Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余裕が無い時にどんだけ踏ん張れるか、ですかね。

「ソウル・サクリファイス」が9万2000本&共闘ダブルパック2万2000セットのセールス。「初音ミク Project DIVA F」は11万本の「週間販売ランキング+」
『ソウルサクリファイス』が発売された先週、PSVitaが3DS(3DS+3DS LLの合算)の週販を初めて抜いたようです。ラインナップの準備と本体値下げのタイミングを合わせた結果が出てきましたね。地を這う地獄から抜け出す光明が見えてきました。

従来PS3向けに展開されていたネプテューヌも、PSVita向けに『神次元アイドル ネプテューヌPP』が6月20日に発売される事が発表されました。オタク向けのタイトルは徐々にPSVitaに集まってきており、普及台数が多いから3DS向けに出すという単純な判断は行われていません。

発売されるジャンルやタイトルの性質に偏りはあるものの、プラットフォームとしてしばらく続いていく雰囲気はハッキリしてきた、と言ってよいでしょう。スーファミに対するPC-Engineぐらいの生き残り方はするだろうな、という感覚があります。開発費を抑えて特定のユーザー層に向けてリリースすれば商売になる、というのは中小サードパーティにとっては、ありがたい実感でしょうね。


3DSは任天堂タイトルを除くと、ファミリー向けや子供向けのタイトルが堅調で、コアゲーマー向けのタイトルはPSPほど根付いていません。筆頭の『モンハン』にしても、PSPのピーク値の半分以下の数字に留まっており、夏の『4』の売れ行き次第では、マーケットの分断が鮮明になる可能性もあります。

3DSにとって今年は一番重要な年です。1年目で躓いてしまい、サードパーティのタイトル数が大きく減ってしまいました。その後、大幅値下げとモンハン強奪で立て直したわけですが、ゲームソフトの開発期間は長く、タイトル数が増えてくるまで一定の期間を要します。

今年増えてきたタイトルがきちんと売れていくかどうか。どういう性質のタイトルが売れるのか。各社が注目しているはずで、今年のサードパーティ市場の盛り上がり方で、来年、再来年の動向が決まると言っても過言ではないでしょう。

任天堂が業績を立て直すために、自社タイトルばかりをプッシュする……などという近視眼的な判断をしない事を祈りたいですね。3DSのライフサイクル全体への影響が大きい1年になる、という認識を持っていただきたい。Wiiにおいても、2008年のサードパーティ市場の成否が大きなインパクトになった事を思い出してほしいですね。


WiiUは値下げは必須という状況ですね。
無論、単純に値下げだけしても効果は薄く、ソフトラインナップとの連携が必要になります。夏商戦、冬商戦それぞれタイミングがありますが、営業利益1000億円のコミットメントが重くのしかかります。アベノミクスの追い風次第でしょうか。しかしSCEがあの業績にも関わらず、PSVitaの値下げを実施した英断を思い返してほしい気もします。

WiiUというハードを損切りするのは間違いではありません。けれどもWiiUでそれをしてしまうと、流通、サード、ユーザーに対して強い不信感を植え付けてしまい、次の据置ハードが苦しくなるのも確かです。結局、任天堂が今後据置ゲーム機とどう向き合っていくのか。それが問われているのでしょうね。

WiiUが失敗した以上、次の据置ハードは今回よりもさらに巨額の投資が不可欠になります。特にネットワークサービスや本体ソフトウェアへの投資は重要になりますから、そこまでする気があるかどうか。携帯機と据置機の部隊を統合したこともあり、投資効率を最大化しながら、次のラウンドも戦うのではないか、と予想します。

『うごメモ』を巡る発表も批判が出ていますが、真性の馬鹿としか言いようがない状況であり、ネットサービス周りは立て直しが必須でしょう。ハードウェア部隊の統合を果たした後は、ソフトウェア部隊の整理が始まるのは自然の流れ。すでにプロジェクトソラやブラウニーブランのようなセカンドの整理は始まっています。本体に手をつける前にまず下請け、そしてセカンド。自然の流れですよね?

ポスト岩田政権の可能性は、かなり多くの業界人の頭にインプットされていると思いますが、業績がこのまま長期低迷する場合、数年後には希望退職を募るという事態も可能性としては見えてきた、と思います。

ただ、任天堂クラスの大企業がそれを行うのは余程の事態であって、おそらく5~10年後でしょう。それまでは下請けやセカンドの整理が先行し、本体に手をつけるとしても、グループ子会社への出向などの穏当な手段が先。希望退職の募集などは、社内の士気が大きく下がるマイナス要素もあり、本当に最後の手段でしょう。それを避けるためにも、新卒採用数の削減やセカンドの整理など、早めに「シェイプアップ」を行っている、と解釈すべきでしょう。

まあ本当は、再び大ヒットが出て、不安要因を吹き飛ばすのが一番なんですが。さて……?

利口な人間であれば、ポスト岩田政権を見越して動き出すでしょう。その一方で、地上に墜落した今でも天空のお城に住んでいると勘違いしている人間もいらっしゃるでしょう。明確な外敵も定義しづらい現状、結果としてはトップの求心力の維持が難しくなる。こういう時こそ、いわっち大好き♪が重要なんですけどね。まっ、一人一人が客観的に会社の置かれている状況を冷静に判断し、適切に振舞えるなら、そもそもこんな事にはならないわけで。非常に難局だな、と思います。


スポンサーサイト

コメント

WiiUには、毎日なんらかの悲報があったけど、今度は3DSにも大きな悲報がでました。

米連邦地裁陪審、3DSで任天堂<7974.OS>の特許侵害を認める
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK830885420130313

米国での賠償金額は、3020万ドル(29億円)になるようです。3DSに共通で取り付けられているスライド式の裸眼立体視の深度変更機能が特許侵害で認められたようです。逆ザヤ値下げで普及台数を急激に広げたのが逆に仇になりそうですね。
せっかく、デジモンアドベンチャーやダンボール戦記などのPSPの子供向け中堅タイトルを持ってくることができたのに。

裸眼立体視は、東芝のスペキュタキュクラー方式の50型が失敗したのでちょっと下火になっていますね。
それに対して、眼鏡方式は、LGが視野角を大きく改良した偏光型を出してきたのでちょっと盛り返していますし、ソニーのHMDも好評です。

次はWiiUの話題ですが、任天堂は、岩田氏だけなく宮本氏もおかしくなっているのかな?

宮本氏: Wii Uのセールスは期待を下回っているが、長期的には成功する
http://ameblo.jp/seek202/entry-11490130278.html
「強化されたオンラインインフラが提供する可能性を任天堂がこれまでほとんど無視してきたのは、単にインターネットが十分普及していなかったためだ」

感覚の時代遅れ感が半端ではないです。ネットインフラが普及してから対応するすればいいという感覚のようですが、ネット社会では普及したときにはもう席がないことが多いです。
スティールダイバーでゲームデザインも時代遅れになりつつあることが見せてしまったので、宮本氏がてこ入れして延期したピクミン3では「まだまだ」という所を見せて欲しいです。

任天堂は、宮本氏をCTO(仮)にでもしようと思っているのでしょうか?かなり、畑違いと思います。

3DSでは画面が小さいですし、LLでは解像度の低さがネックになってますよね
無論それを動かすためのチップの性能もそうですけど

25000円で売るつもりだったならなおさらそこがネックです
意味不明な「豪華仕様」はやめて(LLで割り切っているとい事は不要と認めたわけで)基本に立ち返るべきでした

>せっかく、デジモンアドベンチャーやダンボール戦記などのPSPの子供向け中堅タイトルを持ってくることができたのに。

子供向けタイトルは任天堂ハードでの有意性が期待できますが数字自体が減ってますからねえ…
一時期SCEも、これらのタイトルで子供層を開拓しようとしたのですが…

まあ、すみ分けということでしょうか
これ自体はそうネガティブでもないかな

> まう さん
2013年の発言とはちょっと思えない、というのが感想ですね。
常時接続ブロードバンドが普及してから何年経ってるか。モバイルでさえ既にかなりの高速通信が可能になっているわけで・・・・。

2006年、Wiiの発売直後でさえ、ギョッとする発言だと思いますが、それから7年経ってる現在で・・・・。岩田社長などがアピールする、リビングでYouTubeが観られる云々というのも、「それってWiiの頃の話だよね?」というのが普通の感覚です。7年経って、何も進歩してないような印象を受けてしまうのですが、もうちょっと何とかならないんでしょうか。

>スティールダイバーでゲームデザインも時代遅れ
あれは意図して、クラシカルな設計のゲームを投入している、と思います。
別にあれを最新のゲームデザインでござーい、と主張していたわけではないですよね。クラシカルな構造のゲームでも、裸眼立太視のハードで遊ぶと、結構楽しめるんじゃないか、という提案として受け取るべきでしょう。3DS版のゼビウスが面白いよ、というのと同じロジック。

ピクミン3も、続編タイトルですから、初代が10年前のタイトルという事を考えても、最新のゲームデザインが開陳されるという期待感は薄いかな、と思います。現在の任天堂は、古い設計や構造のゲームであっても、新規性のあるインターフェイス等を通して遊ぶ事で、新鮮な気持ちで遊べるのではないか、という提案が多く、最新のゲームデザインをリードする会社では無い、と思います。

孤独・・・・・いや、良く言えば孤高、ですかね。

>スティールダイバーでゲームデザインも時代遅れ
>あれは意図して、クラシカルな設計のゲームを投入している、と思います。
>クラシカルな構造のゲームでも、裸眼立太視のハードで遊ぶと、結構楽しめるんじゃないか、という提案

だとしたら、なおのことそのセンスを疑いますね。
いくら元はDSで、DSiウェア向けに開発しなおされたものとは言え、仮にもフルプライスでありながら内容が500円のインディーズレベルのゲームの寄せ集めになっています。

裸眼立体視が効いたのは、潜望鏡モードだけで、それも元ネタのナムコのアーケードは立体的な大型筐体だったから驚きがない仕様です。潜水艦モードも操作が不自由なだけで、タイトーの同種のアーケードの潜水艦ゲームの方がはるかに面白いです。

例え、クラシカルなゲームをそのまま持ってきた実験作にしてもエッジも効いてなければ楽しくさせる工夫のかけらもないのは、ゲームデザインの衰えを疑われてもしかたがないです。

> まう さん
ソフトウェアのラインナップが複数ある中で、そのうちの1つを槍玉にあげて、クリエイターの盛衰を問うのは、さすがに揚げ足取りに過ぎないでしょう。大して開発費が掛かってるわけでもないようなソフトですし。重箱の隅をつつくのは誰でもできる、という事。

ここは、アンチ任天堂サイトではありません。重箱の隅をつつくような議論はどうかな?と思いますね。もう少し広い視野で商品ラインナップを眺めてもよいのでは。

クラシカルなゲーム性の物が商売になるのは、カジュアルゲームの市場ではよくある事であって、色々と試すのはむしろ健全です。とりわけ任天堂の客層は広い。PSVitaを真っ先に買うようなユーザー向けにスティールダイバーを投入したというなら、それはセンスを疑うべきですが、別にそういう訳ではないのですから。

例えば、3DS版のゼビウスを槍玉にあげて、設計が古いと言ったところで、そんなものは批判のための批判。むなしく響きます。当たり外れなんて当然あるわけです。幕の内弁当の中の漬物がまずいというぐらい、重箱の隅つつきに思えます。

問題とすべきは、スティールダイバー1本のコンセプトやデザインではなく、3DSのラインナップが全体的な傾向として、クラシカルな設計のゲームや、DS時代のコンセプトの焼き直しが多い事。ラインナップ全体の編成が保守的になっている事でしょうね。

まあ、言い方は悪いですが、DSやWiiではスティールダイバー程度の内容でもそれなりに売る事ができた(かもしれない)。が、3DS以降はそれが難しくなった。それが検証できただけでも、あの1本のソフトは役割を果たしたのでは。大手になれば、とりあえず出してみる、市場を図る、ぐらいの気軽な考えで出すソフトというのは、1,2タイトルは存在します。あんなもので、クリエイターの能力を測るのは無理筋です。


任天堂のDS&Wii時代の成功例とは、実はミニゲーム集、しかも1本1本の設計はかなりクラシックな物が多かった。コアゲーマーからは「ミニゲーム集ばっかりじゃないか」という批判は上がっていましたが、客層の違いによって、売れていたわけです。

成功体験が目を曇らせたといえばそれまでですが、3DSとWiiUも、同じ路線で突き進んでしまった。
それはある程度は仕方の無いところです。いわば、ソフトラインナップとは大艦隊のようなものであって、そう簡単には、針路修正が効きません。トレンドがいつ変わるかの正確な予想なんて、誰もできませんし、それができるというのは、机上の空論か、結果論だけで叩くのが好きな批評家の戯言です。

ただ、批判されるとすれば、20年、30年とゲーム業界にいれば、トレンドの変化というものは経験しているはずで、大艦隊の進行に先駆けて、威力偵察のようなタイトルを投入しておくべきだったこと。もうちょっとラインナップを散らしておくべきでした。それは「驕り」と言われても仕方ないですね。

VITAは年の始めにもコメントしましたが中小メーカーの中小タイトルが中小ヒットし始めたようでなにより。
カグラが込み込みで15万は確定でしょうからキャラを押すタイプのゲームのMAXとしては上等かと。そのテのゲーム作りを得意とするメーカーにとっては計算もしやすくなるでしょう。PSPのキャラゲーが明らかに落ちてきましたからね。
ソルサクは累計30万ユーザーほど獲得できれば後に続くタイトルにとっても心強い所。
4/上のソルサクアップデートと討鬼伝の体験版配信で話題も継続できそうですし、GE2や討鬼伝のPSPとの販売比率も案外五分以上に持っていけるかもしれません。
個人的にモンハン持って行かれたくらいでつぶれるハードならとっととつぶれてくれた方がいいだろうと思っていました。あれの存在が重要なのは確かですが、SCEタイトルではない以上何があってもおかしくないわけで。代わりにオリジナルタイトルが出てくれたことは良いことかなと。地道な積み重ねはいつものこと。PS3だってモンハンは出なかったんですし。(HDverを数に入れる気はありません)

3DSでは生活ゲームとでも言うか、ぶつ森タイプのゲームがヒットしていきそうですね。
DS時代のぶつ森フォロワーはとんがりのみでしたが、ファンタジーライフはRPG要素も入れて男の子向けで続いていくでしょうし、夏に発売予定のディズニーマイハッピーライフも魅力がわかりやすく、かなり売れるのではないかと見ています。
それ以外ではダンボールも素直に3DSに切り替えるみたいですし(何しにVITA版出したし)、レベルファイブは任天堂、コロコロコミックとしっかりスクラム組んで子供路線で良いと思いますよ。結局ゲーマー向けにヒットして、今現在継続しているタイトルって無いですし。

WiiUは、マルチくらいはしっかり取りなさいとしか言えないです。海賊無双2なんて出るとしたらPS3とWiiUのマルチだと思ってました。Wii時代にヒットして引き続きWiiUでも出そうなサードタイトルって太鼓くらいしか思い浮かばないのでタイトル不足になるのは自明なんですよね。
というか、今後の立て直しの手段として真っ先に挙がるのが値下げというのがなんともなさけない。本来値下げって最終奥義だと思います。試合開始から初手で奥義発動て。
でもすぐに値下げは無いと思います。もちろん今後の信用に響くのが一番大きいですが、それ以外に値下げ幅が決められないのではないでしょうか。PS4の値段がわからないからです。
VITAは発売1年前に早々に値段を発表し、それが3DSの出だしにダメージを与えたのは確かですが、同時に一万円値下げのカウンターをもらう要因にもなっていました。
ソニーとマイクロソフトの情報戦が行われていますが、結果的にPS4、次世代XBOXともに値段発表はギリギリまで引っ張るのではないかと思います。そのあおりで任天堂も動けないのでは。
ま、値下げ幅なんて五千か一万かの違いですから決めようと思えば決めれるでしょうけど。
魅力も先見性もない無い商品を作ってしまったのはもう戻せないのだから悩み、あがき、苦しめばいいと思います。そうすれば何か良いことひらめくかもしれませんよ?(スゲエ投げやり)

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。