Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数年後に振り返るためのメモ: 滅びつつあるゲームを立て直す気も能力も無いのだろうか?

いや、まあ、ゼルダの事なんですけど。

本格的に売れなくなってきた、というのは『スカイウォーソード』辺りから明らかなんですけど、欧米でも存在感が落ちてきていて、クラシックゲーム扱いになりつつあるし、国内は『テイルズ』以下どころか、『ダークソウル』以下のタイトルになっちゃいましたよね。フロムソフトウェアの作ったゲームが任天堂の看板タイトルよりも支持される……5年前にそんなこと言ったら、狂人扱いされてますね(苦笑

現象としては2つあって、1)ガチゲーマーが見放しつつある、2)ライトユーザーは付いていけない、という事です。実は『ゼルダ』に限った事ではないんですけど、ゲーマーとカジュアルユーザーの二極化が激しい状況で、その谷間にスポッと落ちてしまった。

下記の記事でも論じましたが、「マニアックな題材やゲームを無理にライトにしようとして、誰も欲しくないゲームにしてしまう」病気に掛かっていて、DSの成功体験が悪い方向に作用してるのかもしれませんが完全に時代錯誤な会社になってしまいました。
無邪気で天然な「善意」こそがコンテンツを破壊するラスボスになり得る恐ろしさ。

『The Woderful 101』に関しては、たいしてプラチナゲームズのゲームを好きでもない人間に担当させたからこうなった、というのが結論でしょう。だってファンなら、あんな改変させるはずないもの。好きでもない人間が小利口な事をしてスポイルしてしまうのは、任天堂に限らず、DSやWiiの頃から『428』のようにちらちら事例はあったんですが、そういう物は本当に通用しなくなりました。

全体論としては、ユーザーの嗜好が細分化されたってことですし、表現力が上がってこだわりの差が出るようになってきたってことですが、要は大してこだわってもいない事がバレてきたわけです。シリーズで毎度のように見た目が変わるのも、はっきり言ってブレすぎでしょ。『風のタクト』→『トワイライトプリンセス』→『スカイウォーソード』で何回変わったんだと。おまけにWiiUのゼルダデモはまたまたリアル系になってる。他社のシリーズでそんなにブレブレなのは他に無いですよね。

今回の『タクトHD』にしても、短期的な売上を確保するためや、開発者の言い訳のためだけに出したような内容で、ウンザリします。この人達、『風のタクト』で大胆に絵柄を変えた言い訳をずっと10年間し続けてたのか、と思って愕然としますよね。そんなにアニメ調がいいなら、何があろうとも貫けばいいじゃないですか。ふらふらブレまくって、みっともない。何のポリシーも感じませんよ。恥ずかしくないの?


難易度についても、任天堂は伝統的にゲーマー軽視の傾向が強く、今回の『風のタクト』の高難易度モードもいかにも取ってつけたような適当な作りです。

ただ難しくすればいいわけじゃない。そんな当たり前の事もわからない。条件を厳しくすれば、それを達成した時点での達成感が大きくなる。それはそうなんだけど、クラシックゲームの考え方であって、今時そんな程度では十分ではありません。

細かく課題とやり応え(上手くやれた!)を提供しなければならない。上級者モードほど、1つ多くのことを考えたり、テンポを上げたり、プレイの緊張感と解放を密度高く設定しなければならない。単純にリソースを厳しくすれば、全体としての難易度は上がるけれども、細かい所での手ごたえは上昇しない。

例えば『ベヨネッタ』のノーマルとハードの違い、マハーカーラの月を装備すると、別ゲームになったような面白さが出てくる点など、あるべき考え方の1つが体現されてますから、開発者の人達は謙虚に遊んでみたらどうでしょうか。

HPのリソース管理がゲームの面白さの大きな主軸であれば、HPのドロップを絞るのは悪くありませんが、ゼルダってそういうゲームだったっけ? 初代ゼルダは振り返ってみれば、そういう側面もありましたけどね。3Dになって以降のゼルダは、そこに面白さの軸があったとは、とても思えないんですけどね。

リソース管理するゲームって、今のゲーマーからすると、そもそもあまり面白くない事が多い。昔はよくこんなキツいゲーム遊んでたなあ……というのが普通の感覚ではないですか。昔はそんな程度でも、熱く遊んでくれていたのは確かですが、今となってはね。

5年後、10年後にはマリオとポケモンしか残ってないんじゃないか。そう思うと、悲しいですね。


『3Dワールド』は初出時こそ3DSの『3Dランド』の焼き直し感が漂ってましたが、最新情報やPVを見ると、なかなか面白そうな部分が見えてきています。ネット上のファンの反応も若干上向いた印象を受けます。もっともそこまで熱心に事前情報を見てくれる人達って、かなり限られてますし、『マリオギャラクシー』が初めて登場した時のようなインパクトはありません。

こちらも「詰み」に向かいつつあるな、というのは否めず。全部が「詰み」になる前に、新しい物を作らないといけないし、従来の物もチャレンジしないといけない。今は逆のことをやっていますよね、どう見ても。おまけにDSやWiiの頃に生み出したタイトルも無造作に扱って、どんどん駄目にしている。Wiiシリーズは『鬼トレ』と同様に黒歴史扱いなんですかね?


ま、経営が悪いんですよ。この歳になって色々な会社を見て思うのは、会社が駄目になるのは経営が悪いのです。経営者がリスクを取って、クリエイティビティの高い事をしなければ、社員はクリエイティビティーを発揮しません。いくら壇上から叫んでも無駄です。社員は経営者を映す鑑です。

経営者が自分自身を客観視せず、適切な批判を受け入れず、メディアが無理解なのが悪いんだ悪いんだ悪いんだ……なんて自閉モードに閉じこもれば、社員だって自分を客観視できなくなります。経営者が一度受けたネタを何度も繰り返し、「面白いものを作る」から「自分をもっと誉めて」という姿勢になれば、社員だって続編とHDリメイク、そして安易な難易度モードで十分と考えるのは自然です。

アンチを潰せば、問題が解消するわけではない。根っこに「ゲーマー軽視」があるから、安易な難易度モードのゲームばかりになるし、従来のファンも徐々に離れていってしまう。今や「傲慢」「怠惰」というより、ただの「甘え」が満ち満ちている。

本体値下げ、続編乱発、HDリメイク、……。他社を大声で批判していたにもかかわらず、自社にブーメランで返ってきている。要は何のポリシーも無く、ユーザー視点でもなかった。時流に乗って調子こいた事を言ってただけ。ま、人間だからそれはしょうがないんだけど、「傲慢」「怠惰」を通り越して「甘え」の域にまで来ると、いよいよ危険信号です。

長期的に落ち込み続ける恐れが濃厚になってきました。「甘え」だけはいけない。ま、無理なんだろうな、と思いつつ、数年後に振り返るためのメモとしてこのエントリーを残しておきます。


スポンサーサイト

コメント

おっしゃることはファンとしてもごもっともで
アニメリンクが好きなファンとリアルリンクが好きなファンと
ゼルダ好きのはずか表現がコロコロ変わることで購買層が分散してるんですよね

本来はスーファミであったマーベラスなんてゼルダスタッフが作った面白いアドベンチャーが
あるんですがあんな風に新規にアニメアドベンチャーゲームを作るべきだと思います

宮本さんはマリオやゼルダで新しいことをしてるから
必ずしも新規タイトルを作ればいいわけではないと言っていますが
ファンからすると嵐やAKBをシャッフルしたり単発でドラマに出してるようなもんで
新規のファンはそれじゃつかないと思います、コチラとしても新鮮味が無いです



正直、今の任天堂を見ていると、
WiiUをやめてタブコンがない普通のコントローラーで性能が高いハードを作ったとして
まずネットワーク、アカウントサービスを他社並みにできるとは思えませんし
そしてその性能が高いハードで動く性能を生かした自社タイトルを用意できるとも思えないです
こうゆう開発力は技術の積み重ねが物を言うものですからね

何とかなりそうな方法を考えたとして、まず社長が交代して革新的な人になり
ネットワークサービスが得意な会社や、HD開発が得意な会社を買収し
特許料を支払うのを恐れずにBDとか載せてまともなハードを作るってところでしょうか
目減りしてるとはいえ豊富な資金を持ってるならこれくらいしないと遅れは取り戻せないと思います
とはいえ、あのプライドの高そうな任天堂がそこまでするとはあまり思えないですが…

今のままだと将来的に据え置きから撤退して子供向けに安いゲーム機と安いゲームを売る会社になってそうですね

> とりあえず吠えとく さん
ゼルダに関しては、売上の大半が欧米な事と、任天堂のIPの中で最もゲーマーに刺さるのがゼルダという事が原因で、開発スタッフの考えと市場の要望の間でふらふらし続けているように見えますね。

実際には『時オカ』が圧倒的に高い評価を得ているだけですから、現在の製作スタッフは「過去の栄光」に縛られてる可哀想さはありますね。新しい物を作れない人達がいくら集まっても、うまくいかないという良い事例でしょうね・・・・。

無論、一般論としては、「出した当時は批判されたけど、徐々に評価が見直される」という現象はありますが、別段タクトはそういうシロモノではありません。少なくともゲームは「未完成」という評価でしょう。HDリメイクするのはいいけど、今度も完成させずに出すというのは、正気を疑います。死体を掘り返して、わざわざ心臓に杭を刺しただけ、というか(苦笑

5年かけて作った『スカイウォーソード』もそうだけど、根本的にユーザーの求めているものをわかってない。ファンのニーズさえ掴めてないから、どんどん売上が目減りしている。ユーザーのニーズを調べるだけでは良いゲームを作るのは無理ですが、あらぬ方向を向いているのはさすがにおかしい。ユーザーに対してそっぽを向いているようでは・・・・ね。

ビジネスとしても、コンテンツの維持という点でも、あまりに馬鹿すぎますよ。こんなんでハードを引っ張れると考えたことも安易の極みで、「ファン=出せば買ってくれる人」と思い込んでますね。ファンを舐めすぎ。ほんとに「甘え」が酷いな・・・・・とウンザリします。

WiiUというハードも、ローンチタイトルの2Dマリオも、ニンテンドーランドも、ワリオミニゲームも、ピクミン3も、WiiFitUも、Wiiスポのダウンロードのあれも、ことごとく、この程度で買ってもらえると思ってるんだ?というのが正直な感想です。

WiiUはもうどうにもならないのだから、そんなハードを伸ばそうとして、シリーズの信頼を落とすような作品を出すべきではありません。結果論でいえば、全然販売も上がってないし。むしろ失望されたんじゃないですか。結局こんな安いHDリメイクで済ますんだ、と。ある種の「とどめ」でしたね。期待しちゃダメなんだってね。


>dek さん
ま、このままいくと、将来どうなるかは目に見えてるんですけど、正直そこまで先見性無いように見えます。このまま不勉強でいれば、将来の見通しもせず、楽観的な気分に浸っていられるんじゃないでしょうか。

ゼルダを立て直すのは無理なんだろうな・・・・と思ってますよ、正直。プロデューサーを含めてスタッフ総入れ替えって訳にもいかないんでしょうし。Wiiシリーズも思ってた以上に酷い末路でした・・・・ワリオも扱いが雑だし、トモコレも次回作はさらに減衰して、最後かな・・・・。

ゼルダの為にGCを購入した人間の意見

ゼルダに関しては、やはり5年毎に出てくる据え置きタイトルのファンがそのまま残っているだろ、という発想自体が無理があり過ぎるのだと思います。
正直、ゼルダに比べて作り込みはめっちゃアマいのですが、ゼルダに求めるものの八割がたはアンチャーテッドで満たされてしまいますし・・・
(残りのニ割は逆にインファマスで満たされてしまったりで・・・)

正直ボリュームは1/2でも2年毎に出していれば大分風向きも違うと思うのですが・・・・

後、風タクがなぜゼルダHDのトップバッターになったかというと、単純にHDの機材を持っているカプコンが旧風タクを製作したからだと思っているのですが。
つまり任天堂のHD製作部隊の余力はあんま無いんじゃないんですかね。

がっかり

興味深い記事の数々拝見しました
wiiU発売前から感じていた不満を見事言葉にした内容は時に私怨に似たものを感じながらもw
正にな内容でしたので納得の内容でした

ゼルダはシリーズを通して本当に好きな作品だけに
日本での扱い方には落胆を隠せません
アニメゲームの後塵を拝するこのじじつと
リメイクを自称するなら求められる事をやれと
市場がNOを突きつけた結果として
ファンとしてもガッカリしつつもある意味痛快でもありますね

任天堂は昨今ゲーマー軽視が止まらず
結果貴重なゼルダを食い潰す愚行
世界でも期待されたピクミンは出来はよくとも革新もなく今だからこそのオンライン要素無い、、、
宮本氏のゲームは素晴らしいが本当にオールドスタイル
今の技術を使うお題だしを氏にできないと希代のクリエイタも過去の人でしょう、、、

「ゼルダ3万」という数字は余りにも衝撃的でしたが、アマゾンで良く見てみたら、そもそも最初の値段設定からして明らかに間違えてませんか、任天堂…。
PS2のソフトをHD化したソフトは何本か出ていますが、大体2本分収録で5~6,000円程度です。1本しかない場合は4,000円位でリリースしていると思います。ワンダ&ICOの様に設定資料集などをつけて少し値段を上げているものもありますが、どちらにしても値段的にはベスト版よりやや高い程度。
一体何を思って「風のタクト」1本で6,000円近い値段で売れる!と思ったのでしょうか…。2,990円位だったら、5万本位は売れたかもしれません。ハードは牽引しなかったでしょうし、焼け石に水ではありますけれど。

>spartan さん
まー、この数年、延々と書き続けてきた「懸念」を見事に現実化しましたからね。ため息をつきたい気持ちが湧いてくるのは止められません。その情感が私怨めいて感じられたのかもしれませんが、実際のところはどうでもいいです。書き続けてきたので、末期の水を看取るような気持ちで付き合っているのが正直な所ですね。

もはや分析しつくしていて、何も考えなくても反射的にかけるので、楽ですしw それほどに予想通りの自滅コースです。


>桜木 さん
どうせ信者が買ってくれるだろうという「甘え」ではないでしょうか。
PS系の中小メーカーにも、ユーザーへの依存度が高い売り方は散見されますが、ユーザーとの一体感を高めるイベントやサービスを常日頃から欠かしませんからね。ファルコムなどは良い例ですね。ゼルダ新作が軌跡シリーズ以下になる日も遠くないのかもしれないと思うと、いやはや、ファンを軽視し続ける企業というのは度し難い・・・・。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。