歴史的快挙は、ゲームにお金を使わない自称ゲーマーではなく、本当にゲームを愛してお金を使うゲーマーに向けたソニーの適切な戦略の成果です。競合機は勝手に自滅しましたからね。WiiUは無論のこと、Xbox Oneも愚かしい失敗をした。自分達を支えてくれたゲームファンを軽視するという愚行っぷりは、両者に共通しており、失笑するほかありません。

まー、本当にこっちでは本当にPS4一色で、WIIUは笑い話にもならないほど売れてないわけで。

まうさん
「映像」の力はすごいですよね。元々「映像」の会社であったソニー、岩ピク尊師になってから特に「映像」を軽視してきた任天堂。
差がつくのは歴史的必然ではありますね

>真偽は別だけど、米アマゾンのPS4のレビューの星で、任天堂の信者の行為にされているのも、イメージ戦略の自業自得でしょう。Miiverseの閉鎖性やニコニコでのダイレクトなどです。YoutubeやTwitterのオープン性を学ぶべきです。

最早一種の社会から隔離されたカルト的な感じのイメージとして定着していますね
半ば自業自得とはいえ…

閉鎖的なコミュニュティは目に見えて異常な価値観をはぐくみ、他者により攻撃的になり、犯罪まがいの脅迫ですら罪悪感を抱かなくなる…臨床心理的にも実証されている事ですが、件の事件と今回はネットの光と闇を同時に映し出して、ひたむきに「映像」の技術を磨いてきたものに祝福を、カルトの呪詛を吐いてきたものにはしかるべき因果応報を___

というのは、非常に示唆的ではありますが、現実の光景です

「任天堂が安堂ロイド端末を出すってよ」
任天堂、Kindle FireのようなAndroidベースの独自タブレットを開発中
http://rbmen.blogspot.jp/2013/11/kindle-fireandroid.html
一応教育用だそうです。マリオなどの任天堂キャラを使った教育ゲームを配信する予定とか。
まあ、遅かれ早かれ、このようになるでしょうね。

合奏ブラザーズが初週4万本、WiiUパーティーが3週の累計で6万本。
まだ、クリスマス前だけど、任天堂のライト向けゲームが次々と死亡中。
今週は、本命のマリオ3Dワールド。FF13-3ライトニングさんと一騎打ちだからどうなることやら。。。。

もうすぐ、XB1の発売、今週末はどうなるでしょう。

>まだ、クリスマス前だけど、任天堂のライト向けゲームが次々と死亡中。
そしてついにVITAが3DSを上回りましたね。

これも「いつか来た道」を彷彿とさせます。

大好きだった「大合奏!バンドブラザーズ」最新作が残念になって帰ってきた
http://bloggingfrom.tv/wp/2013/11/19/11708

このような感想も出てますが、まあ勘違いした企業の末路を見る思いですね。

クリスマスや年末は、任天堂が強い時期だから、まだまだわからないでしょう。
しかし、WiiUはマリオしかないなので、これからの推移が注目です。

> DAKINIさんへ
任天堂の最近のソフトやサービスは、下民に対して遊ばしてやっているぞというような上から目線の余計なもの(チュートリアルなど)が多いですね。もっと、ユーザーのことを考えた下から目線のものがほしいです。もっと、ユーザーが自由にさせてほしいです。

ところで、ニンテンドービデオはどこに行くのだろうか?パルテナの鏡のアニメなど、再配信しかないのだが。

XBOXOneも24時間で100万台突破だそうですね。PS4も今週欧州で発売されますが、北米と大差ない予約が入っているそうで、こちらも好調な滑り出しになるでしょう。
個人的に一番驚いたのは、北米でPS4のソフトが発売と同時に240万本以上売り上げたことで、勿論最初に買うのは熱心なコアユーザーですから当然ではありますが、凄まじい程の購買力ですね。
おそらくはXBOXの方も大差ない本数を叩きだすでしょうし、ゲーマーの購買力恐るべし、と心底感嘆しております。
この層こそ任天堂が喉から手が出る程欲しかった層ですが、もはや永遠にこの層に振り向いて貰えることは無さそうですね。

「バンドブラザーズ」が「コードを抜いてしまえばソフトに価値はない、実質的なオンラインゲーム」と小売店に判断されて、買取拒否されているのが話題になっていますが、あれこそなんで「DL専用・基本無料」でリリースしなかったんだ?というゲームですね(遊んだことがないので、見当違いだったら申し訳ないんですが)
いわっちがかつてこの種のゲームを激しく非難したことがあったので、その形態で出すに出せなかったのかもしれませんが、ベーシックで4曲しか収録されていないのなら、それこそ「基本無料」向けだと思います。
「腐るトマト」が酷評されてますが、あれだって基本無料の上、トマトは少量売りにしておけば「腐る」ことが批判されることは無かったでしょう。「ゲーム内通貨には使用期限があります」は割と当然のことですから。
スマホのゲームで出せばかなりヒットしたんじゃないかな、というコンセプトだけに、勿体ないっていうか、経営センスがないというか…。いわっちは「フリー・トゥ・プレイ」の意味を明らかに間違えて覚えてる様ですから、仕方ないのでしょうか。

>DAKINIさん
さっそく宗教的に熱心な人がそのブログを荒らして釈明に追われてますね。

でも、そんなことしたって、たった、4万本、次の週も1万2000くらいになっちゃうのが全てを物語ってますよ。
http://www.4gamer.net/games/117/G011794/20131127061/
で、マリオも3Dマリオ最悪の初動を更新
まあ典型的負けハードスパイラルなんですけど、GCのマリオサンシャインよりも売れてませんからね…
サードソフトはそもそも出ないし、出たとしても信じられないくらい売れないし、頼みの任天堂ソフトすら売れない…

WIIUはマリオすら売れないんだからもうどうしようもないし、3DSだって売れてるの除けばこのありさまですよ
>桜木さん
>この層こそ任天堂が喉から手が出る程欲しかった層ですが、もはや永遠にこの層に振り向いて貰えることは無さそうですね。

「子供騙し」に騙されない人たちですし、一方で「認めた」ものには「祝福」の結果が出ています

ハードコアゲーマーに支持されてあっさり勝利してしまったPS4と、上記のようなWIIUの体たらくのコントラスは鮮やかすぎるほど明確になりました。

携帯機はそれに比べればややライトよりで、全体的に見ればスマホに取られて元気がないものの、国内に限って言えば主力といえる数字です。

しかし、GE2発売後の次もVITAが堅調に推移しているのを見ると面白いですね。
GE2が牽引しているのももちろんですが、

>ソフトに価値はない
実際、悪評の方が多いですね。

>いわっちがかつてこの種のゲームを激しく非難したことがあったので、その形態で出すに出せなかったのかもしれませんが

岩ピク尊師のその手の言動なんて今に始まったことじゃないでしょ(笑)
真に受ける方がどうにかしてますよ

>サードソフトはそもそも出ないし、出たとしても信じられないくらい売れないし、頼みの任天堂ソフトすら売れない…
「3DS向けのゲームをHD化したようなゲーム」を楽しむハードですからね。スーパーゲームボーイあたりと比較するのが本来妥当なのかもしれません。とすれば、現在の台数はむしろ大成功なのかもしれませんね。PSVita TVに大勝利ィィィィィィィィ!!みたいな。

据置ゲーム機に求められるものはPS4で、携帯ゲームをHDテレビで遊びたいニーズにはさらっとPSVita TVを。ゲームファンのニーズをきっちり掴んでいるSCEには敬服するほかありませんね。

ソフト開発力も低下して、「携帯ゲーム機レベルのゲームをHD化したもの」しか作れなくなっている点も深刻です。無論、「作ろうと思えば作れるが、あえて作らないだけ」というお決まりの言い訳をするんでしょうが、実際に作らなければノウハウなんて溜まらないのは、WiiU初期の開発遅延で明らかですからね。技術力の低下は本当に深刻です。

>据置ゲーム機に求められるものはPS4で、携帯ゲームをHDテレビで遊びたいニーズにはさらっとPSVita TVを。ゲームファンのニーズをきっちり掴んでいるSCEには敬服するほかありませんね。

まー、どこかの尊師が駄目すぎる、ってのもあるでしょうけどね

それでも、無駄にゴチャゴチャしたWIIU、シンプルで美しいPS4
さらっとPSVita TVを出せる「筋の良さ」には敬服するしかありませんね。

これがどこぞだと「2DS」になっちゃう.
おいおい、アレほど力説していた裸眼立体視を全否定かよと

>ソフト開発力も低下して、「携帯ゲーム機レベルのゲームをHD化したもの」しか作れなくなっている点も深刻です。
>無論、「作ろうと思えば作れるが、あえて作らないだけ」というお決まりの言い訳をするんでしょうが、実際に作らなければノウハウなんて溜まらないのは、WiiU初期の開発遅延で明らかですからね。技術力の低下は本当に深刻です。

結局、これにしたって慌てて出したんでしょうねえ。
3DSのそれもそんな感じでしたが、あっちは「所詮携帯機」で許してもらえるところがあった

せっかく引っ張ってきたカプコンにでも小突かれたのか、やばいと思って出したのか知りませんけど
まあ学習ってものを知らないのかといいたくなる。
いや、下手にそこそこ売れちゃったせいで、「こんなもんでいい」と思ってしまったのかも。

これも、そこへ比べるとPS3で高品質なゲームを出し、携帯機でも
あっさり「フリーダムズウォーズ」のようなゲームをモノにしてくるSCEと比べるとどこで差がついてしまったのかな…

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。