Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濃度の高いゲーム機がますます濃くなっている光景ですね。

ソフトウェア 週間販売ランキング TOP20
コーエーテクモの新規タイトルである『討鬼伝』がPSVitaで12万4000本、PSPで6万9000本売れて、合計19万3000本のスマッシュヒットになりました。またPS3向けも手堅い売上のタイトルが続いており、『ガンダムブレイカー』が約20万本、『エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~』が約6万1000本、『デート・ア・ライブ 凜祢ユートピア』が約2万6000本で、サードパーティにとってPS3とPSVitaが着実に市場になってきました。

正直「せっかくPS3がビジネスになってきたのに、もうPS4なの?」という声も聞こえてきそうですね。そこはSCEの事ですから、PSVita、PS3、PS4のマルチ展開がしやすいような施策で、安心感のあるビジネスチャンスを提供してくれるでしょう。

この辺り、携帯ゲーム機をやらないマイクロソフトや、ハードの特徴を活かす事を至上命題とするがゆえに、携帯機と据置機のマルチ展開に極めて消極的な任天堂とは異なります。

コンシューマーゲーム市場が盛り上がっていれば、任天堂のような姿勢でも、サードパーティは付いてくるでしょうが、スマートフォン市場が拡大して、「第2のパズドラを出せ」という強い圧力に晒されている大手ゲーム会社にとっては、コンシューマーゲームに割けるリソースは限りがあります。

ソーシャルゲーム向けもまだまだ続きます。グリーが利益低下していると言っても、ソーシャルゲーム市場はまだ健在で、DeNAもセカンド案件の拡大によって、大手ゲーム会社や大手SAPをがっちり囲い込んでいます。グリーが落ちぶれたとしても、他の企業がのし上がってくるだけで、コンシューマーゲームが再び隆盛するのはなかなか難しいのが実情です。

アーケードゲーム⇒コンシューマーゲーム⇒ソーシャル&モバイルゲームという大局は変わりません。SCEはそうした現状を冷静に受け止めて、極めて現実的なビジネスを展開していますね。一方、マイクロソフトは……

マイクロソフトは新ハード立ち上げの土壇場で幹部が引き抜かれる不運に直面している他、メディアの報道も全体としてPS4の逆襲に沸いており、最初の発表からE3を経て、発売前の「前哨戦」においては、SCEに極めて良い風が吹いています。

また任天堂は欧米における存在感をものすごい勢いで喪失しており、今年のE3は悪い意味で2003年のゲームキューブ敗戦のE3と並ぶものです。嘲笑を浴びるのが嫌で敵前逃亡したとしか思えません。WiiUのラインナップを見ても、今年は売る気がまったく感じられず、具体的な反転攻勢は来年まで持ち越しでしょう。

来年こそ『ゼルダ』新作の発表を行い、任天堂復活の狼煙を上げてほしいものです。今年は死んでおくしかない。気になるのはレームダック化が進む岩田政権の先行きで、「ゾンビがしゃべってる」状態になってしまうのかどうか。

来年のE3も墓の下からしゃべるような状態になれば、任天堂の欧米に対する影響力を中長期的に喪失しかねないだけに、気合を入れなおしていただきたいものです。任天堂がE3という大舞台で2年連続、無様をさらしたことは無かったですからね。


スポンサーサイト

コメント

クラブニンテンドーから個人情報が漏洩した様ですね。
15,000,000回以上の不正アクセスを受けながら、一か月以上も気付かなかったこと、株主総会が終わるまで隠ぺいしたこと、更には発表が金曜日の株式市場終了後、更には発表文に一言も詫びの言葉が入っていない、と最悪のコンボが決まってますね(笑)本当に東証一部上場企業なんですかね、この会社。業種は違うけれど、社会人の端くれとして信じられないです。
ソニーの時は実害はありませんでしたが、ログインされた方の個人情報は抜かれてしまった様ですし、果たしてどの様な対応をするのやら。「俺は悪くねぇ、他社から漏れたせいだ!」と書いている辺りは絶望的な気がしますし、漏れたのは他ならぬ熱心な信者の方々なので、このまま有耶無耶になりそうな気がします。
散々ザルセキュリティと言われてきましたが、本当にこの会社は技術がないのですね。改めてびっくりしました。

> 桜木 さん
まー、任天堂の上層部にとっては、ネットは野蛮の大地であって、そこでIDとPASSを登録する蛮勇者がどうなろうと、知った事ではない、というのが本音ではないでしょうか。

あと、ネットワーク技術の低さに関しては、片田舎の大名らしく、井の中の蛙で、そもそも自覚が足りてないと思います。技術面では劣等企業であって、言ってしまえば、技術者としては二流、三流の人達が入る会社ですが、プライドが高くて自覚が無い、という事ではないでしょうか。

少なくとも、まともなネットワーク技術者なら、任天堂に入社したいとは思わないはずですよ。ソーシャル企業が乱立する今、給与面でも、規模ややりがいの面でも、任天堂のネットサービスを手がけるよりも、充実した職場は数百はくだらないでしょう。

ゲームプログラムを作りたい人にとっては、いまだに聖地の一角ではあるのでしょうが、ネットサービスに関心のある技術者にとっては、砂漠に水を撒くようなもの。

まー、クラブニンテンドーはおそらく外注に丸投げであって、無能な外注が任天堂ブランドを傷つけた!許せない!許せない!許せない!許せない!・・・・というのが予想される反応ではないでしょうか(苦笑 その無能な外注を選定して長い事使ってたのは誰だっけ、というのは当然のごとく頭からすっぽり抜けているんでしょう。

Vita,PSP,任天堂・・・・

2008年のDAKINIさんの記事を見ていたら、PSP普及250万台で30万本のヒット!とかあって、ああ、Vitaってもう2008年頃のPSPのポテンシャルはあるんだなーとか思いましたね。
一方2008年頃の話としてWiiHDが出る出る、という話があり、なおかつ地デジの普及に疑問符をつける任天堂贔屓の方のコメントがあったりで・・・
あの頃と今、信者のメンタリティはあんま変わらないのが吃驚しました。
(これはPS贔屓、任天堂贔屓どちらも同じだと思います)

当時ハルヒのWii展開に「これ失敗でしょ」と書いたエントリにしつこく反論していた人にブラックリストです、と宣言していたのに当時「それ厳し過ぎないすか」と思いましたが、現状を見ると「むしろ生温かったのかも」と思ったのも意外でした。
というか現状を見るとあの当時のDAKINIさんの指摘がすべて当たっていたのが凄いですね・・・。

>Average さん
まー、出しておけばよかったのかも知れませんね。WiiHD。ただ、現状のぐだぐだ感を見る限り、結局2010年、11年以降になってしまって、タイミング悪かったかもしれませんが(汗 それと、そっちにパワーを割いていたら、3DSの初期のつまずきを立て直すラインナップは用意できなかったでしょうか。

> 当時「それ厳し過ぎないすか」と思いましたが、現状を見ると「むしろ生温かったのかも」
> と思ったのも意外でした。

わざわざブラックリストと宣言するあたりが、我ながら、要らぬお節介というか、”大人でない”優しさでしたねえ……。黙ってBANするか、非承認が大人の優しさですね。

(まー、当時は柄にも無く、熱狂的な人達もいつかは冷静な世界に回帰するのかもしれないな、という考えがありましたが、別段、うちのブログのコメント欄が社会復帰センターではないのですから、そこまで世話を焼いてあげる必要はありませんでしたねえ。)

実際、当時に比べれば、自然に現実世界へ回帰されている方達も相当数おられるようですし。それでいいんじゃないですかね。とはいえ、そういった方達も、愚痴のようにブログを更新されておられるようで、ファンが粘着アンチになるという現象が発生しているのが興味深いですね。

市場の分化という現象に関しては、スマフォやソーシャルにユーザーが流れた結果として、さらに鮮明になってきたように思えますね。普及台数至上主義は京都の1社を除いて、誰も信奉してません。ユーザーがどこにいるかなんですよね、結局。年1,2回のパーティゲーム、ファミリーゲームにしか興味を示さないお客さんたちを相手に、ゲーマー向けのガチゲーを提供しても、売れるはずが無い。

例外的に熱狂的な人達がいらっしゃいますが、彼らは結局京都のゲームが遊びたいんであって、コアゲームが遊びたいわけではありませんから、相手にしても非効率ですよね。世界的に見ても、希少種の部類であって、彼らの嗜好にあわせたところで、海外はもちろん、国内のコアゲーム市場でも通用しない。

彼らの嗜好は、大多数のコアゲーマーからずれています。N64の頃には、まあ、任天堂のゲームは海外で刺さってましたが。それ以降はダメでしょ。

そのずれを彼らは、自らの目利き性(ゲーオタの阿呆どもには評価されてなくても、俺様はきちんと評価しており、その評価が正しいからこそ、啓蒙されるべきライトユーザー達はついて来るのだし、任天堂も儲かってしょうがないのだ、これぞ客観評価なりーーーー!!)と思い込んでますが、滑稽ですね。

クラシックゲーム大好きってだけで、新しい物に積極的にチャレンジしない保守的ゲーマーなんですが、それを直視したくないがゆえに、任天堂=業界のリーダー、サード=リーダーに服従しない愚者の群れ、という世界観で生きているんじゃないでしょうか(苦笑

DSの最盛期であれば、そのような理解は可能でしたが、そろそろ夢から醒めるべきでしょうね。皆、現実の世界で生きているのですから。クラシックゲームが好きなのは悪い事ではないのです。熱狂的な言動が迷惑なだけで。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。