Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業界の末世と来世というか。(大量に追記)

任天堂岩田社長、辞任に否定的考え示す
まー、ご本人がこういう事言い出すのは皆さんの予想通りではないでしょうか。
やっぱりしがみついたか、という複雑な思いを抱きつつも、「3DSの次」「WiiUの次」まではやってほしかったのも事実。取締役会も半数入れ替わったわけで、半分は責任取ったよね、という体裁も成り立った。全力で責任を回避してもオッケーという判断でしょうね。

つか結局、後任人事が一番の問題なんですよね。
後任がいないから、こうなる訳です。

とはいえ、本当に延命できるのかどうかは不明ですよね。天の声もあるだろうし。

そういえば、スクウェアエニックスでは和田元社長が会長に就任するようで(ホールディングスではありませんが)、なかなか……。こちらも色々な声があるでしょうけど、後任人事がねえ……。

末世というか、すでにあの世に入ってるんでしょうかね。


p.s.
こちらの意見を読んで、「ああ、確かにレームダック化回避という話はあるよね」と思ったので。

岩田氏: 「辞めると言った覚えはない」
みらい的コメント:
辞めたくないのか、辞められないのか、辞めさせてもらえないのか。
それとも辞める必要性がそもそもない、という意思表示なのか。

背景については何も分からないが、今期辞任という敗色が日に日に強まる中、レームダック化に歯止めをかけるためのギリギリのブラフ、というあたりが消去法で残る選択肢かと個人的には推定。


今回、取締役会のメンバーが約半分入れ替わって、外部大臣が交替して、総理大臣も変わっちゃう可能性が出てきちゃうと、恩義的な物も含めて、どこまでお付き合いしたらいいか、サードパーティもよくわかんないかもしれない。実際問題、業界のお付き合い感からすれば、WiiUのラインナップの少なさは異常でしょう。

無論SCEと任天堂の対サードの営業力の違いは大きいよね。お互いにリスクを取って広げていくという発想がないと、なかなか厳しいし、業界のお付き合い感だけで引っ張るのは閉鎖的な企業には難しい。PSVitaのミリオンアーサーとか、結構ネットにバナーも出てますけど、あれ全部スクエニさんじゃないですよね、多分。PS3のダウンロード専用ソフトの『ビビッドレッドオペレーション』も、おそらく支援してるよね。

モンハン大切にしてるけど、他のソフトはどうなの?ってのがみんなの疑問でしょ。いや、何もやってないわけではないし、頑張ってる部分もあると思うけど、やっぱりSCEには一歩も二歩も足りてない。特に中小対策はすごく差がありますよね。


ゲーム専用機でさえ、PSとXboxはもう中身はほとんど一緒になっちゃって、カメラコントローラを同梱するかどうかとか、タブレット方コントローラを専用で用意するか普及してる物を使うかどうかで本体価格が変わってくるだけ。そうやってプラットフォームが均質化しちゃった結果、どうなったのか?

中古をどうするかとかね、掲げたポリシーの違いばかりで大きく判断されてしまったわけでしょう。本当にね、差はそこにあるし、そこがすごく大きい。プラットフォームの差は政党みたいになってきてる。

例えば、国内のSNSでモバゲーとグリーがあって、パズドラの大ヒットでどちらも時代遅れ扱いされちゃってるけど、まー、グリーはかなり追い込まれてますが、モバゲーはなかなか頑張ってますよね。その差ってどこにあるかというと、2社の方針の違いだけなんですよ。

モバゲーは選別主義で、浮かび上がってきた会社だけを徹底的に優遇する。浮かび上がるまでは勝手にやれという放置プレイ。担当者が付く事自体が珍しい。そのかわり、支援するとなれば、きちんと提携もするし、小さな会社にリスクを負わせるのは避けて、セカンド案件で良い条件を提示したりもする。

グリーは逆で、後発という事もあって、参入すればほぼ全ての会社に担当がついて、コンサルティングを受けられたわけです。平等すぎるというのが逆に陣営の企業から不満があったほどで。コンサルティングは手厚かったから、グリーが一度はモバゲーを追い抜く原動力になったのは確かです。

その副作用でカードバトル一辺倒になりすぎたし、グリーショックが起きたわけですよ。それと、体質として、自社でリスクを負うのを極端に嫌がる傾向が強い。ガラケー版のみ作ればよくて、カードバトルをクローンしていればよかった時代には、開発費のリスクをSAPに負わせてもさほど問題なかったんですけど。

専用のハードウェアが不要で、プラットフォームの機能もほとんど同じ。でも差は拡大していく。プラットフォームって、運営でものすごい差が付くようになってきた。ただ、それって任天堂がすごく苦手なことだから、困っちゃってますよね。

市場やプラットフォームが少なかった時代には、ゲームで商売したいなら任天堂に行くしかない、という状態で、良くも悪くも「基本は待ち姿勢」の殿様商売もできたんだけど、できなくなっちゃった。自社のヒットで普及台数を伸ばして、後は「勝手についてこい。ショバ代払え」ってのはヤクザの手法であって、ファミコンのあの大成功でさえ、スーファミまでしか保たなかった。DSの大成功なんて、Wiiの中盤までしか保たなかった。

もう無理なんですよ。そういう方法論では。ハードを売る所まではできても、その後が続かない。持続的にプラットフォームを活性化し続けるには、プラットフォームの政策を継続的に運営する組織、チームが必要で、起きているのはそこのレイヤーの競争なんです。環境はすっかり変わってしまった。

民主党どうだったっけ、維新の会どうだったけ、というのを「他山の石」にしないと。岩田政党って何を掲げてましたっけ、という話ですよ。精神論は色々言ってるけど、結局内容が無かったよね、というのが中長期的な結論になりつつありますよね。

久多良木氏が末期に批判を浴びながらも、最近になって再評価されているのとは対照的。橋下さんと比較するのはどちらに失礼かよくわからないけど、似てますよね、場当たり的な発言が多くて、長期的には何がしたいかさっぱり響いてこない人という点で類似性が高い。

“黒川塾(十)”開催 テーマは”国産エンタテイメントの生きる道”――「PS4どうですか?」「親はなくても子は育ちますね」(久夛良木氏)

ニコ生で観ましたけど、素晴らしいですよね。
ブルーレイとかHDMIとか、くたたんがPS3に積まなかったら、どんだけ普及していたのか。そういう事を覚悟をもって切り拓いていった。

対照的にいわっちは一体何を残したの? 一過性のブームに乗って、さも利口そうな大義名分を掲げて、騒いだだけじゃないですか。結局、自社のゲーム専用機を売りたかっただけで、ゲーム体験を色々なデバイスに広げたのはアップルとグーグルの功績だったり、SNS各社の実績でしょ。無料ゲームなんて反対だ、汚らわしいって叫んだだけで、みっともないよね。

まー、比較するのが間違ってるんでしょうけどね。


スポンサーサイト

コメント

老醜

任天堂に関しては、どうにも題記の印象がぬぐえません。
成功体験が足を引っ張りまくっているんでしょうねえ。
ソニーがPS3で痛い目を見たのを、ただ嗤っていただけという感じがします。

自転車操業が多い中小企業ならばともかく、曲がりなりにも上場大会社の社長が
2期連続で大赤字を出して、先の展望も「売れたらいいね」では、ちょっと困ります。
そのうえ、「コミットメントの意味が違う(きりっ」ではねえ。
これ、銀行が黙っているのが不思議なレベルだと思いますが。

私自身は今までのほぼ全機種をロンチ時に購入しているという、端から見れば
結構な任天堂のファンボーイだと思いますが、それでも、ソフト自体はN64以降は
各筐体でせいぜい2~5本だけしか買っていません。GBAでも10本行かないかな。
言い換えれば、狭い範囲でいうと、任天堂というのはどちらかというと子供、カジュアル層向けに
作った新機種とそのロンチソフトで勝負する会社だと思います。
であれば、少なくともロンチ時にその筐体とソフトにお客を納得させるだけの魅力がないと、
厳しい商売になるかと。
それがWiiUでは完全に失敗している。
少なくとも、今現在でも筐体にもソフトにも魅力がないわけで。
これを早くに認識して、さっさと新筐体か、焼き直しではない全く新規の魅力的なIPを
開発しておりますなりを表明しなければ、先は長くないような気がいたします。

#この点、ソニーやセガとは対照的ですね。なんだかんだで、両者は筐体の能力を
引き出す魅力的なタイトルを後からでも出して、結果として筐体の寿命を延ばしてますから。

岩田社長はDSを作ったときも、あのくそ重い筐体で最初に出して、すぐにLiteを出しなおしたので、
買い直し時に「無駄金使わせやがって」と恨みに思った記憶があります。
元々あんまりハード類や世の中の動きには明るくないんじゃないですかね。
私がよく知らないだけかもしれませんが、少なくとも、アイディアを出すより改良する方が向いている
んじゃないかな、で、あんまり上に立たない方がいいような気が。

任天堂の内情は外野からは分からねど「じゃあなんでコミットメントなんてした?」
というのが偽ざりし感想です。本当に余計な発言がお好きな御仁だなと。
これで目標未達で開き直ったら株主はもちろん、サードやユーザ誰ひとり岩田社長の発言を信用しなくなりますよ…

> Haya さん
> ソニーがPS3で痛い目を見たのを、ただ嗤っていただけという感じ
他山の石にはできなかった、って事でしょうね。自惚れが過ぎた。


> マシン語 さん
> 本当に余計な発言がお好きな御仁だなと。
なんつーか、任天堂=神企業と賞賛された頃の栄光が忘れられないのかな、と。
何か言うたびに、ファンたちに神経営者と賞賛されたああいう体験をしてしまうと、今のように逆に、余計な事を言うなと、毎度突っ込まれるのは辛いんじゃないでしょうか。そしてますます、こんなはずじゃなかった・・・・とかつての虚栄にすがっていく。

日本の大企業の経営者において、典型的かつ末期的な症状かな?
その一方で、批判を浴びやすい海外では、矢面に立ちたがらないあたり、素敵だなと。

目立とう精神で勝手に失言しておいて、批判を浴びたり、都合が悪くなった途端、マスゴミ批判を始める橋下さんみたいなw 賞賛を求めるのは、人の心の正直な現われかもしれませんが、そういうのはそれこそソシャゲでめいっぱい課金して、キングぶっていればいいんじゃないでしょうか(苦笑 何かヒントが掴めるかもしれませんしね。

> DAKINI様
> 賞賛を求めるのは、人の心の正直な現われかもしれませんが、そういうのはそれこそソシャゲでめいっぱい課金して、キングぶっていればいいんじゃないでしょうか(苦笑 何かヒントが掴めるかもしれませんしね。

ソシャゲについては、出して課金したらある意味尊敬しますよ、悪い意味でw
ご本人は以前に「課金は良くない」旨発言されてますし。
ま、株主に向かって「言った覚えないよ、意味違うよ(プゲラ」って言い放った当たり、そういう手のひら返しがあることは予想、というより確信しておりますが。

で、WiiUちゃんにiOSのAngryBirdを出すそうで。
このゲームはやったことがないので、そのおもしろさ云々はおいておきますが、もともと廉価に何時何処でもやれることが重要なんじゃないですかね。
そうすると、CSならDS(本当はもっと近いVita)でやるべきじゃないかなあ。
なんか、もう、どうしようもなくなってる気がしますね。

> Haya さん
> WiiUちゃんにiOSのAngryBirdを
いわっち社長がGDCの講演で、「(スマフォ向けゲームが増えることは君たちの)継続的雇用を脅かす現象だよ」とズレた事をおっしゃって、大批判を浴びまくった出来事を思い出すと、味わい深いですね!

任天堂社長の講演が象徴するゲーム業界の力関係
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO24655020Y1A300C1000000/

NOA辺りの努力の成果であって、いわっち社長は頑迷に自説を曲げなかったのかもしれませんが。つっても『パズドラZ』が3DSで出る時点で、何を言っても(ry

ああ、でも、それはきっと、アレですね。
スマフォで大成功したAngry Birdsやパズドラも、神聖なる任天堂ゲーム専用機に頭を下げて、発売させてくれとやってくるじゃないか、という受け止め方なのかもしれませんね。

「スマフォなんて、いつなくなるかもわからんし、彼らも本音ではもっと良いゲームを作りたいから、専用機で出したいわけだよ。やはり大ヒットを出す志の高い人たちは、マスゴミとかアンチどもと違って、世の真理を理解してるねえ。ハハハハハハ!」とかねw
チャラいお世辞を真に受けてたら、爆笑ですが。ありそうだから怖い。Wii末期の惨状を各社がどう思っていたか。誰も本音を言わなかったから、WiiUのサードパーティの惨状があるわけで、「はだかの王様」って怖いよなあ。

いわっちの後任人事

http://ameblo.jp/seek202/entry-11552784210.html
このエントリ見てて思ったのですが、いわっちの後任に吉田Pはどうでしょうかね。
多分、技術に明るくて、決断力があって、なおかつゲームを愛している人がゲーム会社の社長になるべきなんでしょう。特にゲームを愛している、それが一番重要なんじゃないか、と。
で、いわっちも当初はそういう人だったと思うのですが、今はやはりそれ以外の所でリソースを食われている感があります。
・・・・などと妄想してしまいました。

>Average さん
どちらもお会いしたことがありますが、吉田Pは気さくさという点では確かに素晴らしい方ですね。
仮に外面だけとしても、相当なもの。意外と気難しい御仁が多い業界の中では、かなりのレベル。ただ、あれ以上偉くなるのが当人にとってハッピーかと言うと、謎ですよね。適材適所という言葉は真理ですから。

いわっち社長はその点だけで言えば、普通じゃないでしょうか。二人とももってるスキルが違うので、単純に比較はできませんけど。

ただ明確に言えるのは、メディアやネットに対して大らかさをもっているのは明らかに吉田Pですよね。鷹揚さが決定的に違う。いわっち社長は礼賛は好むが、批判は嫌う典型ですし、なまじっか半端にリテラシーが高いから、批判にも目が届くタイプ。E3の大舞台に出てこなくなるとか、哀れの極み。内面は知りようがありませんけど、外面のレベルで雲泥の差がありますよねえ(ため息

ま、そんな人物がネットワークサービスを立ち上げるなんて不可能だろうなと思っていたら、案の定でしたね。

熱心なファンの方々なのでしょうけれど、「いわっちは辞めるなんて一言も言ってないのに、マスゴミが勝手に辞めるって言ったって嘘の報道をしてる!日本のマスゴミ最低!いわっち、卑怯なマスゴミに負けずに頑張って!」…的な発言を幾つも見掛けました。マスゴミ呼ばわりも何も、御自身がはっきり「コミットメント」と直々に仰っておられる訳で、この件に関してはマスコミは言った通りの報道をしているだけですから、何の責任もないと思うんですけどね。こんな人々の発する心地良い言葉だけに浸っているのですから、今のていたらくも納得するというものです。
いわっちが「他の会社が何をしてようが気にしてない」更にみやっちが「他社のソフトで自分が作りたいものは無かった」と言い放っているのを見て、本格的に駄目だと思いました。末期症状を通り越しています。
かつての栄華を忘れられないのでしょうけれど、今は任天堂の側がサードに頭を下げて「どうかWiiにソフトを出して下さい、その為に協力は惜しみません」と「お願い」する側の立場だというのに、なんでしょうか、この上から目線。
未だにWiiの参入サードのリストすら発表出来ない程の惨状は、Dakiniさんの仰る通り、かなり異常な事態だと感じます。海外のサードの容赦ない言動を見ていると、既に海外で任天堂は「終わった」企業なのだな、と実感しますね。自らその事態を招いた訳で、自業自得でしかありませんが。

>桜木 さん
うーん。
熱狂性という概念は度したがたいですね(苦笑

まー、他社批判が好きなのは、今に始まった事ではないし、余計な発言が多いのも昔からですね。老醜ではなく、老いてなお変わらずという理解ではないでしょうか。もうちょっと外の世界と融和したほうがいいと思うんですが、ある種の閉鎖性、自閉性が独自路線につながっているのも確かなので、自己正当化してしまうんでしょうね。

ただ、DSとWii前半のコンボでさえ、栄華は続かなかったわけで、山内氏の論理も、それを継いだ岩田政権も、殻を破れないままなんですよね。アップルが殻を突き破ってみせたのと大きく違うのは、ジョブズ氏は蹉跌から多くを学んだ、という事でしょうか。

真の意味でポスト山内任天堂が来る日は無いのかも知れませんね。残念ながら。いわっちの器はすでに割れたし、変わる見込みも無い。年齢的に見ても、まあ今さら変わる気も無いのでしょうし、その下に人が育ってるのかどうかも怪しい。お金が残っている間に、新しい萌芽が出てくるといいんですが、どうですかねえ・・・・。

閉鎖性がいけないとは言いませんが、不勉強と独自路線はまったく異なるものですから、少なくとも幹部社員クラスがそれを痛感し、きちんと「外」を学ばないと、未来は知れたものでしょう。もはやゲーム開発は日欧米、アジアにも留まらない広がりを見せているわけで、そこから無数のアイデアが結実している世の中です。

開いては独自性を失うかもしれないが、閉じているだけでは勝てない。ではどうする?
そこに真剣に向かい合う覚悟が今こそ必要なんですよね。ってことも5年以上にわたって書き続けてますが、さすがにホトホト呆れてきてます。悪い意味で変わらない。

議事録見てても
株主も今の任天堂のスタイル応援してるし
こりゃ徐々に衰退しながらおもちゃ屋という形態でハード事業を細々と
するようになるんだろうなと思いましたね。

今更高性能路線への舵取りも無理ですし
スマホや他社ハードというのも京都企業や今までの任天堂文化からいって不可能でしょう
次の次世代ハードぐらいで子供向けに特化した低価格路線ハードで
無理しないゲーム作りに落ち着いて行くんだと思います。

株主もそれ望んでいそうですから
他社と違うヘンテコな事をしてれば株主は満足してるみたいですし。

横から失礼します。
>桜木様
>熱心なファンの方々なのでしょうけれど、(略)
>なんでしょうか、この上から目線。
初心会問題の頃から、その辺はあまり変わらないようですね。
N64のときに、負け続けでも相変わらず高価なROMを出し続け、現在でもDS用にフルプライスSDを出している当たり。
他社の近い価格帯のものについても、その良いところすら「あーあー見えない聞こえないー」を続けていて、いっそすがすがしいですw
ちなみに3DSLLの画質は、同じタイトルを比較してもVitaはおろかDSLiteからでも目が潰れんばかりのひどさです。

>Dakini様
>老醜ではなく、老いてなお変わらずという理解ではないでしょうか。
これは根が深い問題ですねえ。
これが本質でしたら、おっしゃる通り、復活の余地は大変に低いような気が致します。

もともと任天堂は信者とも言うべき人々が結構な数おられるようで、建設的な意見をうけても、批判としか受け取られずやたらに反発するだけで。
ソニーにもGK問題があってあまり言うべきではないのですが、今現在PS3を延命改良しつつPS4でさらに本気を出したソニー、古くは自虐をむしろPRしてDCの最後まで戦い、負ければあえて直近の敵のPS系にソフトを出したセガに比べるまでもなく。

あのレベルファイブさえ、昨今はPSVitaにソフトを出していますし、何となく終わりが見えてきている気がして寂しささえ感じます。
私個人としては、もう、逆転裁判シリーズとレイトン教授シリーズをPSアーカイブかVita向けHD移植してくれれば、安心してDSも廃棄できるんですけどねえ。

>なにょん さん
パクられるから、画期的なソフトは発表しない、というのは任天堂の好む典型的な言い訳で、ちゃんとネタを仕込んでいる時はきちんとE3で見せてきたわけですw モックアップしかできてなかったバイタリティーセンサーや、WiiUその物もそうですが、E3という大舞台で新しい発表を行なっている実例は非常に多い。

要は、まともなネタが無い。ローンチソフトでさえ、あの体たらくですし、続編を出すだけで息切れしてる状態ですから、新しい画期的なソフトを作る余裕が無いんでしょう。まー、そんなこと、予想通りすぎるし、予見した経営をしてほしかったのですが。現場もHDになれてないので、その辺の見積もりが甘かったのではないでしょうか。他社との技術交流が盛んなわけでもありませんから、浦島太郎になっちゃったのは仕方ないといえば仕方ないのかな。

DSとWiiの時代、あるいは3DS立ち上げの頃は、自分達が業界をリードしていたという高ぶった気持ちをお持ちだったかもしれないが、まあ錯覚だったわけで、その現実に直面して、謙虚に学ぶという事をどれほどできるか。

技術というものは蓄積が効きます。蓄積をきちんと行なうという事がとても重要だし、開発力と技術力が溜まっていれば、画期的なアイデアが出てきた時にすぐに製品化できるわけで、現場がそうした自己研鑽をどれほど積み上げておけるか。それが組織力というものでしょう。まー、ある時期、それを怠ってしまったのは(結果論からいえば)事実なのでしょうね。

そういう意味ではCTO的な役職が不在という悲しい事実がネックなんでしょう。無論、技術志向に走って画期的な製品ができるわけではないけれども、作る技術そのものが不足していると、作るだけで息切れしてしまって、新しいアイデアを考える余裕がなくなってしまう。ネットワーク、ハードウェア、ソフトウェアの領域で、いわゆるCTO職を置いて、グループ全体の開発をエンハンスしていくことが大切ですね。

まー、一部の阿呆SAPみたいに、プライドだけお高い技術者を雇うと、自分の知らない技術は採用したがらず、結果として技術が停滞してしまうという愚かな事態も発生するわけですが、さすがに世界的企業ですから、優秀な人材を雇い入れるネームブランドはしっかり持ってるでしょう。

現状までを振り返ると、レベルの低い技術者が上のほうにいて、停滞を招いているのではないか、という恐れは十二分にありますが・・・・。結果を出せない技術者は無能の一語であって、うだうだ言い訳を許さず、結果を積み上げられる人間を上にすえていけば、それで十分だと思います。本来、いわっち社長自身が技術者なんだから、どういう人間をCTOに据えるべきか、目利きしてほしいものです。3DSやWiiUの問題の一部は明らかに、技術不足に起因しているわけですしね。


>Haya さん
> あのレベルファイブさえ、昨今はPSVitaにソフトを出していますし、
レベルファイブは子供向けに強いので、完全に任天堂機から離れるとは考えにくいですね。PSVitaで何を出すの?という。

経営が追い詰められており、次にどこかに食われるとしたら、あそこも念頭に入ってきますよね。

・周知のとおりアトラス
・角川ゲームス
・日本一ソフトウェア
・イメージエポック

あたりは消えるか、食われるか、でしょう。

レベルファイブはそうした企業とはランクが違いますが、経営が追い詰められている以上、どこかに食われる懸念は強まってますよね。任天堂が支援すればいいんですが、任天堂自身も余裕がなくなってきてるし、日野氏が任天堂専用に縛られるのを好むかどうか。

開発スタジオを見ても、サイバーコネクトツー、プラチナゲームス辺りも先行きは怪しくなってきてるし。2020年までに淘汰が一段と進むのではないでしょうか。

>Dakini様
>レベルファイブは子供向けに強いので、完全に任天堂機から離れるとは考えにくいですね。PSVitaで何を出すの?という。
すでにVita向けにPSPマルチではありますがダンボール戦機2本とタイムトラベラー(これは428系だから子供向きとは言えないかもだが)を出してますね。
DLで販売の他、PS+で無料。
これでうまくいけば、移らないという確証はなくなるかと。
契約上既存DSタイトルは無理、完全移行できない、としても今後は多くのマルチ展開はすると考えてます。
カプコんはコウモリ上等なので。

移籍組、というより喰われるとされた、
 アトラス>ご承知の通り
 日本一>? IR見たら今期結構悪いな、シリーズものの受けは良かった気がしたが。
 角川ゲームス、イメージエポック>IRが無いからわかりにくい、イメージエポックはあんまりヒットしてないタイトルから理解可能。
これらのホールドしてるタイトルって、あんまりDS、Wiiに向いてないと思うんですけどね。
ビッグタイトルだと思うメガテン系も売れてても20万本弱で、本体牽引しているとまでは言われてないし。
喰われつつもPS系について行く方がまだマシじゃないかなあ。

プラチナはもうだめだと思います。
Vanquish、MGR(!)でこけて、販社と仲悪くなったあげくに任天堂に付いてしまったら、よっぽど反省しない限り。
ベヨネッタは好きだったんですけどね。
激しい動きで見せるTPS系ゲーム開発だから、相性がWii系とは悪すぎると思います。

CC2はもうちょっと希望を持っていたいです。

> Haya さん
> ダンボール戦機2本とタイムトラベラー
そんなに売れてないように思うんですよねえ。
その辺のタイトルの売上だけで、任天堂機からの移行はありえないのでは。日野氏自身、マニア向けのタイトルを作るのが苦手といってるぐらいですし、PSでは本来のパフォーマンスは出ないでしょう。
(設立の経緯からしても、元々はPS系中心でしたが。)

そもそもPSワールドにレベルファイブはもはや必要ないのでは?
PSファンは本当に欲しいの?
激しく疑問ですね。

> これらのホールドしてるタイトルって、あんまりDS、Wiiに向いてないと思うんですけどね。
あー、
文脈上、ちょっとわかりにくかったかもしれませんが、他社に食われる可能性があるという意味で、別に任天堂が買収する可能性があるという意味で、それらの企業の名前をあげたわけではないです。

任天堂クラスの資本力がこれらの小さな会社を買収する場合には、任天堂機でうまくいくタイトルをもってるかどうかは、買収する際には必ずしも重要ではないと思います(開発力だけ欲しいというケースもあり得るため)。

ただ、現在の任天堂の経営状態で、企業買収によって開発リソースを増やすのは、かなり短期で成果を上げないと、経営陣の責任問題になりかねません。そういうリスクは避けたいでしょうね。コミットメント撤回発言もしたばかりですし。

> プラチナはもうだめだと思います。
気前の良かったセガ(※里見ライン)と仲違いしたのは大きいですね。
他に体力のある会社はないし、任天堂でもうまくいかなかったら、他に行き場がありません。

> CC2はもうちょっと希望を持っていたいです。
超大型案件がキャンセルされてるんで、その痛手がどの程度かっすかねえ・・・・。次世代機向けで色々と仕込まれているといいんですが、『アスラズラース』なんかを見ても、あんまりお金を突っ込みたくなる開発スタジオではなくなっているような・・・・。

適材適所・・・

>そもそもPSワールドにレベルファイブはもはや必要ないのでは?
>PSファンは本当に欲しいの?

似たような事はFFにも感じます。
XBOX贔屓の方がFF15はマルチだぞ、とはおっしゃいますが、しかし今のXBOX贔屓の方がFFをやって楽しいかというと、それは全く想像デキません。
多分HaloやGoWの方がいいぜ、と思う筈。

あるいは(あまりいい例えではないですが)キルゾーンSFの冒頭、巨大都市をリアルタイムレンダリングしていますが、多分XBOX贔屓の方は「あんなとこリアルタイムレンダリングしても意味無いじゃん、ムービーで十分」と考えるでしょうし、逆にPS贔屓の人間はFPSはどうでもいいからあの都市をただぶらりと空中散歩してみたい、と考えるのではないでしょうか。

だからあんまり他機種陣営を貶してもしょうがないんじゃないですかねぇ。
クレクレしてもしょうがないんじゃないですかねぇ。
多分今のゲームってちゃんと購買層に受けるゲームしか出てないですよ。

>Average さん
おっしゃるとおりですね。同意見です。

マルチ展開にせよ、シングル展開にせよ、今時はマーケティング無しで投入はあり得ないですね。タイトル強奪はあまり有効ではないでしょう。きちんと狙い澄まして撃つ必要があります。タイトル数も減ってきたので、精度はますます要求されますね。精密射撃のようなビジネスになってきました。

タイトル自体にパワーがあっても、限界がありますし。『モンハン』+3DSでさえ、現状まではPSPよりも悪い結果なわけで、普及台数の問題ではなく、お客さんのいる所に向かって撃つ、のが基本です。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。