Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要は携帯ゲーム機は2万円越えたらあかんで!!という話ですかね

SCEJ、「PlayStation Vitaに関する最新情報」
3G/Wi-Fi両モデルとも19,980円に価格改訂!

PSVitaが値下げされ、1万9980円になりました。
ゲーム部門の採算性を考えると、思い切った価格設定ではありますが、サードパーティのタイトルが春に集まっていた事からも、事前の根回しが進められていたようです。

有力タイトルが集まっているとは言いませんが、コアゲーマー向けのタイトルが少しずつ増えてきましたね。PSVitaがF2Pにも対応しているゲーム機である事を考えると、『PSO2』には堅実な成功を収めてほしいところ。3DSの『モンハン4』が夏に延期した事もあり、この春に台数を少しでも稼いでおきたいところ。

2月28日
ファンタシースターオンライン2
NINJA GAIDEN Σ2 Plus
閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-

3月7日
SOUL SACRIFICE
テイルズ・オブ・ハーツR

3月14日
シュタインズ・ゲート

3月20日
ワンピース 海賊無双2
メルルのアトリエ Plus 〜アーランドの錬金術士3〜
デッド オア アライブ 5プラス

3月28日
聖魔導物語
朧村正

4月25日
フォトカノ Kiss
迷宮クロスブラッド インフィニティ
ヴァルハラナイツ3

国内での「完全死」は避けられるかなという印象ですが、TGSの頃までにはもう少しラインナップの力強さを期待したいところです。

今年~来年は3DSがピークに達するでしょうから、来年~再来年あたりに山が1つできると良い感じです。任天堂とSCEのハードで少しずつピークがずれる形で市場が形成され、結果として取りこぼしの少ない市場推移になると良いですね。

それにしても携帯ゲーム機は2万円を越えては売れないという価格ラインが改めて印象づけられますね。7インチタブレットの最近の安さを考えると、これでもまだ高い気はします。
  • iPad mini(16GB) 2万8800円
  • Nexus7(16GB) 1万9800円
  • Kindle Fire HD(16GB) 1万5800円
  • PS Vita 1万9980円
  • 3DS LL 1万8900円(+別売ACアダプタ1000円)
性能などを考えると、もう5000円ほど下げてほしい気がします。次世代携帯ゲーム機では最初から2万円でスタートし、1万5000円で弾みをつけていくという流れで展開してほしいものです。


スポンサーサイト

コメント

PS Vita 1万9980円(メモカ別売り5000円)
じゃない?

個人的にはMH仲間に薦めやすい値段になったのがでかいですね。
まずはソルサクでガッツリ遊ぶ予定が立ちました。

初回値下げのスパン的にはPS2と同じぐらいだそうで
各所と連携も取れてるように見えますし、いいタイミングだったんじゃないでしょうか。
万一カグラが3DS版をこえちゃったりしたら面白いですね。

異なるモデルを同じ値段で展開する意味がないですからはたしてどちらを切るか。
3G/WiFi版とWiFi版、どちらも残す理由、切る理由が思い浮かぶので確率は半々ですか。
近いうちにどちらかが生産終了になると思いますが・・・。
しっかし3Gモデルのプリペイドプランが自動更新になると思っている人の多いこと。ゲーム屋さんでもいますね。パンフ見ればわかることですけどスマホのイメージが強いせいか、思い込んだらなかなか変えられないのかも。そういう意味ではハードの特徴や説明にもう少しわかりやすさが必要なのかもしれません。

>DAP さん
PS2が2000年3月4日発売で、2001年4月18日にオープン価格、6月29日から3万5000円でした。
発売から約14ヶ月なので、まあ妥当ではありますかね。PSPが長いこと値下げしてなかったんで、比較すると早いですが、PSPは単体なら1万9800円でした。

カグラは発売前に値下げが起こるという妙なジンクスがありますねw

しかし今週の本番はPS4正式発表です。


>唯一さん
噂の4G対応版への準備ですかねえ。

とうとう値下げですね。これで、普及スピードが上がるといいです。
モンハン4も3月に出しておけばよかったのに。
これだけ、モンハンキラーとなりうるハンティングゲームが夏までに高クォリティで揃うと、モンハンの価値が相対的にかなり落ちますね。

ハードは3G/WiFi版に最終的には統一するのではないですか。同一の価格に出来るのなら、サブセットのWiFi版を残す意味がないです。
4Gだけど、高速転送があればいいけど、今の機種でもFOMAハイスピード(下り14Mbps/上り5.7Mbps)が割とリーズナブルな価格で導入できるので、海外のインフラの対応を考えると4Gはまだしばらくないと思います。

>サードパーティのタイトルが春に集まっていた事からも、事前の根回しが進められていたようです。

最低限の「外交」ですよね
っていうか、アレは自社ソフトすら集まってない時期に値下げしますってやってたからね。
何がしたいのかと
せめて新色とか時のオカリナと同時にすべきでしたね
それでも予想よりも売れなくて焦って冷静さ失って発作的に値下げしてしまったのでしょうか?

あるいは時のオカリナを買ってくれるのは熱心なファンであろうから騙しても許してくれるさ…というのは邪推のしすぎでしょうか?

「無能で説明がつくことを陰謀のせいにするな」と言いますからそこまで意地悪な考えはやめましょうか。
でも結果的にやったしうちは一緒ですよね。

というか、冷静になればそれがどんだけ、どれほど悪手であるかってのはわかりそうなものです。
発売からたった4か月ちょっとで、4割もの定価の値下げ、と聞いて誰もが「売れないから捨て値で売るしかないんだ」と解釈しますよ。「事実上失敗を認めたな」と思われてもしゃーない。

だから、安くしたかった人もいるでしょうが、「もう終わってしまったハードなんか買っても仕方がないよね。参入してもしょうがないよね。」
「あの大成功をおさめた後継機がこんなに惨めな状態に陥るなんてやっぱりもうゲーム機はオワコンなんだ。ビジネスとして終ってしまったんだ。」とみなされる

しかもソフトもないときにそれ。余計に「終わったな」と解釈されても仕方がないし、だからこそ株価は暴落し、「終わった」とメディアが書き立てても何の不思議もない。実際そういうことは終わった企業や失敗したと判断した商品がたたき売りする時にやる行為であって、そういう文脈にしか見えないわけで

サードパーティがリソースを止めるのも仕方がない。
ぶっちゃけ、その時点で退陣要求されても文句は言えなかったでしょうね。
大赤字作りだしちゃったんだもの。
大赤字の価格まで一気に下げてしまったもの。
そして最新機種を暴落させた以上、押されて旧機種も利益の出る商品ではなくなってしまった

そして案の定次のハードまで「どうせ値下げするから買わない」「買うにしても値下げしするまでまとう。値下げ前に買って馬鹿を見たくないし」と二の足を踏ませ、実際に失速した今、「やはりまた値下げするのでは…」というトラウマを刺激して買いたくない。今なら30円でバルーンファイトが遊べるから今のうちに買おう!なんて人がいるのかね?
いるわけないからこうなってるわけで
困るとすぐに昔のソフトをバラまく悪癖がついてしまいましたね
で、この後値下げしなけりゃそういった人たちは買わないままでしょうし、すれば「やっぱり…」とまた落胆させて、勿論のこと収益性は更に落ち込むし、「任天堂はもはや安売りすることで何とか売れる程度のブランドでしかないな」という評判がついてしまう。


そして結局、この一件により赤字体質が常態化してしまい、次のハードも初動で失敗し、コミットメントする事態にまで陥ったということで、政権への致命的な致命傷になったことは間違いありません。
あのとき既に今日のような事態はほぼ「見えて」いたのですよね。あとは時間とタイミングの問題。

そもそも一人当たり1万円も増やせる(値下げ分を容易に取り返せる)ビジネスモデルでもないでしょうし、いくら有力タイトルが売れても、いや有力タイトルを買うために逆鞘のハードを買うと、ソフトが売れた利益よりも赤字が出たらむしろ損失になってしまうことくらい「冷静で常識を持っていれば」わかることでしょう
ましてやゲーム機ビジネスを長年やってきた会社のトップならば

ではどうしたらよかったのか?
最初からアホみたいな値段で売らない、というのが一番なのですし、そんなこともわからないほど増長していた時点でまあ、小手先を言ってもしゃーないという気はしますが…

せめて、サードパーティに事情を説明し、せっかくある自社有力タイトルの発売時期が近づく時点になってやっとそれを公表、執行し、25000円で売れなかったからと言ってヤケクソ気味に15000円ではなく、それなりに考え抜いた数字を提示する。ついでにコストをいい意味でケチって、ケチったバージョンだから安いのだ、といういい意味での「言い訳」というか、実際コストダウンしたから安いというまっとうな商売をすればまだましだった(と言っても電源をつけないとかいうのは駄目ですよ?)

今回の値下げはまあ常識的な策でしたから素晴らしいとほめる気もありませんし駄目だという気もありません。DAKNIさんの言うとおり、タブレットが2万円切ったご時世に、ゲーム機種が2万5千円クラスとかそれ異常ってのは現実的にありえないと「常識人」ならわかりますから
ある意味、そこまで増長できなかったけがの功名かもしれませんが

逆説的に、某ハードの時の酷さと増長万を際立たせることになりましたが。
あ、これも狙いのうちだったとすればそれなりに評価できますね。

まあ実際のところは勝手に墓穴を深く掘りすぎたら崩落事故まで起こってしまったみたいなすさまじく悲惨な二次災害の一人相撲なんでしょうけども…

>っていうか、アレは自社ソフトすら集まってない時期に値下げしますってやってたからね。
それだけ余裕が無かったという事でしょうね。
近視眼的な一手でしたが、あの時はまだ、「本当は売れて当然の商品が震災のショックで売れなかった」みたいな気持ちも残ってたんじゃないでしょうか。現在から見れば、そもそも商品力が無かっただけ、というのは確定的に明らかですけど。

>この一件により赤字体質が常態化してしまい、次のハードも初動で失敗し、コミットメントする事態にまで
>陥ったということで、政権への致命的な致命傷
Wiiの販売が下降していて、延命が難しくなっていた、という状況もあり、ドミノ倒し的に状況が悪化しましたよね。過去に何度も書いてますが、WiiUはあの状態で発表すべきではなかった。

ゲーム機ビジネスの終焉という論調を決定的にしたのは、3DSの初期の蹉跌と任天堂の大赤字決算が大きな一因なのは間違いなく、悲惨なまでの「崩落」っぷりですよね、ホント。それがわからなかったという意味では、慌てて打った一手でさえ、所詮は傲慢な認識に依拠したものだった。

>最初からアホみたいな値段で売らない、というのが一番なのですし、そんなこともわからないほど増長していた時点で
業界の期待に真正面から、冷水をぶっかけたのは、2万5000円の価格発表の時点でしたね。
アップル(のような高級な商品を売ってる企業)とは違うと口にしながら、アップルになったと勘違いしていたのは明白でしたねえ・・・・。LLのケチりっぷりからすると、3DSは贅肉が多い内容物でしたし。

その辺、なんだかんだで、任天堂ファンコミュニティ(のアーリー層あたり)の言動や、メディアの論調などに影響されていたのかなあ・・・・と。己の本分を見失ってしまえば、恐ろしく脆い、という事ですね。歴史の戒めになる判断でした。

PS3の失敗とは微妙に異なるケースですね。PS3は、CELLが製品としての設計と製造に実質失敗しており、歩留まりが恐ろしく悪い物になって、それでも発売するために無理やりな筐体設計とコスト構造になったのが大きく、傲慢云々というより、あんな「狂った夢」がまかり通ったことの驚異を素直に驚きたい。GPUのコスト増も当初、東芝あたりで作ろうとしたのをキャンセルして、慌ててNVIDIAに切り替えたのが大きいし、プロジェクトマネージメントの失敗例(影響が数千億という笑えない話)。

ようやくスタートラインに立たせてもらえたか、という印象ですね。
この価格なら欲しいゲームがある、周りにやっている人がいると購入に踏ん切りがつくのかな。Vitaの値下げは確定路線でしたが、Wifi版と3G版を同価格にしたことは驚きでしたね。これでWifiを選ぶ人がいるのかな?ソーシャル強化を目標にしているようなので、今後は3G(または型番変更で4G)に絞り「常に通信できること」が前提にしていきたいのでしょうか。
Vitaは素晴らしい携帯ゲーム機であると確信しています。今まで触った携帯機で、これほど方向キーとアナログスティックが操作しやすいものはなかったし、ボタンも押し心地がいい。PSPではハマリ切れなかったMGSPWやペルソナ3Pが別ゲームのように操作が気持ちよくなりました。PSP-1000からPSP-2000以上の操作性の向上です。
しかし、ゲームプラットフォームとすれば発売当初は劣化PSPでしかなかった。
PSアーカイブ未対応、タッチ操作のみのOS、使いづらいVita用のPSstore(体験版が皆無でDL販売ってアホかと)、アホみたいなPS3との接続操作(PS3と接続したのにVitaの小さい画面で面倒なタッチ操作でファイル管理をしなきゃいけないのか・・・)、面倒なPCとの連携、DL版のデータ管理、3Gプリペイドの内容、等など。
私はPSPを音楽プレーヤー、動画プレーヤーとして重宝していたのに、後継機Vitaは「専用ケーブルで接続」と「Vita管理専用アプリのインストール必須」のため非常に使い辛くなり、いまだに通常持ち歩くのはPSPのほうです。
「PSPで愉しめていた事がVitaでは不可能、または非常に面倒で限定的」というPSPの後継機ではなく、PSPの機能劣化版でしたから。割れが横行したのを受けてのセキュリティ強化なので仕方がないのですが、あまりにもメーカー側の都合をユーザーに押し付ける設計だな、という印象でした。
機械としては素晴らしいだけに、とても勿体なかった。
現在はPSアーカイブ対応、OSの物理キー操作可能と、いくつかは解消されましたし、ケーブルなど物理的な不満は解消のしようがないですから。価格改定+Vitaらしい新規IPがそろい始めるの時期なので、様子見だった人達への再スタートには調度いいのかな。

ただ、DL版のデータ管理方式と3Gプリペイドは今すぐにでも改善して欲しい。
たかが10MBのセーブデータを保存したいのに、なんで2GBの全ゲームデータを保存しないといけないのか。しかもゲームデータを削除したらセーブデータも削除されるオマケ付き。高いメモリを買って、メーカーとSCEを応援にと割高なDL版を購入したのに、セーブデータ単体で保存したからったら有料のPSplusに入れ、と。
PSアーカイブやPSPゲームは頻繁にデータ入れ替えをしていますが、Vita用ゲームは消すためにも全データ保存という10分以上かかる前準備が必要なため、基本入れっぱなしです。このアホ仕様のためペルソナ4購入を最後に、全てパッケージ版に切り替えました。
そして最大の売りであったはずの3Gプランの酷さが・・・
初回特典の100時間プリペイドは10万人しか更新しなかったようで。(むしろ、あんなプランで10万人も更新してくれたことに感謝しろと)
今すぐにでもauやソフトバンクとも提携し、100時間プリペイドで高速度通信の制限無し、有効期限は2年間で5000円というプランを用意するべきです。いまどき128kbit/sの通信で何をやらせたいのか、そして半年という有効期間の短さで・・・。私は30時間以上を残して期限切れになりました。
ただ、Nearで遊んでいる人達が分かる、一日の移動距離がわかる、アイテム交換が出来る、googleマップがナビ代わりになるなど、旅行や新幹線での長距離移動のときは楽しかった。Nearに関してはプレゼンでは「面倒臭そう」という印象でしたが、一度体験したら「新しい何かの可能性」を感じました。これだけは体験しないと分からないだけに、docomoの糞プランで潰されてしまうのが勿体ない・・・。
docomoとの交渉担当者さえまともなら、大きな売りになったでしょうに。しかも今ではVita一台で、攻略サイトを見ながらのプレイが外でも出来るのですから。
OSのタッチ操作のみという独りよがりを修正したSCEですから、ぜひともその2つの改善を望みたいですね。
発売を開始するのはメーカーの決定ですが、その機器が市場形成できるかどうかはユーザーが決定することですからね。3DSは発売直後に転倒してしまったと揶揄されますが、Vitaの場合は準備運動中に転んで大怪我をしてしまった印象です。その大怪我も回復し、ようやくユーザーが「スタートラインに立ってもいいよ」=「購入検討してもいいよ」といえる状況にまでもってこれたと。

>LLのケチりっぷりからすると、3DSは贅肉が多い内容物でしたし。
本当にぶれまくった製品の上に、改良することなく値下げしてしまったので贅肉によるコストが高いまま安物版という位置づけの意味不明な製品になってしまった。

タブコンも贅肉の塊のようなものでしたし
メモリ1GB+1GBでドヤ顔するから呆れられる
そして、今日のPS4で案の定ブーメランを食らう。現行世代機をライバル視してる時点でこうなることはわかりきってた。
この時点で、PS4が売れようが売れまいがWIIUが悲惨な末路をたどることは決定されました

これで仮に大ヒットしてもWIIの二の舞、実際のところ今現段階で死んでるのでより悲惨な事態になるだろう。下手するとサードはおろか任天堂すら開発中止のソフトが出るんじゃないかな?

現行世代とマルチで悲惨な売り上げ、やっと普及台数がそれなりに来ても今度はマルチにハブられて衰退というWIIの悪夢が「見えてしまう」故に、ほとんどのサードは二の足を踏むので下手するとそれがさらにリソースを絞り、少ないソフトが予定調和的に死んで行くのを見て更に売り上げもサードも少なくなるというスパイラル。

(ドヤ顔で公表したメモリですらこれなのだから公表してない部分は推して知るべしであるんですけどね。)

しかもこれはあくまで従来ゲーム機的文脈のみで語った話です

クラウデビティに積極的なSCE、ただ新しいものを否定するだけな岩田政権
どちらにより未来を感じるでしょうか?

サードダイレクト、もったいつけてる間にPS4にもってかれてしまいましたね。

さて、この時点で「未来史」の骨子はほぼ決定されたとよって良いでしょう

仕方のないことではありますが、据え置きは特にフルプライス価格帯は更に洋ゲー大作シフトが進むでしょう。一方でF2Pやクラウド等の新しい試みが導入されるでしょう。

こういう試みがどれだけうまくいくか、あるいはいかないかによってコンソール戦争、あるいはゲーム機ビジネスそのものの行く末が左右されるでしょう

FF等、少数の和ゲー大作は洋ゲー大作の中に組み込まれるでしょうが、多数は当初は現行機か現行機に毛が生えたレベルで落ち着くでしょう。
ここにあるいはWIIUのチャンスはあるかもしれませんが、WIIとPS2のマルチの壊滅的状況からいってもこれはそうではない可能性のほうが高い。

「強奪」でお茶を濁しておしまいでしょうか
んで、いつものように後から完成版が出るというパターン

携帯機に目を向けてみますと、あと約1年前後は3DSの時代が続くでしょう。
VITAの本格的チャンスは「その後」になるでしょうね。
今は中堅・中小タイトルをこつこつと「外交」で集める地道な努力を積み重ねる時代が続くでしょう

そしてポスト岩田政権でどのような決断を下すのか?
旧弊を一掃した新ハードで勝負に出るのか?それともやはりIPビジネスに特化するところに落ち着くのでしょうか?

ただやはりどの道、スマホやタブレットの動向に左右されるでしょう

「コンソール」見せませんでしたね!
「タッチパネル」「カメラ」「リモートプレイ」「クラウド」「ソーシャル」、目一杯頑張りましたね!
さて、問題は実装とエクスキューション。おっと価格か。

>うつけ者さん
>独りよがりを修正したSCE

修正できるだけマシ、とも考えられますけどね。
値下げだけでお茶を濁したのは、結局のところ、値段だけが原因で売れなかった、だから値下げをした今無謬である。ということに帰結してしまいかねないのは前々から言われてた通り

実際にほとんどUI、UX面では改良はなされていません。
横一列が横二列になりました!わーぱちぱちぱち!…ってガキじゃないんだからさ…
問題がどこにあるかすらわかってない、問題であるとすら思ってないが、文句が来たから仕方がなく対応したってのが透けて見えるほどいい加減な対応

意味不明な贅肉でブクブク肥え太ってコストを無駄に増やすよりも、こっちを何とかするべきでした

PS後継機発表については、性能的な意味でも拡張性的な意味でも「WIIU終わった」の一言で説明がつきます
メモリ8GBについては言うまでもありませんが、最低4GB必要だっつってるのにそれ以下しか用意できなかったWIIUとは違い、妥当な量ではありましょう

また、次世代機ということでちゃんとUSBも3.0が標準搭載となっているので、拡張性・利便性とも比較にならない快適さが実現されそうです

PS3互換が今のところないようなのは一件不都合には見えますが、実際のところ
折角のDLタイトルを引き継げないひどい互換性、同じソフトを二度買いしなければならないある意味ガチャなんかよりよっぽど不快(金額の問題ではないのです)を出してドヤ顔されるよりはねえ…

まー、クラウドの初期の現実的な回答としてはそっちで取るのが妥当かなあと

無論クラウドですからVITAも可能で、ますますハードごとに異なるダメ仕様が決定的になる
やはり真に重要なコアはどこかってのを理解しているものとしていないものの差でしょうか

いやぶっちゃけ、SCEが素晴らしいのではなくて某社がダメすぎるだけなんですよ。
マックがアイチューン対応は当たり前でしょ?IPADとアイフォーンで同じアプリを二度買え(前のバージョンを購入いただいた方には安くします!ドヤッ!太っ腹やろ!)なんてありえないでしょ?PCソフトをOSのアップグレード(新型に買い替え)のたびに買え?
それなんてエロゲですか?いや真面目な話。

そういうだめなことをやって「おかしい」と思わないのならそれはとっても「おかしい」し、思っていてファンなら許してくれるだろうと思っているならとんでもない思い上がりがまだ残っていると言わなきゃならない。
同じものを何度も買わせる手法は本当に顧客ロイヤリティをダダ下げる効果たっぷりですよ。
熱心なファンほどお金を無駄にしなきゃならないなんて…

「互換は美学」と言ったのにPS3で互換を排除したというので笑い物にしていましたが、その真意を理解していない、あるいは機械的に互換さえあればそれでいい、ないならだめという低次元の解釈しかできなかったのでしょうか?

> BBB さん
> この時点で「未来史」の骨子はほぼ決定されたとよって良いでしょう
まず1つ目として、日本は据置ゲームビジネスの中心ではなくなった事が決定的に印象付けられましたね。またBUNGIEの新作に代表されるように、大作タイトルはマルチ化していく。本数ベースで最大化するには、単一プラットフォームに固執できない。

2つ目には、WiiUのタブコン、PS4のPSVita&スマフォ対応によるセカンドスクリーン、次世代XBOXもスマフォ対応によるセカンドスクリーン、というように、遊ぶ環境としてはセカンドスクリーンが当たり前になってきています。

3つ目として、WiiUの欧米での敗戦がほぼ確定しました。国内もPS3とPS4に挟まれて、サードパーティタイトルが集まらず、自滅していくでしょう。


>ぶらりん さん
価格は気になる所ですね。MSとの情報戦が激しそうですが。


>PS3互換が今のところないようなのは一件不都合には見えますが
妥当な判断だと思います。
PS2の「垂直立ち上げ」には、互換性は必要だったかもしれませんが、PS3とXbox360の現状をみれば、互換性はさほど重要ではなくなっている、というのがよくわかります。

おっしゃるとおり、ハードウェアレベルでの互換性を確保しても、ネットサービスのレベルで互換性を取れなければ、あまり意味がありません。ただし次世代Xbox以降は、アップデート可能なプラットフォームにしてくる可能性はあります。特にMSは。


>ブランケット さん
うーん、そうですね。
任天堂の対応は劣悪の一語ですよね。ハードが出るたびにバーチャルコンソールの買い直しや追加課金されるのは、詐欺くさい気がしてなりません。Wiiと同じ仕様でよければ、そのまま動作し、タブコン等のWiiUならではの機能を利用するなら、追加課金を取る、というのが普通の考え方です。互換モードで遊んでください、というのは、開いた口がふさがらない呆れた思いです。

>任天堂の対応は劣悪の一語ですよね

はっきり言って、心証を悪くするだけですよね。
「たった100円とか150円ではないか。何をそんなに言ってるのか」という人もいますが


単純な金額ではない。
人間というものは「余計なお金」はその金額の多寡に関係なく嫌な思いをしますからね

というか、スマートフォンで100円とか無料で買ったアプリが使えるのに、500~1000円近いソフトを買ってまたお金を払わなきゃいけないのか?となる。

その上、VCをたくさん買ってくれた良いお客さんほどたくさんお金が必要になる
数本で数百円、10本で1000円以上、数十本も持ってたら新規で数本かフルプライスが買える金額に…
諦めて互換モードで遊んでくださいと?

WIIUに買い換える気力を萎えさせてどうする?
せっかく作ったミーバースで仲間外れにするのか?
今後3DSやWIIUの後継機でも同じことをやるの?

なんかもー、信じられないくらいの悪手ですよ
よくこんなの長期的な関係を築けないだの余所様を非難できるなあと

あんたの所が一番築けてないよと
いつもハード変わったらすっぱり自分で切捨てちゃうじゃないかと
だからあれだけ普及したハードの後継機なのにこんな有様なんだよ。

それでもネット普及前まではどこも似たり寄ったりだったからやってこれた
これからはコンシュマ内でもスマートフォンやソーシャルも考えればさらにそれじゃダメなのに何時も失望させられる…

せっかく過去にハード買ってくれた人たち、そんなんじゃ多機種やスマートフォンにシフトしちゃうよ?
よくていつもの任天堂ソフトを起動する時だけ電源を入れてもらうだけのハードのままなってしまう。

(だが、いくら単体でソフトの品質が良くてもそんなハードを買ってまで遊んでくれるファンだけでハード事業が持つかねえ?というかそもそもハード事業にこだわる必要すら疑問)

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。