Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加速してますねえ。

ディズニーがルーカスフィルムを獲得、ILM、ルーカスアーツなども傘下に
ディズニーがルーカスフィルムを40億5000万ドルで買収したようです。
これから数年で世界規模でのエンターテイメント業界の再編が進むと予想されている中、欧米での動きが早いですね。

アクティビジョン、モバイルソーシャルゲームプラットフォーム「Activate」を立ち上げ
アクティビジョンブリザードがモバイル向けのソーシャルゲームプラットフォームActivateを立ち上げる事を明らかにしました。iOS向けの『Call of Duty: Black Ops Zombies』をリリースし、モバイル専門のスタジオThe Blast Furnaceをこの夏に設立するなど、急速に動きが顕在化しています。

【名越稔洋氏×武田隆氏対談】(前編)
新旧ゲーム屋対決――ソーシャルゲームはゲームじゃない!?

名越 はい。アーケードゲームでお金を使ってもらう一番のコツは、「高密度な状況」をつくることです。短い時間で、いかに興奮度の高い状況をつくり出せるか。平たく言うと、カッとしてムキになる状態をつくるのがゲーム職人としてのスキルでした。

 バーチャファイターで、あと一歩のところで負けて「今度こそ!」と100円玉を投入する。これと、釣りゲームで竿がポキっと折れたり、怪盗ゲームで宝を盗まれたりして「くそー!」と思い、追加のアイテムを買ってしまうのは、基本的な構造は一緒です。
名越 はい。じつはセガでも、ソーシャルゲームには昨年あたりから力を入れてきているんです。それも、竿がポキっと折れるようなものではなく(笑)、ドラマ性を持った、本格的なソーシャルゲームです。スマートフォンで、もうちょっと歯ごたえのあるゲームをやりたいと思っているようなミドルコア層に向けて、今年発表した『サムライ&ドラゴンズ』という無料のソーシャルゲームは、かなり当たりました。
名越 状況としては、いわゆる家庭用の据え置きゲーム機が廃れていくと思っています。iPodなどの普及で、ステレオコンポが家庭からどんどんなくなっていったように、一度部屋に置かれなくなった物って、もう居場所がなくなるんですよ。ゲーム機はやがてそうなると思います。そこで、人々がメインにゲーム機として使い出すのが、タブレットPCだと予想しています。

武田 ソーシャルゲームはタブレットPC中心になる、と。

名越 はい。据え置きゲーム機とスマホの中間地点として、タブレットPCに集約されていくと思います。それが、僕の考える3年から5年後の予想図。タブレットなら、ムービーの見やすさも操作性も、スマホより格段によくなります。それに向けて、物語性の高い、ゲームとして骨のあるものが、ソーシャルゲームにも多く出てくるはずです。
ぜひ記事の全文を読んでほしいですが、ソーシャルゲームに対して冷静に見ており、さすがの一語ですね。クリエイティビティ―の観点や、娯楽としての足りてない点を指摘しながらも、ただ馬鹿にするのではなく、支持されているポイントをきっちり把握し、取り組むべきは取り組む。

セガはアーケードと家庭用ゲーム機、PCやモバイル、全てに進出していますから、頑迷にコンシューマーゲームに固執することなく、フラットに考えられるのは良いことですよね。無論、抵抗勢力も相当多いでしょうが。


いわゆるiTVに相当するリビングデバイス、競争が激化しているタブレット、普及が拡大しているスマートフォン、といったものが台頭していく中、娯楽産業の再編が進んでいます。環境の大変化の中で、どういうポジションを取っていくか、打ち手を誤れば、企業価値はたちまち下落してしまうでしょうね。


スポンサーサイト

コメント

タブレットPCって軽くて画面も見やすく、とても重宝しています。

ただゲームとなるとやはりタッチパネルでは操作性がいまひとつなんですよね。
20年以上慣れ親しんだ、方向キーとボタンを採用した
コントロールパッドを使うVitaやDSの方がずっと快適です。
(ブルートゥースのゲームパッドもありますがイマイチ)

しかし、今世代のゲーム機は前世代の普及台数に達することなく、終わりそうなんですよね。
次世代はさらに後退する可能性が高い。
スマホ、タブレットPCに食われているのは間違いない。

>町田さん
今世代の普及台数については、PS2ほど圧倒的な普及台数のハードが無いため、「PS2+GC+Xbox」と「Xbox360+PS3+Wii」それぞれの合算で評価する必要もあるかな、とは思いますが、縮小傾向という見方で問題ないですね。

WiiUがどこまで減退するか。任天堂の固定層を取った後、どこで失速するか、というべきか。GCだって最初の年末商戦で150万台はいってるわけで、200万台を超えるまで、300万台を超えるまで、どれだけ時間を要するかが最初の試金石かなと。まー、Wiiの例もあるので、500万台、800万台あたりにも油断のならないポイントはありますが・・・・。Wiiの失速はゲーム史上でもかなり珍しい事象ですからね。あそこまでリードしておいて・・・・。

>スマホ、タブレットPCに食われているのは間違いない。
ガラケーを例に持ち出して、「携帯ゲーム機が携帯電話に駆逐されるという説は嘘だったじゃないか」と滑稽な理論を提唱している社長もいらっしゃいますが、モバゲーとグリーは元々ガラケー向けの勝手サイトだったわけで、十分食われているじゃないかというね(苦笑

さらに言えば、ガラケーからスマフォに切り替わって性能とUI、表現力が上がっていけば、当然、前提条件は変わってくるわけですが、技術者出身の社長は卓見だなあ、と感動に打ち震えますね。ドコモの社長の苦しい発言を聞いているのと同じ気分というか。プライドだけはお高いですなあ、と感心します。

http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/121025qa/03.html
> 一方で、ニンテンドーDSはタッチスクリーンの新たな可能性を世の中に広く示し、
> 結果スマートデバイスという新しいライバルを生んだとも言えます。
PDAって知ってますか、とか、アップル信者気取ってた割に、ニュートンは綺麗さっぱりお忘れですか、とか色々と不思議な感想がわいてくるわけですが・・・・。ま、そのうち、DSでタッチパネルを普及させたのは任天堂の功績、アップルはそれに乗っかっただけ、みたいな事を言いだしそうだな、と生暖かく見守っています。

iPadを大きくなったiPod touchと言い切った御仁はプライドも革命的でおられる。
ソニーはDSが出た時にCLIEの功績を持ち出して、パクり発言などはしなかったわけで、それはソニーが謙虚なのではなく、当たり前の感覚を持っているだけです。どこぞの社長様は、およそ技術者であれば恥ずかしくて示唆すらできないような事をおっしゃるなあ・・・・とスーパー技術者は違うな、と味わい深く読んでいます。

仮にPDAの普及台数がDSより少ない事をもって、その存在を認めないのであれば、アップルはDSごときを無視しても問題ないわけですしねえ。そもそもマルチタッチではなく、アップルが捨てた選択肢を拾っただけですし。

まあ結局は、技術の発展のプロセスにおける、相互作用にすぎないわけですよ。にも拘らず、DSのタッチパネルだけを殊更に強調するのはおかしいし、そんな貧しい主張をする者はアイデア乞食と言いたいですね。PDAからアイデアを拾わなかったとは言えないでしょう、と。ま、業績悪化の説明会で、過去の栄光を持ち出すほかない時点で、ちゃんちゃら笑えるわけですけど。

そういった滑稽な理屈をこねる御仁でも、最近の経営戦略説明会などの発言を読むと、しぶしぶスマフォによる環境変化の影響は認めつつありますね。ソーシャルの影響は頑迷にお認めにならないが(失笑

自負を持つのは悪くないし、誇りを持つのも立派な事ですが、自負と自慰は違うし、誇りと傲慢は違うんですよね。腐ったプライドを振りかざす御仁は見ていて面白いですね。

ゲーム専用機メーカーの経営者として、ある種頑迷な言動をせざるを得ないのはわからないでもありませんが、要らんこと言うのはなんなんですかねえ・・・・。アップルやスマフォメーカーに対しての発言があまりに負け犬の遠吠え的な・・・・。

「タブレットにPS3コンや箱コン直挿しできればそっちの方が良いのにな」
とPSVitaを買った友人が冗談を言って笑っていた事がありますが、もう冗談でもありませんね。

持ち歩くのに嵩張る携帯機出してる位なら、それでいいじゃないと思ったりはします。

まー、世間では既に負け組企業の負け犬経営者と見なされてる訳で

WIIDSバブルとは何だったのか、ってくらい忘れ去られてますね。
一方でアップルはIPODブームが終わった今でも、いやその頃より更に業績を伸ばして今や世界最大企業だ。

勝負あり、ですかね。
どれだけ狭い世界で専用機の必要性()を力説した所で、世間では実際みんな評価してないからこうなってる訳で。
「面倒くさいからスマホ一本でいい」「画面が小さい?タブレットがあるだろ」
これが世間のスタンダードです。

コメントの投稿

メールアドレスおよび名前の無い投稿はすべて掲載不許可となります。また明らかに偽のアドレスの場合も不許可です。

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

検索



カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

連絡先

RSSフィード

忍者カウンター

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。