Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒冷地帯というかな。

WiiとWiiUに独占されていた『ドラクエ10』がPC(Windows)でもサービス開始されるようです。
ドラゴンクエストX Windows版 9/26発売決定~ベンチマークソフト&ベータ版も開始

『FF11』の展開の仕方など、過去の歴史を見ていけば、もともとPC版は出る観測は当然あった訳で、特に意外でも何でもないですね。PC版ならゲーム機メーカーにロイヤリティーを徴収されないのも魅力的ですし、家庭用独占というのはMMORPGのビジネスではクレイジー。

そういう意味では、脱任天堂専用機という煽り方は、ただの扇情的な言説にすぎないでしょう。PC版に関してはあらかじめ保険として任天堂側にも納得させていた可能性の方が高いです。

これがPS4にも出るとなれば、話は変わってきますが、任天堂サイドとスクウェアエニックスサイドでそこまでの合意は厳しいでしょう。ドラクエ系は任天堂ハードでの親和性が高いこともあって、政治的な関係をご破算にするつもりは無いでしょう。

まー、Wii版とWiiU版が十分稼げていれば、もう少し発表も遅かったのかもしれません。そういう事はあったかもしれません。ですが、WiiU版で伸びたという話も聞かないし、PSVita版でドーンと伸びた『PSO2』あたりと比べても、プラットフォーム戦略はお世辞にも誉められたものではありません。というより、手を組んだ当時は素晴らしいタッグだったけど、開発が長引きすぎて時代も覇者も変わってしまったのが問題ですね。


それはどうでもいいんですけど、任天堂はE3での発表が駄目駄目すぎて、何とも言えません。コアゲーマー向けの施策は実質来年からという事がハッキリしました。一体誰に売りたかったんでしょうか、WiiU。

『ベヨネッタ』出すなら前作もWiiUで出しておくべき、というのと、ゼノ新作を出すなら『ゼノブレイド』のHD版を出しておくべき、という2点が気になりますね。それぐらい当然すぎる施策ですが、その当たり前の事さえ抜け落ちそうなのが最近の任天堂の恐ろしい所です。

そういえば、こんな話題も。
任天堂初のFree-to-Playタイトルは「スティールダイバー」か。宮本 茂氏が北米メディアのインタビューで言及

さらっと「F2P」を始めようとしてるあたり、ゲームファンと業界人のほぼ全員が予想していたとおり、あっさり「絶対そんなことやらないんだからね!!ぷんぷん!!」ラインを引き下げました。早かったなと思いますが、それだけ大変なんでしょうね。

以前も書きましたが、「悪いのは全てガチャであって、ガチャの無いF2Pは全て善である」という教義に切り替わる予定らしいので、熱狂的な人達も、心の準備をしておくべきでしょう。毎度言い訳に苦労されてる光景がシュールの極みで、本当にお疲れ様です。

業界においてここまでF2Pが当たり前になってしまうと、「F2Pに手を染めない任天堂だけが業界の良心なんだからぁっ!」という言説も、よほど熱狂的な人達でもなかなか口にできない、寒い妄言になりつつありますよね。N64の頃の「ROMカートリッジのゲームが本当のゲーム、CD-ROMのムービーだらけのゲームはゲームじゃない!」言説すら、まだ生暖かい。

世間は暑くなってきたのに、うらやましい涼やかさですね。


スポンサーサイト

コメント

Wii U広告

今のJR新橋駅のでかい広告は、カラオケです。
サラリーマンはカラオケという固定観念なのでしょうかねえ。

HD化シリーズとか・・・

>『ベヨネッタ』出すなら前作もWiiUで出しておくべき、というのと、ゼノ新作を出すなら『ゼノブレイド』のHD版を出しておくべき

そうなんですよねー。
どうせなら「風のタクト」も後半ちゃんとしたダンジョンにしてHD化!とか
ベヨネッタ1をWiiUで!とか既存のゲームのHD化とか結構簡単そうな
気がするのですけれども。
ただ、個人ユーザーとしてはとにかくタブコンが切ない。
ベヨネッタのE3のプレイ風景見ていると、タブコン使うと事実上タブコンみて
操作するので画面が見られないという切ない状況っぽかったので、
やはり性能面じゃなくて、タブコンがガンなんじゃないのか、と思えるくらいで。
じゃぁコア捨ててちゃんとしたタブコン使ったカジュアル層に向けたゲームを作ってるのかというと
それもなんだか・・・・
どっちを向いているんだ任天堂!まあ3DSがアメリカでも持ち直してきて
それは良かったですが。

> hajime さん
ちゃぶ台返しという言葉が生きてる会社だけあって、どうにも、こうにも、Wiiチャンネル以降はひたすら「昭和のセンス」なんですよね。平成も四半世紀経つんですが(汗

社内にどれほど天才がいても、実績と経験あるスタッフが揃っていても、やはり感性が老化していく現象は避けがたく、引退すべきとは言いませんが、組織の老化を自覚した上で、若いセンスを取り入れる判断が必要なんじゃないでしょうかね。

老と若を並存させてこそ、真の老舗企業というもの。カラオケ押しでゲーム機を売るとか、シュール過ぎる世界ですよね。80年代、90年代のゲーム機かっつーの。デジカメで撮った写真をテレビで上映会することを押していた初期PS3の寒々しいCMと同じような真似をして、どうするんでしょうか。


>Average さん
Wiiの後半の埋もれたタイトル群をHD化するのは当然やってほしいですよね。
最近はどうにもこうにも、やる気もアイデアも感じない施策が目について、ガッカリですね。

任天堂の開発チームについて言えるのは、世の中に流される必要はありませんが、世の中をもうちょっと勉強したほうがいいでしょう。人気キャラクターの続編タイトルを作っている分には、世間のゲームを遊ぶ必要は必ずしも無いのでしょうが、程度問題ですし。そもそも続編を毎年作り続けてるだけでは、苦しい局面は打開できるわけがない。

WiiUのローンチタイトル等を遊んだ印象として、最近のゲーム、それもコアゲームに限らず、カジュアルゲームもプレイしてないように感じました。Wii時代からまったく進歩してないのが泣けます。グラフィックとボリュームは増えたけど、それだけ。

「スティールダイバー」のF2P化も、まー、パッケージの売りきりでは売れなくなったジャンルがF2Pで再び商売になる、というのはよくあるパターンですし、間違っているとは言いませんが、言いませんがねえ、実験作すぎる匂いが濃厚でゲンナリしますね。
F2P舐めてんのか、と思わなくもないですね。

国内のパズドラ狂想曲に身をゆだねる必要は無いかもしれませんが、欧米圏ひとつ取っても、
iOSならCandy Crush Saga、Clash of Clans、Hay Day、Kingdoms of Camelot
PCならWarframeぐらいは研究しておいてほしい。

ま、それ以前に、マインクラフトやテラリア、あるいは、league of legendsさえまともにやってなさそうな気もしますが。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。