Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年総括する?する?

2012年のゲーム市場を総括するなら、ゲーム専用機ビジネスの衰退とソーシャルゲームの急速な成熟化、そしてタブレットとスマートフォンの普及でしょう。

ソニー

PSVitaのローンチの失敗が尾を引いて、通年で振るいませんでしたね。国内については相変わらずの粘り腰で、PSO2のVita版、3DSでデビューした『カグラ』のVita発売、稲船氏新作の『ソウルサクリファイス』の発売で、地道に復調を図りたいところです。モンハンの延期はラッキーでした。

PS3は国内で一定の市場を築き、サードパーティのタイトルの中には50万本超える物も安定的に出てきています。ワールドワイドで見ても健闘が続いており、Xbox360と並んで、まだまだ現役選手っぷりをアピールしています。WiiUがサードパーティの支持を集めるのに苦戦している一方で、対岸の火事と笑えるかどうか。すでに開発キットは出回っているPS4はどうするつもりなんでしょうか? 売りが無いよねえ……。

マイクロソフト

国内は特に語る事ないですよね。今世代も、次世代も……。
北米では安定的に強く、ソニーと任天堂が次世代で敗退するのはほぼ確実でしょうね。

任天堂

国内の3DSは『どうぶつの森』の好調さもあって、なかなか伸びてきていますが、無論DSの圧倒的普及には及んでいません。とはいえ、かなり良い数字と言ってよいでしょう。

ゲームデータ博物館 - 3DS
ゲームデータ博物館 - DS

発売から約22か月で約950万台。DSは約22か月時点で約1100万台でした。まー、DSはここからさらに一段と売れていったので、差は大きく開いていくのでしょうが、「DSとGBAの間のどこか」という意味では、かなりDSに近い販売カーブを描いており、発売直後の躓きを思えば、「意地を見せた」「底力を発揮した」という表現がふさわしいでしょう。

WiiUは微妙な感じが早くも漂ってますが、年末商戦が終わって各地域の情報が集まった後で振り返ってみたいですね。3DSにも言える事ですが、ソフトの装着率が悪いのが気になる所です。WiiUはサードパーティのソフトが売れてない印象が強く、同梱版を用意した『モンハン』はさすがに一定の数字に達しましたが、その他のソフトは無残の一語で、去年発売されたPSVita以上のサードパーティ地獄と言えます。いやー、皆さん、どうするんでしょうか……。

正直、任天堂自身がWiiUをどれだけ本気で売る気があるかもよくわからんのですよね。3DSの頃はサードパーティの開発者を呼んでソフトメーカークリエイター編という形で実施してたのに、WiiUではUBIの『ゾンビU』だけでしょう?


ソーシャルゲーム勢

色々あったな……という激動感が強い1年でした。
春まではグリーが絶好調でしたが、コンプガチャ騒動以降はカードバトルで出遅れていたモバゲーが大きく伸びており、再びグリーを大きく引き離すに至りました。mixiはスマートフォンへの移行に伴い、アクティブユーザーが落ちてるようで、うーむ、色々と心配です。

新興勢力としては、MTIは論外として、ブシロードのブシモがダークホース的に伸びていきそうですが、やはり元気の良さではサイバーエージェントのAmebaが30億円の広報費を投じて大きく攻めています。

ただラインナップがもう少し何とかならなかったんでしょうか……ゲームを知らなすぎでは。子会社では、『神撃のバハムート』と『シンデレラガールズ』のCygamesが大幅な黒字を除くと、ほとんど真っ赤っかです。
サイバーエージェントのSAP子会社ほとんどが赤字

グリーは率直に急激に社員を増やしすぎでしょうね。統制が効いてないように見えます。混乱を収拾し、巻き返しフェーズに入れるかどうか。すでに膨大なキャッシュを蓄えていますから、統制さえ取れれば、猛ダッシュするんじゃないでしょうか。ポケラボを130億円で買収した件など、ここぞという時の攻めは鋭い。

来年はLINEが台頭し、モバゲーが強さを堅持しつつ、グリーが後追いするという構図かな? 海外はZyngaの立て直しはまだまだ時間が掛かるでしょう。ネクソンはじわじわって所ですかね。


スマートフォン&タブレット

スマートフォンはF2P全盛となりましたが、『パズル&ドラゴンズ』をリリースしたガンホーが絶好調です。コンシューマーとスマートフォンを両方あわせて、今年最も注目されたゲームを挙げるなら、間違いなく『パズドラ』でしょう。

AppStoreに比べて見劣りがしていたGoogle Playの市場規模も上がってきており、来年はスマートフォンが主戦場になっていくのは間違いないでしょう。社長の松山氏がソーシャル嫌いを表明していたサイバーコネクトツーも、バンダイナムコで1本、グリーで1本、スマフォ向けのタイトルを発表しました。こだわり派、硬派のゲームスタジオがスマフォに乗り出したことで、コンシューマーからスマートフォンへの移行がさらに進んだことをしみじみと感じますね。

タブレット機は日本では普及がまだ進んでいませんが、北米ではかなり浸透が進んでおり、コンシューマーゲーム市場を呑みこんでいく公算が高まっています。実際iPad miniやNexus7のようなタブレットを使ってみると、WiiUのタブコンはあり得ない気がします……。任天堂とSCEのガラパゴス・ゲーム機メーカー2社は、どうするんでしょうかねえ……。

iPad miniを除けば、7インチタブレットが1万円台後半~2万円で買えちゃうわけで、画面の大きさと価格のバランスでいったら、PSVitaと3DSLLは画面が小さくて割高に感じられますよね。WiiUのタブコンも……うーん……。iPad miniがもっと安くなったら本気で潰されかねないですよ。

サードパーティ各社はすでにスマートフォンとタブレットに軸足を移しつつあります。国内のゲーム史を紐解けば、テレビゲームが台頭して、アーケードゲームとPCゲームが相対的にマニアックな物になっていき、やがてコンシューマーゲームの全盛時代に切り替わっていきました。同じことが再び起きようとしています。ゲーム専用機はかつてのアーケードゲームのようになっていくのでしょうね。


リビングコンソール戦国時代

Ouyaの他にもAndroid搭載のゲーム機eSfereが登場するようです。
スマートフォン、タブレット、そしてリビングコンソール。iOSとAndroidはついにその領域にも踏み込んできます。Valveの新ハードも要注目です。
無料ゲームはスマートフォン、タブレットだけでなく、テレビ画面にも進出し、既存の価格モデルを破壊し尽くすでしょう。2013年はその元年……ではなく、前触れ、予兆の1年になるでしょう。


そして?

じゃ、どうすんの? という疑問を感じる人もいらっしゃると思いますが、以前から書いている通り、結局、IPだよ、IPって事になりそうですね。ゲームはそのOne Of Themになっていくのでしょう。困ったもんだね。



補足

ソーシャルゲーム業界は激動の一年でした。
下記の記事が1年の出来事をよくまとめています。
ソーシャルゲーム2012年まとめ コンプガチャ、買収、パズドラ等

上場したSAPは、エイチーム(4月)、モブキャスト(6月)、コロプラ(12月)、enish(12月)。残る未上場大手はgumiとオルトプラスの2社ぐらいです。SAPに数えていいかは微妙な感じなのがカヤックとAimingですね。

上場ではないものの、上場と同等以上の規模の大型買収もありました。
ネクソンがインブルーとgloopsの2社を買収。gloopsの買収金額は300億円を超えました。またグリーがポケラボを138億円で買収した件も大いに話題を呼びました。DeNAとCygamesが資本・業務提携を発表し、約80億円の巨額が動いた件も、記憶に新しい所です。上位陣の動きとしてはこの辺りでしょうか。

その他の動きとしては、中小企業の買収や資本提携が目立ちました。主要な所でこんな感じ?
来年もまだまだ動きがありそうです。


スポンサーサイト

コメント

IP狙いでガラゲー大手のどこが買収されるかですかね。

>ぶらりん さん
ルーカスフィルムをディズニーが買収したような動きが映画だけでなく、ゲームでも起きていくでしょうね。単純に企業体力の問題で、吸収合併が決まっていくかと思います。

・レベルファイル等の新興パブリッシャー(ただしDS&Wiiバブル終焉後の転換が厳しい)が大手に組み込まれていく。
・中堅以下のパブリッシャーも同様の可能性がある(ガスト⇒コーエー的なパターン)
・大手~中堅SAPが統廃合されていく。またはゲーム業界やメディア大手に買収される。

全体的には、大手SAPが既存大手を食らう所まで大きくはなれなかった、というのが実情ですね。ソーシャル関連の株はコンプガチャ以降は半分程度に落ちており、レバレッジを効かせるのも厳しい。

モバゲー、グリー、アメーバのプラットフォーム3社はそれぞれキャッシュを持ってますが、既存大手を食える可能性があるのはモバゲーぐらいでしょうね。それよりも当面は、スマフォ向けでのヒットを出しているSAPを食らう方が優先度が高い。

不確定な要因としては:

・LINEが非常に強くなってくるが、全体観としてはSNSプラットフォームが弱体化し、パブリッシャーになっていくモデルになるのでは?

・バンダイとサンライズのようにアニメでIP作ってゲーム展開してもいいし、スクエニやカプコンのようにゲームでIP作ってもいい。その辺が全てフラットになるのでは、と思われる。「ブレイブリーデフォルト」や「閃乱カグラ」のような展開が増えていく。

ゲームデザインという観点では、色々と書きたい事もありますが、F2Pモデル以降はゲームデザインが課金手法と不可分になってしまったのは事実です。

フィロソフィーというレベルで語るなら、「面倒臭い」ゲームと「面倒臭くない」ゲームの二極化が進み、「面倒臭くない」ゲームの台頭に伴い、アニメやゲームのフラット化が一段と進むのでしょう。インタラクティブメディアとしての「面倒臭い」ゲームの反撃は、技術革新を要するかもしれませんね。ガラパゴスゲーム機メーカーにとっては、その辺の反撃材料が整うまで忍耐の時代が続くかもしれませんが、要素技術が出揃うには次々世代ぐらいまで掛かると思うんですよねえ……。

>vita
「カグラ」や「朧村雨」のように決して大作ではないがキラータイトル

「ソウサク」のように
カプコン時代からビッグマウスが揶揄されがちだった稲船氏の作品ですがそれでも良い反応が返ってくるとなるとやはりクリエイターってのは結局実力勝負なわけですよね。


後PS0シリーズのようにF2Pモデルが「サムライドラゴンズ」のようにどこまで浸透できるかですね。

>3DS
海外では一時期の大不振は脱せても国内ほど売れてないですし相変わらず任天堂1社だけ、あるいは二本以上にキッズ専用のプラットフォームと言う印象がまずいですね。
日本では数少ないサードキラータイトルのモンハンそしてドラクエは海外ではそれほどではない。

>wiiu
vita以上のサードパーティ不振は予想通りですが、本当にまずいですね。

>タブレット大躍進
奇特な人たちの懐疑論なんかは何の影響力もありませんね
PCグラボ&メーカーとして有名だったエヌビディアはスマホ&タブレットチップメーカー
に転進を果たして成功して、次は更なるモバイルチップの世界での躍進とクラウドに進出するそうです

PCとコンシューマーゲーム機に注力したライバルAMDは赤字&株価低迷CEOがクビになる始末(そういえばWIIUのGPUもここでしたね)

それどころかインテルすらモバイル対応の遅れで責任をとってCEOがクビ
株価はクアルコムに敗北
とっくに勝負はついているんですよね。

翻ってわが国の奇特な人と来たら…
ガラパゴス病は安部円安になっても直らないどころか悪化していきそうで怖いのです。

いったいいつまで国内に引きこもって現実をみないつもりなんでしょうかね?

> ブランケット さん
PSVitaはローンチで盛大にすっ転んで頭を打ったまま昏倒した感じでしたが、PS3とのマルチ展開の「海賊無双2」、PSPとのマルチ展開の「ゴッドイーター2」に加えて、「這いよれ!ニャル子さん」「英雄*戦姫」などオタク向けのタイトルが順当に流れてきています。なんだかんだで少しずつタイトルを揃えてきているのは、さすがのSCEの地道な営業努力ですね。対企業の10分の1でいいから、対ユーザーで発揮されるといいんですが(苦笑

もっとも来年は、3DS向けのタイトルがかなり出てくるでしょう。1年目の躓きで凍結していた案件が雪解けして、ようやく出てくる物も少なくない。大手が安心して出せるのは3DSとPS3だけですね。WiiUはWiiU版のバーチャルコンソールの展開や、WiiU向けのサードパーティのラインナップなど、見えていない物が多すぎますね。もう少し安心感を提供しないと、「常連客」に出回ったあたりで勢いが止まってしまいかねません。

WiiUはサードパーティソフトの売上が悲惨すぎるので、その辺の改善が待たれますね。サードパーティにとってはWiiより酷いマーケットになりそうな悪い気配がプンプンしていますね……。

>任天堂とSCEのガラパゴス・ゲーム機メーカー2社は、どうするんでしょうかねえ……。
現状どうしようもないでしょ。グンナイそしてグッバイ。(ゲーム屋含む)
・・・はさておき、出してもらえるだけありがたいって話でそうしたタイトルをバックアップし、結果につなげる。出したら損、と思われないようにするしかないのでは。
ブレイブリーやカグラが挙げられていますが、新規IPの誕生の芽、宣伝広告塔、くらいの価値はまだコンシューマーにもあると思うので、それくらいの役目はきっちりこなしてほしいかな、と。
ほんの数年前はどのプラットフォームで発売するかが大事でしたけど、今はビジネスモデルも含めてどうするかを決めなければなりません。
作品に合わせてビジネスモデルを決めるか、ビジネスモデルありきで作品を作るのか。
なんでもかんでもビバF2Pとは思わないのでそこはメーカーにもきちんと判断して欲しいですが・・・。難しいかな。ともあれそうした判断が難しい上に一寸先は希望にも絶望にもなりうる現状、サードメーカーの多くは基本的にマルチ戦略を取ってくるので、まずガラパゴスゲーム機メーカーに求められるのは様々なビジネスモデルに対応、受け入れる土台作りではないかと。マルチ先の選択肢に常に入り続ける事。
F2PについてSCEはちょっぴり結果も出てきているのといくつかタイトルもあるので少しはマシでしょうか。
任天堂はやっぱり「ゲームの価値うんぬん」発言が尾を引いているかな、と。確か「F2Pやりたいなら止めないけど我々はやらない」という立場だったと思いますけどトップがンなこと言ってるプラットフォームでわざわざやる理由がないですし。「ひとりでもみんなでWiiU」なんて言う位ならその辺もっと柔軟になってもらいたい。・・・まさかパッケージ+月額課金こそ正義、なんてこと思ってないとは思いますが・・・。

>VITA
PS3、PSPとのマルチタイトルが色々発表されているのでそういうのがもっと増えてくるんだろうと思います。PS3との連携は良いとして、PSPとのマルチではVITA版のみ本体同梱版とか特典を用意するという多少の批判覚悟のパワープレイは行っても良いんじゃないかと。ま、中小メーカーの中小タイトルが中小ヒットするんじゃないでしょうか。注目するとしたら他機種との販売比率の推移くらいですかね。

>3DS
1000万台突破おめ!ソフトの売上的にあんまり実感ないけど!そもそもモンハン4は300万本くらいあっさりいってもらわないと話にならないしドラクエはドラクエだし、ミリオンタイトル控えてるんだからいいじゃんとも言えるかもしれませんがもう少し多種多様なソフトが出てきて欲しいです。ぶつ森200万本パネェは結構ですけど問題はそのぶつ森ユーザーが次に何を買ってくれるか。ぶつ森のみで満足、なんてことになったら200万人いないのと同じなので。Wiiと似た空気を感じなくもないので、それを繰り返さない努力を見せて欲しいです。

ソーシャル・・・は予想のしようがないです・・・1年も時間があれば状況がめまぐるしく変わるので今は良くても来年の今頃は調子を落としている所もあるんでしょう。逆もしかり。そういう意味ではあらゆる状況に対し臨機応変にスピード感を持って対応できる所が残っていくのかな。口で言うのは簡単なんですけどね。

WiiUの発売予定ソフトの少なさは泣けてきますね。

現段階で未定も含めて15タイトルくらいでしょうか
1月から3月は新作の発売が1本ずつ
4月以降下手すると早くも新作発売がない月が訪れそうで怖いです。

> 唯一 さん
モンハンtriGが実売で160万ぐらいでしたっけ。ユーザーが半減以下になってしまった現状はなかなか寒いですね。「4」はさすがに300万本は越えてくるでしょうが。越えないと、カプコンの自滅史にまた1ページ追加されちゃいます・・・・まー、ほんと、誰も話題にしなくなってきましたね。自分で氷水をぶっかぶるとは……。

> トップがンなこと言ってるプラットフォームでわざわざやる理由がないですし。
そうですね。
その一方でDS、3DS向けのタイトルがあっさりiOS/Androidに移植されてるあたり、大手各社は容赦ないな、と思います。囲い込むパワーはハッキリ弱まってますよね。

> Yosh さん
隠している物が相当数あるにしても、あるにしても、あるにしても、ちょっと少なすぎますよね。ローンチ近辺でのサードパーティソフトの売上の低さも、Vita並みの地獄感がたまらんです。Vitaの場合、F2Pという点で種を蒔いていたので、「PSO2」が出てきたり、将来の芽が出てくる気配もありますし、PSPやPS3とのマルチ展開という細いラインもあるのが救いですね。

WiiUはそういう可能性も低いのが辛いですね。現状でマルチ対応が少ないのは唖然としますし、ローンチでのサードパーティの売上の低さもあって、今後も希望が持てない・・・・さらにPSとXboxの次世代機が出てくれば、性能格差でマルチ展開からハブられる可能性も・・・・。PS2世代におけるドリキャスぐらいのポジションが取れていれば、まだ希望はあったのに、あんな性能では・・・・何も考えてないんだなあと愕然とします。

>まー、ほんと、誰も話題にしなくなってきましたね
ですね。

>タイトルがあっさりiOS/Androidに移植されてるあたり、大手各社は容赦ないな、と思います。囲い込むパワーはハッキリ弱まってますよね。

カグラも逃げられましたしね

>現状でマルチ対応が少ないのは唖然としますし
GTAもありませんし
あるいはMGSも、FFも、龍が如くも、初音ミクも無いんですよね。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。