Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活へ向かうソニー。PS4はPS3以上の収益を生む!

ソニー、'13年度第1四半期は2010年以来のテレビ黒字化
スマホ好調、純利益35億円。「PS4はPS3より早く収益貢献」

ブラヴォォォォォーッ!!
アベノミクスの追い風に助けられて、ソニーのテレビ事業が営業黒字に転じたようです。約3年ぶりの黒字化となり、地道にコスト削減と付加価値追求を続けてきた結果が実りました。
テレビの黒字化の背景については「何も手品は無い」としながらも、昨年に引き続き固定費削減を着実に進めており、材料費やパネル調達の工夫を行なっている点などを挙げた。加えて「今期大事だったのは、4Kと、2Kのハイエンドモデルも含めた高付加価値商品で平均単価を上げる、あるいは維持したこと」とした。

イノベーション不足は残念ですが、地道な努力の積み上げは賞賛に値します。ゲーム事業は赤字でしたが、PS4に向けての先行投資で研究開発費が膨らんだため。攻めの赤字と守りの赤字はまったく意味が違います。事実、PS4はPS3よりも収益化のタイミングが早く、しっかりした利益を上げていく期待感が高まっています。
PS4については、「6月のE3で詳細を公表し、市場関係者から高い評価を得た。ユーザー同士がつながる体験を提供するPS4は、周辺機器やソフトウェアラインナップの拡充で、年末発売に向けて万全の体制を整える」(加藤氏)とした。

開発費用がかさむことで、発売当初は損益に影響するとの見方を示す一方で、加藤氏は「PS3は、Cellなど先端的なハードウェアへの投資をたくさん行なったため、当初のハードウェアの逆ざやでロスをこうむった歴史がある。それに比較すると、PS4のチップセットはもともとある技術に、私どもの技術を組み合わせて開発しているので、開発投資にお金はかかっていない。また、製造に関しても、基本的にはファブレスで、他社に製造委託するため、リスクを取った投資ではなく、前のプラットフォーム(PS3)より投資が軽い。立ち上げのタイミングでは費用はかさむが、これが先々に向けての回復力という意味では、PS3に比べると早く収益に貢献すると考えている」とした。

正直、まだまだ道は険しいと思いますが、苦しい時に物を言うのは粘り強さや日頃の積み重ね。頑張っていただきたいですね。


アイデア重視という言い訳を掲げて、技術の積み上げを怠ってきたとある地方企業にも爪の垢を煎じて飲ませたいほど。経営陣が驕り高ぶり、自らを技術の目利きと自惚れて、全社的な技術力向上を推進してこなかったツケは大きい。

ではでは全て経営陣の問題なのか?
自らを目利きと言っちゃう経営陣の可愛らしさに脱帽しつつも、現場の人達が上層部の世迷言をスルーして、しっかり技術を積み上げていればよかったわけで。

アリンコじゃあるまいし、社会人なのですから、自律的な判断力があって当然。そういう意味では経営陣も不幸ですよね。誰が見ても明らかに間違ったことをしていても、部下が誰も指摘してくれない。それはとてつもない不幸です。ある意味、経営レイヤーの戯言などスルーする現場力が必要なわけで、ある一定の範囲でそういう綱引きが存在する、それが健全な組織ですよ。

経営陣が目先の業績を追いかけて、現場の多様性を均一化し、可能性の芽を潰して回れば、組織は局所最適化されて短期的な業績は上がります。しかしその一方で現場力が低下し、中長期的には環境変化によって競争力を大きく喪失する恐れがあります。

結果はご覧の有り様ですよ。
HD機でのソフト開発力は相対的に低下し、ネットワークサービスも完全に時代遅れ。コアゲーマーからは愛想を尽かされ、熱狂的な人達の信仰心が試される事態に。

イノベーションは重要ですが、アップルはイノベーションを言い訳にして技術投資を惜しむことは無かったですよね。むしろトップガンのように切り拓いていきました。革新的な商品を生み出した自負がさらに企業を前へ前へと前進させる。そうありたいものです。目利きを自称して立ち止まってはいけない。それはただの怠惰であり、守りに過ぎません。


スポンサーサイト

コメント

アベノミクス()+米金融緩和収束観測による円安で棚ボタの為替差益を独り占めしないでWiiUの外貨建て価格を下げる、という策はなしですかね?逆ザヤ状態解消すらも出来てない今はムリ?でもロイヤリティの高いユーザーはぼやき始めてますよ。

PS4もバツイチも揃う年末商戦には不可避ですよね。

どうせ海外市場の外貨建て価格下げるなら、3DS下げた方が遥かに普通のアタマとは思いますけどね。


>ぶらりん さん
『マリオカート』と『スマブラ』『ゼルダ』が出る前に決着がついてしまうのが可哀想ですね。スタートラインに立つ前に終わってしまうという意味では、本体発売2年目に『風タク』『マリサン』『メトプラ』出して、一応全力の勝負ができた自称&信者いわく”最強の年末商戦ラインナップ”が揃ったゲームキューブのほうがまだマシでした。

計画性の無い頭の悪い糞ベンチャーじゃあるまいし、こうなることは2年前には見えていたと思うんですが(汗 自分達ならHD機でも他社の数倍の開発効率が出せると錯覚していたんでしょうか。それとも3DSの不調を立て直すのに必死で、冷静に考えている余裕が無かったのか。

在庫を売りさばくためだけの「余生」になってしまうのであれば、ぎりぎりまで値下げせず、どうしても在庫処分せざるを得なくなった時点で、ドリキャスのように撤退価格にすればよいのでは。

>自称&信者いわく”最強の年末商戦ラインナップ”が揃ったゲームキューブのほうがまだマシでした。
そんなこともありましたねえ(苦笑)

>在庫を売りさばくためだけの「余生」になってしまうのであれば、ぎりぎりまで値下げせず、どうしても在庫処分せざるを得なくなった時点で、ドリキャスのように撤退価格にすればよいのでは。

たしかに、ドリームキャストの方が正しいですかね

粘り強さや日頃の積み重ね、うーんそのとおりかもしれませんね。
PS3初期に各方面からボロクソに叩かれても、某社と違い決してE3から逃亡したりしませんでしたしね。
ネットワークにしてもソフト不足の時期にPSNでゲーム以外のコンテンツも充実させる旨の発言で
ノンゲームと揶揄されましたが13年の今俯瞰してみれば、その施策は当然の対応ですし
PSNはSENとなりグループの中核となる存在に飛躍しています。
SONYやMSはユーザーにアカウント制を定着させコンテンツのネット配信を日常的なものにするのに貢献して来ましたが
一方某社は技術力の無さを「ユーザーが無知だからアカウント制を導入しない」と言い訳

取り返しの付かないレベルに差が開いてしまいましたね

DAKINIさん

これも以前指摘させてもらったことですが、今のゲーム業界は4つのセグメントに分かれています。
1.PS4やXBOX1などのコア層のハイエンドゲームのセグメント
2.PS3やXBOX360、Vita、タブレットなどのアダルト層中心のミドルレンジゲームのセグメント
3.スマフォゲームなどで代表されるライト層向けのネットセントリックなゲームのセグメント
4.3DSなどのキッズ層やファミリー層を中心としたゲームのセグメント
同じセグメント(ほぼ同じ性能レンジ)なら、インストール数が多数か、性能が十分な機種が勝つというのがセオリー。

そう考えると、PS4はXBOX1に年末で普及台数で勝てばそのまま勝利するから、それに投資を集中するは当たり前。正しい戦略で正しい赤字です。
3DSは、セグメント4を取るために大赤字でアンバサダーして成功しています。しかし、セグメント2は取れていない。
WiiUは、セグメント2で頑張ろうとしているけど、インストール数がPS3、XBOX360と違いすぎるので行き場所がないです。
いっそのこと、アンバサダーしてセグメント4に移ればいいと思います。でも、1000億のコミットメントが足枷になりますが。
店頭の棚を確保するために3DSもアンバサダーしたのだから、同じ理屈なら店頭での撤去がリアルに始まっているWiiUはなおさらやるべきです。
でも、先日の決算発表では不思議に何もなかったです。

やっぱり、あのアンバサダーは、市場の匂いがよくわかっている筆頭株主の親分の指示だったのかな?
頭でっかちの岩田氏ではこんな暴挙はできないでしょう。

>名無し さん
>一方某社は技術力の無さを「ユーザーが無知だからアカウント制を導入しない」と言い訳
年末に導入するという噂がネット上にも流れてますが、結局導入するんだから、世話ないですね。導入しないなら貫けばいいものを、結局ヘタレだから、導入する。ただの言い訳だったと露呈しちゃいました。


>まう さん
>いっそのこと、アンバサダーしてセグメント4に移ればいいと思います。
セグメント4に移っても、サードパーティがどれだけソフトを出してくれるかというと・・・・。
さっさと諦めたほうがリスクは少ないでしょうね、率直に。

>あのアンバサダーは、市場の匂いがよくわかっている筆頭株主の親分の指示だったのかな?
無論、天の声の承諾なしに、あんな真似はできませんよ。
いわっち社長があんな決断できたなんて、業界人は誰ひとり、思ってやしません。

3DSの価格設定も馬鹿げてましたが、「3DSの反省を活かした」くせにWiiUの価格設定も高すぎましたね。根本的に消費者感覚を見失っているんでしょうね(苦笑

DAKINIさん
>セグメント4に移っても、サードパーティがどれだけソフトを出してくれるかというと・・・・。
>さっさと諦めたほうがリスクは少ないでしょうね、率直に。
セグメント4なら、自社ソフトだけでも立ち行きますから大丈夫でしょう。
また、トモクマくらいはサードから出してくれますよ。
天の声の目が黒いうちは、据え置きからの撤退は考えられないです。

> 無論、天の声の承諾なしに、あんな真似はできませんよ。
天の声の承諾は自明の理。むしろ、発案そのものも天の声ではと思っています。
いわっちにあんな発案は到底できないです。

>まう さん
天の声の発案というのは、上場企業のコンプライアンス的には色々とアレですが、まあ株主提案という概念もありますが、なかなかズバッとは書きにくいですね(笑 無論、おっしゃるとおりの真相だという事は、業界に古くからいる人たちは全員同意でしょう。

傀儡か、中継ぎ程度の認識だったピノキオ風情が、DSの神風で調子こいて、Wiiの上昇気流で舞い上がって、自律意志をもった人間になれるのかと思い込み、いや、まあ、その可能性は十二分にあったと思いますが、3DSとWiiUという無様な真似事をしでかして、再び丸太人形に成り果てた。
そういう物語でしょう。

そもそもWiiなんて、一発芸ハードで次もいけると思い込むほうがどうかしてるわけですよ。WiiUでWiiが完成するとか言ってましたが、丸太人形が人間になれると思い込むほどのファンタジーでしかない。

大体、現場の開発者にしたって、Wiiなんて一発芸だってさすがにわかっていたはずでね。ああいう奇襲が通用する期間は短い。にもかかわらず、奇襲しか行なわなくなるのであれば、お前は孔明かっつーの、SCEはシバイか? 現実を舐めるのも大概にしろ、という事でしょう。

経営陣が開発者出身という事を強みにしていたと思いますが、現場感覚を喪失した経営陣であれば、むしろ百害あって一利なし。現場の人間の本音を見抜けず、奇襲を王道と思い込んだ罪業はあまりに重い。低性能ハードで5年作るだけでも、虫唾が走るのが普通の感覚。まして10年にもなれば、おいおい、京都はクリエイターを閉じ込める刑務所だったのか?

まー、当然、出世狙いで、上役におもねる阿呆も沸いてきたでしょうからねえ。困ったことに。丸太人形に取り入るために、ゴミ屑をヨイショした獅子身中の寄生うじ虫は、さっさとリストラされればいいのに。なんだかんだで、国内の業界における存在感もあるわけだから、そこの天空城を崩壊させた罪は軽くないでしょうよ。

N64のソフト日照りや、ゲームキューブ時代の暗黒迷走期すら付いていった熱狂的な人達が本当に可哀想ですよ。ゲームキューブは、まだ新作タイトルが出てきたし、次の時代につながる種も無いではなかった。けれどもWiiUに何がある? なーんにも無い。希望なんて1つも無い。ただの絶望。

棒振りゲーが当たったからって、自社内に棒振りゲー量産させ、他社に対してドヤ顔で棒振りゲーを作りなはれ、とか言ってたのも、今となっては恥ずかしい過去。ドリランドが当たったからって、ガチャゲー量産させてたグリーと性根が変わらないよね。たまには、ああいう物が出てくるのはいいことですが、調子こいてそっちに走りすぎるのは愚の骨頂。


DSの次や、Wiiの次がゴミ屑みたいな機械になるのは予想された事態ではありますが、ソシャゲやスマフォの台頭によって、ゴミ屑でユーザーを誤魔化すのが難しくなったのは、彼らの誤算だったのかもしれませんね。一度は天井まで舞い上がったんで、残光の神通力で多少は売れると思ったのかもしれない。

それは彼らの甘さであり、絶望的な性根の腐敗ではありますね。ゲームキューブで辛酸を舐めたのを忘れちゃった。忘れちゃったから、思い出さざるを得なくなった。10年以上経って蘇る、絶望の谷。何とか再び這い上がっていただきたいものですが。さてさて・・・・。まずは筋トレから始めないとね。ちゃんとしたゲームを作る筋力が相当落ちちゃってるわけだから。

一番は、お客さんとのズレですけどね。
数年遅れでHD機出してきたと思ったら、ドヤ顔で出してきたのが2Dアクションですよ。意味わかんねーよ。Wiiでいいじゃねえか。3ヶ月以上待たせて、ローンチと似たようなミニゲーム集出してきたり。N64の頃は1本あたりのプレイ時間が長かったから、兵糧がなかなか届かなくても、熱狂的な人達ももったけどさ。いやはや、信仰心を維持するのも大変ですわね。天は試練のみを与えたもう。

傍から見ていると、任天堂とそのユーザーの関係というものは、お互いにとって大変不幸なものである様に見受けられます(当の本人達はそう感じてないみたいですが)
もはや「一番ましな撤退策はどれか?」でしかないWiiUを、「これを体験したお客さんは『もう元のゲームには戻れない』と言っている」節子、それ一般で言うところの客やない、単なる狂信者や!!と叫びたくなる様な有様。ユーザーが駄目なものは駄目、いいものはいい、と意思表示する土壌が全く形成されていないですね。まあ、「これはどうよ?」と言ったところで、「客の意見を聞いてもいいものは作れない」ってドヤ顔されるのですから、まともな感覚を持ったユーザーはとっくに離れているでしょう。某方の様に、愛が深ければ深い程、強烈なアンチになるしかない。
ゴッドイーターや討鬼伝の開発者の爪の垢でも煎じて飲め!って言いたいです。特に後者は、最初の体験版は「…ああ、これはもう駄目だわ、コーエー、やっちまったな…」と哀しくなる程の出来でしたが、あんな短期間でユーザーの要望や苦情に真摯に耳を傾け、あれだけのものに仕上げてきた。
ドラゴンズクラウンも、この時代に古き懐かしい時代の2Dアクションを真摯に、丁寧に作り上げてきた。
だから我々は、値段なんて気にすることなく、喜んで買うんです。なかなかゲームの売れないこの時代に、しかも新規IPを立ち上げよう、というメーカー側の心意気と、その出来が素晴らしいものであるのなら、幾らでも金は出します。次回作が出せる様に、次回作は更に面白い出来になる様に、喜んでお金を出すんです。
「これじゃ駄目だよ」と真面目に訴えて「何様のつもりだ」と言われる、前代未聞の社長を抱えている様な信じられない企業には、ビタ一文出す気はありませんけれどね(苦笑)

>桜木 さん
>「これじゃ駄目だよ」と真面目に訴えて「何様のつもりだ」と言われる、前代未聞の社長

絶頂期の発言であれば、まだともかく・・・・WiiUみたいなスクラップ機を発売しておいて、案の定売れなかった現在、口にしていい台詞ではありません。馬鹿すぎます。

「美学」と言ってたくたたん以上に、アレすぎる発言でしたね(苦笑
炎上してないのは、単にもうすぐクビになる社長の戯言だと思われているからにすぎません。何も考えずに発言していたことは、皆さん、もう理解しているわけで。

もうね・・・・。
このブログも結構長い年数になってますけど・・・・神君と賞賛されていた数年前から、懸念は表明していたのですが、本当に懸念が的中しまくってしまった。

晩節を汚さないでいただきたいのですが。出井氏やくたたんよりも、酷いですよね、ホント。

くたたんは尖がりすぎて、未来に生き過ぎました。なので今頃になって再評価されています。いわっち社長は、果たして再評価される日が来るんでしょうか。大器と比較するのは残酷すぎますが。

ま、社内に味方も減ってるんでしょうし、メディアや社員もお追従を言わないから、寂しいんじゃないですか。経済誌であれほどの長いインタビューが載るのは珍しいですが、ゲームメディアに相手にされず、投資家への満足な説明できない今、思いついた事をぺらぺらとしゃべらせてくれる相手に飢えているんでしょうね。

やってる事がいかにも「晩節を汚す、かつて神君と呼ばれたけど、化けの皮がはがれた経営者」の典型なんですよね。腹心や部下達も、きちんと花道を用意してやれよ、と思いますが・・・・ね。所詮、お追従を言うだけしか能のない寄生虫にはそんな甲斐性を望むべくもないのかな。腐敗って恐ろしい。花道って概念さえ、知りもしないのかもしれませんが(苦笑

もしかして社長って2ch見すぎなんじゃないですかね?
一番厄介なアンチソニーと言うのが任天堂擁護してますが彼らは任天堂が自分達の大嫌いなSCEにライバル心剥き出しだから擁護してるだけでゲームに興味あるような任天堂ファンボーイではないんですけどね。
そのアンチを自分達のファンボーイで自分が何言っても何があってもネットで擁護してくれてソフトも買ってくれてる!と勘違いしてるんではないでしょうか・・社長曰く「今まで任天堂寄りの発言をしてくれていた人たちがミーバースでハッピーな状態にあるので、ネットでは発言しなくなってしまった」ということです。
ひろゆき氏も言ってますがうそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい
選挙で言えば2ch系で安倍総理万歳と盛り上がってましたが現実では若者の政治離れなのか相変わらず投票率が下がってる。
ちなみにWiiUも3DSもネットでは絶賛状態です。

>PON さん
>ちなみにWiiUも3DSもネットでは絶賛状態です。
え?
WiiUなんて16万台の件以外、話題になってないような・・・・僕が見てるインターネットとは違うネットがあるようですね。

「ドラクラ」「逆転裁判」の話題以外は見かけませんね。
アニメ化の影響でダンガンロンパの話題もちらほらと。

WiiUを絶賛ねえ・・・・丸太人形の脳内お花畑を除くと、動物園の珍獣の檻、みたいなものがどこかにあるのかもしれませんね。ネットは広大という事でしょうね、想像の拉致外の生命体に出会うことがあるのかもしれませんw

お前には失望した・・・・

いわっちは確かDSでヒットを飛ばしてPS何するものぞ、という時にほぼ日(!)のインタビューで、
「とにかく社員と話して謙虚に耳を傾け行動する。こっちも言いたいことは言う。復活の為の近道は無い」
とか言っていて、おおわかってんじゃんと思っていた、そのいわっちが
「何様のつもり」
とかいう発言を聞いてちょうがっかりしましたよ、私は。
いや、いろいろ分かるのですが、しかしDS時代はそういう事自体を言わないセンスがあった。
しかし今は・・・・。やはりなんというか根本がズレて来ているのでは、と傍目からは思います。

>Average さん
>「何様のつもり」
あの発言は無いわ~って思いますよね。
いや、文脈的には、お客さんから否定的な事を言われて一瞬カッカしても、冷静さを失わずに耳を傾けよう、って話ではあるんですが、わざわざ「何様のつもり」なんて表現を使う必要は無かった。くたたんの美学発言も、勝手に独り歩きしたわけで、政治家や大企業の社長の発言というものは揚げ足取りを取られやすい。

昔は、そういう感覚をもって、注意深く発言していたんですがね。
心の中ではそう思ってるのか~、という風に受け取られてしまう。任天堂に対する批判が多い昨今、非常によろしくない発言ですよね。

本当はそんなことしたくないのに、口うるさい消費者に批判されて、しぶしぶやっているという事を暴露してしまった。そう取られてもおかしくない発言。お客さんの笑顔が見たいと言っていた人物の発言とは、到底思えません。

無論、クリエイターも経営者も人ですから、感情もある。批判されれば、頭に血が上ることもある。それはわかります。しかしそんな事をわざわざエクスキューズするのは、プロフェッショナルとしてどうなのか。弱みを意図的に見せる演出? いや、それは今やることではないでしょうよ。

ttp://blog.esuteru.com/archives/7251764.html
>当社には企画書がない。

開発費の増大は避けられそうに無いですね。
無駄金を使って株主に申し訳ないとか思わないんですかね?

もしかして、株主は山内御大しかいないと思ってるんでしょうか?

>ウチには“カイゼン”という考え方がありません。新しいモノしかつくらないからです。

そうして出来上がったのがマリオ、ピクミン、ゼルダ、マリカ

あれ?

>T.S さん
ひさしぶりの社員馬鹿発言、炸裂ですね。
神企業よばわりされてた頃に、オタクゲー批判したうえ、ゲーム雑誌を普段読まないとかのたまった馬鹿もいましたが・・・・。

任天堂社員「ゲーム雑誌を開くと美少女アニメ絵ばかり。もはや我々の作るものと同じゲームとは思えない」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1079663.html

世間知らず自慢をするあたり、真性のバカですね。

> 任天堂で開発の中核に携わる社員に聞いてみた。
> 「確かに、世の中の“ゲーム”というものと我々の作っている商品がいかに違うかと
> いうことは折に触れて実感しています。たとえば、本屋でゲーム雑誌を開くと、目に
> 飛び込んでくるのは美少女や色とりどりの魔法が炸裂するアニメ絵ばかり。もはや、
> 我々の作るものと同じ娯楽ゲームだとは思えません。…え、ゲーム雑誌? 普段は
> 一切読まないですね」(任天堂本社社員)。

業績良かったころなら、都会に現れたシャーマンのように神々しさの1つもあったかもしれませんが、現状では原始人が裸で都会を歩いているようなもの。そんなこともわかんないでしょうね、真性ですな。

そう言えばWiiU龍が如くのプロモーション多分任天堂はやってないですよね
ついでに言えばソニックもベヨネッタ2も
しつこいくらいやってたダイレクトもやりませんし
強奪したら満足して放置の体質は変わらないんですかね?
任天堂ユーザーが欲しいタイトルかはわかりませんがサードには赤字覚悟みたいなもんだし任天堂は広告費くらいは出すべきではないでしょうか

> AAA さん
ああ、そういえば、来週なんですね。
SCEとの差がどこでついてるか。営業力の差が大きいわけで。小型のタイトルだからといって、手を抜くという姿勢はやっぱり信用されませんよ。

『6』ではなく、『1&2HD』なのはそりゃ確かに様子見&小出しなのは事実でしょう。でもだからこそ、期待値より多く売れて、案件として黒字になることで、それがささやかな金額だったとしても、相手先企業も「一応、6もいってみます?」みたいに変わっていくわけです。そういう基本的な所がわかってない。

アイデア重視で商品作って、それが大ヒットすれば、他社は頭を下げて出させてくれってやってくる。その快感が忘れられないんでしょうかね。地道に営業するって重要なんだけど、そういう地味な努力からは喜びを得られないんでしょうかね。

自社ソフトの『レゴシティ』もさらっと出ちゃったし、『The Wonderful 101』も現状大して宣伝してませんから、広告宣伝費を全般ケチってるように見えるんですよね。ケチなお金持ちや、お金の出てこない貯金箱に何の存在価値があるかは謎です。『101』なんて、売る気が無いなら、最初からお金を出さなきゃよかったのに。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。