Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も話題にしないどころか……。

世界の檜舞台から降りる「任天堂」…“ガラパゴス”へ一直線、新たな成長か、袋小路か岐路へ
へえ、割と普通の記事も書けるんですね。
熱狂的な人達から蛇蝎のように嫌われている新聞である産経新聞が、ゲーム業界における共通認識ともいえる正論を掲載したようです。

E3に任天堂が力を入れないと発表した途端、E3は任天堂とは合わないとか訳のわからない事をおっしゃる方々もいますが、元々任天堂はE3に最も注力していたハードメーカーで、他社のカンファレンスよりも遊び心に満ちたパフォーマンスを心がけてきました。

性能重視路線から距離を置いていた任天堂は、確かに欧米の大手パブリッシャーとの距離感は年々微妙になっていましたが、新作ゼルダの映像などを発表する事により、北米でのゲームファンの熱狂を大いに煽り立てていました。そういう意味では、欧米のゲーム業界やゲームファンとのコンタクトポイントとして、E3はかなり重要な役割を果たしていたのです。

ただ、Wiiの中盤以降になると、毎年のように出荷数自慢のカンファレンスになり、ゲームファンを熱狂させるタイトルの発表も少なくなっていき、欧米市場と任天堂のズレが顕在化していったのも事実でしょう。

その距離感の開きが今年のE3で顕在化した、と言っても良いのかもしれません。良好な関係だったものを、わざわざ冷たい距離にまで遠ざかる辺り、独特の外交センスを感じます。さすがの一語です。

米国任天堂出身の君島氏が日本に呼び戻された事が吉と出るか凶と出るか。日本の一般的な大企業の論理でいえば、これは北米シフトを敷くための布石になるはずですが、さて……。


まー、でもさ、正直言って、話題にしてもらえるだけ有難いんじゃないですか?
ホントに誰も話題にしないものね、WiiUって。悪意無く、素で。


スポンサーサイト

コメント

>熱狂的な人達から蛇蝎のように嫌われている新聞
>E3に任天堂が力を入れないと発表した途端、E3は任天堂とは合わないとか訳のわからない事をおっしゃる方々

彼らに必要なのは、現実を正視することであって、自分たちに都合の悪い情報をもたらす誰かをお門違いに叩くことじゃないんですけどねえ…

任天堂のE3カンファキャンセルの件は、後々ターニングポイントだったと語られるでしょう。
自分を含めた口さがない人間が、任天堂のハード撤退は不可避と言いつつその実具体的なイメージを描けていなかったのが
この一件で朧気ながらも撤退までの道筋が浮かび上がってきた感があります。

たしか撤退とか小売りの回収、廉価版の価格でプレミアムを出す実質値下げだとかなんとか話題にはなってました。
E3の発表後に株価値下がりが通例となってるので今回もそうなんでしょうか

業界では、ゲームハード戦争は実質PS4とxboxoneのマルチで日本がPS4圧勝、米国がxboxやや有利、欧州は国ごとに違いますが、この辺の動向で決まるってのが主流の観測ですね。

まー、そりゃ欧州人にアメフトやバスケをアピールしまくっても「しらねーよ」という反応になるのは当然ですねしゃーない。

あくまで既存ハード同士の争いですけども

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。