Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無邪気で天然な「善意」こそがコンテンツを破壊するラスボスになり得る恐ろしさ。

本当に始末に悪いのは、悪意ある人間ではなく、善意ある何か、だという実例になりそうなエピソードですね……やれやれだぜ。

社長が訊く『The Woderful 101』
岩田 その段階で、いまのヒーローたちを主人公とするキャラクター像ができたんですか?
神谷 いや、イメージはだいぶちがいましたね。
山上 企画がスタートした当初は『ビューティフルジョー』(※11)のような雰囲気でアメコミ調のダークヒーローっぽいイメージだったんですよ。僕はその画がけっこう好きだったので、「これでいける」と思っていたんですが。
岩田 はい。
山上 アクションゲームが好きな松下さんに「この企画、おもしろいからやらない?」って言って見せたんです。そしたら松下さんが「これは画が暗いから、小中学生にはウケない」みたいなことを、いきなり言ってきたんです。
馬鹿の極みみたいな話ですねえ。
結果が出てないうちに書くのもなんですが、初期のキャラクターデザインの方向性を変更したこのゲーム、そんなに幅広い層に本当に売れるんでしょうか?

マニアックなタイトルの持ち味やフレーバーをスポイルして、狭い層すら買わないソフトにしてしまった実例に思えてなりませんが、皆さんはどんな感想を抱きますか?

任天堂サイドの担当が「自分達はより多くのユーザーに楽しんでいただけるように善意ある提案をしているんだ」という確信を抱いているように見えるあたりが、救いがたい悲劇ですね。

そういう修正提案を心あるクリエイターがどう感じるか。

開発する前の段階で、キャラクターデザインに関して、上記のようなやり取りがあって、それから開発途中で任天堂の担当者へのイメージが変わったそうですが、変わる前はどうだったのか。
岩田 神谷さんから見て、山上さん・松下さんがそろそろと近づいてくる感じを、逆にどう感じていました?
神谷 そこは最初、僕の勝手な想像ではもっとデジタルというか、事務的に要望をオーダーされるだけのイメージがあったんです。
岩田 えっ、それが神谷さんの任天堂のイメージですか?
神谷 「ユーザーリサーチしたらこういう結果が出ましたので、最適なものに変更してください」みたいな感じで言われるのかな、と。
岩田 「マーケティングデータが示しています」みたいな?
神谷 はい。だからそこは意外というか。当たり前なんですけど、「ちゃんと人間味があるんだなあ」とちょっと驚きました。

キャラクターデザインの変更の件をクリエイターがどう受け止めていたか、察せられるエピソードですよね。無論その後で、お互いに理解が深まったようですが、任天堂のそういった無邪気な変更提案が実はどう受け止められていたのか。

もう1つ興味深いエピソードを見てみましょう。

社長が訊く『ゼノブレイド』
山上 そんな感じで、シナリオに関しては高橋さんが考えている世界をどうすればよりお客さんに伝わりやすくなるかということを意識して、客観的に意見をお伝えするようにしていました。
岩田 それはまさに“作家と編集者”の関係ですね。
山上 まさにそう思います。
高橋 やっぱり自分たちだけでつくっていると、どうしても自分たちの趣味や嗜好する部分が出てしまうんです。心情だったり、構成だったり、いろんな局面で、偏った部分を任天堂さんから指摘してもらえたのは
本当にありがたかったですね。
岩田 作家さんは、先鋭的なものを創造する役目で、編集者さんはそこから一歩引いて、「これは伝わるけど、これは伝わらないんじゃないですか?」「それを伝えたいのなら、こっちのほうがよくないですか?」と言って、その指摘でいい方向に向かうのがうまくいっているときの作家さんと編集者さんの関係だと思うんです。その意味で、今回はいい関係になれたということなんですね。
高橋 はい。おかげさまで、RPGファンの人だけでなく、
より多くの人にも楽しんでいただけるソフトになったと思います。

難解な設定の無いゼノシリーズのどこがゼノシリーズなんでしょうか。
結果として『モナド』改め『ゼノブレイド』はファンコミュニティの分裂を招いて、大して売れなかったわけです。というよりゼノファン全員が買うには至ってないんですよ。コミュニティが分裂しちゃったから。

「RPGファンの人だけでなく、より多くの人」って言うけど、そもそも『ゼノブレイド』ってRPGファンの何割が買ったんですか? そもそもRPGファンの人達が取り込めてないじゃないですか。馬鹿馬鹿しいにも程があります。

まー、社長が「高橋監督の本気作だから『ゼノ』を冠した」的なことを言ってたと思いますが、その理屈でいえば、「富野監督の本気作だから『ガンダム』を冠した」と、オーラバトラーやキングゲイナーもガンダムになっちゃうんでしょうか? 馬鹿も休み休み言えって。


WiiUで発売予定に上がっている『ゼノシリーズ新作』は、『ゼノブレイド』の反省を少しは活かしているようで、最初からSF設定やゼノらしい雰囲気を漂わせており、個人的には今度は買おうという気になっていますが、まだ完全に信用できたわけではありません。

ゼノギアスが80万、ゼノサーガが40万ちょいですが、シオンやKOS-MOSはまあデザインとしてもお客さんを選びますからね、そこで狭くなった分やギアスをクリアできなかった人達もいるだろうことを考えると、潜在的には50万以上のゼノファンがいると思うんですよ。EP分割とかで、どんどん売上本数を減らしてしまっただけで、ポテンシャルは結構いる。

ゼノ最新作であれば、50万は狙ってほしい。
しかしその50万は言葉をわかりやすくして達成できるものではない。

ゼノブレイドの「社長が訊く」では、任天堂サイドはクリエイターとの関係を「作家と編集」とかほざいてますけど、作家と編集は組み合わせによっては最悪なわけで。

http://www.nintendo.co.jp/wii/interview/sx4j/vol3/index4.html
はい(笑)。でも、それはある意味とてもいいことだと思うんです。
やっぱり若いからこそ生み出されるパワーがあって、
それは誰もが必ず通る道であるように思います。
いまでも、かつての自分がそうであったように、
若い世代のクリエイターたちが、
わかる人だけがわかればいいと、
そういう想いでつくられるゲームは少なくありませんし、
そのような作品はゲーム業界にとって必要だと思いますから。

でも、いまの自分に当時のパワー、
ある意味、猪突猛進な無鉄砲さがあるか?というと、
さすがにそれはないと思います。

こういう台詞を読んでしまうと、ファンは不安になってしまうんですよね。
幅広いユーザーに受け入れられるのは正しいという安易な思い込みで、こういうクリエイターの弱気につけこみ、助長してしまうのは、糞編集ですよ。そんなものは編集ではなく、寄生虫というのです。

結果としては、作家の良さを引き出せず、ファンも取り込みきれず、その他のお客さんにも肝心の魅力が伝わりきらない、極めて狭い作品ができあがってしまう。

ちょうど今、テレビアニメが放映中の『ダンガンロンパ』の小高和剛氏へのインタビューを、星海社の太田克史氏がおこなっていますが、太田氏の言葉を読めば、本当の意味での編集の役割がよくわかります。
http://sai-zen-sen.jp/works/sessions/danganronpa-zero-interview/01/01.html
と、まあ、とにかく『ダンガンロンパ』がめっちゃ面白くて、これはなんとしても僕がコンタクトを取らないといけない、と。あと、失礼な話なんですけど、多分こういうのを面白がる人はごく一部だから、僕が音頭をとって盛り上げていかないとまずい! みたいな(笑)。

これは自分が行かないとまずい、みたいな。そう感じるときが時々あって、最初に感じたのは『月姫』の奈須きのこさん、次が『ひぐらしのなく頃に』の竜騎士07さんかな。『シュタインズ・ゲート』の時も少し思ったんですが、これはちょっとアニメ寄りで、大好きなんですけど、僕が関わらない方が多分上手くいくだろうなってところがあって。今回の『ダンガンロンパ』は「とにかく俺が行かなきゃならぬ」という感じでしたね。

小高 「救ってやらねばならぬ」みたいな(笑)。

――それだとちょっと大袈裟なんですけど(笑)。まぁファンと同じですよ。みんなが多分今そう思ってるんだと想像してます。
「キワモノばっかりやってるから星海社は嫌だ」っていう人もいて。ただ、そういう人から嫌悪感をもたれるところを歩いていかないと、10年後にメジャーになれないんですよ。

今メジャーなものをやってても10年後にどうなるかわからない。これは別に強がりじゃなくて、たとえば2000年前後に、「2011年、虚淵玄がその年最も爆発的にヒットしたアニメのシナリオライターになってる」なんて事実、誰も信じないし僕も信じないですよ! ほかにも西尾さん原作のアニメが ゼロ年代で『ガンダム』よりも売れたテレビアニメになってるとか。

劇場系では『ヱヴァンゲリヲン』とジブリのアニメを除けば奈須きのこさんの『空の境界』がDVD売り上げナンバーワンになってるとか、僕がやってきたことって結局はメジャーになってるんですよ。

でも、そうやってメジャーになったのはすり寄る形でそうなったんじゃなくて、あくまでその両方から石が飛んでくるラインを崩さないまま走り抜いた結果としてメジャーになってるってことをこの10年間で証明できたと思ってる

非常に長い引用になりましたが、任天堂という企業がいかにオタク文化を理解できていないかをよく示していますよね。作品の本質をスポイルしてまでわかりやすくするなんてのは、糞の中の糞ですよ。ゼノはガンダムは言い過ぎかもしれませんが、ファイブスターのような存在にはなり得た作品であって、そのポテンシャルを大切にできていれば……ね。

任天堂のクリエイタークラッシャーぶりは、今に始まったことではありませんが……。無邪気な善意ある天然がどれほど始末に悪いのか。「コアゲーマーの敵」になっちまったなあ……というのが残念でなりませんね。しかし自身にはその自覚は無いんでしょうねえ。


スポンサーサイト

コメント

なんというかこの記事の件も含めて、Wiiの負の遺産をWiiUで払っている形ですよね。
一部の熱狂的な人々は任天堂の失態を認めていないようですが市場は正直です

この「目利き編集者」と「寄生マスマーケッター」の定義を完全に混同した人の話とくらべて。。。。

http://www.engadget.com/2013/08/23/playstation-4-shuhei-yoshida-gamescom-2013-interview/

Sony Computer Entertainment Worldwide Studios head Shuhei Yoshida:
"It's personal to me and many of us working at PlayStation," he said of his work with indies. "For many years, we've been big fans of working with small teams. They take chances. They come up with something unique, and sometimes it's very personal."

「上から傍観者目線」 vs 「個人的な思い入れ」。

違いは明らかですね。

ここ最近任天堂が新規IPをどんどん成功させているのなら説得力がありますが、
ほぼマリオ、ゼルダ、ポケモンに頼り切ってる状況だと
自分の好みを押し付けているだけじゃないかと思っていしまいます。

そもそも任天堂の他のソフトに見た目を合わせようとするのなら外部の会社に頼む意味なんてないような…

WiiUにおけるHD開発力の無さ、そもそものWiiUというハードの性能を考えてもゼノシリーズ新作に期待は大してしてません。
あのPVだとオープンワールドっぽくてネットワーク協力がありそうなゲームのようですが、
それからどこまで仕様やグラフィックをランクダウンしてWiiUのゲームの形にしてくるのかがある意味見ものです。
そして仮にスカイリムレベルのオープンワールドでネット協力プレイができるくらいのものを出せたとしても10万本程度くらいしか売れないのがWiiU市場の現状でしょうね。
未だに公式サイトすらない2014年発売予定なのでPS4XboxOneが発売された後にやっと出て、同額のソフトともっと惨めな比較をされることになります。
海外ほどWiiUは売れてませんしそうなるとゼノの名前のみで国内で売るしかないという。

お先が真っ暗ですが、まあそれでも任天堂の次世代、次次世代の投資と思ってモノリスソフトには頑張ってもらわないといけないですね。

今やSCEと任天堂は同志なのに・・・

さすがにここまで任天堂のチカラが落ちてくると(それでも小売としては任天堂がいなければどうなっていることか、という状況ではあるでしょう)同情したくなってきたりしますが、しかし。
本当はスマフォ、タブレット、ブラウザ等のCS以外のゲームプラットフォームが
立ち上がって来ていますが、その手のF2P系で最大の問題はCSのRPG等の大きな物語が作りづらい(永遠に続くストーリーでないといけないので)事があります。

だから物語主導のゲームが残るためにも今や任天堂とSCE(とMS)は同じCS文化を守る「同志」でなければならない筈です。
なんかねー、同じCSの中のパイをどう獲るか、という感覚が染み付いている気がして怖いんですよね。

ゲームプラットフォームとしては実は今はCSはONE OF THEMになっているという意識が薄いのがなんだかなー、という感じです。

私はゼノシリーズをプレイしたことは無いのですが、きっちりと作り込んだ新作が発売されれば、50~80万本は売れるシリーズだと感じています。
「PS3で発売されれば」という但し書きをつけて、ですが。
「テイルズオブエクシリア」がPS3で大成功を収めたのを見て感じたのですが、PS・PS2で人気だったシリーズは「同じPS系で出るのなら、好きだったから買ってみようかな」という浮動層が数十万単位でいる様に感じるのです。いわゆるPS世代といいますか、テイルズやキングダムハーツ、スパロボなどが任天堂系のハードで出ても今いちぱっとせず、PS系に「戻って」くると売上が戻るのは、この層辺りが動くからではないかと。
「ソニー製でなければ絶対に買わない」という宗教がかった発想では勿論なく、単にPS系はずっとコントローラーが基本的に同じ仕様なので(若干の変更はあるにせよ)久々にプレイしてもあっさり操作出来て、安心感があると思うのです。余り熱心に情報を集める訳ではなく、テレビCMなどで発売を知る層であっても、PS時代から「PSで出るゲームは映像や音が綺麗」というイメージが何となく染みついており、実際のゲーム画面を見て「今はこんなに綺麗になったのか、せっかくだから買ってみるか」という層がFFやテイルズの新作では十万単位で発生する様に思います。
同時に彼らのイメージの中では「任天堂=子供とファミリー向け」という認識が確定されていますから、任天堂のハードから出ると手を出しかねてしまう。
私自身も任天堂からゼノや零シリーズが出る、ということに未だに猛烈な違和感が拭い切れないというか、任天堂の社員自身が「ゲーム雑誌は買わない、同じゲーム業界に居るとは思えない程に違うゲームばかり」とまで言い切ってしまう程に全く傾向が違うというのに、何故そちらに手を出そうとするのか?
どうしてもコア層が欲しいのなら、「金は出すが一切口は出さない」ならばまだ救われますが(致命的にハード性能が劣りますけど)何故オタクではない人間が、オタクが欲しがっている商品を作ろうとするオタクの作るものに上から目線で指示を下すのか?
結果的に、任天堂も製作者もファンも、誰もが不幸になるだけの悲しい行為は本当に止めて貰いたいと思います。コミットメント達成はどう考えても不可能な状態で、まさかアトラスにまで手を出さない、と信じてはおりますが。

太田克史さんはまさに目利きでもって
ファウストを作り上げましたからねぇ。
コア層とりたいってんなら任天堂に必要なのはそういう目利きですよ。
どこまでいってもにわかファンみたいなスタンスなんですよね任天堂って。

>DAP さん
>どこまでいってもにわかファンみたいなスタンスなんですよね任天堂って。
大して技術もわからないくせに、「技術の目利き」を自称する人間が経営している会社ですからねえ・・・・。展望の無さは凄まじい。

まったくオタクっぽい人がいないとは思いませんが、世間のゲーム会社からすれば、ずっとぬるい・・・・にわかファン程度の人ばっかりなんでしょう。本気でオタクビジネスやりたいなら、そもそも最初から任天堂なんて入らないでしょうし、お付き合いもあまり無いんじゃないですかね。

まー、少なくとも、社長が訊くあたりでの発言を読む限りでは、(オタク的な意味での)本気で深いものを作ろうという姿勢は、誰一人からも感じられないですね。ゲーム職人としてこだわり続けてほしいとは思いますし、そういう部分ではいまだ強い尊敬をおぼえる会社ではありますが、オタクコンテンツやコアゲーマータイトルには関わってほしくないですね。

様々な可能性を秘めたクリエイターやコンテンツが、無邪気な善意によって駄目にされてしまう。

「小中学生には暗い画はうけない」というのは、あまりにも・・・な考えですね。
小中学生(大人もですが)にうけるかどうかを決めるのは、暗いか明るいか、ではなくて面白いか面白くないかだと思うのですが、今の任天堂の考え方は違ってしまっているのでしょうか。
かつての山内社長時代はそのような考えでソフトを作っていたと思うのですが。今はCEROのような年齢制限をソフト毎に設定することもあって、昔と全く同じというわけにはいかないでしょうけど、それでもメトロイドやファミコン探偵倶楽部など暗い世界観の作品を送り出し、それが年齢層に拠らず、支持されてきた歴史を持つメーカーの考え方がこのようなものになってしまっているとは、にわかには信じがたいものがあります。

>YA さん
まー、パブリッシャーの若造がディベロッパーのベテランに対して、知った風な口を利くというのは、下請け構造を過剰に捉える日本企業ではありがちな光景ですね。プラチナゲームスとか、神谷氏のような優れたクリエイターに対して、発注側だからといって、偉くなった気持ちで、高ぶったココロで接してしまう。ま、普通はそういうプロジェクトは破綻するわけで、やはり破綻したという事だと思います。

担当者氏にしても、その上司にしても、猛省していただいて、クリエイターのモチベーションを高めつつ、プロジェクトを完遂する方法論を模索していただきたいですね。

たかだか大企業にたまたま入っただけでの寄生虫ごときが、何かわかった風な思いを抱くというのは、古い日本の企業風景であって、そろそろ終わりにしてほしいものですね。プラチナゲームスの作風をチゃイルディッシュに貶めるという時点で、コアゲーマーではないわけですよ。ありえなさ過ぎて失笑。

「アクションゲームが好きな松下さん」というけれども、アクションゲーム好きなら、プラチナゲームスにあんなものは作らせないわけで、以下に任天堂がアンチゲーマー路線であり、コアゲーマーが社内にいなくなりつつあるかを物語ってますね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。