Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WiiUはユニークネス。

DS以降の任天堂は表層上の戦略はともかく、本質的にはゲーマーの方を向いていません。彼らの提唱する万人は「ゲーマーとその他」ではなく、「ライトユーザー&ファミリー層に加えてゲーマーも含む」です。お化粧以上の物にはなりませんでした。

IGNのWiiUに関するレビュー記事がその点を浮き彫りにしています。IGNはサイトの歴史を紐解けば、任天堂シンパの立ち位置でが、さすが、冷静な評価に仕上がっています。ユニークネスとネクスト・スタンダードは異なる。当たり前の事実であって、誰もが無言で認めていることでしょう。
IGN: 現在進行形でのWii Uレビュー
ゲームパッドはそんなものではなく、完全にユニークな何かがある。任天堂が「非対称プレイ」と呼ぶものがWii Uを他の何よりもよく言い表している
(略)
マルチプレイヤーゲームは、ゲームパッドと、WiiリモコンやProのコントローラと、どちらに対してもフェアかどうかで決まる。不満のある人も褒め称える人も、遠からずつじつまを合わせ始めるだろう。ニンテンドーランドであってさえ、ゲームパッドを使うプレイヤーには、いくつかの大きな(おそらくはアンフェアな)利点がある。
(略)
だがハードコアなゲームはどうだろう?任天堂はようやく他のコンソールのようなハードコアなゲームへの熱心さに対抗するのだろうか?ノーだ。だがそれはトライが足りないからではない。

任天堂は、例えばボイスチャットのように一番シンプルなことでさえ、きちんと整備してはいない。ニュースを聞いていない人のためにつけ加えると、任天堂の「ハードコア」なWii UのPROコンにはヘッドホンジャックが付いていない。おかげで使っていないときでさえも、Wii Uのゲームパッドにヘッドセットを接続しなければならない。実にバカげている

心配はそれにとどまらない。現在のWii Uがどんなプロセッサを搭載しているかについて任天堂はダンマリを決め込んでいる。(略)Wii Uは、PS4や次世代Xboxと同じように高性能ではない。だがそれはサプライズだろうか?そしてそれは本当に重要なことなのだろうか?

Wii Uがコンソールの次のラウンドであるとか、一つの時代をつくるとは思えない。だがWii Uはかけがえのない数多くのゲームによる、完全にユニークなゲーム体験を提供してくれるだろうとは思う。

3DSも、3DSLLも、PSVitaも、いずれも携帯ゲーム機のスタンダードにはなり得ませんでした。任天堂とSCEは共に、前世代機であるDSとPSPの正統後継機を開発し、発売しましたが、時代の変化に適用する努力は完全に不足しています。
特に欧米において退潮傾向が鮮明です。3DSは大赤字覚悟の値下げとサイクル早期のLL投入によっても、まだ本来あるべきペース(期初計画で予定されていたペース)に届いていません。

WiiUはあるいは、もしかすると解釈によっては大きなジャンプをした(どの方角に?)、と言ってよいかもしれませんが、本質的にはWiiを複雑で手間のかかる物にした機械であって、ユニークという誉め言葉が最上であり、スタンダードの座につくようには感じられません。あの革命的なWiiでさえ結局はユニークという枠から出られなかったように。

非対称プレイはユニークですが、ゲームプレイの不公平性という1点において、コアゲーマーに長く支持される要素にはなりません。どれほど丹念にバランスをチューニングしても、結局はプレイヤーが公平と感じるかどうかであって、パラメータやルールではカバーできない決定的な溝「非対称性」は、競争的なゲームにはまったく向かないのです。

そして今日、どれほど日本において、協力的・協調的なゲームが支持されていて、高い人気を得ていたとしても、全世界のゲームユーザー、とりわけコアゲーマーを長く楽しませる上で、競争的なゲームプレイは無視できません。

仮にネットワーク経由で各自がそれぞれゲームパッドやPROコンを使えば済むとしても、ボイスチャット環境の不備程度も解決していない状態では……。コアゲーマー向けの要素は、Wiiからはだいぶ進捗したものの、いまだに現世代のPS3とXbox360に追いついていません。

「非対称性」はライトユーザーがみんなでワイワイ遊ぶ上では、ちょっとした刺激になるかもしれません。何故なら家族のような場では、ゲームの腕前や熱心さはまったく異なっているし、ゲームプレイにおける公平さよりも、その場の盛り上がりが重要視されるからです。本気のガチプレイは、子どもでさえ親相手にやるものではなく、友人同士で競うものだと理解しています。

(※この3倍の長さ書いたのだけど、話が逸れていったので、別記事にします)

WiiUは明らかにユニークネス。そしてネクストスタンダードではない。
この見解はありふれたものです。多くの業界人やゲーマーの共通認識でしょう。


スポンサーサイト

コメント

仮にPS3、Xbox360に追いついてもその頃はPS4、次世代Xboxが出てる訳で・・ニンジャガ3が発売前に保険とも言える多機種展開を示唆しましたがあれがWiiUの今後を物語ってるような気もしますが
切り札には1万円値下げとマリオがある!と言っても1万円値下げとマリオでどうにかなるなら今頃3DSはDS市場受け継いでる訳だし
まぁSCEもMSも最後のハードでしょうし任天堂の他社の後追いが出来なくなる時期がそう遠くないように思いますがどうするんですかね・・あんたらが得意としてる層奪われてるのに未だに敵はSCEだけでソーシャルを見てない感じがしますが・・
行き当たりバッタリの社長とはいえ流石に目先でおきてる市場の変化はわかると思いますけど

七年以上前のハードと比べて勝った負けたで必死にやってるあたり実にユニークですね。

いろいろと情報が出てきて、
家族層 ライト層狙いだってのはよくわかるんですが、
それを考えてもアカウントが結局本体紐付けなのが衝撃です。
発売時に整えるべき最低限すらできない状態の会社になっていたんだなと
wiiDSで得た猶予を何に浪費するとこうなっちゃうんだ…。

>GODさん
いやー、いまだに仮想敵はSCEとMSなんじゃないかな、と思います。
SCEとMSがゲーム専用機から撤退するまではそのマインドに変化は無いでしょう。近視眼的なのは悪い面と良い面があります。悪い面は長期的には衰退してしくことですが、良い面は短期的には直接的な競合に対して有効な手を打ちやすいことです。

一方でSCEは仮想敵が任天堂であることから逃げてはいけないようにも感じます。目線がふらふらしすぎてあって、現状程度のプレゼンスで対スマートフォンとか言っても、ちゃんちゃらおかしいですから。TV+クラウドゲーミングは、ある種の壮大なプランをもってあたってほしいものですが、PSVitaに関しては単純に焦点を絞り切れてない大きな弊害を感じます。ただのゲーム機で終わってはいけませんが、ただのゲーム機にさえなれてない。


> 七年以上前のハードと比べて勝った負けたで必死に
WiiUも7年もちそうにないのが残念ですね。
3DS同様、中継ぎ的な機械で終わるんじゃないかな。


>DAP さん
> それを考えてもアカウントが結局本体紐付けなのが衝撃です。
5年遅れどころか、10年遅れ……。
いえいえ、業界をリードする企業ですから、8年遅れぐらいでキャッチアップしていただけると期待したいですね。クラウドとか以前の問題ですよね。

アップル好きの社長は全社員にiphoneやiPadを配ったらいいんじゃないでしょうか。石器時代の機械とサービスを堂々と売りつけられても困ってしまいますよね。シャープやパナソニックあたりと大差ないのが悲しい限りです。

> wiiDSで得た猶予を何に浪費するとこうなっちゃうんだ…。
個人も企業も不勉強になっちゃうと、恐ろしく短期間でこうなっちゃう、という良い実例ではないでしょうか。

まー、企業のトップがNewtonの存在をすっかり忘れて、任天堂がタッチパネルを採用したことがスマートフォンの隆盛につながったなどと、妄想史を垂れ流しちゃう有り様ですから、DS&Wiiバブルで育った傲慢さに縛られているのではないでしょうか。スタイラス型の操作はジョブズが切り捨てたアイデアであって、それを自慢げに語られても、こっちが恥ずかしくなっちゃいます。

PS2のおかげでDVDが普及したと主張したかつての久夛良木氏よりも、一段とタチが悪い。もう忘れてしまったのかもしれませんが、謙虚という概念をほんのちょっと思い出していただけないものでしょうか。

DAPさん
DAKINIさん

>家族層 ライト層狙いだってのはよくわかるんですが、
そこはいつもどおりでしょうね。


>5年遅れどころか、10年遅れ……。
>石器時代の機械とサービスを堂々と売りつけられても困ってしまいますよね

実にユニークですね。脱帽します

> wiiDSで得た猶予を何に浪費するとこうなっちゃうんだ…。

>一方でSCEは仮想敵が任天堂であることから逃げてはいけないようにも感じます。目線がふらふらしすぎてあって、現状程度のプレゼンスで対スマートフォンとか言っても、ちゃんちゃらおかしいですから。
>TV+クラウドゲーミングは、ある種の壮大なプランをもってあたってほしいものですが、PSVitaに関しては単純に焦点を絞り切れてない大きな弊害を感じます。ただのゲーム機で終わってはいけませんが、ただのゲーム機にさえなれてない。

まーたかがゲーム機ごとき、たかがが専用機ごときに勝てなくてその次のステージには進めないでしょう
将来の夢を語る前にまずは目の前の現実を直視しなければいけませんね。

>謙虚という概念をほんのちょっと思い出していただけないものでしょうか。
実際、その状態になってどんどん劣化して消えて行った人達を何人も知ってますからねえ。

DAPさん

まあいちいちわざわざ実店舗に出向いて購入してからまた家でDL作業しなきゃならないような販売形態をドヤ顔でやってくる企業ですからね。(しかも在庫切れまで起こしてDL販売のメリットが殆どない(笑))

実にユニークですね。

DAKINIさん

>いやー、いまだに仮想敵はSCEとMSなんじゃないかな、と思います。
WIIUのライバルは既存HD機ですからね。

「Wii U」 1週間で40万台販売 米で出足順調
任天堂・岩田社長明かす
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO48852090X21C12A1TJ1000/
初動は好調…なんですかね?好調と言ってるのだからそうなのかもしれないし実際悪くもない数字なんでしょうけど正直IPADがいくら売れたって話を聞いた後だと物足りないなあ…

いやゲーム機としてはいい数字ってのはわかってるんですけど、「悪くはない数字」であって楽観的になれる数字じゃないね。
市場がでかいアメリカでホリデーシーズンでもあるんだから一気に100万近く売って早く市場を築かないと

初動が全てでは無いにせよ、初動が悪いと挽回するのも大変(結局出来ずに消えて行ったり負けハードの烙印を押されたりも)なのはゲームハード立ち上げの常識と言っても良い。

特に最近はゲーム機ビジネスそのものを疑問視する声が大きいので、積極的にアピールしなきゃすぐに切られてしまいますからね。


それこそですね、日本でPS2を売った時は最初の1週間で100万台!なんて景気がいい話が話題になったものです。
実際は72万台程だったそうですが、それでもこの記録は凄い事です
もうこの時点でその世代のハード戦争は決まってしまったほどに
GBAも初動の数字が良かった事は覚えてます。
調べたら60万台超ですか
これも勝負ついてましたね

初動はPS3よりずっと良かったWIIが結果的に失速してしまったなんて例もありますが、やっぱり勢いをつけるために初動本数は本数以上の価値があると思いますね。

上にも書いたように、ゲーム専用機が疑問視される時代なら尚更ですよ
最初から売れなくて余る事を恐れるようじゃいけません。どんどん出さないと!
本気でゲーム機ビジネスを続けるつもりがあればの話ですが

>初動は好調…なんですかね?好調と言ってるのだからそうなのかもしれないし
Wiiとほぼ同等の滑り出しなので、まー悪くは無いでしょうね。
というか、最初の年末商戦は、任天堂のいつものお客さんが買うだけだから、ローンチタイトルがよほど酷くない限りは、同じような台数は出るでしょう。

結局、常連以外のお客さんにどこまで普及するかであって、途中で失速したWiiのように、それまでどれほど快進撃を続けていても、急崩壊することもあるし、よくわからないよね、というのが普通の観測ではないでしょうか。

3DSに関しては、発売から時間が経過して、普及台数予想、ソフト市場予想がだいぶできるようになってきました。『どうぶつの森』でどこまで上振れさせられるかが注目かな?

WiiUもまぁ3か月、半年、1年の定点観測で見ていく他ないかな、と。普通に考えると、WiiとGCの間のどこか、というのが普及ラインなのでしょうけどね。3DSがGBAと比較して、ソフト市場が弱いという事などもあるし、ハード台数はWiiとGCの中間程度であっても、ソフトがどれぐらい付いてくるか。

>途中で失速したWii

任天堂のハード構成だと、またその二の舞を繰り返す可能性の方が高いですね。
正直な所、Wiiは据え置きで野負けが込んでて余裕がなく、持てる全てをWiiリモコンに賭けざるを得なかったから低スペックでも仕方がないと甘い評価をしてたんですが…

何もかも進歩して無かった。
例えば全世代機の互換をとるときは完全に前世代機モードとして使わなければいけない仕様
結局これでは言い訳の為の互換であり、戦略的に過去資産を活用するという事では無い。
VCも、時期的には後出しであるゲームアーカイブスに負けましたね


例えばSCEさんが初代PSから取っていたシュリンクによるコストダウン
採用しなかったセガさんは大赤字で撤退、MSさんは初代XBOXでそれで大失敗したので採用
つまり未だにハードメーカーで採用してないのは任天堂だけ。
Wiiで結局やらなかった(やれなかった)所を見ると、同じ発想、同じメーカーに任せただけの今回もまた同じ事になる可能性が高い。

メーカーにしてみれば、コストが下がると言う事は自分達の売上が減ると言う事
しかも、コストがいくらであれ、ゲーム機は同一アーキを維持しなくてはいけないのでメモリなどの汎用品は別にすると、他社から調達する事も出来ない。
つまり少なくともその世代は独占供給できると言う訳です

だからソニーさんは独自チップで優位性があった
独自チップ作るだけのお金が無くなっても、あるいは他メーカーも製造メーカーを専門に委託することで製造コストを抑える仕組みを作ったのです。

DAKINIさんの言うように、比較するとソフトが売れなくなってきてますから、相対的にハードのコストと言うのはビジネスを続けるうえで重要なファクターになってくるにもかかわらずです。
1台当たり10ドル20ドルでもコストを抑えれば100万~1000万台になれば、数千万、数億ドルものコストが削減出来ます。
これをソフトで稼ごうと思ったら世界的ヒットと言える数を出さなきゃいけない訳で

>
Wii U sells 40k units in the UK in its opening weekend

Nintendo’s Wii U console sold around 40,000 units in its first 48 hours on sale in the UK, MCV understands.
>
これ本当なんですかね?
初動で4万しか売れてないのは流石にまずいですよ。

http://nekochan.blog.ocn.ne.jp/neko/2012/12/wii_u_8f28.html
やっぱり日本でもダメっぽいです

予約はあっさり完売した筈なのにうちでもかなりあまってましたから

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。