Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂、営業赤字拡大。ポスト岩田政権へのフラグ立つ。

任天堂がまたもや業績を下方修正しました。
1月の下方修正で200億円の赤字となっていましたが、364億円の赤字へと損失が拡大。3DS、WiiU共に想定の販売数に達しなかったことが明らかにされました。
任天堂さらに下振れ、営業赤字拡大 3DS、Wii Uが想定下回る

興味深いのは記者会見において、コミットメントを反故にするかのような発言が飛び出たことです。
UPDATE2: 任天堂<7974.OS>、14年3月期最終益予想は前年比7.7倍の550億円 「WiiU」販売計画は900万台
 岩田社長は、経営陣のコミットメントとして掲げる今期営業利益1000億円が達成できなかった場合の責任について、今期のソフトのラインアップから、達成が可能なハード・ソフトの販売計画を立てているとし、「達成できなかったらどうするのかということについて、具体的に論じるのはおかしい」と話した。

それなら最初からコミットメントと言うべきでは無かったわけで、あくまで権力の座にしがみつこうとする発言は非常識極まりない。その場しのぎの嘘で窮地を逃れようとし、嘘に嘘を重ねて、逃げようとする。権力者の典型的な末期症状を目にした思いです。出井氏のような老醜は避けてほしかったのですが、無理な願いだったのかもしれません。

とはいえ、経営責任は逃れられるものではありません。
長らくメンバーの入れ替わりが無かった経営陣が大きく入れ替わります。

代表取締役及び取締役の異動に関するお知らせ

専務の森仁洋氏(経営統括本部長)、波多野信治氏(営業本部長 兼 業務本部長)に加えて、取締役の松本匡治氏(管理本部長 兼 総務本部長)、鈴木英一氏(海外本部長)が退任します。開発系以外の主要な取締役が全員退任する事態に。

そして新しい取締役メンバーは、髙橋成行氏(管理本部長)、大和聡氏(営業本部長)、田中晋氏(業務本部長)、高橋伸也氏(企画開発本部長)、進士仁一氏(製造本部長)。またNOAの会長である君島達己氏が経営統括本部長 兼 総務本部長に就任し、常務取締役に。

まず半分入れ替わったという事で、社長の岩田聡氏、専務の宮本茂氏、竹田玄洋氏のこれからの動向も気になってきます。開発系の大物を退任させると、株価への影響も心配になりますし、岩田社長と共に2人の専務が退任する可能性は低いと思いますが……。


この人事の意味する所を考察してみましょう。
まず1つ目は経営責任を取ったという事。そして取締役会メンバーの若返りも図ったという事。

段階的に人を入れ替えていく事で、内閣総辞職という最悪の事態を回避すると共に、ポスト岩田政権への布石を打ったと見ていいでしょう。岩田聡氏が社長に就任する前にも、きちんと布石が打たれています。

2000年 宮本茂氏、竹田玄洋氏らが取締役に。
同じく2000年、岩田聡氏が経営企画室長として入社。
2002年 岩田社長誕生。宮本茂氏、竹田玄洋氏らが専務取締役に。

まず新たな世代を取締役メンバーに加え、馴染んできたところで政権交代を行う。今回も同じ流れとするなら、2年以内に政権交代を行う可能性が高まってきました。岩田社長が兼任していた企画開発本部長のポストに高橋伸也氏が就任した点も、岩田社長退任後をにらんだ人事でしょう。


では誰が次期社長か?
「大老」が務める可能性は無くなったため、大政奉還か、別の選択肢か。

一般論として、開発系の社長の後は、非開発系の社長になる可能性は十分あります。

可能性としては、君島達己氏が最有力でしょうか。米国任天堂の社長、会長を経験しており、NOAとのコミュニケーションは円滑に行えます。北米の売上比率が高い任天堂にとって、米国のゲーム産業とのパイプをもつ君島達己氏が社長になることは理に適っています。

無論、取締役メンバーから次を選ぶとは限りません。岩田社長の際のように大抜擢もあるかもしれず、今後の動きを注視していきたいですね。いずれにしても、革新的な政権運営はおそらく期待できず、普通の大企業になっていく可能性が見えてきました。
1つの時代の終焉が近づいています。


スポンサーサイト

コメント

恐らくノリで言っちゃったんじゃないかな

コミットメント=約束=公約
上場企業のそれはそれはとても思い約束です
政治家の公約違反が「方便だった」と言って誤魔化せば次の選挙のときにどうなるか…言わなくてもわかるでしょうに

あるいはそんなその場しのぎの嘘さえつかなければいけないほど求心力が低下していて、政権基盤は内部ですらガタガタなのかもしれません。

将軍様の無慈悲なミサイル発射騒動とか、明日から本気出すとか、そういう馬鹿馬鹿しいことでもまじめにやらなければならない程に…地上の楽園ならぬ天空のお城の高度な喜劇に達していると言うかね。

なんにせよ、もう何度目だと言うくらい計画の大幅未達が続いてる政権の言葉などもう額面どおりに受け取るのはシンパだけで、市場はシビアですよ。

後継人事はDAKINIさんの言うとおり、海外に明るい人材がいいでしょうね。
折角円安に好転しても、深刻な海外での地盤沈下を食い止めなきゃ意味が無い。

後は岩田政権子飼いを一掃して、基本ソフトウェア等「基礎基本」は強化し、ブクブクに太った無駄の塊は一刻も早く排除しなければなりません。

あー、やっぱり株価暴落してるよ…折角安部バブルと円安でいい流れにきてたのに決算で現実突きつけられてダメになるいつものパターン。まあ誰でもわかっててた事だけどね。
2年連続でこの流れはもうもう「そういう企業のカテゴリ」に入ってしまったという事

一方ガンホーは今日も袈裟から最高値段をあっさり更新で大台をやすやすと突破
こりゃこっちでも「政権交代」が見えてきましたね。
コンプガチャショックで天罰天罰ゥ!とはしゃいでいた頃からまだ1年もたたずにガンホー様の舎弟ですよ。
現実は特に生半可なフィクションより容赦が無いですね。

以前冗談交じりに、いつもの岩田節でコミットメントを有耶無耶にするんじゃないかと
ここでコメントしましたが、まさか本当にそうしかねない気配が出てくるとは…
自分のような小市民の発想をはるかに超えていますw

その一方でE3からの事実上の逃亡宣言。
外から見える決算の数字以上に、任天堂の内部は士気・人員等の体制が
かなりボロボロになっている印象を受けます。

逆にもう秋ごろにイワッチは社長じゃなくなって、
それで新ラインアップのゲーム群がブラック・フライデーで
ドカーンと出て収益向上!さすが新社長!というストーリーが
もうできていると思うんですが。

1000億のコミットメントを反故にして、岩田体制が延命しようか興味はないですが、今回の決算発表であまりの常識はずれが続いたのコメントします。

まず、上半期の業績を発表しないこと。売り上げが年末に集中しているからといって、四半期決算を発表しないのは、会計標準からすれば異例。過去、任天堂の会計基準は、グローバルスタンダードが正しいとは言わないですが、製造業の一般的な基準とはちょっと違って、商社に近い基準だったけど、公開しないのは、上場企業としての責務としての意識に欠けている行動です。

次に、E3でのプレコンファレンスからの撤退。昨年のE3後に今年のプレコンファレンスには、任天堂ではなく他の企業があるのではとコメントしたけど、それに近い状態が本当にくるとは思いませんでした。NOAの体制変更で、米国向けの体制が弱くなったと思っていたところに、この発表は米国を軽く見ているようにしか思えないです。任天堂は本当にどうしたのでしょうね。ニコニコのNintendo Directへの評価をバカみたいに鵜呑みにしているのか?今年の1月のNintendo DirectでE3で発表しますと言っていたソフト群の本格的な発表も反故にするつもりなどでしょうかね。

ちょっと1月後半時の約束から違いすぎて、どうなったのやらという感想しかありません。Gamescomへの参加も疑問に思えてきました。

「無慈悲な懲罰」が云々からの「敵前逃亡」

天空のお城のギャグはシュールな光景から一周してのベタなお笑い路線に転換したのでしょうか
「総選挙」どころか立候補もできない泡沫候補に落ちぶれると、もうそういう珍妙なパフォーマンスで目立つしかなくなっちゃうんですよね。
いつ撤退するの?今でしょ!と、ならなきゃいいんですけどね。


…いやねー、任天堂ファン(not岩田信者)としてこれほど失望させられたら笑うしかないっしょ

>コンプガチャショックで天罰天罰ゥ!とはしゃいでいた頃からまだ1年もたたずにガンホー様の舎弟ですよ。
まー、グリーは衰退しましたが、F2Pはますます拡大し、ガンホーが急激な台頭をしたわけで、結局他社を呪うほか芸の無い企業の末路なんて、ね。老人は呪詛をブツブツ呟いているのがお似合いです。


> マシン語 さん
E3で従来規模のプレスカンファレンスを行わないというのは、驚くべき逃走ですね・・・・。
もともと任天堂は、E3でのカンファレンスは巧みで、カンファレンスだけが盛り上がって、年末商戦はガッカリ・・・・という年も、過去にはありました。

カンファレンスで発表できる弾が深刻に少ない、特に北米で重視される据置ゲーム機WiiU向けのサードパーティのラインナップ等が揃っていない事を伺わせます。大規模カンファレンスを開催できなくなるほど、北米ゲーム産業から、スルーされ始めている、と見て間違いないでしょうね。悲惨の一語。


>Average さん
臨時株主総会を開くと言うのも考えにくいので、定例株主総会前には、役員人事は発表すると思います。今回発表が無かった以上、今回の総会での退任は無いと考えてよいでしょう。


>まう さん
E3での敵前逃亡は滑稽の極みですね。
任天堂は伝統的にE3のカンファレンスにはかなり力を入れてきただけに。

2003年のE3での失敗によって、岩田社長はプレスカンファレンスでしゃべる時間を短くし、現地の人間のしゃべる時間を大きく増やしました。2011年のGDCでの失敗で、岩田社長は過去のトラウマが蘇ったのか、2012年のE3では登壇せず、ネット配信にのみ登場。どんだけナイーブなんだと。


>「無慈悲な懲罰」が云々からの「敵前逃亡」
WiiUみたいなスクラップ機をいけしゃあしゃあと世に出しておきながら、今さら臆病に転じるのはちょっと無様すぎますね。厚顔無恥なゲーム機を出した、その結果は総責任者として、素直に受け止めるべきでしょう。

任天堂のファミコン以降の歴史で最も情けないゲーム機、それがWiiUです。
バーチャルボーイとサテラビューはチャレンジだったし、N64は数々の名作が生まれているし、あのゲームキューブでさえ、そう、あの暗黒ゲーム機ゲームキューブでさえ、ルイマンやピクミンという新規タイトルが誕生する土壌にはなったのです。

勘違いしたdifference路線という点では、WiiUに似てますが、ゲームキューブはPS2と比べて実効性能が高く、開発者の評価も高かったですからね。WiiUみたいな何のとりえも無い、劣化技術を満天下に示したゲーム機とは雲泥の差です。

ゲームキューブはまだ任天堂が性能競争にぎりぎり食らい付いていける事を示しましたが、WiiUは性能競争から完全に脱落し、原始時代の企業になってしまった事を示しました。2001年から11年が経過した2012年、任天堂は技術面では劣化の一途を辿ってしまった。退化と劣化の11年でしたね・・・・。

続編とミニゲームばかりの企画力、HD開発とネットワーク整備を7年遅れでキャッチアップする開発技術力。未来が明るすぎて眩しいですね。

ソフトやハードの技術力の面も問題かもしれませんが、経営の舵取りでの問題が多いのも最近の任天堂の懸念点の一つかと思います。
 度重なる下方修正や、さらに今回の決算では棚卸資産が前期の780億円→1780億円と急上昇しているのを見ると(wiiUの在庫を抱えているのが主な原因と思われる)、事前に商品需要や市場環境等を予測して、決算予想や商品の製造計画を立てているようには思えません。企業にはそれぞれ強気の予想をしたり、弱気の予想をしたりする特徴がありますが、最近の任天堂は強気というレベルではおさまらないほどになっていて、それが投資家やユーザーからの信頼を落とす原因になっていると思います。そこをきちんと指摘できる人が必要ではないでしょうか。

> YA さん
一度増産体制を作ると、容易には生産数を落としにくいのが現実です。工場側もラインを維持するだけでの人員や機械、スペースを確保する必要があるからです。それを迅速に落とすというのは、単に下請け側にリスクを押し付けているだけですね。

逆に、増産体制をとるにも数ヶ月かかってしまうわけです。
そういう意味では、棚卸し在庫が増えるのはある程度仕方ありません。年末商戦の前にだけ増産して、それ以外の時期は減産する、というのは(稼働時間で多少は調整できても)短期間に上下はしにくいでしょう。

強気、弱気といっても、期初計画に従った生産体制を取るのは普通の話ですから、製造側の問題にはしにくいですね。棚卸し資産の増加はやむを得ない、と思いますね。

では計画を立てた側の問題か?
まあ問題なのですが、開発側が売れると言い張っている時に、素人の事務側がそれを「いや、売れないっしょ」と言えるのか? 新ハードの発売1年目は、売れるのか、売れないのか、様々な見解がおそらく社内にも存在したでしょうから、まあ仕方の無いレベルだと思います。他のゲーム機メーカーに比べて、特段劣ってはいないでしょう。

度重なる下方修正に関しては、阿呆の一語です。とりわけ、1月時点の発表を4月で修正するのは愚かしいですね。年末商戦前と後で、予想が変わるのは、変動幅が大きい時期のため、ある程度仕方ないといえますが、動きの少ない1月から4月の時期に予想を見誤るのは、不誠実な数字を発表したと言われても仕方がありません。

> DAKINIさんへ
> 2003年のE3での失敗によって、岩田社長はプレスカンファレンスでしゃべる時間を短くし、現地の
> 人間のしゃべる時間を大きく増やしました。2011年のGDCでの失敗で、岩田社長は過去のトラウマが
> 蘇ったのか、2012年のE3では登壇せず、ネット配信にのみ登場。どんだけナイーブなんだと。
プレゼンテーションの得手不得手があっても、SCEAのビルのように英語のネイティブなNOAのレジーがすべてに登壇し、1月のNintendo Directで約束した自社ソフトのE3での発表を大々的にするという大人の対応があったでしょう。

ゲハやゲハブログの任天堂信者が引きこもり気味なのは仕方がないとしても、任天堂という企業全体がMiiverseやニコニコに引きこもるようになるとは、お釈迦様でも想像できなかったでしょう。

パナソニックの創業者で経営の神様と呼ばれていた松下幸之助氏の言葉「会社は社会の公器」を思い出しました。一部上場企業が一部の四半期決算の開示をやめたり、プラットフォームホルダー企業が欧米のキーとなるイベントでプラットフォームの方向性を示すことができないと、本来全うすべき社会的な責任を放棄するとは企業としてあるまじき状態としか言いようがありません。松下幸之助氏の言葉には続きがあります。「社会の公器たる会社が社会的な責任を全うできなければ、会社をたたむべきである」と。パナソニックと同じ関西系の企業である任天堂は会社をたたむべきですね。

任天堂には大人でいて欲しかったです。経営業績が悪くてもコンファレンスがプアでも大人としてその逆境に立ち向かうからこそ、子供にも夢を与えられるゲームができるはずなのに。新ハードの発表や年末の売り上げを誇る時などの見栄が張れる場所にしか出てこないなんて、100点の時しかテストを親に見せない子供と同じです。

これが山内氏の判断ならボケたとしか、岩田氏なら幼稚でバカとしか言いようがありません。
売り上げや利益が大きいので一流の大企業のように見えているけど、その実は二流の中小企業だったということがわかる今回の経営判断です。

P,S. 決算発表会のプレゼン内容も笑止ですが、その後の質疑応答もいつものように笑止です。

> まう さん
調子が悪くなると、途端に「自閉症」的な姿勢になるのは、岩田政権の大きな欠点の1つですね。批判に弱い独善性の現われというと、言い過ぎか?

> 任天堂には大人でいて欲しかったです。経営業績が悪くてもコンファレンスがプアでも
> 大人としてその逆境に立ち向かう
成功して大きくなったけど、中身はただの田舎企業だったという事でしょう。残念ながら。Wiiのピーク時が変化できる最後の機会だったのかもしれませんが、傲慢さに陥ってしまいましたからね・・・・。

コアゲーマーが何を求めているかを最後まで真剣に知ろうとしなかった。そのくせ、(コアゲーマーも含めて)万人に向けて、と言ってのける傲岸不遜さにはあきれ返るほかありませんでしたが、結局、天罰を食らったようなものですね。

私は以前経理部門に居たのですが、ここ数年辺りの任天堂の相次ぐ下方修正を見ていると、「この会社、本当に大丈夫なのかな」と本気で謎に思います。期末予想とか決算とか、毎回予想に比べて上過ぎても下過ぎても、本社の経理各部門から「見通しが甘い」「一体何を見ていたのか」って厳しくお叱りを受けたものですが。それこそ何十億、何百億のうちの2千万程度のプラマイでも必ず問い合わせが来たのでうんざりしてたものですが、任天堂は四半期毎にこれだけ下方修正を何年も繰り返していて、社外・社内共誰も文句は言わないのですかね。東証一部の上場企業というのが信じられません。

E3については、参加「しない」のではなく、「出来ない」のではないでしょうか。未だにWiiUは参入会社のリストすら公開されていない様ですし(まだ発売されていないPS4は既に公開しているというのに)「結果的には1本もソフトを作らなかったけれど、参入する意思はあったよ」というリストすら公開出来ないというのは、想像以上に惨々たる有様になっているのでは、という印象があります。
ひょっとしたら、任天堂以外にWiiUのラインが動いている会社は、ほんの数社しかないのでは?(それもマルチで)PS4とXBOX720の各種発表で大盛り上がりを見せるであろうE3の場でこんな惨状を晒してはさすがにまずい、という判断で参加しないのではないでしょうか。

しかし、国内では少なくとも3DSは絶好調ですし、サードソフトもそこそこ発売されてまずまずの成績を残している、北米もDS時代程ではないにしてもまあそこそこ売れている、という状態で何故あんな大赤字を叩き出すのか、本気で謎です。3DSは本体が逆鞘、という状態を未だに解消出来ていない、ということかな?

http://gamenokasabuta.blog86.fc2.com/blog-entry-194.html
PS3にもこんな時代がありました。なのでWiiUにもチャンスが・・・・・
無いような気がするのはやはりタブコンが鬱陶しい気がするからでしょう。
タブコン単体で完結していてあれでゲームも出来る、HDゲームも出来るだったら
チャンスはあるような気もしますが、本体が必要という時点でううむ、という感じです。

まあ、政権の最晩年なんてこんなものですよ。
そこまで追い詰められてるほどだから退任しなきゃならないわけで

> 桜木 さん
下方修正を何度も繰り返すのは、事務側の見通しが甘いのと、開発側の数字管理が甘いせいでしょうね。開発が「聖域」化した会社はどこも傾いているのは、任天堂、スクウェアエニックスに共通している課題で、数パーセント単位の予算ズレでも毎月各チームから集約していれば、ここまでズレることはないはずです。社会人として最低限求められる数字管理を徹底してないから、こういう甘ったれた事態を招いているといえます。

> E3については、参加「しない」のではなく、「出来ない」のではないでしょうか。
まー、E3で発表するネタがいっぱいあるなら、鼻の穴をふくらませて、「E3にご期待を!!!!」とか言ってたでしょうからね。いわっちはとてもわかりやすい人物です♪

名作ぞろいで北米では売れたN64や、暗黒期を象徴しながらも新規タイトルは何本か生まれたゲームキューブと違い、WiiUは真の凋落機として任天堂史に名前を刻みそうですね。性能が低いせいで寿命が短い事もあって、サードパーティもお付き合い程度・・・・さえしてないのが悲惨ですね。


> Average さん
> PS3にもこんな時代がありました。なのでWiiUにもチャンスが・・・・・
> 無いような気がするのはやはりタブコンが鬱陶しい気がするからでしょう。
性能が低く、寿命が短いので、ソフト開発者が使いこなすのを待つ、という選択肢が無いですね。また欧米ではなんだかんだ言っても、Xbox360とのマルチによって救われた部分がありますが、WiiUは性能が低いから、マルチ展開も望めない。PS3とはポテンシャルが圧倒的に違いますよね。浅はかな設計をしたハードだと思います。


>そこまで追い詰められてるほどだから退任しなきゃならないわけで
ま、そういう事ですね。
適切な批判が上がってきても、アンチの戯言、社内不平分子の妄言と、切って捨ててきたのかな・・・・? 側近のいう事しか耳を傾けない独裁者ほど、末路が哀れなものはないのに・・・・。

性能が悪い、持ち運びできない、高い

と、据え置き機と携帯機の悪いところどりをしてしまったようなハードですね。
500グラムと異様に重いのも何とかならなかったのか

別に発表することがないならE3参加しなくても別にいいと思いますよ。
年々驚くような新情報少なくなってますし。
強制参加というわけでもないですよね。

>ゲハやゲハブログの任天堂信者が引きこもり気味なのは仕方がないとしても

一種の病的傾向ではありますね。

かれらの現象を精神病理学的に解析したら面白いものができるのではないでしょうか

それはともかく、DAKINI産が指摘していた北米の惨状に対する答えがNOAの社長だかCEO兼任って…
北米の現場を知らない人が片手間にやったら余計ダメになるのが見えてるんじゃないかな?

まー、どうせ退任すればそれまででしょうが、後任者にあしき前例を作ってしまうのはよくないんじゃないかなあ?

そういえばあっさり超えてしまいましたね。

まー、現在の任天堂の評価は現金資産の評価だからもうとっくに、って感じだけども
とっくに名目上のそれに過ぎなかったわけですが、業界の盟主の座がこれで正式に「政権交代」と言うか天空の城を明け渡したようなものですね。

地に堕ちた旧盟主はこれからどうなってしまうのでしょうか

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。