Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最大の喜劇はむしろこれからなのかな?

夏商戦における任天堂の切り札、『ピクミン3』が発売された週のWiiUの売上が出ました。
2万2199台売れて、いよいよハードの累計実売数が100万台に迫っていますね。
ゲームデータ博物館 - WiiU

競合のPSVitaも当初大苦戦でしたが、累計160万台を突破しています。
ゲームデータ博物館 - PSVita

大きな差は普及台数よりも、タイトル数ですよね。ゲームデータ博物館にカウントされているタイトルの本数がWiiUは12本、PSVitaは73本。サードパーティ、特に中堅メーカーのタイトル数が相当に異なっており、PSVitaがコアゲーマーをしっかり捕まえて、アクティブなユーザーを囲い込みつつある状況が浮き彫りになります。

普及台数ではWiiUの10倍以上、PSVitaの6倍以上の3DSを見てみましょう。
ゲームデータ博物館 - 3DS

掲載タイトル数は164本で、普及台数を考えると、サードパーティのタイトル数がさほど多くない事がわかります。上位タイトルの大半を任天堂とレベルファイブの2社が占めており、コアゲーマー向けのタイトルを供給する中堅メーカーの存在感が極めて薄いのが特徴です。

売れ筋を見ても、小中学生向け、女児向けのタイトルが大半を占めていることがわかります。スマートフォン所持率が低い、子供層を男児、女児問わず、がっちり囲い込んでおり、この辺りのマーケットは相変わらず堅固です。欧米に比べれば、国内の子供市場は大変堅く守りきれています。

3つのハードの市場を俯瞰してみれば、明らかにユーザー層が住み分けています。もはや単純な普及台数は意味を失い、どういうユーザー層がどこにいるかが重要です。


さて話をWiiUに戻すと、夏タイトルの目玉である『ピクミン3』の売上がなかなか厳しいですね。
しかしピクミンシリーズは、累計販売数に対して初週販売数が少なめのタイトルです。
ピクミン 初週:101,299 累計:507,011
ピクミン2初週:161,930 累計:483,027
ピクミン3初週:92,720
累計25~30万本ぐらいまでは伸びるのでは、と思いますが、普及台数の低さを考えれば、健闘していると言って良いのではないでしょうか。

ただ、この後有力なタイトルが乏しいことを考えると、来春の『マリオカート』、来年?の『スマブラ』まで、本体を強力に牽引するタイトルが見当たりません。かなり大胆な施策を打たないと、もはやどうにもならないでしょう。据置ゲーム機からの「結果論としての撤退」になりかねません。市場が相手にしてくれない。

問題は、従来の任天堂機を支えていた子供層とファン層の両方から十分な支持を得られていない事です。子供向けには定番タイトルの充実と、本体価格の引き下げが必須で、逆にいえば、そこさえやれば多少は挽回できます。深刻なのは、任天堂ファン層の期待を大きく裏切っていて、彼らがむしろアンチ化しつつある現状でしょう。バイラルの起点にもなってきた彼らから見離されれば……。

コア層向けのソフトも実質モノリスソフト最新作1本だけですしね……。


PS4とXbox Oneの末期に次世代WiiUを出すようでは同じ失敗の繰り返し。
速やかに次世代据置ゲーム機の準備に入る必要があります。

しかし問題はソフトウェア技術が全然追いついてないこと。10年間技術が停滞していたツケがあまりにも重い……。ここを克服しなければ、結局、自社ラインナップが充実しないでしょう。経営陣の入れ替え等によって、技術投資への理解が深い人間を入れ、3~5年間は集中的にキャッチアップを図る必要があります。

現在の任天堂の中核スタッフでは、全然時代に追いついていない事実を深く反省し、企業買収を含めた新体制の構築が不可欠ですね。エンジニア出身の役員がいる割には、技術オンチっぷりが露呈しており、技術の目利き()というシュールな自画自賛ジョークが虚しく響きます。まぐれ当たりに気を良くして、勉強と研鑽をサボっている人達の事を目利きと自称するのは、全世界広しといってもこの会社だけでしょう。

そもそもこの規模の会社であれば、経営陣が何を喚こうとも、反骨精神でこっそり技術を研鑽しているような社員がいたっておかしくない。牙を抜かれた狼でもあるまいし。

それが無いのだとすれば、それは組織統治の方法論が間違っているのですよ。以前から書いている事なので、常連の読者の方たちはまたかと思われるかもしれませんが、あえて繰り返せば、組織は最適化し過ぎてはいけないんですよ。無駄がなきゃいけない。無駄があるから、それが環境変化の際に強みに変わることもある。

DSが当たったから3DS、Wiiが当たったからWiiU。そんな創造性の欠如した仕事をクリエイティブと称す欺瞞。そんな欺瞞に盲従する人達しかいないのであれば、そりゃ環境変化には恐ろしく脆弱でしょうよ。連結従業員が5000人以上の大組織ですから、山っ気のある人材が豊富に隠れているはずと確信しています。確信したいものですよ、ホント。


一番恐ろしいのは、据置ゲーム機市場での敗北ではありません。

海外ではキッズ向けにもタブレット機などが浸透してきており、国内の子供市場を除く、全世界のあらゆる市場を失ってしまうという恐ろしい可能性ですよ。WiiUの喜劇を次世代3DSで繰り返さない可能性がまさかゼロパーセントだなんて楽観してませんよね……。

これから数年の舵取りを誤れば、技術力の低下はさらに深刻になり、ソフトウェア技術の点で完全にフェードアウト。キャラクター人気の高さで関連商品(ゲームソフトを含む)を売っていくだけの企業になってしまうでしょうね。

まー、ディズニーの凋落の歴史を辿ったとしても、それでも当分の間は食うに困らないほどのIP資産は抱えていますが。事業規模を縮小して、版権管理会社になる可能性も「あり」なのかもしれません。悲しい未来ですが、それが現実にならないとはもはや誰にもいえないのですから。

スポンサーサイト

コメント

岩田社長も辞めるとは言ってないと言ってるのでまぁ体質は変わらないでしょうね。
山内氏の傀儡で終わる人ですし改革派なんて絶対氏が認めないでしょう。
そして何故あそこまで神格化されてるのかわからないですが宮本茂氏が開発に関わり続けたのが任天堂失敗の原因だと言われてましたが確かにFCSFC時代から大して変わってないんですよね。
かといってじゃあ変えられるの誰だよと言われても居ないのが現状ですかね。
そこら辺は技術のゲイツ氏が抜けて財政バルマー氏独裁になってるMSも今は一緒のようですけども・・人材不足と主力事業が不振で迷走中ということが。
SONYはとりあえずは一歩先に抜け出してこれからなんでしょうけどTVは何しても駄目でしょうね。

国内の3DSも、層が合ってそうなデジモンやトリコが低調に終わってるのが今一よくわからないな-と思っていたんですが、
よくよく考えれば今年の席はモンハンとポケモンで埋まっちゃってるんですね。

そうなってくるとPS3+PSP+VITA vs 3DSという構図になっちゃってるのが任天堂にとって痛手ですね。
メインユーザーの購買力はアテに出来ない。
サードも他所で出した方が儲かるから留まってくれないと。
バンナムなんかついにFCソフトの詰め合わせでお茶を濁しはじめましたからねぇ。
開発費かけるつもりは無いですということか。

宮本さんの発言は全部いわっちのせいだ(真顔)

私、勝手な邪推ですが、宮本さんのアレゲな発言って、いわっちが言わせてんだろ、と信じてます。
今まではいわっちがああいう事を言っていたんですが、何言っても嘲笑されたりして、打たれ弱い(笑い)いわっちが、神格化されている宮本さんを担ぎ出して、自分の言いたい事を言わせてんじゃねーの、と。
宮本さんは正直もう開発の最前線からは抜けていると思ってます。

・・・・・とクリエータを神格化したい私は信じております。わはは。

>PON さん
いわっち社長は、後任を育ててないんでしょうからねえ……。居座られても困るが、居なくなられても困るという酷い状態ですね(苦笑


>DAPさん
>バンナムなんかついにFCソフトの詰め合わせでお茶を濁しはじめましたからねぇ。
開発するとは言ったが、開発費を掛けるとは言ってない!
とドヤ顔で宣言するのかもしれませんね。

> PS3+PSP+VITA vs 3DS
WiiUが自滅しきったところで、PS4が満を持して登場するわけですね。
スロースターターであっても、PSVとPS3市場があるから、誰も困らない。


>Average さん
手塚治虫などの漫画の巨匠もそうですが、どれほど大物のクリエイターであっても、山があれば谷がある。ホームランを連発するときもあれば、凡打が続くときもある。そういう理解でいいんじゃないでしょうか。ゲームキューブ時代の任天堂も、全然飛びませんでしたからね。今はそういう時期ということで。

売れる売れないは時の運の部分もあるし、クリエイターの発言なんてものは売れている間は異常に説得力を持ち、売れない時は説得力を欠くものです。ですから何を言うのも自由ではあります。作品が受けていれば、何を言ってもまかり通るし、受けなくなれば、何を言っても聞き流されます。

WiiUでどんな新作を出すのか、とても期待しています。

なんですか。これは。これが本当ならもう日本から出て行って貰いたい。

任天堂がおこなうWii U開発ツールの無償提供、日本からの申請は不可であることが明らかに
http://www.inside-games.jp/article/2013/07/23/68803.html

ちょっと面白い宮本氏のインタビューを。
【ほぼ日刊イトイ新聞 ピクミン3特集 第7回 足りなかったらそのときにつくろう。】
http://www.1101.com/nintendo/pikmin3/2013-07-23.html
最初からDLC(ひょうとして有料?)前提の完全に意図的な未完成ボリュームだったようですね。
フルプライスであるにも関わらず。
まだ、全文は完全に読んでいないですが、ちょっと頭が痛いかも。
宮本さん、しっかりしてください。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。